志望動機は転職活動において選考の結果を大きく左右する大切なものです。

自分が転職をするに至った理由を通して企業に採用したいと思ってもらう必要があります。

今回は志望動機を「長く働きたい」にする場合のまとめ方を解説していきましょう。

どのように伝えればより企業に自分の入社への意欲が伝わりやすくなるのか、ご紹介していきます。

Contents

志望動機が「長く働きたい」場合はどうまとめる?

パソコンと女性

転職活動をする際、「長く働きたい」を志望動機にしようと考える方は少なくないでしょう。

しかしながら転職活動においては、それをそのまま伝えるのでは動機として不十分だといえます。

そのため、まずはそれをどのように伝えれば人事担当者により効果的に伝えられるのかを解説していきましょう。

この会社なら前職での不満が解消できると伝える

「長く働きたい」を志望動機にしようと思ったのはなぜかを考える際、前職での不満というのは1つのポイントになり得ます。

そのため、前職でどういった部分に不満を抱いていたのかを思い出すと良いでしょう。

何に対して不満を抱いていたかを明確にできれば、志望動機にも活かすことが可能です。

例えば業務効率が悪いことに対して不満を抱いていた場合、「効率が良く業務に集中できる職場で働きたい」という点を転職理由にできます。

このように自分の退職理由を明らかにすれば「長く働きたい」という気持ちをより伝わりやすい形にできるでしょう。

「長く働きたい」と思ったのは何故かというところまで自分の気持ちを深掘りするのも大切です。

今までの経験・スキルが活かせると具体的にアピール

仕事をする女性

人事担当者は選考の中で入社後に応募者がどのように活躍してくれるのかを知りたいと考えています。

そのため今までの経験・スキルをどのように仕事に活かせるかをアピールすると効果的です。

アピールするためにはまず企業研究を行うようにしましょう。

企業側には必ずその職種において会社が求める理想の人物像というのが存在しています。

まずはそれを企業研究によって明らかにし、その人物像に合致するような経験・スキルを自分のアピールポイントとすると良いでしょう。

会社の理念や戦略・方針に共感していることを伝える

先述したように会社には求める人物像というものが明確に存在しています。

そのため、それに合致しているのだとアピールするためにも会社の理念や戦略・方針への共感を伝えると良いでしょう。

こうした思いを伝えなかった場合、人事担当者は「それならば同業他社に入社すれば良いのではないか」と考える可能性があります。

そんな風に思われないためにも、自分のその入社への熱意というのを言葉にして伝える必要があるでしょう。

明確に言葉にすれば人事担当者も同業他社ではなく自社に入りたい入社意欲の高い人材であると考えるはずです。

 

ワンポイント
・前職での不満を解消できることを前向きに伝える
・企業研究を行い会社に活かせる経験・スキルをアピールする
・会社が求める人物像に合致していることを伝える

志望動機の答え方

オフィス 女性

次は志望動機の答え方を具体的に解説していきます。

どのように伝えればより効果的に自分の気持ちを伝えられるのか、答え方にも注目していきましょう。

なぜ志望動機を求められる?

志望動機というのは人事担当者が「応募者はなぜ自社を選んだのか」を知るためのものです。

そのため動機を伝える際には同業他社ではダメな理由を明確にする必要があります。

人事担当者に転職先がその会社でなければならない理由を知ってもらえれば他の言葉の説得力も増すはずです。

その企業の特徴を押さえ、自分がなぜそこに惹かれたのかを明確にするように心がけましょう。

企業の特徴と自分の長所を結び付ければその企業に合った人材であることを印象付けられます。

回答するときのポイント

企業は転職において次の3つのポイントを特に重視して応募者を評価しているため、ここでチェックしておきましょう。

  • 入社への意欲
  • 応募者の能力・スキル
  • 会社の社風・価値観に合致するかどうか

志望動機を答える際はこの3つを満たせばさらに良い印象を与えられます。

意欲や自分の価値観を示すために企業のどういった部分に興味を持ったのか、入社後に何をやってみたいかを明確に言葉にしましょう。

これらについて言及すれば、人事担当者も具体的にあなたの入社後の姿を想像してもらえるはずです。

また、自分の能力やスキルを伝える際にはどういった部分が自分の強みなのかを伝えることが大切だといえます。

 

ワンポイント
・志望動機が求められるのは応募者がその自社を選んだ理由を知るため
・入社への意欲や会社に合致する自身の強みや価値観を伝えることが大切

志望動機の書き方

オフィスにいる女性

志望動機を書く際には以下のことに気を配れば、自分がどういう人間なのかを伝えやすくなります。

書き方を押さえて有利に転職を進めていきましょう。

働きたい理由や動機を書く

働きたい理由や動機というのは、志望動機を書く際に考えの根幹となる部分です。

そのため必ず明確に書くように心がけましょう。

理由や動機を書く際には自己分析を行うと自分の過去の経験を整理することができるため効果的です。

自分の今までの仕事との向き合い方を振り返れば、今後どのように仕事をしていきたいかを明らかにできるでしょう。

仕事上の強み・特技を伝える

志望動機を書く際には業務を行っていく上で自分がどのような強み特技を持っているかを書くようにしましょう。

自身の長所となる部分を伝えるだけでなく、それを入社後の仕事にどのように役立てられるかを言葉で伝えることが大切です。

自分の強み・特技が業務に役立つかどうかは企業研究を行えば明らかにできます。

企業でどのような人材を求めているのかが分かれば、必然的に自分の強みをどのように活かせるかも分かるはずです。

自分について掘り下げるだけでなく、入社したいと考えている企業についても深く知るようにしましょう。

働ける日数・時間を伝える

ファイルを持つ女性

働ける日数・時間というのは入社意欲につながる部分です。

日数・時間というのは直接的に会社に対して貢献できる量を表すものだといえます。

業務にどれだけ時間を費やせるかを明確にすることによって入社意欲を評価してもらえるでしょう。

企業は同じ能力の人材が2人いた場合、入社意欲が高い方を採用したいと考えます。

そのためこうして具体的に貢献できる時間を表すことも人事担当者の評価に良い影響を与えると考えて良いでしょう。

志望動機欄に収める

志望動機を書く際には冗長になり過ぎないように注意が必要です。

自分の思いを伝えたいという気持ちが強くなるあまり、文章量が多くなってしまっては逆に伝わりにくくなってしまいます。

転職活動において重要なポイントであるため長文になってしまいがちですが、簡潔に書く努力をしましょう。

その際の目安として志望動機欄に文章を収めるということを意識すると必然的に丁度良い文章量になります。

福利厚生に魅力を感じる場合の志望動機の伝え方

ビジネスウーマン

次は福利厚生に魅力を感じる場合に志望動機をどのように伝えれば良いかを解説していきます。

以下に回答の仕方をご紹介するため、参考にしていただければ嬉しいです。

社員を大切にする企業理念に共感

社員を大切にするという企業理念に共感した場合には以下のような形で理由を伝えると良いでしょう。

「私は貴社の社員を1番大切にするという企業理念に深く共感しました。

お客様だけでなく社員も大切に思いたいという価値観は私の人のために尽くしたいという仕事における考えと合致するものです。

もし貴社で働くことができれば、自身の特性を活かし周囲へ思いやりを持って仕事をしていこうと考えております。」

上記のように伝えれば企業理念に合致する人間であるということを伝えられます。

人事担当者に企業研究を十分に行ったと伝わるように、明確にどのような理念に対して共感したのかを伝えると良いでしょう。

福利厚生が整った環境には優秀な社員が集まる

仕事をする女性

福利厚生が整った環境で働きたいという方は以下のように動機を伝えると良いでしょう。

「貴社は福利厚生が充実しているため、働きやすい職場になっていることと存じます。

そうした会社では優秀な社員も多く集まると考えられるため、業務も効率的に行える環境が構築されているはずです。

私は優秀な方々と仕事をすることによって自身のスキルを高め、貴社により一層貢献できる人材へと成長したいと考えております。」

福利厚生にだけ言及するのではなく、それを社内の人材の優秀さに結び付ければ人事担当者に良い印象を与えることができるでしょう。

女性が活躍している会社だから長く働き続けたい

次は女性が活躍している会社であるため、長く働きたいという場合の伝え方をご紹介します。

以下のように回答すれば、より好印象を与えることが可能です。

「数多くある業界内の会社の中で貴社を選んだのは、女性が活躍できる環境が構築されているためです。

貴社は業界を変革したいという思いから女性の活躍に力を入れていると窺いました。

出産後も働き続けられる職場であるということをお聞きしたため、業界で長く働きたいと考えている私に最適だと考えております。」

福利厚生に対する魅力のみを強調するのはよくない

NGジェスチャー

「長く働きたい」からといって福利厚生だけを強調すると、待遇や労働条件ばかり気にしていると考えられてしまいます。

企業が求めているのはあくまで自社に貢献してくれる価値ある人材であるということを忘れないようにしましょう。

志望動機を伝える際には先述したように福利厚生からもう1歩踏み込むことが大切です。

どうしてこの会社じゃなければダメなのかを伝えつつ、福利厚生という待遇面に対しても魅力を感じていると伝えましょう。

そうすれば人事担当者は業務内容に対して興味を持っている気持ちを受け止めてくれるはずです。

会社の業務や社風に惹かれているのだということをアピールする姿勢を崩さないようにしましょう。

志望動機のNGをOKに転換すると採用につながる

女性、仕事

福利厚生を強調するのはNGだというのは先述した通りです。

また、「長く働きたい」ということをそのまま伝えるのも動機としてはNGだといえます。

なぜならこの2つだけでは動機として不十分だからです。

こうしたNGなケースも伝え方を変えればOKに転換できます。

例えば福利厚生を志望動機にしたい場合には、会社へ貢献したい気持ちを根幹に据えると良いでしょう。

「企業理念に共感したため、貴社で働きたい」と伝えてその後に福利厚生について言及します。

具体的には「会社が良い環境を提供してくれるため仕事に専念できる」などと述べると良いでしょう。

こうすることで会社に貢献したい気持ちを福利厚生につなげられるのです。

福利厚生だけでは不十分ですが、同時に入社への意欲や会社に貢献したい気持ちを伝えればNGをOKに転換できます。

 

ワンポイント
福利厚生や「長く働きたい」ことを志望動機にしたい場合は会社に貢献したい気持ちを一緒に伝えると良い。

面接でよくある質問と回答例

ヒアリング

次は面接でよくある質問とその回答例をご紹介します。

質問への回答というのは面接において大変重要です。

ここで事前に知っておくことで対策を行っておきましょう。

面接で聞かれそうなことを予測する

面接では応募者が会社にマッチする人材であるかを判断するための質問としてよく聞かれるものが存在しています。

そのため、事前に面接で聞かれそうなことを予測しておくと良いでしょう。

予測してどのように答えるかを考えておくと良い面接対策になります。

面接官は面接に来る応募者は皆対策をしているものだと考えているためです。

もし対策をしていなかった場合、志望度が低いと見なされてしまいます。

よくある質問には必ず回答を用意しておくようにしましょう。

よくある質問

よくある質問として「自身の長所・短所」について聞かれる質問があります。

こうした質問に対して答える際には、具体的なエピソードを織り交ぜて説明すると良いでしょう。

具体的なエピソードがあることでどういった人材なのかを企業側も具体的にイメージしやすくなります。

また、短所を伝える際にはその改善に向けて努力していることまで伝えると効果的です。

ただ短所を伝えるだけだとマイナスな印象しか残りませんが、改善しようとしていると分かればポジティブな印象を与えられます。

他にも「将来のキャリアプランはどのようなものか」というのもよく聞かれる質問の1つです。

キャリアプランについて聞かれた場合には、転職先の企業で実現できるものを答えると良いでしょう。

そうすれば会社にマッチした人材だと思ってもらえるはずです。

これらは聞かれることが特に多い質問であるため答え方も事前に考えておくと良いでしょう。

 

ワンポイント
よくある質問には事前に回答を用意しておくことが大切です。

企業は長く活躍してくれる人かどうかをみている

相談する女性

会社は長期的に働いてくれる人を求めています。

そのため志望動機を伝える際には「長く勤めたい」という気持ちを表現するのは大切です。

しかしながらそれだけでは十分とはいえません。

そこからもう1歩踏み込んで、自分がその企業にどうして入りたいと思ったのかという気持ちにまで言及するように心がけましょう。

その際、応募した企業の業務や会社の価値観などに言及して自分の意欲や能力と関連づけると効果的です。

会社から自社の求める人物像に合致していると思ってもらうために自分の能力と会社の相性の良さをアピールすると良いでしょう。

また、それらをアピールした上で「長く勤めたい」という気持ちもアピールするようと更に良い印象を持ってもらうことができます。

長期的に働いてくれる人材は今後も成長が望めるためです。

今回の記事を参考にして人事担当者に伝わりやすい形を模索していただければと思います。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

コールセンター

現在転職活動をしている方で、転職に関して相談があるという方は転職エージェントの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

エージェントは転職のプロフェッショナルとしてあなたの不安点を解消してくれます。

自分だけでは難しい選考書類の作成や面接対策もエージェントがサポートしてくれるため安心です。

もし転職活動をスムーズに進められず困っているという方はこの機会にエージェントを利用してみましょう。

エージェントを利用することで安心して転職活動を行っていけるはずです。

まとめ

ノートパソコンを操作する女性

今回は志望動機が「長く働きたい」である場合のまとめ方伝え方などを解説してきました。

志望動機というのは転職活動の選考の上で特に重要視されるものの1つです。

もし書き方に悩んでいる場合には今回の記事を参考にしていただければと思います。

また、他にも悩みを抱えている方は転職エージェントを活用してみましょう。

きっとスムーズに転職活動を進められるようになるはずです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら