事務職の転職に有利な資格の1つに日商PC検定があります。

事務職に必要な技術を証明する資格であり、転職では強いアピールポイントになるでしょう。

この記事では日商PC検定資格が女性の転職に有利な理由を解説しています。

検定資格の内容なども紹介していますので是非参考にしてください。

Contents

日商PC検定ってどんな資格?

女性

日商PC検定とは日本商工会議所が実施するPC検定です。

社内文書の作成数字の計算技術などをMicrosoftOfficeソフトで扱えるかどうかを確認する資格になります。

では具体的にどのような内容であるのかを見ていきましょう。

内容

パソコンと女性

日商PCはビジネスシーンでパソコンをどのように活用できるかを証明できる資格です。

Wordの文書作成では以下のような試験内容になっています。

  • 社内・社外文書のフォーマット
  • 表の挿入
  • 色彩

Excelのデータ活用では以下のような試験内容です。

  • 売上・原価・売掛金・損益分岐点などのビジネス用語
  • 計算方法
  • グラフの作成

一般的な文書や表の作成であるMOSに対して日商PCでは社内外の文書作成やその資料となる表の作成が出題の範囲になっています。

種類

パソコンと女性

試験科目は「文書作成」「データ活用」「プレゼン資料作成」があります。

「文書作成」はMicrosoftWordを活用しビジネス文書を作成できるかどうかを確認する内容です。

「データ活用」はMicrosoftExcelの操作スキルや集計・グラフ作成などが出題されます。

「プレゼン資料作成」の試験内容ははMicrosoftPowerPointを使ったプレゼン資料作成についてです。

レベル

パソコンと女性

「文書作成」「データ活用」のレベル分けはBasic・3級・2級・1級です。

「プレゼン資料作成」については3級・2級・1級のレベル分けになっています。

資格として評価されるのは2級や1級からです。Basicは入門分野なので知識の確認をするときに活用されます。

どの科目も下位級から順に受ける必要はありません。

例えば3級の資格を持っていなくても1級を受験可能です。

試験時間

試験時間については「文書作成」「データ活用」「プレゼン資料作成」ともに共通です。

1級は知識30分・実技60分、2級は知識15分・実技40分、3級は知識15分・実技30分、basicは実技30分となっています。

 

ワンポイント
日商PC検定はビジネスシーンでOfficeソフトを活用する能力を証明する資格。

競走倍率の高い事務職に有利な資格

パソコンと女性

事務職はオフィスワークであることや業務時間が決められていることもあり人気の職業です。

求人に対して応募者の数が圧倒的に多いこともよくあります。

そのため自分の強みをアピールして競争相手と差をつける必要があるでしょう。

事務職の求人倍率

有効求人倍率とは「仕事の数」を「仕事したい人の数」で割った数値のことです。

有効求人倍率を職種別にみると事務職への転職は難しいように見えるかもしれません。

事務職は求人を出す企業に対して応募者が多いのが現状です。

資格で競争相手に差をつける

パソコンと女性

一般的に社会人になるとパソコンは出来て当たり前という風潮があります。

ですが「パソコンができます」という応募者の腕前・レベルは様々です。

採用担当者は応募者のレベルが一定ではないことはよく分かっています。

その時に自分のレベルを証明できるのが日商PC検定のような資格です。

ただ「パソコンができます」と言うよりも信頼性が高く評価の対象になります。

求人募集に対して応募者が多いということはそれだけライバルが多いということです。

競争相手に差をつけるためにも資格があると良いでしょう。

 

