商品やサービスを宣伝する上で、近年必要不可欠となっているのがWebメディアの運用。

そんなWebメディアでのアクセス解析を行い顧客動向を掴む「Webアナリスト」という職業があります。

日本ではまだあまり馴染みがありませんが、欧米では認知度・需要ともに高い職業となっています。

今後ますますWebコンテンツの需要は高まるものと思われるので、日本でも将来性が見込める職業でしょう。

ただ、アクセス解析を行い数値的根拠から解決策を導きだすWebアナリストの仕事には相応の専門的知識が必要となります。

そういった専門知識を他業種の方は持ち合わせていないでしょうが、需要の高い職種であればチャレンジしてみたいものです。

そこで今回は、Webアナリストに未経験から転職する方法をご紹介します。

Webアナリストに未経験で転職する方法を解説

ポイント 女性

Webアナリストの未経験からの求人は、正直なところあまり多くはありません

それは、Webアナリストに必要なスキルとして、アクセス解析に使用する解析ツールの知識や、高度な統計学のスキル。

そして、解析から得られた情報を基に施策を打ち出す論理的思考。

さらには、クライアントに分かりやすく説明するプレゼンテーション能力。

こういった専門的知識が数多く必要になるため、まったくの未経験からいきなり業務に就くのは難しいからです。

ですが、未経験でも主にアシスタントやサポート業務から始め、学びながらWebアナリストを目指せる求人もあります。

そうした傾向は特にベンチャー企業に多く見られます。

業界的に未開拓な部分が多いからこそ、ベンチャー企業の参入も多く未経験でも転職のチャンスがあります。

また大手メディアでもWebアナリストの業務分野を強化させていきたい場合などでは、未経験からでも募集する場合があります。

今後需要が高まる分野であるので、案件数が増えていけば未経験からの転職チャンスもさらに広がるでしょう。

 

ワンポイント
・Webアナリストは専門的知識が数多く必要となるので未経験求人は少ない
・ベンチャー企業を中心に未経験でもアシスタントやサポート業務から始める求人のチャンスがある

Webアナリストの未経験求人から仕事内容をチェック

ノートパソコンを操作する女性

未経験求人の例から実際に行う仕事内容をご紹介します。

Webマーケティング全般のコンサルティングサービスの提供を行っている企業。

営業担当として自社開発のマーケティングツールの拡販営業を行います。

具体的には、クライアントに現状課題のヒアリングを行ったり施策の提案などを行います。

業界未経験者にも、各種ツールやコンサルティングの知識を3~6ヶ月かけて基礎から共有してもらえるそうです。

既存メンバーも20~30代が多く、未経験から入社した女性も活躍しています。

海外の企業が開発したシステムをもとに、データ管理・分析を行っている企業。

英語で作られているシステムを使い、営業アシスタント業務や事務作業を中心に行います。

システムの都合上英語力が必要ですが、現状の英語レベルは問われず入社後に習得することも可能です。

求める人物像としては、地道な作業を苦にせず行えることや、建設的な解決策の提示が得意であることなどとなっています。

Webメディアを展開する企業でのWebアプリのデータ集計作業。

売上や各種レポートの更新作業や、データアナリストのサポート業務全般を行います。

サポート業務がメインとなるようですが、希望者にはSQLなど専門的分野の分析業務を担当することもできるようです。

過去にExcelを利用しての入力作業経験や関数が使えることが条件となるようですが、Web業界での業務経験は問われません。

ですので、事務系の基本的な知識があれば応募することができます。

Webアナリストの働き方は?

考え事をする女性

Webアナリストの働き方には大きく分けて2つあり、企業に所属するのとフリーランスとして活動する方法があります。

この2つの働き方の違いについて解説していきます。

企業に務める

チェックする女性

企業に所属した場合は依頼された案件を、企業内でチームを組んで包括的に業務に取り組むのが一般的です。

案件の規模が大きくなるほど、アクセス解析だけでなくWebマーケティング全般のスキルが要求されます。

そのため、自分の裁量範囲以外の業務内容についても仕組みを知ることができるというメリットがあるのです。

また、フリーランスで個人に案件を発注する場合よりも成果レベルの水準が比較的緩くなる傾向があります。

ですので、個人にかかる精神的負担が楽になるという点も特徴の1つでしょう。

知識があっても実績がなければ個人で活動することは難しいので、まずは企業に勤めて実績を積むというのが一般的です。

フリーランスで活動する

在宅ワーク 女性

ある程度実績を積んだ状態であれば、独立してフリーランスとして活動することも可能です。

実際の職務案件でもフリーランスへの発注を意識したものも多くあります。

フリーランスに発注する背景としては、事業規模が比較的小さいものであったり金銭面を抑えたいというのが主な理由です。

それでも、月間で20万円前後の報酬をもらえるので、慣れてきて複数件掛け持ちができれば企業勤めの何倍もの報酬が得られます。

ただ、Webアナリスト単体での業務内容であることは少なく、Webマーケティング全般の知識が必要となることが多いです。

そして、求められる結果のレベルは企業同士の契約よりもシビアに設定される場合が多くなります。

そのため、相応の知識や業務の流れが身についていない内はフリーランスで活躍するのは難しいでしょう。

 

ワンポイント
・企業に務めると自分の業務以外のWebマーケティングの業務の流れも掴める
・フリーランスは報酬面で大きな魅力があるが十分な実績とスキルが必要

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

Webアナリストに活かせる経験やスキル

パソコン周り

未経験からWebアナリストへの転職を考えた際に活かせる経験や知識はどのようなものがあるのでしょうか。

解析ツールを使用経験

解析ツールはサイト内行動データを解析できるツールで「Googleアナリティクス」や「Adobe Analytics」などが代表的な例。

Webサイトに訪れるユーザーの数や、サイト内でよく見られている箇所が分かるなどユーザーの行動を解析することができます。

広く利用されているGoogleアナリティクスは無料で利用できるツールなので、個人ブログの運用などで使われることも多いです。

そうしたツールで必要な専門用語は初心者には難しいものばかりなので、その知識を持っているだけでも大きな強みとなります。

オフィス系ソフトの操作スキル

解析を行う上で、データを効率よくまとめるのにExcelなどのオフィス系ソフトを使える知識も必要となります。

Excelで関数を使い数値をまとめ、それを分かりやすく表やグラフで表した資料を作れることも必須のスキルです。

アクセス解析だけで仕事が完了するわけではなく、それを基に施策を実行し改善へと導く行動が重要となります。

ですので、どのデータを根拠としてどういった仮説を立てクライアントに説明していくのか。

それらをまとめるのに必要なオフィス系のスキルは、解析ツールの知識同様に持ち合わせておくべきスキルとなります。

Webアナリストへの転職を有利にする資格は?

鉛筆を持つ女性

Webアナリストへの転職を有利にするための資格というのはどういったものがあるのでしょうか。

Webアナリスト検定

この試験は5時間の講義と1.5時間の試験がセットとなっている、セミナー形式で取得できる資格です。

分析ツールから得られる情報を読み取る基礎的な知識を学べ、実際のGoogleアナリティクスの画面を使った解説も行われます。

実践的な知識を短時間で身に付けられる上に、2日もあれば資格が取得できる効率の良さから人気の資格です。

事前の講義はオンラインで受けられ、試験も1ヶ月に1回の間隔で行われているので自身の都合に合わせて気軽に受けられます。

ウェブ解析士

こちらもWebマーケティングのスキルの基礎を身に付けられる資格で、約30,000人を超える受講者がいるポピュラーな資格です。

3段階のクラス分けがされており、ウェブ解析士・上級ウェブ解析士・ウェブ解析士マスターの順に難易度が上がります。

取得するにはWebアナリスト検定同様に事前講義が用意されていて、知識を学んだ上で認定試験を受けるという流れになります。

認定試験はオンラインで自宅からでも受けられ、公式テキストなどの持ちこみもできるので落ち着いて試験に臨めるでしょう。

ただし、資格の有効期間は1年間で資格を継続的に維持するためにはウェブ解析士協会に年会費を納める必要があります。

Webアナリストの転職事情

電話をする女性

次に、Webアナリストの転職事情を求人数、未経験給与の面から解説していきます。

求人はどれくらい?

スマホで検索する女性

実際のところWebアナリスト単体の求人は少なく、まだあまり認知されていないというのが現実です。

ですので、Webマーケターやディレクションなどの範囲も含めた総合的な能力を求められる求人が多くなっています。

企業から仕事を受ける際にも、アクセス解析だけでなく販売戦略を立てることも案件内容に含まれている場合も多いです。

Webアナリストの仕事は解析業務だけでなく、Webサイトに関わるあらゆる業務が含まれることを意識する必要があります。

そうしたWebマーケティングの総合的能力がある人材はまだまだ少なく引く手あまたの状況です。

需要自体はさらに増えていく業界であるので、今後も年収アップが見込めるポジションとなっています。

未経験の給与はどれくらい?

お金を数える女性

未経験でWebアナリストとして採用された場合の給与は、一般的には低く設定される傾向があります。

基本的にはWebアナリストとして採用されるよりも、始めはそのアシスタント業務がメインとなることが多いです。

ですので、始めの頃は研修生のような位置づけで採用されるのでどうしても給与は低くなってしまいます。

しかし、お金を払って独学することを考えれば、給料をもらい現場を経験できるのは長い目でみれば得となるでしょう。

経験を積んだWebアナリストの平均給与は約500万円となっており、Web業界のなかでも高水準に位置しています。

さらに、経験や実績を積めれば将来的には独立も現実的に考えられる業界なので、さらなる年収アップも狙えるでしょう。

 

ワンポイント
・Webアナリスト単体での求人は少なく幅広い知識や能力が必要
・未経験で転職した場合給与設定は低いが現場を経験できるのが利点

Webアナリストへの未経験転職の注意点

ストップのジェスチャーをする女性

Webアナリストへの未経験からの転職は前述の通りあまり多くはありません。

設立間もないベンチャー企業のほうが比較的採用される可能性は高いですが、そこには注意も必要です。

業界に参入したばかりの状態では、既存企業のように仕事の受注が安定せずその後の雇用に影響してしまう場合もあります。

入社後に後悔することがないようにするには、転職先企業の情報を十分に知っておくことが重要です。

また、Webアナリストとして業務にあたるにはアクセス解析の専門的な知識や統計学のスキルなどさまざまな能力が必要です。

そのため、転職時には知識の無い状態だったとしても、自分で情報を集めスキルを付けていく自発的な行動が重要でしょう。

マニュアルを与えられることや教えてもらえるのを待ち続けている状態では、なかなか必要な人材として認識してもらえません。

自分の居場所を自ら作れるような気構えがなければ、未経験の状態での転職が成功するのは難しい業界です。

 

ワンポイント
・ベンチャー企業に転職する場合は特にその企業の情報を集める必要がある
・教えてもらうのを待つのではなく自発的に行動を起こす姿勢が重要

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

Webアナリストの未経験求人の探し方

ルーペを持つ女性

未経験からWebアナリストへ転職するための求人の探し方にはどのようなものがあるのでしょうか。

転職サイトをチェック

まず思いつく方法としては、自身で転職サイトをチェックして希望する内容の企業を探すという方法があるでしょう。

メリットとしては自分で選ぶことができるので、納得のいく条件のものを自身で判断することができます。

デメリットとしては、サイトに記載されている情報だけが頼りであり、実際の会社の内情は入社するまで分かりません。

また、条件に見合うものを自分で探すには膨大な時間がかかってしまう可能性があります。

転職エージェントを活用しよう

次に、転職エージェントを活用する方法があります。

転職エージェントは企業に多くの人材を紹介している実績があるので、サイトに記載されている以上の情報を持っていることが多いです。

また、自身の希望内容を伝えればそれに見合う企業を転職エージェントが探し紹介してもらえるので自分で探す手間が省けます

デメリットとしては、応募できる企業が転職エージェントによっては限られてしまうケースもあるでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

働く女性

未経験から異業種へ転職を行う際には、まずはその業界について知識のある人に相談したいものです。

しかし、都合よく知識のある人が見つかればよいのですが、見つからない場合は不安な状態で自力でどうにかするしかありません。

そういった転職の悩みがある場合には、転職エージェントに相談したほうがよいでしょう。

転職エージェントは転職のプロであるので、さまざまな業種の内容から企業の実情まで幅広い情報を持っています。

そして、転職が成功したとしても転職エージェントを利用した費用は全て無料となっているので安心して利用できます。

異業種への転職を行う時には、一度転職エージェントに相談して業界の詳細な内容を聞いてから判断するほうが賢明でしょう。

まとめ

春のビジネスウーマン

TV離れや活字離れが進む昨今では、Webメディアでの発信力が重要視されておりその傾向は今後さらに強くなるでしょう。

それに伴い、より良いWebサイトを作るためにアクセス解析を行うWebアナリストへの需要はますます高まるものと思われます。

専門知識が必要なWebアナリストの業務ですが、未経験からでも転職を行う道があります。

ただ、それには資格を取得したり自分で必要な情報を調べたりという自発的な行動が必須となります。

転職する道は険しいですが、自分が手掛けた施策により世間に広まるのが分かるというはこの上ない達成感を得られるでしょう。

苦労する分見返りの多いWebアナリストの業界に興味があれば、一度転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら