セクハラの被害を受けて転職をすることになった場合、その事実を打ち明けるべきかどうかについて解説します。

面接で転職理由を質問されたら、どのような伝え方をすれば好意的に受け取ってもらえるのかを考えていく特集です。

また、セクハラが原因だった際の上手な回答例についても紹介します。

セクハラが退職理由の場合の上手な伝え方を解説

パソコンと花の画像

もし前職・現職でひどいセクハラを受けて悩んでいるとした場合、転職理由として応募先企業には伝えてもよいものなのでしょうか?

このテーマは答えが見えない部分もかなりあります。

セクハラの定義自体が具体的に決められているわけではないため、それを立証することが困難でもあるからです。

ただし、セクハラだと当人が感じているのであれば、それを理由に退職し新天地を求めることは自由でもあります。

転職そのものが誰にでも約束されている権利です。

そこで今回は、セクハラを理由に転職活動をする際の、上手な乗り切り方について解説していきます。

面接では伝えなければいけない?

タブレットの画像

転職面接にて前職を辞めた理由を聞かれたら、セクハラが原因であることは伝えるべきなのでしょうか?

当人の退職理由としては間違いではありません。

しかも聞かれたことへ正直に応えるという意味では、セクハラがあったことは伝えたい気持ちも理解できます。

しかし、ここは一旦心を平静に保って、今何が一番重要なのかを考え直してほしいのです。

それを踏まえて、面接での対応について解説していきましょう。

必ずしも言わなくてよい

セクハラの被害はとてもセンシティブで言いにくい部分でもあります。

その時の思い出したくない辛さの真相などは、必要以上に公言する必要性はありません

それは転職面接時でも一緒だと思ってよいでしょう。

面接の時に退職理由を聞かれセクハラ被害を受けた事実を隠していたとしても、内定取り消しや不採用ということはあり得ません。

転職面接だとしても、プライバシーについては尊重されて当然なのです。

ネガティブな話題は避けた方が良い

NGを促す女性の画像

むしろセクハラを理由に転職をするという事実は、転職面接時には言わないほうが無難です。

もしかしたら、セクハラを受けた被害者なのに、なぜ後ろめたい態度でいなくてはならないのかと納得いかないかもしれません。

しかし、基本的に考え直して欲しいのは、転職希望先の企業と過去のセクハラ被害とには全く因果関係がありません。

企業側も知る必要がないことでもあります。

もちろん複数の人々が交わるのが会社組織なので、その後にどのようなハラスメントが起こってもおかしくはありません。

ただし、転職希望者の過去のセクハラ被害を請け負う責任などは、新しい会社が持つ義務はないのです。

しっかりと仕事をしてくれる人材であるかどうかこそが判断基準でなくてはなりません。

応募先企業へあえてネガティブな印象を与えるような話題は持ち込まないほうが、転職を成功させるコツになるといえます。

セクハラが転職理由であると伝えるデメリット

握手する画像

転職理由を説明するのにセクハラの事実を話すことで、デメリットのほうが生じやすくなります。

その理由は、採用担当者がポジティブに受け入れないケースもあり得るからです。

理由を明確に証明できなければ、逆にトラブルを先に起こした結果なのではないのかという誤評価ですら考えられるからです。

当然ハラスメントへの問題意識は高まっていて、一般論では多くの人が理解を示していることでしょう。

しかし、すべての面接官が聖人だとは言い切れません。

自社へ余計なトラブルを持ち込みたくないという意味で、変なレッテルを貼って判断する面接官もいないとは限らないのです。

人生で1度会うかどうか分からない面接官ですから、思い出したくない過去をわざわざ伝える必要もないと割り切っておきましょう。

 

ワンポイント
セクハラを転職理由にするとデメリットのほうが目立ってしまう。

退職理由はどのように書くべき?

