美容クリニックで働く美容カウンセラーは、美容のプロで多くの女性の悩みを聞いています。

美容という華やかな世界の仕事のため、憧れを抱く人は多いでしょう。

今回は、女性が気になる美容カウンセラーの仕事内容について紹介していきます。

向いている人の特徴も紹介していくので美容カウンセラーへの転職を考えている人はチェックしておきましょう。

美容カウンセラーの仕事内容を解説

顔を拭く女性

女性にとって美容の悩みは尽きないものです。

美容に関する悩みを抱えている人は多く、美容カウンセラーに相談したことのある人もいるでしょう。

では、美容カウンセラーは具体的にどのような仕事をしているのでしょうか。

また、美容カウンセラーに向いているのはどのような人なのでしょうか。

女性と関わりの深い美容カウンセラーの仕事内容について詳しく解説していきます。

美容カウンセラーの主な仕事内容

4つ

美容カウンセラーの仕事内容は、大きく分けて4つです。

華やかな仕事だと思われている美容カウンセラーですが、想像以上にたくさんの仕事をしています。

お客様が来院したときの受付をしたり、電話対応などの規則的な仕事は美容カウンセラーの仕事です。

また、カウンセリングを行いながらお客様の悩みを聞いていくのも美容カウンセラーの仕事です。

カルテの管理・資料作成・クロージングなどその仕事量は多いでしょう。では、それぞれ詳しく紹介していきます。

来院受付・電話対応

美容クリニックを来院したお客様の受付対応電話対応は、美容カウンセラーの仕事です。

美容クリニックを訪れるお客様は、基本的に美意識の高く繊細な人が多いです。そのため、受付対応は重要となります。

言葉遣いや身だしなみなどのマナーが身についている必要があるでしょう。

また、来院予約のスケジュール管理が上手くできるかどうかも大切なポイントです。

前カウンセリング

カウンセリング

美容カウンセラーはお客様の基本情報や要望を聞き出すための前カウンセリングも行います。

電話受付のタイミングで要望を聞くこともあれば、来店してからカウンセリングを行うこともあります。

お客様が抱えている悩みを的確に引き出すためには、人の気持ちに寄り添った接客が必要となるでしょう。

聞き上手な人ほどお客様からいい印象を持たれやすくなります。

カルテの管理・資料作成

お客様のカルテを整理したりすることも、美容カウンセラーの仕事の一つです。

お客様ごとにカウンセリングの内容や施術内容を記録していきます。

詳しく記入することによって、ドクターの仕事効率もアップすることでしょう。

効率よくカルテを整理するだけでなく、必要な内容を上手くまとめる能力も求められます。

また、美容クリニック内の掲示物や広告などの資料作成も美容カウンセラーの仕事です。

クロージング

営業をする女性

クロージングは、前カウンセリングの時などに決まった治療内容のメリット・デメリットの説明をすることです。

いわゆる営業のようなものでクリニックによっては、ノルマが設定されていることがあります。

お客様の悩みに対してアドバイスをしたり、適切な商品プランを提案していくのも仕事の一つです。

お客様に寄り添った仕事ができている美容カウンセラーほど、良い提案をすることができます。

お客様に満足してもらえるような提案が、美容カウンセラーに求められるでしょう。

 

ワンポイント
美容カウンセラーの仕事内容は非常に多い。

美容カウンセラーはお客様と医師との橋渡し役

重要

美容カウンセラーはたくさんの仕事をしますが、その目的はお客様と医師との橋渡し役です。

お客様の気持ちに寄り添った接客をすることで、お客様が本当に望んでいることを聞き出すことができます。

そして、その情報を分かりやすく医師に伝えることで、医師はお客様の望んでいるサービスを提供することができるのです。

美容カウンセラーがいるからこそ、お客様が満足できる施術を行うことができるといっても過言ではありません。

美容カウンセラーの丁寧な仕事は医師を助けるだけでなく、お客様の満足へと繋がります。

 

