コールセンターのスタッフは電話でやり取りをしてお客様の問題を解決したり商品を売り込んだりするのが主な仕事です。

研修制度が整っていて挑戦しやすく、インセンティブが見込める場合もあるので興味のある方も多いのではないでしょうか。

今回の記事ではコールセンターで働きたい方に向けて志望動機の書き方や面接でポイントとなることを解説します。

例文や受け答えの仕方についても触れますのでぜひ参考にしてみてください。

Contents

コールセンターの志望動機の書き方を解説

コールセンターの仕事はインバウンドアウトバウンドがあります。共に適した志望動機の書き方があるので注意しましょう。

コールセンターでの業務を経験したことがあるかどうかよっても、効果的なアピールの仕方は変わってきます。

経験者か否かを問わず大切なポイントは「その企業で働きたい動機」と「就職後の展望」を分かりやすく伝えることです。

採用担当者に「ぜひこの人を採用したい」と思ってもらえるような志望動機を書きましょう。

採用担当者が見ている志望動機のポイント

女性、仕事

志望動機に目を通す時、採用担当者は相手が経験者なら仕事への理解の深さを、未経験者なら意欲や適性を意識して見ています。

実務経験がある場合は、具体的な業務を挙げて自分の経験がいかに応募先で即戦力となるかをアピールすると良いでしょう。

未経験の場合もこれまで培ったスキルや経験を挙げることは有効です。それらを仕事にどう活かしていきたいか訴えましょう。

またどんな場合も肝心なのは、採用担当者に伝わりやすい具体的な内容の志望動機を書くように心がけることです。

志望動機の書き方のコツを紹介

女性教師

この項目では、コールセンターの仕事に応募する時の志望動機の書き方のコツを具体的に紹介します。

押さえておきたいポイントは3つ。前職までの実績の記載・その企業を志望した動機・採用後の展望です。

前職までの実績は、実務経験者であれば何よりですが、たとえそうでなくても効果的なアピールをすることは可能です。

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

前職までの実績を記載する

やる気溢れる新人女性

 

コールセンターの志望動機を書く際に押さえておきたいポイント、1つ目は前職までの実績を記載することです。

積み上げた経験や培ったスキルを今後コールセンターでの仕事にどう活かしていけるか、できるだけ具体的に記載しましょう。

実務経験がある場合はその実績を数字で示すことができればベターです。

もし未経験者でも、コミュニケーション能力の高さを中心にアピールすれば採用担当者に好印象を与えることができるでしょう。

何故その企業を志望したのかを伝える

笑顔の女性

コールセンターの志望動機を書く際に押さえておきたいポイント、2つ目は何故その企業を志望したのかを伝えることです。

数あるコールセンターの中でもその企業を選んだ理由は何か、業務の特色や会社の方針などに絡めて具体的に記載しましょう。

このコールセンターのこんな部分に魅力を感じたから働きたい。そのように分かりやすく伝えることができれば効果的です。

逆に、コールセンターならどこでも良いような書き方をすると採用担当者の心証を損なうのでくれぐれも注意しましょう。

採用後に何をしたいのか伝える

労務の仕事をする女性

コールセンターの志望動機を書く際に押さえておきたいポイント、3つ目は採用後に何をしたいのか伝えることです。

「顧客満足度アップに貢献したい」や「貴社の窓口としてイメージアップに貢献したい」などできるだけ具体的に伝えましょう。

「将来的には新人スタッフへの教育にも携わりたい」など、いくらか上昇意識を見せることも効果的なアピールになります。

応募先の企業について深く研究して、どのような展望を訴えれば採用担当者の心に響きそうかよく考えて書きましょう。

 

ワンポイント
前職までの実績の記載・その企業を志望した動機・採用後の展望の3つが大事。

アピールすると良いポイントは?

