Webマーケターへの転職を目指す際に、どんな資格を取得したらよいのでしょうか。

また、それぞれ難易度はどれくらいで、どんな勉強法があるのでしょうか。

ここではWebマーケターにおすすめの資格についてご紹介していきます。

Webマーケターにおすすめの資格をご紹介

ファイル、女性

Webマーケターは資格を必須としない職業ですが、未経験からの転職の場合には資格があったほうが有利です。

Webマーケターにおすすめの資格は数多くあり、様々な分野の知識を認定する資格が存在します。

そこで、どのような資格があるのか、取得することでどんなメリットがあるのかを詳しく解説していきます。

Webマーケティングに関する資格

パソコンと女性

まずはWebマーケティング分野について学べる資格をいくつか紹介していきます。

マーケティングについて学ぶことで、集客や市場調査などの基本の考え方を身につけることができます。

「マーケティング・ビジネス実務検定」

マーケティングの基礎知識を学ぶことができ、Webに限らずマーケティングの幅広い知識と理論を身につけることができます。

特定の業種や職種にとらわれない幅広い共通のマーケティング知識の習得を目指しています。

ABCの3つのレベルがあるので、C級から順にステップアップしていくといいでしょう。

公式のテキスト・問題集や通信・通学講座があり対策しやすい検定でもあります。

「ネットマーケティング検定」

パソコンと女性

インターネットの特性を理解し、状況に応じて最も効果的なマーケティング手法が選択できる人材の育成を目的としています。

Webサイトを活用した認知度の向上や市場調査など、インターネットをマーケティングツールとして活用するための検定です。

標準約15時間のカリキュラムで短時間での習得が可能なため、初心者でも受けやすい資格となっています。

「IMA検定」

本当に現場で必要とされるスキルやノウハウをカリキュラムとし、ビジネスですぐに使えるスキルを身につけられます。

Standardコースはサイト分析とリスティング広告の実践運用スキルが身につくコースです。

Professionalコースはターゲット別の集客プランの立案とスプリットラン実施ノウハウが身につくコースです。

全11回のe-ラーニングによる受講とオンライン演習を受け、指定日にwebテストを受ける形式となっています。

 

ワンポイント
Webマーケティングについて学べる資格は種類があります。必要に応じて取得していきましょう。

解析や統計に関する資格

ノートパソコンとグラフ

解析や統計に関する他の資格も存在します。

解析や統計について深く学ぶことで、数値の捉え方や、それを活用して改善策を導き出すスキルを身につけることができます。

「ウェブ解析士」

データ分析や業務計画立案など様々な能力の習得を目的としています。

アクセス解析を軸としたWeb解析のスキルを身につけ、データの読み取りや正しい判断ができるスキルの習得を目指します。

実務に役立てることを重視しているため、実践的な演習中心の講座を受けられるのが特徴です。

認定講座を受講してからの受験を推奨していますが、知識や実務経験があればテキストで予習し直接受験することも可能です。

「ウェブ解析士」「上級ウェブ解析士」「ウェブ解析士マスター」と3つのレベルがあります。

学習時間の目安はウェブ業界経験者であれば15~30時間、未経験者であれば40~60時間とされています。

「統計検定」

データに基づいて客観的に判断し、科学的に問題を解決する能力を評価する検定です。

Webに限らず、抽出されたデータから統計を取り、仮説を立て、意思決定につなげるという統計の基礎力を測定できます。

どんな業界でも活かせる知識やスキルが身につくので、学生を含め、幅広い職種の人に受験されているのが特徴です。

1級から準1級を含んで4級まで5段階あり、その他にも統計調査士・専門統計調査士の試験があります。

自分の知識量に合わせて級を選択するといいでしょう。

その他Webマーケターに役立つ資格は?