ワンポイント
美容カウンセラーがいるからお客様の満足できる施術ができる。

美容カウンセラーの仕事で大変なところ

困っている女性

美容カウンセラーの仕事で大変なのは、お客様からのクレーム対応です。

美容カウンセラーがどんなにカウンセリングを行っていたとしても、必ず満足してもらえるとは限りません。

医師の中では成功していた手術も、お客様から見れば失敗にもなるのです。

実際に施術を行ったわけではない美容カウンセラーは、ただただお客様のクレームを聞くだけになってしまうことが多いです。

怒鳴るお客様もいて、精神的に辛いと感じてしまうこともあるでしょう。

メンタルの弱い人だと理不尽なクレームに心が折れてしまいます。

お客様に寄り添える優しい心と、クレームに耐える強い心の2つが必要となるのが美容カウンセラーの大変なところです。

美容カウンセラーの仕事のやりがい

まるを作る女性

美容カウンセラーは大変な仕事ではありますが、その分やりがいを感じることができます。

医師ではなく美容カウンセラーだからこそ経験できることがあるでしょう。

では、美容カウンセラーの仕事のやりがいを具体的に紹介していきます。

お客様から信頼された

美容クリニックを訪れるお客様の中には、医師よりも美容カウンセラーを信頼してくれる人が多いです。

それは、美容カウンセラーが誰よりもお客様に近い存在だからです。

「あなたが言うなら間違いない」と思ってくれるお客様もいて、この仕事を選んで良かったと思うことでしょう。

お客様から信頼されることは簡単なことではありません。

信頼を得るために少しずつお客様が心を開いてくれるのを待たなくてはならないのです。

お客様に寄り添う努力があってこそお客様から信頼されるようになります。

お客様に治療効果が現れた

カウンセリング

お客様に治療効果現れた時も、美容カウンセラーはやりがいを感じます。

お客様自信も喜んでくれていて、目に見えて自分の頑張りを感じることができるでしょう。

美容クリニックを初めて訪れたとき、お客様は緊張しています。

しかし、カウンセリングを重ねてお客様の希望する施術をすることによって、どんどんと綺麗になっていくのです。

お客様の変化を身近で感じることがやりがいへと繋がります。

お客様の性格が明るくなった

美容クリニックを訪れるお客様の中には、自分の容姿にコンプレックスを抱いていて暗いイメージの方がいます。

コンプレックスのせいで自分に自信を持つことができず、下を向いて歩いているという方もいるでしょう。

しかし、カウンセリングと施術の後お客様の表情は大きく変わります。

素敵な笑顔を見せてくれる方も多く、お客様の性格が明るくなったと感じることもあるでしょう。

 

ワンポイント
・お客様から信頼されることがやりがい
・お客様に治療効果が現れると嬉しくなる
・お客様が明るくなることでやりがいを感じる

美容カウンセラーに向いている人の特徴

白衣の女性

美容に関わる仕事をしたいと思っている人の中には、美容カウンセラーを目指している人もいるでしょう。

しかし、美容カウンセラーの仕事は大変で向き不向きで結果が大きく異なります。

ここでは、美容カウンセラーに向いている人の特徴を紹介していきます。

美容カウンセラーを目指している人は当てはまる項目があるかチェックしてみましょう。

美容に興味がある人

美容カウンセラーは美容のプロです。たくさんの人の美容に関する悩みを聞いて解決策を提案していきます。

そのため、常に美容について勉強をすることとなるでしょう。美容に興味がある人であれば、勉強することも苦ではありません。

むしろ、勉強することを楽しいと思うことでしょう。

美容に興味がある人は楽しく仕事をすることができるため、美容カウンセラーに向いています。

コンプレックスを持っている人

コンプレックス

コンプレックスを持っている人は美容カウンセラーに向いています。

自分自身もコンプレックスを持っているからこそ、お客様の気持ちを理解しやすくなります。

また、自分のコンプレックスを解消する方法を探すことで、美容についての知識をより深めていくことができるのです。

美容カウンセラーとして成果を上げることは自分のコンプレックスを解消することにもなり、人生を楽しく生きることができるでしょう。

柔軟に物事を考えられる人

美容カウンセラーはお客様に合ったサービスを提供する必要があります。

そのため、柔軟に物事を考えられる人は美容カウンセラーに向いています。

頭が固い人だと偏った考えとなり、お客様に自分の価値観を押し付けてしまうことになりかねません。

お客様は一人一人容姿も見た目も異なります。柔軟な考えを持てることで、お客様に合った接客をすることができるのです。

人と話すのが好きな人

話す女性

人と話すのが好きな人も美容カウンセラーに向いています。

たくさんの仕事をしている美容カウンセラーですが、メインの仕事はお客様のカウンセリングです。

会話を広げていくことができれば、その分お客様のことを知ることができます。

お客様のことをどれだけ知ることができるかどうかで、お客様に納得してもらえる提案ができるかどうかが決まるでしょう。

お客様と信頼関係を築くためのきっかけとなる会話は、美容カウンセラーにとって必要なものとなります。

 

ワンポイント
・美容に興味がある人は美容カウンセラーとして成長する
・コンプレックスを抱いている人はお客様の気持ちが分かる
・会話を広げることはカウンセリングに必要

 

美容カウンセラーに必要な資格やスキル

美容カウンセラー

実際に美容カウンセラーを目指そうとしている人が気になってしまうのが、必要な資格やスキルがあるのかどうかです。

今の自分のスキルで美容カウンセラーを目指せるのか不安になってしまうことでしょう。

では、美容貨運セラーに必要な資格やスキルを具体的に紹介していきます。

必要な資格

美容カウンセラーになるために特別必要な資格はありません

しかし、クリニックによっては大卒や短大卒の資格を求められる場合があります。

全てのクリニックの募集条件ではありませんが、美容クリニックの少ない地域での転職の場合は注意しておく必要があります。

また、美容系やカウンセリング系の資格を持った人であれば、優遇されることがあるでしょう。

必要なスキル

美容

美容カウンセラーになるためには必要なスキルもありません。未経験から美容カウンセラーに転職することも可能です。

海外のお客様を受け入れている美容クリニックであれば英語ができる人が求められることがあります。

また、エステなどの美容系の経験があるとプラスになります。

何かしら美容カウンセラーの仕事に関係する経験があれば、未経験から美容カウンセラーになることは難しくありません。

美容カウンセラーに転職するポイント

美容

美容カウンセラーはクリニックによって待遇などが変わります。

そのため、いつも求人を出しているようなクリニックは要注意です。

業界の間で良くない噂が流れて応募する人がいない。もしくは、応募する人はいるけど離職する人も多い場合があります。

何かしらの問題があるからいつも求人を出すこととなります。例え記載されている内容が魅力的でも、安心しないようにしましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性、二人

美容カウンセラーは思っている以上に大変な仕事です。また、クリニックによって待遇が変わるため、転職先選びは重要です。

美容カウンセラーからの転職であればある程度見極めることはできるでしょう。

しかし、他の職業から美容カウンセラーに転職する場合は分からないことが多くなります。

一人で悩むのではなく、転職のプロである転職エージェントを上手く活用していきましょう。

まとめ

ガッツポーズ

華やかなイメージのある美容カウンセラーですが、実際の仕事量は多く裏方業務が多くなります。

また、クレーム対応など大変な仕事もあります。しかし、お客様が満足する施術をできるのは美容カウンセラーがいるからです。

美容に関する悩みを抱えている人を笑顔にできるのは、美容カウンセラーの仕事のおかげです。

やりがいのある仕事ですのでチャレンジする人は転職エージェントを利用しつつ、自分に合った転職先を探していきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する