ワンポイント
日商PC検定は競走倍率の高い事務職に有利な資格。

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

オフィスで高まる日商PC検定の評価

パソコンと女性

自己申告による「パソコンはある程度できます」というアピールも悪くはありません。

ですがそれ以上に「日商PC検定2級を取得しております」というアピールは採用担当者へ良い印象を残します。

採用担当者は日商PC検定の資格を持っているとオフィスワークをする際に役立つことが分かっているからです。

仕事力・生産性がアップする

パソコンと女性

日商PC検定はオフィスワークの文書作成や数値操作のスキルを証明する資格です。

この資格を持っている人はオフィスワークでの基本的な知識があるということになります。

そのため即戦力としての活躍が期待できるでしょう。

先輩が一から教えなくても社内外で使用する文書の作成ができれば生産性がアップします。

事務職は文書や資料を作る仕事ですので、綺麗な資料を作成できる人は事務職の仕事力があるといえるでしょう。

日商PC検定の勉強をすれば事務職での仕事力がアップすることに繋がるのです。

就職・転職に有利

パソコンと女性

日商PC検定はオフィスワークの能力を証明できる資格です。

そのため就職・転職時には大きなアピールポイントとなります。

特にオフィスソフトを使用する事務職においては有利になるでしょう。

採用担当者は採用後に会社で活躍できる人材を求めています。

オフィスワークの能力があることをアピールする根拠として日商PC検定の資格を提示すれば採用担当者も納得できるはずです。

スキルの底上げができる

パソコンと女性

日商PC検定の資格取得はビジネス文書の作成や業務データの処理・プレゼンテーション資料の作成の能力が必要とされています。

そのため日商PC検定の資格の勉強をするということはオフィスワークの仕事の勉強をするということに繋がるでしょう。

文書の作成やグラフの作り方などが正しく理解できればオフィスワークのスキルの底上げになります。

勉強の過程で使いやすいプレゼンテーション資料を作る能力も向上するでしょう。

会社で戦力として活躍してほしいという企業のニーズに合わせた勉強をすることができます。

職場で評価が高まる

パソコンと女性

整った資料を作成することができればその資料を使用する社員から感謝されるでしょう。

雛形に従った文書を作成することができれば事務職として能力があるということになります。

上司が求める結果に応じるだけの仕事力を身に着けていれば高評価に繋がるでしょう。

ビジネスマナーもつく

パソコンと女性

日商PC検定の学習をすれば基本的なITスキルが身につきます。

また学習の過程でビジネス文書や資料に触れることでビジネスのマナーも理解できるようになるでしょう。

事務職では社内外での対応をするため基本的なビジネスマナーが必要です。

ビジネス用語や数値に強くなれば自然とビジネスマナーにも知識が反映されていきます。

ビジネスマナーを身につけておけば転職の際の強みになるでしょう。

 

ワンポイント
日商PC検定は実用的な資格として評価が高まっている。

日商PC検定とMOSの違い

女性

日商PC検定はビジネスシーンでのオフィスソフトの使用方法を中心に出題されます。

一方、MOSはMicrosoftのOfficeソフトウェアの使用能力を証明する資格です。

一般的な使用方法が出題範囲となります。

日商PC検定はMOSと比べてビジネスシーンでの使用に焦点を当てた資格試験といえるでしょう。

転職で本当に役立つ?