ノートパソコンを操作する女性

ここまでに紹介したWebマーケティング系の資格や解析・統計系の資格以外にも、以下のような資格があります。

「Webディレクション試験」

「Web検定」のうちの1つであり、この試験に合格することで「Webディレクター」資格を取得することができます。

Web業界におけるディレクション業務を個人の経験や才能に依存せず、指標となる規格によって一定の品質を保つための検定です。

この試験では、プロジェクトを成功に導くWebマーケターとしての論理的思考力とスキルが問われます。

合格のためには、企画立案などの実務レベルでWeb知識を活用する力が必要です。

公式のテキストと問題集してから受験することが推奨されています。

なお、資格有効期限は2年間です。

「Webアナリスト検定」

ユーザーフローに沿ってデータの分析方法を体系的に学べる検定です。

解析ツールの使い方、市場動向やトレンドといったマーケティングに必要な情報の解析力や活用方法の習得を目的としています。

5時間の講座受講と検定試験のセットになっていますが、試験だけを受けることも可能です。

講義形式で集中して学べるので、これから勉強を始めたいという人でも一定の知識がある人の確認にもぴったりの検定です。

「Google広告認定資格」

パソコンと女性

Googleの広告を活用するスキルを持った個人をGoogleが公式に認定する資格です。

検索広告、ディスプレイ広告、動画広告、ショッピング広告、Google広告アプリ、Google広告測定の6項目があります。

Googleのオンライントレーニングプログラムであるスキルショップを利用して、全て無料で取得することが可能です。

認定資格を取得するとGoogle広告認定プロフェッショナルとしてクライアントや見込み客にアピールすることができます。

認定資格は1年間有効で、更新するためには各項目の理解度テストに再度合格する必要があります。

「Googleアナリティクス個人認定資格」

Googleアナリティクスの知識を基礎から実践方法まで一通り学び、習熟度を認定する資格です。

合格すると、熟練したGoogleアナリティクスユーザーであることを具体的に証明できます。

初級者向けと上級者向けコースのオンラインプログラムの受講や試験費用まで、全て無料で受けることが可能です。

こちらも認定資格は1件間有効で、更新するために再度合格する必要があります。

Webマーケターの資格の難易度や勉強法は?

女性教師

Webマーケター向けの資格について、難易度はどのくらいか、どのように勉強すればいいかをご紹介していきます。

資格の難易度

ここまで紹介してきた資格を初級者向けと中級者以上向けにそれぞれ振り分けてみましょう。

初級者向けの資格は以下の通りです。

・マーケティング・ビジネス実務検定 C級・B級

・ネットマーケティング検定

・IMA検定 Standard

・ウェブ解析士 ウェブ解析士

・統計検定 3級・4級

・Webアナリスト検定

・Google広告認定資格

・Googleアナリティクス個人認定資格 初級者用

中級者以上向けの資格は以下の通りです。

・マーケティング・ビジネス実務検定 A級

・IMA検定 Professional

・ウェブ解析士 上級ウェブ解析士・ウェブ解析士マスター

・統計検定 2級以上

・Webディレクション試験

・Googleアナリティクス個人認定資格 上級者用

自分の今の知識やスキルのレベルに合った試験を選んで受けるようにしましょう。

勉強方法は?

試験勉強

Webマーケターの資格を勉強する方法はいくつかあります。

一番手軽なのは、公式テキストや問題集を購入して自分のペースで勉強する方法でしょう。

ある程度の基礎的な力が備わっている人にとっては、すでにわかっている部分は省くこともでき、効率がいいといえます。

しかし、すべて自分の力で進めていかなくてはならないため、挫折しやすい方法でもあります。

そこで、まったく知識がなく一から勉強を始めるという場合には、オンライン講義を活用するのがおすすめです。

重要なポイントを体系的に学ぶことができ、目と耳と両方から刺激を受けることができるため、頭に残りやすいといえます。

また、もし時間とお金に余裕があれば、専門学校やスクールに通って学ぶのもいいでしょう。

それ以外にも、成功者のブログを見て学んだり、自分で実際にブログなどを運営しながら実践で学ぶ方法もあります。

今は無料で誰でもブログを始められ、コストをかけずに取り組めますし、実際にやってみないとわからないこともあります。

このように幅広く自分に合った勉強方法を選べるのもWebマーケターならではの特徴でしょう。

 

ワンポイント
勉強方法は公式参考書やオンライン講義、スクールや自分で実践する方法など様々です。

Webマーケターが資格を取得するメリット

メリット

Webマーケター向けの資格を取得することで、どんなメリットがあるのでしょうか。

一つには、自分が持っている知識を証明できるという利点があります。

また、資格取得に向けて勉強することを通して自分の知識の幅も広がります。

詳しく見ていきましょう。

Webマーケティングの知識を証明できる

資格を取得する一番大きなメリットといえば、他者からの信頼性が高まることでしょう。

自分がどんなに「得意です」と説明しても、実際にその知識があるかどうかは第三者にはわかりません。

その点、資格を持っていることで、その試験に合格するだけの知識やスキルがあることを客観的に証明できます。

また、全く違う職種からの転職の場合や実務経験がない場合は、何らかの形で知識があることの証明が必要です。

その場合でも資格を持っていることで、働きながら勉強するほどの熱意を示すアピールポイントになります。

勉強を通して知識の幅が広がる

Webマーケター向けの資格取得のために勉強することで、仕事に必要な知識や能力の幅を広げられるのも大きなポイントです。

例えば今まで実践でやってきていた人も、改めて勉強してみると新たな発見があり、それをまた仕事に活かすことができます。

そして、勉強する前と後とで自分の理解度の変化を実感し、自分の成長を確認できるのも大きな意味があります。

身についた知識によって自身が高まり、より積極的に仕事に取り組む姿勢が生まれるでしょう。

 

ワンポイント
資格を取得することで自分の力を証明することができ、また知識の幅が広がって仕事に活かすことができます。

どの資格を取るべきか悩んだ時は?

相談する女性

これだけたくさんの資格があると、どの資格を取ればいいのか悩んでしまう人も多いでしょう。

それぞれの公式サイトなどで情報を得ようにも、数が多すぎて途中で疲れてしまいそうです。

もし周囲にWebマーケターやそれに関連する仕事をしている人がいる場合は、直接相談してみるとよいでしょう。

また、相談できる人が身近にいない場合は、転職エージェントに相談してみるのがおすすめです。

転職エージェントは中途採用の求人を扱う際、どんな資格が求められているかということも良く知っています。

自分の目指すキャリアに対し、どの資格を取っておけばいいのか相談することができ、転職への第一歩を踏み出すことができます。

Webマーケターの資格を転職で活用するために

ガッツポーズ

Webマーケターの資格は種類が豊富にあるため、短い期間で全てを取得することは現実的ではありません。

そして資格ごとに証明できる知識も異なるため、せっかく取った資格が志望する企業で全く評価されないということもありえます。

そのため、自分が転職したい企業や職場の実情に合わせ、一番評価してもらえる資格を選ぶことが重要です。

しかし、もともと資格が必須ではない職種のため、求人情報にはそこまで詳しく載っていないこともあります。

業界に詳しい人か、いない場合は転職エージェントに相談しながら、適切な資格を選んで取得するとよいでしょう。

 

ワンポイント
転職で資格を活用するためには、志望する企業や職場の実情に合った資格を選びましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

男女のビジネスパーソン

Webマーケターは未経験からでも転職することができる魅力的な仕事です。

しかし、転職を成功させるためには、必要な知識やスキルを効率よく学んでしっかりと準備しておく必要があります。

どの資格を取ったらよいか、どの求人に応募するべきかなど、Webマーケターへの転職には悩みがつきものです。

そんな転職に関する悩みは、転職エージェントに相談することでスムーズに解決できます。

転職エージェントは企業側から報酬を得ているため、転職希望者は無料で利用することができます。

一人で悩まずに、まずは気軽に無料相談を利用してみましょう。

まとめ

ポイント

Webマーケターにおすすめの資格は種類が多く、様々な分野をカバーしています。

自分の志望する企業や職場に合わせて、最適な資格を選んで取得できれば転職を有利に進めることができるでしょう。

難易度は初級者向けから上級者向けまで幅広く、勉強方法も自分の得意なスタイルに合わせて選択することができます。

悩んだら知識のある人や転職エージェントに相談して、転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら