商業用不動産の賃貸契約に関わるリーシング営業は、興味があってもどんな仕事かよくわからないという声が多く出ています。

実際は物件を建てる段階から周辺調査や設計の提案など、大きな事業に携わるやりがいのある仕事です。

そこでこの記事では、リーシング営業の仕事内容について具体的に解説していきます。

併せて、転職を成功させるポイントや必要な資格などの役立つ情報もまとめました。

営業職に興味がある方は、ぜひご一読ください。

リーシング営業の仕事内容を解説

オフィスにいる女性

リーシング営業の仕事内容は、商業用不動産の賃貸契約を仲介する業務やサポートがメインとなります。

新たに物件を建てた際の新規契約をはじめ、その後に空き店舗ができたときのスピーディーな対策も重要な仕事です。

ちなみに物件を建てるときには計画段階から携わり、テナントの構成や賃貸条件に関して意見を述べることもあります。

誘致するテナントのニーズを把握するためには、立地周辺のマーケティング調査も必要です。

物件の収益を考慮しながら営業活動を行うことが、リーシング営業のメイン業務となります。

マーケティング

打ち合わせをする女性

マーケティングは、主にテナントを募集する商業施設・ショッピングモールなど客付けを行う業務です。

物件を建設する計画が出た段階で立地動向を調査し、集客につながる戦略を策定します。

そして調査の結果をもとに賃貸条件を設計・企画し、営業活動を行うのが基本的な流れです。

ちなみに似ている職種として、プロパティマネジメント(PM)がよくあげられます。

PMは投資用物件を手がけて不動産価値を高める管理・運営を行う仕事で、リーシング営業と同じ会社で扱うことが多いです。

空室対策

クリエイター・エンジニア

ビルは必ず維持管理費が発生するため、空き店舗が出るとできるだけ早く穴埋めして賃料確保を目指すのが空き室対策です。

例えば一般的に「マイソク」と呼ばれる広告チラシを仲介業者に配布し、仲介してもらうよう呼び掛けます。

また不動産会社が見ることのできる「レインズ」というサイトに、空き室が出た物件を登録するのも有効な方法です。

さらにIT化が進んでいる影響を受けて、VRやARを使った紹介方法も注目されています。

これらの方法を組み合わせながら、短期間で空き店舗を埋められるよう活動することが大切です。

 

ワンポイント
 リーシング営業の主な仕事はテナント誘致と空き室対策。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

リーシング営業と仲介業の関連

男女のビジネスパーソン

リーシング営業は仲介業の一種ですが、より積極的にテナント誘致を行うことが大きな違いです。

一般的な仲介業は物件の広告を出すまでが業務ですが、リーシング営業は空き室を効率よく埋めるために行動を起こします。

そのため不動産の知識と併せて、営業のスキルも必要とされるのが特徴です。

どれだけ早く収益が見込めるテナントを見つけるかが、仕事の評価にもつながる醍醐味といえるでしょう。

一般的な仲介業とテナント探しでやり取りする場面も多く出てきます。

リーシング営業とプロパティマネジメントの関連

オフィスにいる女性

プロパティマネジメント(PM)とリーシング営業は、不動産の運営・管理に重点を置くか営業メインかで異なります。

とはいえ不動産の価値を高めるという目的は同じなので、同一企業で扱っていることが多いです。

中にはリーシング営業の仕事をPMが兼任しているケースもあります。

PMならではの仕事としては、物件の名義変更の手続きや書類作成など管理業務を主としているのが特徴です。

一方リーシング営業は仲介業務や客付けするためのサポートをメインとしていることから、業務内容に違いがあります。

 

ワンポイント
 プロパティマネジメントとの違いはメインとなる業務にあり。

リーシング営業の転職に必要な資格は?

パソコンと筆記用具

リーシング営業は基本的に必要な資格はありません

専門的な知識は転職後に身に付けられるため、未経験可で募集している求人企業が多く見られます。

ただし、「宅地建物取引士(宅建)」を取得していると転職に有利です。

不動産の知識があるというアピールになるでしょう。

また採用の際には条件が良くなるケースも多いです。

リーシング営業に向いている女性の特徴は?

