不動産業界に転職しようと考えている方は、業界に合わせた志望動機を考える必要があります。

志望動機というのは転職の上で企業が重視するポイントの1つです。

今回は不動産業界へ転職する際の志望動機の書き方について解説していきます。

不動産業界の志望動機を書くコツ

前向きな女性

不動産業界へ転職したいと考えている方の中には志望動機の書き方について知りたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

不動産業界では不動産に関しての専門的な知識が求められるため、業界への理解が必要不可欠だといえます。

業界を理解すれば志望動機で具体的に何が求められ、何をアピールすれば良いのかを理解することにも繋がります。

そのため今回の記事では不動産業界の志望動機を書く際のコツについて詳しく解説していきましょう。

不動産業界の仕事内容

まずは転職で有利となる志望動機を書くために、不動産業界の仕事内容について知っておきましょう。

仕事内容を知っておけばどういった能力・スキルが求められるのかが明確になります。

不動産業界というのは主に土地や建物に関わる業務を行う業界のことを指す言葉です。

具体的な業務としては以下のようなものが挙げられます。

  • 不動産仲介
  • 不動産販売
  • 不動産開発(ディベロッパー)
  • 不動産コンサルティング

不動産業界は土地や建物に関わる業務をするという点で1つに括られているためその業務は広範囲に及びます。

志望動機を考えるためにはそれぞれの仕事で具体的にどういった仕事を行うのかを知っておく必要があるでしょう。

次の項目ではそれぞれの業務内容を詳しく解説していきます。

 

ワンポイント
不動産業界では土地や建物に関する幅広い業務を行います。

不動産業界の仕事を知ろう

面接

不動産業界で仕事をしていこうと考えている方は業界の主な仕事について詳しく知っておく必要があるでしょう。

以下のように4つの仕事の詳細をご紹介していくので転職に役立てていただければ嬉しいです。

不動産仲介の仕事

不動産業界の主な仕事の1つとして数えられるのが不動産仲介です。

この仕事では不動産を売買する時に売主と買主の売買契約の仲介を行うのが主な業務となります。

また、売買だけでなく賃貸契約においても貸主と借主の間に入って契約を結ぶ手伝いをすることとなります。

売買や賃貸の仲介を行い成約時に仲介手数料を受け取ることで、これを業務の報酬にするという仕組みになっているのです。

しかし手数料は売買では成約価格×3%が上限となっており、賃貸では賃料1ヶ月分が上限となっています。

不動産販売の仕事

不動産販売の仕事では土地や建物といったものを販売することが主な業務となります。

この仕事を行う会社は不動産仲介も同時に行っていることが多いため、販売と仲介は比較的似ているといえるでしょう。

流れとしてはまずディベロッパーがマンションの開発を行い、建設会社がそれに従って建設を行います。

そしてその建設された物件を不動産販売会社が販売するという仕組みになっているのです。

不動産販売の仕事では広告を見て問い合わせてきた人や住宅展示場に訪れた人へ営業するという機会も多くなります。

そのためコミュニケーションスキルが大切となるでしょう。

ディベロッパーの仕事

笑顔の女性

ディベロッパーというのは不動産の開発を担当する仕事です。

ディベロッパーは大規模な施設や分譲マンションなどの建設に適した物件の情報を探し、そこから予算を考慮して物件を取得します。

物件を取得した後は実際に企画・開発を行って、開発が済んだらゼネコンなどに依頼して実際に建設を進めていくという流れです。

ディベロッパーは建設をする前までの企画・開発を担う仕事であり、建物を建設する上で欠かすことのできない存在だといえます。

不動産コンサルタントの仕事

不動産コンサルタントは不動産に関する問題を解決するために専門的なアドバイスを行うことが主な業務です。

不動産コンサルタントでは売買・管理・賃貸などといった不動産全般に関する問題を取り扱います。

コンサルティングを行うには、不動産に関する深い知識や経験が必要となるでしょう。

不動産コンサルタントとして信頼されるためには資格の取得が必要となります。

資格を持っていなくてもコンサルタントと名乗ることは可能です。

しかし不動産コンサルティング技能試験に合格しコンサルタントとして登録すれば専門家としての能力を顧客にも信用してもらえるでしょう。

資格取得には宅建資格や不動産鑑定士などの資格が必要となります。

不動産会社は増えている

スーツの女性

不動産業界は業界規模が国内でも大きい業界ですが、現在不動産会社の事業所数は更に増加傾向にあります。

今後どうなるかは分かりませんが会社が増え続けているということはそれだけ業績も堅調であるということです。

特に小規模な事業所の数が増えているため、そうした事業所を展開している会社への転職は未経験者でも入りやすいでしょう。

高齢化などの影響により空き家が増加するといわれていますが新築住宅の着工数は減少していません。

そのため今後も不動産業界が低迷することはないと考えて良いでしょう。

未経験から不動産業界に転職したいと考えている方も、安心して転職活動が行えるはずです。

 

ワンポイント
不動産業界はこれからも低迷することはないと考えられます。

求められる適性

ガッツポーズの女性

不動産業界への転職ではどういった適性が求められるのかを知っておけば、転職を有利に進めていくことができるでしょう。

この業界では顧客と直接コミュニケーションを取る機会が多いため、コミュニケーション能力が必要となります。

その際、相手の求めるものを汲み取り提案する能力も大切となるでしょう。

また、不動産会社では物件の調査にも多くの時間を費やします。

そのため情報を調べることが好きな方はこの業界に適性があると考えられるでしょう。

また、不動産会社では成約しなければ利益に繋がらないケースも多いため、根気強く交渉を続けられる人も必要とされます。

結果が出なくても長い目で見て顧客に売り込みができる人はこの仕事に適性があると考えて良いでしょう。

 

ワンポイント
コミュニケーション能力・情報調査能力・根気強く交渉できる人は不動産業界に適性があると考えられます。

志望動機の書き方

悩む女性

次は不動産業界で通用する志望動機の書き方を解説していきます。

ここまで紹介してきた仕事内容を参考に、どのように書けば人事担当者に好印象を与えられるのかを説明していきましょう。

関連する職務経験をアピール

職務経験をアピールする際にはその経験が不動産業界でも通用するものであるかを考えるようにしましょう。

例えば今まで営業職として働いてきた場合には、その営業職での接客経験をアピールすると効果的です。

不動産仲介・売買の現場では特に顧客とのコミュニケーションが必要となるため、営業職での経験を活かすことができるでしょう。

どういった部分で今までの職務経験を活かせるのかを考えるためには自己分析が必須となります。

自己分析によってこれまでの業務経験や培ってきた能力・スキルを明確にすることが可能です。

過去の経験と今後の展望をリンクさせる

自己分析によって明らかにした過去の経験はそれ自体をアピールするだけでなく、今後の展望にリンクさせるとより効果的です。

今後どういった形でキャリアを積んでいきたいか、どういった形で業務を行っていきたいかを明確にしましょう。

そしてその展望と過去の経験を結び付ければ、それが1つの軸となり志望動機に説得力を持たせることができます。

一貫性を感じさせることができれば人事担当者にも信用してもらえるでしょう。

長く勤めたいと述べる

企業は自社で長い間勤めてくれる人材を求めています。

そのため長く勤めたいということを伝えれば、今後将来的に成長しながら会社に貢献してくれる人材だと期待してもらえるでしょう。

入社への意欲と業務で自分の能力・スキルがどのように活かせるかを明確にすると好印象に繋がります。

 

ワンポイント
・不動産業界で通用する経験をアピールする
・過去の経験を活かしてどのようにキャリアを積んでいきたいかを明確にする
・長い間会社に貢献できる人材だと伝える

不動産業界が求める人材の特徴

営業

次は不動産業界で求められる人材の特徴について解説していきます。

業界でどのような人材が重宝されるのかを知れば、それに合わせて自身の強みをアピールすることが可能です。

以下のような特徴に自身の強みが合致するかどうかを確認しておきましょう。

数字にこだわる人材

不動産業界では契約数や売り上げが重視されるため、数字にこだわる人材というのは重宝されるようです。

業種によっては数字にこだわる人材はお金にうるさそうというイメージに繋がるため敬遠されてしまうこともあります。

しかしながら不動産業界ではこれが長所となるため数字にこだわるという点も積極的にアピールしていくと良いでしょう。

信頼される人材

女性

不動産業界は営業職が多く求められる業界ですが、そうした職種では顧客とのコミュニケーションや交渉が大切となります。

交渉を成功させて成約に結び付けるためには顧客からの信頼が欠かせません。

そのため他者から信頼される人材というのは重宝されると考えられます。

もしこれまでの業務で会社や顧客から信頼されてきた経験があるのならそれをアピールすると良いでしょう。

チームワークを大切にする人材

不動産業界で働く方にとって、チームワークを大切にするかどうかというのも重要なポイントです。

特にディベロッパーの仕事では物件を取得して開発するまでの間に社内でどういった場所にどんな建物を建てるかを話し合う必要があります。

こうした話し合いを円滑に進められなければ、業務にも支障を来たしてしまうでしょう。

チームワークを大切にできる人材というのはプロジェクトで重宝されます。

不動産業界への転職では協調性をアピールすると効果的です。

知識や教養のある人材

ポイント

不動産業界では様々な年齢の顧客と接するため、そうした方々と会話をするために知識や教養が豊富であることが求められます。

知識や教養があまりない人材は顧客から信頼を勝ち取るのも難しくなってしまうでしょう。

知識や教養というのは一朝一夕で培うことのできるものではないので、すぐに習得するのは難しいと考えられます。

しかし、それらを学ぶ努力をしている姿勢をアピールすることで、企業から好印象を持ってもらえるでしょう。

企業の求める人物像を知ろう

企業が求人を出す場合そこには必ず求める人物像というものが存在しています。

そのため、その人物像に自身が合致しているということをアピールできれば効果的です。

人事担当者に評価してもらうためには、事前に企業研究を入念に行うと良いでしょう。

企業研究をすることでこの人物像がどういったものかを明確にすることができるためです。

人事担当者から会社をよく理解していると思ってもらえれば、選考も有利に進めていくことができるでしょう。

志望動機の例文

ノートパソコンを使う女性

次は志望動機の例文をご紹介していきます。

以下の例文を参考にして志望動機を作成してみましょう。

経験者の志望動機例文

前職では個人のお客様を対象とした賃貸物件仲介業務を行っておりました。

業務内容としましては接客から契約書類作成までを主に担当しており、お客様からも多くの信頼を寄せてもらうことができました。

その点を企業からも高く評価されておりましたので、長所を活かしコンサルタントとして業務を行っていきたいと思うようになったのです。

そのためコンサルティング業務を行っている貴社への転職を決意しました。

貴社のお客様を大切にするという企業理念に私は感銘を受け、是非御社で働きたいと思った次第です。

自身のこれまでの経験を活かして貴社に貢献していければと思っております。

未経験者の志望動機例文

電話をする女性

私は前職で保険の営業職に就いており、業務を通してお客様の要望に合った保険プランを提案して参りました。

お客様に満足してもらえるような仕事を行っていきたいと考える中で不動産仲介業というものに興味を持った次第です。

不動産仲介業について調べる中で貴社のデザイン性に優れた満足度の高い物件を紹介するという姿勢に共感し応募させていただきました。

不動産仲介業ではお客様に最適な物件を紹介することが求められます。

私は今後、今までの業務経験を活かしてお客様が高い満足度を得られるような物件紹介を行っていきたいと思っております。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

パソコンと女性

もし転職活動で悩みが生じた場合には転職エージェントを活用すると良いでしょう。

転職活動というのは自分だけでは対策が難しい場面も多々あります。

そんな時にあなたをサポートしてくれる存在が転職エージェントです。

エージェントは非公開求人を紹介してくれたり模擬面接を行ってくれたりと、幅広く転職活動をサポートしてくれます。

今後転職活動をスムーズに進めていきたいという方はこの機会に転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

パソコンと女性

今回は不動産業界へ転職を考えている方に向けて、志望動機の書き方を解説してきました。

志望動機は転職活動において企業に自分の転職への意欲や想いを伝える上で大切なものです。

この記事を参考にして人事担当者に伝わりやすい志望動機を作成していきましょう。

また、転職エージェントに相談すれば、転職活動で困ったことも気軽に相談できます。

有効に活用していきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する