よびかけ

コールセンターのスタッフになるなら、志望動機を書くにせよ面接を受けるにせよ、ぜひ押さえておきたいポイントがあります。

それは良い印象を与える話し方・丁寧な言葉遣い・コミュニケーション能力の3つです。

いずれもコールセンターのスタッフに必須のスキルや能力なので、採用担当者も特に注意して見ていることでしょう。

以下、それぞれについて詳しく解説します。

良い印象を与える話し方

コールセンターの採用担当者にアピールすると良いポイント、1つ目は良い印象を与える話し方です。

コールセンターのスタッフは電話を通じてお客様とやり取りをすることが主な業務なので、話し方はとても重要です。

お客様に好印象を与える話し方ができることや、会社のイメージアップに貢献できることをアピールしましょう。

穏やかな口調や正しい発音、聞き取りやすい速さなど、人と話す時に注意している点を伝えることも効果的です。

丁寧な言葉遣い

採用担当者にアピールすると良いポイント2つ目は、コールセンターのスタッフに必須のスキルである丁寧な言葉遣いです。

話すにしても書くにしても、正しい日本語を適切かつ丁寧に使うスキルがあることを強く訴えましょう。

敬語を正しく扱えるなど、丁寧な言葉遣いができる人はそれだけで相手に好印象を与えられます。

志望動機や面接を通して自分の日本語運用スキルの高さをアピールし、採用担当者に即戦力だと感じてもらいましょう。

コミュニケーション能力

コールセンターの採用担当者にアピールすると良いポイント、3つ目はコミュニケーション能力の高さです。

お客様との電話でのやり取りを通して適切な信頼関係を築き、問題解決や商品の売り込みに寄与できることを訴えましょう。

コミュニケーション能力はお客様との間でばかり必要なものではありません。社内やチーム内の和にも大きく影響します。

自分が内外問わず誰に対しても高い対話能力・意思疎通能力を発揮でき、もって全体に貢献できることをアピールしましょう。

志望動機の伝え方

傾聴

コールセンターのスタッフの仕事は大きくインバウンドとアウトバウンドに分けることができます。

インバウンドはお客様から電話を受けて問い合わせに応じたり申し込みを受け付けたりすることが主な業務です。

対するアウトバウンドは、お客様に電話をかけて自社の商品やサービスを売り込むことが主な仕事だといえるでしょう。

インバウンドとアウトバウンド、それぞれに適した志望動機の伝え方があるので詳しく見てみましょう。

インバウンドの仕事に応募する場合

インバウンドの仕事に応募する場合、採用担当者に自分の柔軟さや温和な人柄についてアピールすることは有効でしょう。

コールセンターにはクレーム対応が必要な場合もあり、不機嫌なお客様に適切な態度で接するスキルは不可欠だからです。

また問い合わせに応じたり契約を結んだりする仕事は、その業務に関する理解の深さがなければなかなか勤まりません。

研修内容をすぐに自分のものにできる。そんな力があることも主張すると良いでしょう。

アウトバウンドの仕事に応募する場合

アウトバウンドの仕事に応募する場合、積極性や精神的な打たれ強さをアピールすることはとても有効です。

アウトバウンドの仕事は「こちらの都合を考えていない」とお客様の不興を買い、すぐに切られることも少なくありません。

電話で積極的に商品やサービスを売り込むという業務なので、その点は仕方がないのです。

そのためアウトバウンドのスタッフには、失敗してもめげずにすぐに次へと向かうことができる心の強さが求められます。

 

ワンポイント
自分がインバウンドとアウトバウンドのどちらに向いているかよく考えよう。

面接で志望動機を伝えるポイント

面談

コールセンターの面接で採用担当者に志望動機を伝える時、ポイントとなるのは主に以下の3つです。

  • 前職で培ったスキルや積み上げた経験
  • その企業を志望した明確な理由
  • 就職後の具体的なヴィジョン

これらを、お客様とやり取りをする時と同じように丁寧な言葉遣いで分かりやすく伝えなければなりません。

面接官からは、受け答えの内容はもちろん、口調や発音、話す速さや態度も見られているということを意識しておきましょう。

 

ワンポイント
話す内容だけでなく話し方も見られていることを意識しよう。

志望動機の例を紹介

例示

コールセンターの面接でさせて面接官に志望動機を伝える時、押さえておきたいポイントが3つありました。

前職で培ったスキルや積み上げた経験・その企業を志望した明確な理由・就職後の具体的なヴィジョンです。

この項目では、それらがきちんと盛り込まれた志望動機の例を3つ紹介します。

応用して、自分にとってより良い志望動機を書くための参考にしてください。

インバウンドからアウトバウンドへ

「私は通信販売会社のコールセンタースタッフとして3年間インバウンドの業務に携わりました。

最後の1年間はトレーニングチームの1人として新人の指導にもあたり、同期たちよりも多くの経験を積んだ自信があります。

仕事を続ける中で他の業務にも挑戦したい気持ちが強くなり、アウトバウンドで成長を続ける御社に応募させていただきました。

前職で積み上げた経験を武器に少しでも早く一人前になり、いずれまた後進の指導にも携わりたいと考えています」

コンビニ店員からコールセンタースタッフへ

「私は大学生だった4年間ずっとコンビニでアルバイトをしていました。丁寧な言葉遣いと接客の上手さには自信があります。

接客スキルを役立てるならぜひ通信販売大手として名高い御社でと思い、コールセンタースタッフに応募させていただきました。

お客様の満足度No. 1のスタッフになることが最初の目標です。初年度から御社に貢献できるようがんばりたいと思います」

営業職からコールセンタースタッフへ

「私は印刷会社の営業部で3年間働いており、提案型の営業を心がけ、同期の中では常にトップの売り上げをキープしていました。

ただ、激務で体調を崩しがちだったため、接客スキルを活かしながら働ける別の仕事を探していました。

福利厚生の面でも研修制度の面でも、御社は他の同業他社よりもずっと優れています。

働くならぜひ御社でと思い、コールセンタースタッフに応募させていただきました。

営業力を活かしてアウトバウンド業務で御社に貢献し、再び売り上げトップクラスを目指したいと思います」

面接での答え方を紹介

面接・会議

 

コールセンターの面接を受ける際、面接官に対してより自分の強みを活かしたアピールができるに越したことはないでしょう。

この項目では、前職で得たスキル・コミュニケーション能力の高さ・スキルアップへの意欲、と強みの例を3つ挙げました。

それぞれ例文を交えて詳しく紹介するので、ぜひアピールの参考にしてください。

前職でのスキルを活かしたい場合

「私は前職でアパレル店員の仕事をしていました。個人ノルマ達成回数で店舗の年間1位に輝いたこともあります。

私が実績を残せたのは会話スキルを磨いたお陰です。多くのお客様に信頼を寄せていただき、リピーターになっていただきました。

この会話スキルを活かして、ぜひ御社に貢献したいと考えております」

前職で得たスキルの中にもしもコールセンターの仕事に絡められるものがあれば、積極的にアピールしていきましょう。

コミュニケーション能力を活かしたい場合

「私は大学時代にバレー部でキャプテンを務めていました。その間、◯◯大会で上位入賞を果たしました。

部員全員と上手くコミュニケーションを取り、チームを1つにすることができたからこそ出せた結果だったと自負しています。

このコミュニケーション能力の高さを活かして、お客様に心から信頼していただけるようなスタッフを目指す所存です」

学生時代のサークル活動やボランティア活動で経験したことの中には、志望動機のアピールに使えるものが数多くあります。

スキルアップしたい場合

「私はコールセンターのカスタマーサポートとして2年間働いていました。

業務に大きな不満はなかったのですが、アウトバウンドにも挑戦したいと思い、応募させていただいた次第です。

前職で磨いたスキルを発揮して売り上げアップに貢献し、ゆくゆくは後進の指導にも携わりたいと考えております」

すでにコールセンターで働いた経験がある場合、スキルアップを目指すというアピールはとても効果的です。

例文の通り、将来的な目標に触れることでも面接官に好印象を与えることができるでしょう。

 

ワンポイント
自分の状況に応じて適切なアピールをしよう。

転職の不安は転職エージェントに相談しよう

ポイント

コールセンターへの転職に関して疑問や不安な点がある時は、ぜひ転職エージェントに相談してください。

転職エージェントは転職のプロです。コールセンターへの転職を果たすためには何が必要か熟知しています。

志望動機や面接の受け方についても、より効果的な書き方やアピール方法を伝授してくれることでしょう。

まとめ

コールセンター

いかがだったでしょうか。

今回の記事では、コールセンターのスタッフになりたい方に向けて、より良い志望動機の書き方や面接の受け方を解説しました。

コールセンターの仕事は社内のフォローアップが整っている場合が多く、業務内容によってはインセンティブも期待できます。

そのため、インバウンドかアウトバウンドかを問わず常に人気の高い職業の1つです。

今回の記事を参考にして、ぜひコールセンターへの転職を果たしてください。

疑問や不安な点があれば転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントはコールセンターの仕事についても深い知識を持っています。きっと転職のための力になってくれるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する