WebディレクターはWebサイト制作のディレクションを担当する職種で、需要は高く求人も多い傾向にあります。

未経験でも応募できる求人もあり、比較的挑戦しやすいといえるでしょう。

そのチャンスをものにするために、鍵を握っているのが志望動機です。

今回はWebディレクターを目指す場合の志望動機の書き方を解説します。

Contents

Webディレクターの志望動機の書き方を解説

ポイント

Webサイトが一般的に普及しあたり前になったことでWebディレクターの需要は高まっています。

キャリアアップやスキルアップを目指して転職しようと考える人や未経験から挑戦したいと考えている人いるでしょう。

転職成功の大きな鍵を握るのが志望動機です。

志望動機は応募企業や職種への熱意や意欲を伝えるために非常に重要な役割を担っています。

志望動機の書き方次第では書類選考の時点で落ちてしまうこともあるでしょう。

ポイントを押さえて自分の熱意や意欲を伝えられる志望動機を目指しましょう。

Webディレクターの主な仕事内容

パソコンと女性

Webディレクターの主な仕事はWebサイトの企画・制作・運用です。

制作するWebサイトは、コーポレートサイト・オウンドメディア・SNSなど多岐に渡ります。

Webディレクターの主な就職先は大きく分けると事業会社制作会社の2種類です。

事業会社の場合は自社のWebサイトを扱います。

自社サイトの制作は分業制で、運用しながら改善することが重視される傾向にあります。

制作会社の場合はクライアントの依頼を受けて制作する場合が多いでしょう。

さらに制作会社では制作段階の幅広い作業に関わることができるという違いがあります。

志望動機を書く前に、応募企業はどちらに分類されるのかを調べておきましょう。

 

ワンポイント
事業会社と制作会社で重視される仕事内容が異なる。

Webディレクターの志望動機を書くコツ

Webディレクターの志望動機を書くコツを解説します。

入社後にどう活躍するかアピールしよう

パソコンと女性

志望動機を考える際、応募企業や職種を選んだ理由だけで終わってしまう人もいるかもしれません。

しかし「入りたい」という気持ちだけでは志望動機としては不十分です。

より高評価を得るために、自分が入社後にどう活躍できるのかをアピールしましょう。

現在のスキルや実績を元に、入社後に自分が会社に貢献できることへと繋げて考えます。

これを書くことにより、採用担当者が応募者の働く姿をイメージしやすくなります。

さらに仕事への熱意もアピールできるため、意欲的な人という印象を与えることができるでしょう。

自分が貢献できることを書くためには企業研究が欠かせません。

企業研究を徹底的に行い、自分のスキルや実績からどの事業に貢献できるのかを見つけましょう。

応募企業を選んだ理由を具体的に伝えよう

志望動機では応募企業を選んだ理由を具体的に伝えることも大切です。

Webディレクターを目指す人の中には、職種に興味はあっても会社にこだわりはない人もいるかもしれません。

しかしどの企業でも通用する理由を書いてしまえば、そのことを採用担当者に見抜かれてしまいます。

場合によっては他に企業にも同じような志望動機を送っていると思われてしまうでしょう。

その企業でなければならない理由を明確にすることで、応募理由に納得してもらうことができます。

その企業でしかできない事業や研修体制など、その企業ならではの点に注目してみましょう。

 

ワンポイント
企業の特徴や事業内容を知り、自分がどう活躍できるかを考えよう。

女性がアピールすべきポイントは?

続いてWebディレクターを目指す女性がアピールすべきポイントを解説します。

コミュニケーションスキル

パソコンと女性

Webディレクターはパソコンに向かう作業ばかりではありません。

クライアントの要望を聞いたり、チーム間での情報共有を行うなどコミュニケーションをとることが必要です。

これらが円滑にできなければ制作中のトラブルにも繋がってしまうでしょう。

そのため、Webディレクターにはコミュニケーションスキルが求められます。

情報共有や意見の調整などを行うことで作業を効率的に進めることができるでしょう。

さらにクライアントがいる場合は要望を正確にヒアリングすることも大切です。

こうしたコミュニケーションスキルがある場合は、それを裏付ける具体的なエピソードとあわせてアピールしましょう。

Web関連の知識や経験

パソコン作業する女性の手

Webディレクターとして活躍するにはWeb関連の幅広い知識が必要です。

IT技術は日々進歩しており、Webサイトのトレンドやプログラミングの知識なども変化しています。

それらの情報に敏感で、知識や経験を備えていれば実際のWebサイト制作にも活かすことができるでしょう。

またWebディレクターはWebサイトの企画・制作だけでなく運用にも関わります。

そのためWebマーケティングの知識や経験があれば、それも活かすことができます。

ただし先述した通りWeb関連は変化が激しく、自分の知っている情報が古くなっている場合もあります。

志望動機を考える際には、自分の知識や経験はどの程度のものなのかを確認しておきましょう。

未経験の場合は?

Webディレクターは未経験であっても挑戦できる職種であり、実際に未経験者可の求人もあります。

未経験者の場合に重視されるのは、これまでの実績より総合的な人間力です。

人間力とはコミュニケーションスキルやリーダーシップなどのことです。

これらはWebディレクターでなく、他の職種であっても身につけることができます。

自分の経験の中でこうした人間力を裏付けるエピソードがないか探してみましょう。

また、Webディレクターという新しいことへ挑戦する、そのチャレンジ精神や熱意も重要な要素です。

未経験であっても意欲的に仕事に取り組む人材であれば今後の成長にも期待できます。

また先述した通りWeb関連の知識は変化が激しいものです。

意欲的な人であればその変化にも対応していけるのでは、という期待感を与えることもできます。

その姿勢を志望動機で伝えることで好印象を与えることができるでしょう。

また、未経験の場合でもWebデザイナーなど別のWeb関連の知識や経験があればアピールしましょう。

Webディレクターの志望動機の回答例

ここまで志望動機を書くコツなどを解説しました。

続いては実際に志望動機の回答例を紹介します。

例①:Webディレクターの経験がある場合

面談

私はWebサイトの運用に現在よりも深く関わりたいと思い、貴社を志望しました。

私は制作会社のWebディレクターとして5年従事しております。

そこではクライアントの依頼を受けての企画・制作を担当していました。

クライアントは大企業から個人の方まで様々で、Webサイトに求められる要素は異なります。

クライアントが何を求め、何を重視しているのかを丁寧にヒアリングし、常に最適な提案をすることを心がけていました。

またWebサイトの制作では、要望に応えたサイト構築を実現するために日々新しい知識や技術の習得も行っています。

それらの経験を重ねるうちに、Webサイトの運用にも携わりたいという気持ちを抱くようになりました。

しかし現職では基本的に制作までしか関われません。

そのため転職を決意し、Webサイトの運用に特に力を入れておられる貴社を志望しました。

Webサイト制作の全般を担当し、企画などの経験からWebサイトを訪れるターゲットの分析なども行っています。

それらの経験を活かし、貴社のWebサイト運用に貢献したいと考えております。

例②:別のWeb関連の職種を経験している場合

パソコンを見る女性たち

私はWebサイト制作全般にもっと深く関わりたいと思い、貴社を志望しました。

前職ではWebデザイナーとしてWebサイト制作の一端を担ってきました。

Webデザイナーとしての経験を重ねていくと、Webディレクターの重要性を強く感じました。

Webディレクターの采配次第で制作の進行度や作業のやりやすさは大きく変化します。

これまでの経験から、制作スタッフが作業をしやすいWebサイト制作をマネジメントしたいという気持ちが強くなりました。

貴社を特集した記事を見て、制作チームやクライアントとの連携を非常に大切にされていると知り、この度応募致しました。

Webディレクターの経験はないですが、Webサイト制作のディレクションに関する勉強をしています。

入社後は、これまで制作に携わっていた者として制作現場のスタッフの気持ちを汲み取ったディレクションを心がけて参ります。

またWebデザイナーとして身につけた知識やスキルを活かし、貴社のサイト制作に貢献したいと考えています。

例③:業界未経験の場合

私はこれからの時代に欠かせない、成長余力のあるWebサイト制作に携わりたいと思い、貴社を志望しました。

私は前職で商社の営業職として従事しており、Web業界は未経験です。

営業活動を行う際、対面での商談も行いますが、それよりも先にWebサイトが非常に重要なことを実感していました。

Webサイトの充実度やアクセス数などによって、会社の認知度や信頼度も左右されます。

それによって営業のやりやすさも異なるため、Webの活用がいかに重要かを感じていました。

そこから自分もWebの制作側に携わりたいと思うようになったのです。

貴社は業界でも屈指のクライアント数を誇っており、それだけ多くの案件に携わるチャンスがあるのではと感じました。

Webの知識や技術は勉強中ではありますが、営業として培ったマネジメント力やコミュニケーションスキルには自信があります。

貴社に入社後はこれまで培ったスキルを活かし、貴社に貢献して参ります。

Webディレクターの志望動機を書く時の注意点

悩む女性

Webディレクターは、経験者であればこれまでの実績やスキルが重視される傾向にあります。

志望動機を書く際にはこれまで自分がどんな案件を担当したのかを書き出して整理してみましょう。

その中から応募企業でも活かせる経験があれば、それを元に自己PRを考えます。

スキルや実績が数多くあっても、その中には応募企業では求められていないものや活かせないものもあるでしょう。

応募企業にマッチしていないスキルや実績では十分なアピールにはなりません。

場合によっては企業が求めている人材ではないと判断されてしまうこともあるでしょう。

それを防ぐためにも企業が求めている人物像を把握することが大切です。

 

ワンポイント
応募企業が求めている人物像を把握した上で志望動機を考えよう。

Webディレクターの志望動機のNG例

続いてWebディレクターの志望動機のNG例文を紹介します。

NG例文①

面接

私はこれからさらに成長していくWeb業界に携わりたいと思い、貴社を志望しました。

インターネットが一般的になった今、Webサイトは非常に重要な役割を担っています。

Webサイトを元に買い物や交流することが一般的になっており、生活に欠かせないものになっていると思います。

こうしたWebサイトを作る仕事に携わりたいと思い、貴社を志望しました。

NG例文②

私は前職でもWebディレクターとして従事していました。

自社サイトの運用を中心に行っていましたが、本当は入社当時から制作を希望していました。

独学でWeb制作に関する勉強を続けていましたが、なかなか制作チームへ配属してもらうことができなかったのです。

このままではこの先もずっと制作現場に携わることができないと感じ、転職を決意しました。

貴社は制作会社として多くのクライアントのサイトを制作しておられると知りました。

入社後はこれまで運用業務で身につけたスキルと独学で学んだ制作の知識を活用し貴社に貢献して参ります。

NG例の改善ポイント

解説

まずNG例文①は「なぜその企業なのか」が抜けています。

企業側としては数ある企業の中からなぜ自社なのか、という点に注目しています。

その企業を選んだ理由がないことで、他の企業にも同じものを送っていると思われてしまうでしょう。

続いてNG例文②では前職の職場を非難する内容になってしまっています。

例え事実だったとしてもネガティブな志望動機は良い印象を持ってもらえないものです。

転職理由がネガティブな理由という人は、前向きな表現になるように言い換えしてみましょう。

 

ワンポイント
どの企業にも通用する理由やネガティブな印象を与える志望動機にならないよう注意しよう。

志望動機が思いつかない場合は?

ポイントを押させて考えてみても、うまく志望動機が書けないという人もいるでしょう。

志望動機が思いつかない場合の対処法を解説します。

自己分析をして転職理由を明確にしよう

注意点

志望動機が思いつかない場合、まずは自己分析を徹底的に行いましょう。

自己分析の方法として、自分の強み・弱み・実績・スキルなど思いつく限りノートに書き出す棚卸しがおすすめです。

転職理由や応募企業を志望する理由なども思いつくままに書き出します。

頭の中で取捨選択するのではなく、一度文字にして目に見える形にしてみましょう。

自分の考えが文字になることで、頭の中だけで考えるよりもそれぞれを客観的に捉えることができます。

そこから情報を整理して自分の転職理由を明確にしましょう。

転職エージェントを活用しよう

自分だけで考えていてもどうしても上手くまとまらないという人もいるでしょう。

その場合は転職エージェントを活用することをおすすめします。

転職エージェントはプロとしての視点からアドバイスしてくれる存在です。

また、第三者の目が入ることでより効果的な志望動機となることも期待できます。

志望動機が思い浮かばない・自分で考えたけれど自信がないという場合は転職エージェントを活用しましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

相談

先述した通り、転職エージェントには志望動機の内容を相談することができます。

転職エージェントは志望動機だけでなく、転職全般のサポートをしてくれる心強い味方です。

転職先の企業選びから面接対策などまでサポートしてくれます。

転職活動に不安のある人はぜひ利用を検討してみてください。

まとめ

ガッツポーズ、女性

今回はWebディレクターの志望動機の書き方について解説しました。

Webディレクターは今後も需要が高く、転職のチャンスは多いでしょう。

そのチャンスを無駄にしないためには、志望動機が大きな鍵を握っています。

今回解説したポイントを押さえて、採用担当者の心を掴む志望動機を書きましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら