転職でキャリアアップを狙うならスキルを身につけたいものです。仕事で役立つだけでなく、選考も有利になります。

今回は「転職時に身につけておくべきスキル」「周りと差をつけるアピール」を見ていきましょう。

これから説明することが実践できれば転職活動で困ることはありません。ぜひ身につけてみてださい。

転職に役立つテクニカルスキルを解説

疑問

テクニカルスキルといわれると「なんだか難しそう」と感じるかもしれませんが、そんなに難しいものではありません。

周りと差をつけるワンポイントのようなものだと捉えてください。

テクニカルスキルとは、いわゆる資格などといった業務をするにあたって必要な能力や知識のことです。

では具体的にどういった点で有利なのか、なぜ身につける必要があるのかについてこれから説明していきます。

その他のスキルとの関連性は

パソコン作業

「テクニカルスキル」「ヒューマンスキル」などといわれると「何のことだろう」と思うかもしれません。

しかしこれらはいずれも、よく別の言葉として聞く仕事上必要なスキルのことです。

それぞれ説明していきますので確認しておきましょう。

テクニカルスキルとその特徴

上記で説明した通り、テクニカルスキルとはいわゆる「資格」のことです。

転職先に必要なスキルを兼ね備えているかを証明する部分になります。

たとえば会計事務所の社員を採用する際、実績もなく簿記もない人を取りたいと思うか、という簡単な話です。

しかし実績がないから会計事務所に入れないのかといわれると、そういうことでもありません。

会計事務所に入るにふさわしい人であれば入ることができます。

そこに「資格」があるなら尚更採用したいと思われるでしょう。

実績がないからこそ資格で補うことで、転職活動でも十分なアピールポイントとなります。

ヒューマンスキルとその特徴

接客中のビジネスウーマン

ヒューマンスキルと聞くと何を創造するでしょうか。

「人間っぽさ」のようなイメージを感じるかもしれませんが、概ねその通りです。

ヒューマンスキルとは一言でいうと「コミュニケーション能力」をいいます。

人と円滑なコミュニケーションを撮ることができるのかというスキルも、もちろん転職活動において重要な要素です。

先述した会計事務所を例に解説しましょう。

会計事務所では事務所内のタスクを共有するために「報告・連絡・相談」といった基本的なコミュニケーションが求められます。

更にはクライアントの会計情報を見た上で「もっとこうすれば費用を抑えることができますよ」という提案力・交渉力も必要です。

スキルが備わっているか、あるいは能力を身につけられるポテンシャルを兼ね備えているかが転職活動において大切になってきます。

これに関しては資格よりも自分の実体験や自分の強みといった主観的な要素がアピールの鍵になるでしょう。

コンセプチュアルスキルとその特徴

最後に紹介するスキルは「コンセプチュアルスキル」です。

聞き馴染みのない言葉ですが、このスキルも他と同様転職活動でアピールポイントとなる重要な要素となります。

コンセプチュアルスキルとは「概念化」、つまり答えのない問題に対してどのように答えを導き出すかというスキルです。

クライアントが抱える問題の多くは答えがありません。

必然的に物事をどのように柔軟に考えることができるかというスキルが求められます。

特にこれからに期待する新卒とは違い、なるべく「即戦力」を求める転職市場ではなおさら重視されるスキルです。

例えば会計事務所で考えてみましょう。会計部分は機械でもできる計算作業です。

計算なら答えが1つしかありませんから必然的に答えが早く出せる人が重宝されます。

しかし、業務はそれだけではありません。

クライアントに新たなモデルを提示することもある筈です。しかしそのモデルは「答えが定まっていないもの」です。

これに対していかに相手に納得してもらえるような答えを導き出すかが重要になってきます。

こうしたものは新卒の営業マンには難しい能力です。

そういった意味でもコンセプチュアルスキルは転職活動において重要な能力であることがわかるでしょう。

 

ワンポイント

テクニカルスキルは業務遂行力を担う技術熟練度のことを指します。

ヒューマンスキルはコミュニケーション能力、コンセプチュアルスキルは個人や組織の可能性を最大限高められる力です。

転職で好印象を与えるアピールポイント

女性,スーツ,ビジネス

今までは身につけておくべきスキルとそれぞれのアピール要素について説明してきました。

では次に「実際にどんな場面で印象を良くすることができるのか」といった部分について説明していきましょう。

この3要素が最も活きる場面は「面接」です。周りと比べて目立つようなアピールができれば転職活動で困ることはありません。

「私は〜な人間です。それはこういった経緯があって…」というこの部分だけでも十分に差別化することができます。

ここでは主にヒューマンスキルが役立ちます。

「私は〜のような人間です。こういった経緯があるのでここが私の強みです」ここまで言えると採用の目にも変わって映るのです。

強み(長所)なのだというアピールポイントが付加価値として乗っかるので他の転職希望者より好印象に映るでしょう。

テクニカルスキルの種類をチェック

初心者マークを持つ作業服の女性

テクニカルスキルについて「資格」のことであると説明しましたが、テクニカルスキルにも種類があります。

転職活動で苦労しないためにもこのスキルの種類について確認しましょう。

「汎用スキル」

まずは汎用スキルについてです。

汎用スキルとは「いつになっても価値が変わらない、そしてどんな場面でも使える“汎用的な”スキル」のことを指します。

たとえばExcelが使えますというのは確かに転職においては重要なスキルかもしれません。

しかし「Excelだけ使えても話すのが苦手だと営業はできない」と採用側に言われてしまったら採用してもらえないでしょう。

そんな時に役立つのが汎用スキルです。

たとえば汎用スキルといわれるテクニカルスキルは以下のようなものを指します。

  • マネジメント能力
  • 情報収集能力
  • 分析力
  • 文書作成能力

これらはどんな業界のどんな企業にも一定の評価を得ることができます。

さらにそういったスキルは採用担当者に熱意ややる気を見せることも可能です。

汎用スキルがあれば、たとえば「今Excelがそんなにできなくてもこの子ならできるようになる」といった期待を持たれるでしょう。

特別なスキルがなくても補填されて採用されるなんてケースも往々にしてあります。

そのためこのスキルは必ず身につけておきましょう。

「専門スキル」

タブレットを操作する女性

次は専門スキルです。これこそがいわゆる「資格」になります。

美容師なら美容師の資格、開発会社ならプログラミングスキルなど、その企業専門の知識が備わっているかを図る指標になります。

このスキルは取得に準備期間を要するケースが非常に多いです。1ヶ月程度で取れるようなものは少ないでしょう。

しかし逆にいえば資格があれば転職活動がかなり有利に進むということです。

本当に働きたい場所があるのであればその企業が求める能力をアピールできるような資格をとってみると良いでしょう。

「特化スキル」

「何かに特化している」というのは即戦力を求める転職市場において貴重な存在です。

これは特に準備期間を要する可能性があります。

しかし自分の好きな分野や、本当にやりたい職種ならある程度特化した知識があるのではないでしょうか。

小さな規模でいいので何かに特化しているとかなり優位に転職活動を進めることができます。

テクニカルスキルはバランスが重要

上記テクニカルスキルを紹介しましたが、大事なことは「バランスよく備わっている」ということです。

汎用スキルだけあっても専門性に欠けたり、専門・特化スキルがあっても汎用スキルに欠けたり。

その状態では評価されづらいでしょう。

転職人材として、全ての要素をなるべく多く持つという気持ちでスキルを向上させることが大切です。

転職でテクニカルスキルをアピールするためのポイント

オフィス 指さし

最も大事なポイントは自分の自信と知識を、テクニカルスキルを根拠にアピールするということです。

「私は〜ができます」だけでは専門スキルを発表しただけのごく一般的な転職希望者と変わりません。

「私は〜ができる他、加えて〜もできます。コミュニケーション能力もこういった経緯から自信があります」と話すと良いでしょう。

専門的な知識だけでなく専門外の能力も持っているというのは大きな強みです。

自信を持って全面に打ち出していくと他の転職希望者と差別化することができます。

 

ワンポイント

資格は技術熟練度を客観的に示すことができるものです。

しかし資格だけがあれば良いというものではありませんので、他のスキルも総合的に高めていくことが大切といえます。

テクニカルスキルのアピール例

面接を受ける女性

テクニカルスキルのアピールの仕方について、更に具体的に見ていきましょう。

会計事務所を例に見ていきます。

「私は御社への転職活動にあたり、日商簿記2級を取得しました。(専門スキル)これは〜という理由から取得いたしました。

加えて私はコミュニケーション能力に自信があります。(汎用スキル)

前職の営業では〜(経験)ということがあったので自信があります。」

次にシステム開発会社を前提に見てみましょう。

「私はサーバーサイドの開発に自信があります。これは〜というスキルを取得したからです。(専門スキル)

さらにサーバーサイドの言語の中でも特にPHPでは誰にも負けない自信があります。(特化スキル)

加えて他のエンジニアとは違い、私はエンジニアでなくても要件定義が進められるほどです。

そのくらいのコミュニケーション能力、提案力、そして抽象化する能力があります。(汎用スキル)」

最後に営業のアピール例です。

「私は心理学を大学で研究していたため、人の真のニーズを読み取ることができます。(専門スキル)

さらにこれを相手が安心できるようなソリューションと一緒に提示することも可能です。

人の信頼を得る能力については誰にも負けません。(汎用・特化スキル)」

職種別女性が身につけるべきテクニカルスキル

パソコンと女性

ここからは実際に女性の方が身につけるべきスキルを職種別に紹介します。

営業職

営業職に転職する上で身につけるべきはやはり汎用スキルです。

人と話す能力・人のニーズに正確に応える能力はこの業界の転職活動において重要になります。

事務職

ノートパソコンを操作する女性

事務職の転職を希望されている方は専門スキルを身につけましょう。専門とはいってもExcelやWord操作がメインです。

名称と機能は最低限覚えて使えるようにしましょう。加えて汎用スキルもあると有利です。

事務職は社内の連絡を円滑にする役割もあるのでこういったスキルは重要になってきます。

満遍なくテクニカルスキルを身につけましょう。

販売職

最後は販売職です。販売職で一番大切なのは「お客様に商品を買っていただくセールス力・提案力」になります。

そのため汎用スキルを持っているとかなり転職活動では有利になるでしょう。

 

ワンポイント
職種・業種によって同じテクニカルスキルでも重視されるスキル・求められる能力は違います。
ここで紹介した職種以外にも様々な仕事があるので、自分の希望している仕事は何が求められているのかを見極めましょう。

応募書類でテクニカルスキルをアピールするには

履歴書

テクニカルスキルが面接で十分に使えると解説しましたが、もちろんそれ以外でも有効な場面はあります。

応募書類でも周りを圧倒するアピールポイントになるのです。

ここで注意していただきたいのは、「自分のレベルを相手にしっかり伝える」こと。

例えばExcelが使えますというのはテクニカルスキルとしては素晴らしい要素になります。

しかし、どれくらいできるのかという部分がしっかり伝わらないとアピールにはなりません。

  • こうした職務歴があって、このような業務をしてきたので得意です。
  • MOSをとっているので~のような作業であれば他の人より早くできます。

このような強みを打ち出す形で書類に書きましょう。

 

ワンポイント
どんなに素晴らしいスキルがあっても、効果的な書き方でなければ意味がありません。
自分は何ができるのかを具体的に書くように意識しましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

胸に手を当てる女性

転職活動を有利に進めていくに当たって、人に頼ることはかなり大切です。

今回紹介したスキルを使って1人で転職活動するのは決して悪い選択ではありません。

しかし書類にスキルを落とし込めばいいのか、どうやって面接で強みを発信するかなどの部分を1人で解決することは難しいです。

逆に転職エージェントというプロフェッショナルに相談することで、上手なアピールができるようになり転職成功率が向上します。

他にも小さな悩みなどにも親身に相談に乗ってくれるでしょう。

転職活動での困りごとはなくなりますので、エージェントの活用はかなりおすすめです。

まとめ

ノートパソコンを使う女性

今回は女性が転職で有利になるテクニカルスキルについてと具体的なアピールポイントについて紹介しました。

企業は必要な人材であれば必ず採用します。

そのため会社に必要だと思わせるテクニカルスキルを身につけることができれば、転職活動で困ることはありません。

もちろんテクニカルスキルだけでなく、ヒューマンスキルやコンセプチュアルスキルも需要です。

できるだけ全てを身につけられるようにすれば、転職した後も苦労はしません。

今回紹介したスキルを習得し、自身のキャリアアップができるような転職をしましょう。

 

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する