オフィスにいる女性

リーシング営業が向いている女性には、いくつかの特徴があります。

例えばコミュニ―ケーションが得意だったり学ぶことが苦手でない人など、特徴は様々です。

特に精神面では営業に関連することが多くなります。

目標に対する意識が高かったりポジティブ思考だと、仕事が上手くいかないときでも継続して努力できる営業向きの人です。

全てが当てはまる必要はないので、どれかひとつでも自分が持っている要素がないかチェックしてみましょう。

リサーチ力がある人

オフィスにいる女性

物件の資産価値を維持向上させるために多方面からリサーチする能力があると、リーシング営業では大きな強みとなります。

細かなメンテナスやリニューアル工事の必要性など、日常的な面から長期的な計画まで総合的に調査することが重要です。

また空き室対策でも、市況マーケットに適したサービスプランを提案するためのリサーチ力が欠かせません。

適切なリサーチができていれば、エリアの特性に合ったテナント誘致が行えます。

予想される客層から戦略を立てて賃料を設定するなど、具体的に検討できる人が向いているでしょう。

コミュニケーションが得意な人

パソコンを使って打合せ

他の営業職と同様に、リーシング営業もコミュニケーションが得意な人が活躍できる仕事です。

不動産は大きな金額が動くため、まずは顧客からの信頼を得ることが営業の前提となります。

例えば空き室対策の場合は、いかに入居率を高めるか具体的な提案を行いサポートしていくのが大切です。

成果が出たときには、顧客であるオーナーと一緒に喜びを分かち合うことができます。

契約に至るのは容易ではありませんが、その分顧客からの「ありがとう」という言葉が胸に響くでしょう。

企画力を付けたい人

木目の机にあるスマホ

不動産を扱う仕事はスケジュールの段取りが多いため、企画力を身に付けたい人におすすめです。

例えば空き室が出ると内覧可能日から内覧の予定を組み、契約から入居に至るまでいくつかの段階があります。

できるだけスムーズに進行できるよう、先を考えて行動する計画性が重要です。

企画力がある人は一度に対応できる顧客の数も増え、効率がアップします。

その結果、成約率の向上に繋がるでしょう。

地道な作業が得意な人

パソコンを持つ女性

営業時にはコミュニケーション力が活かせる一方、地味な作業が得意な人も別の面で活躍できます。

営業に至るまでのステップとして、地味な作業も重要なのです。

例えばテナント誘致の際は、近隣店舗にDMやFAXを送信したり近隣に看板を設置するといった業務があります。

またマーケティング調査に関しても、根気よく地道に続けていくことが大変であり大切な下積みです。

幅広い広報業務や調査結果が、営業を成功させるポイントになります。

学ぶことが苦手でない人

ビジネスデスクのイメージ

不動産の営業職に重要なのはトレンドを常に意識することであり、学びが苦にならない人なら適応力が高いです。

物件が建つ周辺はどのような現状で何が求められているのか、的確に把握する必要があります。

また周辺だけではなく全体的なトレンドをチェックし、自分の持つデータを最新化しておくことが大切です。

その結果会社の利益につながるような提案が出せるようになり、顧客からの信頼感も高まります。

学ぶことが日常的にできれば、アイデアに行き詰まることもなく安定した営業ができるでしょう。

 

ワンポイント
 リーシング営業に向いているのはコミュニケーション力や地道な仕事ができる人。

リーシング営業に必要なスキル

中高年男性と打ち合わせ

リーシング営業に必要とされるスキルは、コミュニケーションスキル地道に仕事をこなせる力です。

契約に至るまでには、丁寧なコミュニケーションと仕事の細やかさが求められます。

そして調査に基づいた企画を提案し、計画的に行動することが成約につながる可能性を高めるのです。

テナント誘致、あるいは退店交渉でも両方のスキルが必要となります。

前職で得たスキルがあれば、積極的にアピールしましょう。

コミュニケーションスキル

打合せする女性

テナントビルを経営するオーナーやテナント各社とは何度も接点があるため、コミュニケーションスキルは必要不可欠です。

顧客が話しやすい雰囲気を作るためにも、日頃からのコミュニケーション作りが重要になります。

顧客の悩みに対して真摯に耳を傾けると、現在の状況や改善点が見えてくるでしょう。

そして必要な調査を行い、幅広い提案をすることで信頼関係が構築できます。

また両方の話を聞いているリーシング営業は、オーナーとテナントの関係性を良好に保つ橋渡しの役割も果たせるでしょう。

細かい仕事を地道にこなせる力

パソコンを持つ女性

大きなプロジェクトに携わる華やかさがある一方で、細かい地味な仕事も多いのがリーシング営業の特徴です。

そのため仕事をこつこつと進められる忍耐力が必要とされます。

例えば近隣店舗へDMを発送したり、周辺に看板を設置するような作業です。

また現在のテナントの状況や顧客層、さらに市場全体のニーズといった事前調査も数多くこなさなければいけません。

営業を行う前の準備段階は一見地味な仕事ですが、重要なステップとなるのです。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

リーシング営業に転職を成功させるためのポイント

オフィスにいるメンバー

リーシング営業への転職を成功させるには、いくつかのポイントがあります。

例えば業界・企業研究雇用条件の確認などです。

リーシング営業といっても企業によって仕事内容は微妙に異なるので、給与面と合わせて比較してみましょう。

また未経験で転職しやすいとはいえ、明確な志望動機は必要不可欠です。

経験がなくても、転職に対する意欲が高いことをしっかりアピールしましょう。

志望動機を明確にしよう

青い背景と女性

志望動機は企業側が知りたい重要な項目なので、前向きな考え方を自分の言葉で伝えましょう。

職種を選んだ理由はもちろんですが、併せてなぜその企業を選んだかの理由についても重要です。

前向きな考え方と見られる評価を得るには、転職後に自分がどんな活躍をしたいかがポイントとなります。

また他の同職種の企業と比べて、応募先企業が魅力である点をまとめておくのがおすすめです。

面接時は必ず聞かれる項目であるため、しっかり準備しておきましょう。

業界研究や企業研究を丁寧に行おう

電話で話す若い女性

不動産業界の研究や企業研究は丁寧に行うことが重要です。

まずは業界全体の状況や採用の傾向を把握して、自分に合っているか考えてみましょう。

そして応募企業の候補を見つけたら、しっかりと企業の状況や将来性について調べておくのがおすすめです。

求人サイトでは「募集背景」の項目をチェックするのも、有効な方法といえるでしょう。

また口コミサイトで、実際に働いている社員のリアルな声を調べておくとイメージがつきやすいです。

雇用条件を確認しよう

パソコンを操作する女性

雇用条件については、応募する前にしっかり確認しておくことが大切です。

まずは、自分が転職で何を重視したいのか考えてみましょう。

たとえばワークライフバランスを優先するか、キャリアアップを重視するかで企業の選定方法は変わってきます。

効率よく転職活動を進めるためにも、優先事項を決めたうえで求人情報をチェックするのがおすすめです。

優先事項をもとに気になる企業をピックアップし、それから詳細情報を調べると効率的でしょう。

給与を確認しよう

お金を手に持つ女性

企業によって給与には幅があるので、手当も含めてしっかり確認するのがおすすめです。

賞与の回数やインセンティブの有無など、給与の項目以外にも目を通しましょう。

特に転職の場合は、経験によって給与に差が出てきます。

リーシング営業の場合は、法人のマネジメント経験を優遇している企業が多いです。

合わせてキャリアプランのシミュレーションも参考に比較してみましょう。

 

ワンポイント
 転職時は事前のリサーチが重要。

リーシング営業の将来性は?

オフィスにいる二人の女性

リーシング営業の将来性は、不動産業界の動向次第で大きく左右されます。

そして不動産業界は国内の景気や人手不足の問題などと密接に関連しており、転機を迎えつつあるのが現状です。

今後は海外への進出や不動産投資の提案の活発化といった変化が予想されています。

そのため、リーシング営業は語学力や資産運用の知識が求められるようになってくるでしょう。

転職する際は、企業の将来性をリサーチしたうえで検討するのがおすすめです。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

スマホを使う女性

リーシング営業に興味がある方をはじめ、転職の悩みは転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは個別面談があるので、不安な点は直接質問して回答を得られます。

また条件の良い非公開求人も数多く抱えており、自分に合った企業を紹介してもらえるのが大きなメリットです。

転職まで親身にサポートしてくれるため、心強い存在となります。

ぜひ転職エージェントの活用を検討してみてください。

まとめ

男女のビジネスパーソン

リーシング営業は契約一つに対して動く金額が大きく、やりがいのある仕事です。

顧客とのコミュニケーションを大切にすることが、成約につながる重要なポイントとなるでしょう。

また、地道な作業も根気強く続ける心の強さが求められています。

一方で必要な資格を設定していない企業が多いことから、転職できるチャンスは高いです。

営業力・企画力を身に付けたい方は、ぜひ検討してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら