もし未経験から不動産業界へ転職したいと思った場合、専門知識や業界で通用する能力があると証明するのは経験者よりも難しくなります。

そんな時、自身の専門知識を転職先の会社に伝えるために資格を取得しておくと便利です。

今回の記事では不動産業界で働いていこうと考える方が取得すると有利になる資格を解説していきます。

不動産業界で有利な資格を解説

仕事をする女性

不動産業界で働くには不動産に関する専門的な知識が必要不可欠です。

もし不動産業界へ転職したり、更に業界への知識を深めたりしたいという方は資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。

実務経験がなかったり少なかったりしても資格があれば自身の専門知識の証明が可能です。

未経験からの転職では不動産の知識があると選考が大変有利になると考えられます。

転職時だけではなく資格取得に向けた勉強で得た知識は入社後の業務でも大いに役立つことでしょう。

今回の記事では不動産業界で働くのに有利になる資格をご紹介していきます。

不動産業界におすすめの資格その1:宅建

パソコンと女性

不動産業界で働く上でおすすめの資格としてまず挙げたいのが宅建です。

宅建の正式名称は宅地建物取引士で、この資格の取得には不動産に関する知識が必要となります。

まずは宅建のおすすめ理由とメリットなどをご紹介しましょう。

おすすめの理由

宅建は不動産に関する専門知識を問われる資格の1つで、特に知名度の高いものです。

その知名度には宅建が国家資格であるということも関係しています。

毎年およそ20万人が受験する資格であり、合格率は15%前後です。

合格率が低いことからこの資格の難易度がとても高いと分かるでしょう。

しかし国家資格であるため、この資格を取得すれば不動産の取引における実務に関する専門知識があることを証明できます。

難しい試験ではありますがマークシートでの回答となるため対策を入念に行えば合格も不可能ではありません。

不動産業界に関わりたいのであれば、宅建資格の取得をおすすめします。

魅力とメリット

接客中のビジネスウーマン

宅建資格を持っていると不動産売買や賃貸会社、不動産管理会社への転職に大変有利になります。

会社が不動産業を営むためには、宅建資格を持つ人材が必要不可欠だからです。

不動産業の会社では5人に1人の割合で宅地建物取引士を設置することが義務付けられています。

そのためこの資格を取得しておけば、多くの会社から求められる人材になれるでしょう。

その他、この資格を持っていると手当が出る会社も多く存在しているため給与面でもメリットを感じられることが多いでしょう。

また、この資格は不動産業界だけでなく住宅ローンを行う金融機関などでも求められます。

そのためキャリアの可能性を広げたいという方にもこの資格の取得はおすすめです。

 

ワンポイント
・宅建資格を持っていると不動産取引に関す専門知識を証明できる
・不動産業界の会社への転職が大変有利になる

不動産業界におすすめの資格その2:FP

オフィスの女性

次はFPについて解説していきます。

FPというのはファイナンシャルプランナーの略です。

顧客の人生設計に合わせて資金計画を立てるために必要となるのがFPです。

FPをおすすめする理由やメリットについて解説していきます。

おすすめの理由

FP(ファイナンシャルプランナー)は顧客がどのような人生設計を立てているかをヒアリングしそれに合う資金計画を伝えるのが仕事です。

また、この資格の取得に際して必要となる知識は以下のような分野に分けることができます。

お金と税金に関する知識が豊富に必要とされるでしょう。

  • 人生設計・ライフプランニング
  • 金融資産運用
  • 税金プランニング
  • 不動産
  • 相続・事業承継

この5つはどれも複雑な分野であるため、この分野に詳しくない人は詳細を把握するのがなかなか難しくなってしまいます。

そうした方々のためにFPが代わりにお金の問題をヒアリングして解決するのです。

FP試験では不動産に関する知識も求められるため、この資格を取得すれば不動産業界で働く際にも役立つでしょう。

魅力とメリット

在宅ワーク

不動産業界では税金プランニング・ライフプランニング・資金計画・金融資産運用などを活かすことができます。

こうした知識を持っていれば、不動産投資や不動産相続・購入などにその知識を活かすことが可能です。

FP資格に合わせて宅建資格を取得すれば更に自身の不動産に関する専門知識をアピールできるでしょう。

不動産に関する知識だけでなく、お金に関する知識も必要となる不動産業界においてFPはおすすめの資格となっています。

 

ワンポイント
FP資格を取得すれば不動産投資や不動産相続・購入などの業務に資格を活かすことが可能となります。

不動産業界におすすめの資格その3:管理業務主任者

パソコンと女性

次は管理業務主任者のおすすめポイントをご紹介します。

この管理業務主任者はマンション管理会社が管理組合に指導や重要事項の説明をする際に必要となる資格です。

この資格の取得がおすすめな理由やメリットについて解説していきます。

おすすめの理由

管理業務主任者は国家資格となっており、需要も高い資格です。

合格率も20%程度であるため、難しい試験だといえるでしょう。

しかしながら宅建よりも高い合格率であるため、もし不動産業界に関する国家資格を取りたいと思っているのであればおすすめです。

この資格を取得すれば不動産に関しての専門知識の証明にもなります。

マンション管理会社が管理組合に重要事項や事務報告を行う際に欠かせないのが管理業務主任者です。

魅力とメリット

マンション管理会社では管理業務主任者を一定数以上設置しなければいけないと義務付けられています。

そのため不動産業界で働きたい方は管理業務主任者の資格を取得すれば、多くの会社から必要とされる人材になれるでしょう。

また、管理業務主任者にはこの資格を取得した人にしかできない「管理事務の報告」「重要事項の説明」といった業務も存在します。

こうした業務が存在する限りこの仕事の需要へ減らないと考えて良いでしょう。

将来的にも活躍していくことができる資格だと予想されるため、資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。

不動産業界におすすめの資格その4:マンション管理士

両立

次はマンション管理士のおすすめ理由とメリットなどについて解説していきます。

管理業務主任者と併せて挙げられることの多い資格ですが、どのような点がおすすめなのかをご紹介しましょう。

おすすめの理由

マンション管理士は管理業務主任者や宅建の資格と同じくらい重要な資格だといわれているものです。

この資格の取得には管理業務主任者と同じようにマンションの管理に関する知識が必要となります。

マンション管理士はマンション管理組合に対してサポートやアドバイスをするのが主な業務です。

例えば管理規約を見直したり大規模修繕計画を立てたりといった、マンションの住人が快適に暮らせる環境を作る手助けをします。

マンション管理士はマンション管理の専門家であるといえるでしょう。

魅力とメリット

マンション管理士の資格を取得すると、マンション管理会社から重宝される人材になることができます。

その他にも資格取得によって手当が付いたり優遇されたりすることもあるため待遇面でのメリットも感じられるでしょう。

この資格と併せて管理業務主任者や宅建の資格を取得すれば更に自身の業界内での評価を上げられます。

もし長期的に不動産業界で働くつもりなのであれば、マンション管理士の資格を取得すると良いでしょう。

自身の専門性を証明できる資格の1つです。

不動産業界におすすめの資格その5:インテリアコーディネーター

パソコンを持つ女性

インテリアコーディネーターも不動産業界への転職におすすめの資格の1つです。

この資格を取得するにはその名の通りインテリアに関する知識が求められます。

なぜこの資格がおすすめなのか、その理由やメリットについて解説していきましょう。

おすすめの理由

インテリアコーディネーターは人々が家で快適に過ごす上で必要不可欠な家具や照明などを選び空間をコーディネートするのが仕事です。

資格に際してはインテリアコーディネーターの業務についてだけでなくインテリアに関しての法律や企画まで幅広く学べます。

センスの良い空間で暮らすと生活の質が向上するため、インテリアが好きで拘りたい人におすすめの資格だといえるでしょう。

また、資格を取得すると不動産業界に留まらず家具・照明メーカーやインテリアショップでも働くことが可能です。

自分の仕事の幅を広げたいという方はこの資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。

魅力とメリット

転職

インテリアコーディネーターは働く場所によっても仕事内容が変わるため、業務の幅が広い資格だといえるでしょう。

インテリアのトータルコーディネートに関わったり、顧客の希望に沿ってインテリアを実現したりといった業務もあります。

この資格を持っていることでクライアントからコーディネーターとしての実力を信頼してもらうことが可能です。

コーディネーターとして働こうと思った際には交渉力やコミュニケーション能力も必要となります。

もし様々な人と関わるのが好きでインテリアコーディネーターになりたいという方はこの資格を取得すると良いでしょう。

 

ワンポイント
不動産業界でインテリアに携わる仕事をしていきたい方にはおすすめの資格です。

不動産業界におすすめの資格その6:社労士

考える女性

次は社労士のおすすめ理由やメリットについて解説していきます。

社労士の正式名称は社会保険労務士であり、これは会社の人事労務管理の手続きや相談を受けるために必要となる資格です。

おすすめの理由

社労士は会社の労務や人事の手続きやコンサルティングを行う上で欠かすことができない資格です。

社労士資格を取得することで行えるようになる業務は以下の通りです。

  • 社会保険や労働保険の書類や手続きの代行
  • 労働者名簿や賃金台帳などの帳簿書類の作成
  • 従業員の募集・退職・就業規則・給与規定などの労務や人事に関わるコンサルティング業務

これら3つの内、最後のコンサルティング業務は社労士資格を取得していない方でも行うことができるものとなっています。

しかしながら多くの会社がこのコンサルティング業務においても社労士を頼っている状況です。

人事・労務で最も価値ある資格であり、国家資格でもあるため社労士資格を取得することで多くの企業から必要とされることでしょう。

合格率が6%前後ととても低く、難関試験に分類されるため資格取得には十分な対策が必要です。

魅力とメリット

社労士の資格を取得することができれば不動産業界でも会社の人事や労務部門で重宝される人材となれるでしょう。

また、会社で経験を積めばその後自分で社労士として独立開業することも可能です。

経験を積む他、FP資格なども同時に取得すればより業務の幅が広がり多くの人から必要とされる人材になれるでしょう。

人事・労務の専門家として企業に迎え入れてもらえるため、資格を取得すれば給与アップも望めるかもしれません。

不動産業界におすすめの資格その7:行政書士

ビジネスウーマン

最後にご紹介する資格は行政書士です。

この資格は法律の専門家といわれるもので不動産業界でも重宝される資格だといえます。

この資格をおすすめする理由やメリット、この資格の魅力について解説していきましょう。

おすすめの理由

行政書士は日本国内で許認可申請を行うために必要となる資格です。

不動産業でも免許申請の代行をするために行政書士が必要となります。

他にも家を新築する際、建築確認申請を行うのも行政書士の仕事です。

そのため建設業と不動産業の両方を営む会社では行政書士も重宝されます。

もし不動産業界で働きたいのであれば行政書士を取得しておけば役立つことでしょう。

魅力とメリット

行政書士として働く際に考えなければいけないのが、その資格をどのように生かしていくかです。

その際不動産業界で働くと決めれば、その業界内のスペシャリストになるということも可能でしょう。

自分の付加価値を高めるために宅建の資格なども取得すれば、会社から不動産に関しての知識を持つ行政書士として重宝されます。

得意分野をはっきりさせることによって、行政書士として活躍していくことができるはずです。

いくつかの資格を併せて取得しておくことで業務の幅を広げることもできるため、ダブルで資格を取得することなども考えていきましょう。

 

ワンポイント
・行政書士は許認可申請を行うために必要
・不動産業界でも不動産の免許申請や建築確認申請で必要となるため重宝される資格

転職相談は転職エージェントを活用しよう

会社員の女性

転職を考える際、どのように転職活動を行っていけば良いのか分からないという方もいるのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが転職エージェントへの相談です。

転職エージェントはあなたの転職に関しての悩みを解消するために様々なサポートを行ってくれることでしょう。

例えば、模擬面接による面接対策や非公開求人の紹介などもその中に含まれています。

もし自分だけでは転職活動を行っていくことが難しいと思った方は転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

外回りの女性

今回は不動産業界で有利となる資格について詳しく解説してきました。

今後不動産業界で働いて行こうと考えている方は今回紹介した7つの資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。

どれも合格するのが難しい資格ですが、取得できれば多くの会社から必要とされる人材になれます。

もしこれから転職活動を行おうと思っている方はこの機会に転職エージェントの活用を検討してみてください。

自分だけでは難しい対策もエージェントを利用することでスムーズに行っていくことができるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する