書類の画像

過去のセクハラ被害については、退職理由として伝える必要がないのであれば、それとは別な退職理由を伝えなくてはなりません。

事実と違うことは嘘のなてしまうのではと思われがちです。

しかしそこは考え方次第です。では、セクハラではない別な退職理由について考えていきましょう。

「一身上の都合」

まず履歴書などに退職理由を書き示す際は、一定の書式があると思っておけばよいでしょう。

その1つとして、自分の意志から退職を決めた場合ならば、「一身上の都合により」という表現をしておけば十分です。

書面上ではそれ以上のことを記入する必要などありません。

「会社の都合」

首を傾げる女性の画像

もしも、倒産や部署の閉鎖、リストラなど会社側の事情で退職を強いられる場合ならば、「会社都合により」という表記で書きます。

そのため、セクハラの被害で辞めるのは、会社というよりも自分の意思による決断なので該当しません。

もちろんこの理由も、あくまでも常套句であることが前提です。

採用面接の際に理由を聞かれたら、別な退職理由が言えるように考えておく必要があります。

退職理由を上手に伝えるコツ

オフィスの画像
ninabobo88 (CC0), Pixabay

セクハラを受けた事実があっても、それを理由に伝えることは避けたほうがよいと先述しました。

ではその代わりに、どのような退職理由をあげて転職面接を乗り切ればよいのでしょうか?

ここでは、面接官が納得できるための退職理由の伝え方のコツについて解説していきましょう。

ポジティブな内容を話す

セクハラが本当の理由だったとしても、転職面接ではポジティブな自分をアピールし続けることが大切です。

もちろんどれほど辛い経験をしたのかは当人にしか分かりません。

気持ちを察することはできても、面接官が現場を見ていないことも事実ではないでしょうか?

その辛さを分かって欲しいと懇願されても、伝わらないことは伝わりにくいのが現実です。

面接官を採用面接以外のことで混乱させてはなりません。

むしろセクハラとは関係のない、業務上での進歩的な理由をテーマにして伝えることが賢明です。

辛い状況の中で歯を喰いしばって頑張った時期を思い出し、自分に打たれ強くたくましい一面があることをアピールしてみましょう。

そのほうがどれだけプラスに転じることでしょうか?セクハラ自体に関しては言及しないで通すことです。

経験やスキルをアピール

面接する女性の画像

転職面接の現場とは、応募企業が求めている理想的な人材であることをアピールするために設けられています。

そこで面接官が知りたいことは、応募者の職務経験やスキルについてです。

そして、入社後にどう生かして活躍できそうかを判断するための場でもあります。

セクハラを受けていたことを相談する場ではありません。

志望動機と退職理由には、経験やスキルを生かした将来性のある内容を考えておく必要があります。

志望動機と退職理由をセットで考える

セクハラとは違った転職理由を考えて伝えることがベストです。

そのためには、志望動機があるという意味にして伝えるのが転職時の基本といえます。

以前から転職してやりたいことが明確に見えてきたという前向きな姿勢に置き換えることです。

それが今回の応募先企業でなら実現できるのではないかと判断したという流れにしましょう。

志望の度合いの強さは、どの面接官も関心があります。志望動機と退職理由に一貫性があることを伝えるようにしましょう。

 

ワンポイント
転職理由には自分のスキルや経験と将来性をアピールすること

退職理由を話すときの注意点

スマホとノートの画像

セクハラだけではなく、あらゆる退職理由が考えられます。

転職面接の際に退職理由は必ず聞かれるものだと判断しておき、適切な切り返し方をするように心がけることです。

そのためには、退職理由を話す際の注意点を理解した上で臨むほうがよいでしょう。

では、退職理由を伝える際の注意とはどのようなものがあるのでしょうか?

ネガティブな話はしない

転職はポジティブな理由に一貫することです。

さらに新しい可能性を求めて実現させたいからという、目的を持って臨んでいる旨を伝えましょう。

自己都合での退職理由は、正直すぎるとネガティブな印象を与えてしまう恐れがあります。

セクハラなどを中心とした他人へ必要以上に言いたくない無理には触れる必要などありません。

嘘をつかない

退職理由には嘘があってはなりません。必ず真実や正直に思うことを話すのが鉄則です。

ただしその線引きというのがあってないものでもあります。

例えば、セクハラを受けた事実は本当だとしても、それを理由として話す必要はないと先述しました。

既に矛盾があることが分かるはずです。

つまり嘘というのは、虚偽の理由を言わないという意味です。

セクハラの事実もあるが、今の自分はもっと将来性を考慮してステップアップしたいと考えているのも事実だとします。

その考え自体に嘘がないのであれば、それは立派なり理由として成立するはずです。

どこに価値を置いて理由にするかで違ってきます。

暗いトーンで話さない

転職面接だけに限っていることではありません。相手と対話を交わす場面では、暗いトーンで話さないように心がけてください。

これは面接マナーというよりも社交辞令の基本ともいえます。

あくまでも転職面接の場であって、身の上相談をしているわけではないのです。

暗い表情で相手に接すると印象が悪くなるのは当然だからです。

セクハラによる退職理由の回答例

タブレットとコーヒーの画像

セクハラを受けた事情をわざわざ伝える必要はありません。

よって、それ以外の有力な退職理由を率直に伝えることがポイントといえます。

当然、今の自分が前向きに次の環境を考えていることをアピールする必要性があるでしょう。

では、セクハラを受けたことで退職した場合の、適切な理由説明について回答例を紹介します。

例1

前職は、一族による家族制度の高い職場でした。

親族が会社を仕切っていることもありさまざまな制度や考え方・社風がその一族の独善的な部分で成立しています。

それは私以外の同僚も感じていたため、今までに数回正式に提案し要望を出してきたのです。

しかし、一向に変化を好まない社風であることから、自分自身のワークライフバランスを見直すことも考えて転職を決めました。

例2

現在は営業職として勤務をしています。お客さまの声を把握しつつも課題解決が一向に進まない状況に限界を感じました。

改善プロジェクトの提案・商品企画部への異動願を志願したのですが、コストや人員不足の理由で困難だという回答が続いています。

やはり将来を考慮した場合、自分の営業スキルを無駄にしたくないことが転職理由です。

新しい商品企画にもチャレンジしたいという思いも果たしたいので、御社の募集を知りまして応募させていただきました。

例3

以前の職場は個人主義重視のルールでした。徐々にチームによる環境で自分のスキルを試してみたいと考えて転職を決意しました。

5年間の営業経験を通じながら、商品・サービスの提案に工夫をし続け個人スキルも結構高まっている実感があります。

そこでさらにチームでの意見交換をし相乗効果があれば、もっと有意義に働くことができると考えたのです。

チームでプロジェクトを達成するために、自分がどのくらい役立つ人間なのかを知る機会が欲しいと思いました。

以上が御社に応募した理由です。

 

ワンポイント
セクハラの事実とは一切関係ないポジティブで発展的な志望理由にすること

履歴書や職務経歴書には理由を書くべき?

パソコンで仕事する画像

面接時でのセクハラの事実をあえて公言する必要がないので、履歴書や職務経歴書にもその点をわざわざ触れる必要性はありません

とくに履歴書は書式も決まっているので規定のフォーマットに則って記入すれば問題ないでしょう。

それに職務経歴書はその名の通りで、過去の職歴でアピールできるスキルや資格などを記入するためのものです。

私事的なトラブルなどをあえて書く必要はありませんので安心してください。

 

ワンポイント
履歴書や職務経歴書でもセクハラの事実を触れる必要はない。

転職の悩みは転職エージェントを活用しよう

担当アドバイザーの画像

女性が転職活動をする理由には、セクハラやパワハラなどが生じた事例はかなり多いといえます。

気持ちを切り替えて次に向けた行動ができればいいのですが、なかなか踏ん切りがつかないということも考えられるでしょう。

そこでおすすめするのが転職エージェントの活用です。

転職エージェントの場合、非公開求人が存在します。転職エージェントだけの限定案件です。

一般的な求人よりも精査されていて優良企業でなければ求人として紹介しない特徴があります。

担当アドバイザーも細かい事情についての相談へ応じてくれるはずです。

まとめ

明るい女性の画像

セクハラを転職理由にすることは、個人的な事情が多く誤解も生じやすいのがデメリットといえます。

そこで注意点として、あえて言わなくてもよいことは言う必要がないという考えの下で行動をして欲しいのです。

これは、セクハラがあった事実を揉み消せという意味ではありません。

転職を成功させるには、自分の仕事に対する姿勢やスキル・将来性でアピールするのが正当だということなのです。

あえて辛かった過去を持ち出す必要などありません。

転職は未来へ前向きに進んでいくことですので、ぜひ新しい環境を実現させてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する