女性

事務職では文書や資料作りも業務内容に含まれることが多くあります。

そのためパソコンの使用スキルがあるかどうかは重要なポイントです。

資格は採用担当者が応募者のスキルを判断する判断基準になります。

「パソコンが使用できます」という主張だけではどれくらいのスキルがあるのかどうか分かりません。

日商PC検定の級を伝えることにより、どの程度パソコンができるのか正しい判断が可能になります。

そのため採用担当者へ自分のスキルを伝える手段として資格取得は転職に役に立つといえるでしょう。

また日商PC検定のスキルがあれば転職後の企業でも事務の基本的な仕事ができるはずです。

転職後すぐに戦力になれることは大きなポイントになるでしょう。

日商PC検定取得のメリット

パソコンと女性

日商PC検定を取得すれば就職や転職の際に有利になります。

それに加えて事務作業でも役に立つことが沢山あるでしょう。

例えば表を作成するときはExcelを使います。プレゼンテーションを行う際はPowerPointを使用するでしょう。

事務職では資料をつくる場面も多く日商PC検定の知識が役に立ちます。

就職・転職でアピールする方法

面接

就職や転職の活動をする際には履歴書の資格欄に日商PC検定の資格があることを記述してください。

面接ではパソコンを使いこなせる具体的なエピソードを話せると良いでしょう。

仕事に活かす方法

職場

事務職ではパソコンを使う仕事も多くあります。

仕事では見やすい文書の作成を心がけましょう。日商PC検定取得で学習した内容が活かせるはずです。

社外・社内書類は多くの場合雛形があります。

雛形に沿った文書を作成する際も日商PC検定の「文書作成」の知識が役立つでしょう。

文書に使用する表やグラフは日商PC検定の「データ活用」の知識を活かすことができます。

プレゼンテーション資料作成や日々の数値計算にも日商PC検定の知識を活用してください。

デジタル仕事術を身につける方法

パソコンと女性

日商PC検定を取得しても仕事に活用できなければ意味がありません。

手に入れた知識を実際の仕事で活用するためには自分で実際に作業をしてみましょう。

もし仕事で活用することが不安であれば自宅のパソコンで表を作ってみるのも良いでしょう。

最初は自分のスケジュールや仕事上のメモをパソコンで管理することからはじめてみるのも手です。

最初から全てをデジタルで解決しようとする必要はありません。

少しずつ自分の仕事に取り入れていきましょう。

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

資格を履歴書に書くときのポイント

履歴書

資格を履歴書に書くときのポイントを解説しますので参考にしてください。

資格を履歴書に書く場合はその資格の正しい名称を確認しましょう。

日商PC検定の正式名称は「日商PC検定試験」になります。

「日商PC検定試験(データ活用)○級 合格」と記述するのが良いでしょう。

2級以上を取得する

日商PC検定では2級以上が評価される傾向にあります。

できる方は2級以上の取得を目指すと良いでしょう。

余裕を持って対策する

スケジュール

資格試験前にバタバタと準備を始めるのはおすすめできません。

試験の日程を確認したらカレンダーに記述して対策を立てましょう。

余裕をもって対策をすると試験当日に慌てることはありません。

 

ワンポイント
資格を履歴書に書くときは正式な名称を確認しよう。

事務職に有利なパソコン資格

女性

この章では事務職に有利なパソコン資格を紹介していきます。

どの資格も事務職の業務をこなす上で役に立つ資格ですので参考にしてください。

MOS

パソコンと女性

MOSはマイクロソフトオフィス検定のことです。

Word・Excel・PowerPointなどのMicrosoft Office製品のスキルを客観的に証明できる資格になります。

事務職ではWordやExcelを使用して作業効率が上がる場面もたくさんありますので資格を活かす事ができるでしょう。

日商PC検定

日商PC検定は「文書作成」「データ活用」「プレゼン資料作成」を使用するスキルを証明できる資格です。

一般的なスキルを扱うMOSとは異なり、ビジネスシーンでWordやExcel・PowerPointを活用できるのかが出題内容になります。

Word文書処理技能検定試験

Wordは主に文章作成を行うソフトです。

実はWordを使えるだけではビジネス文書を作成できるとはいえません。

きちんと様式が整い受け取った人が成果物としてみなしてくれる文書が必要です。

Word文書処理技能検定試験はWordを使いこなして質の良い文書を作成できることを認定してもらえます。

この資格を有していればWordを使って望んだ成果物が提出できる人材だと判断してもらえるでしょう。

Excel文書処理技能検定試験

パソコンと女性

Excel表計算処理試験はExcelを活用して実践的な能力を身につけるための試験です。

Excelを使えることではなくExcelを使いこなせる能力を証明してくれますので、事務の実務でも活用できると判断されます。

転職の強みとしてアピールできる資格といえるでしょう。

PowerPointプレゼンテーション技能認定試験

PowerPointプレゼンテーション技能認定試験はPowerPointを活用して効果的にプレゼンテーションを行える能力を判定する資格です。

PowerPointを活用して資料を作成している企業は多いでしょう。

プレゼンテーションを行う人が納得をして受け取れるような資料を作成できることは大きな強みになります。

VBAエキスパート

VBAエキスパートはExcelやAccessのマクロ・VBAのスキルを証明する資格です。

マクロやVBAは業務の効率化やシステム開発に利用される場合もあります。

転職では高いスキルをアピールできるでしょう。

資格の勉強方法

パソコンと女性

実際の資格の勉強方法についても確認しておきましょう。

資格の勉強方法は自分に合った方法で行うことが一番です。

いくつか例を挙げますので自分に合った方法をご確認ください。

独学

パソコンと女性

日商PC検定に使用するWordやExcelを日常的に使用しているという方は多いです。

これらのオフィス系ソフトが操作可能であればある程度独学でも勉強可能でしょう。

出題の範囲は公開されていますので自分で内容を確認できます。

出題内容を見ながら自分で調べることもできますし、参考書などを購入して独学で勉強することもできるでしょう。

ただし自分一人でできることには限りがあることも覚えておいてください。

パソコンスクール

パソコンスクールに通うことも一つの方法です。

多くのパソコンスクールでは資格ごとのコースを設けています。

希望する資格のコースを探して受講するのが良いでしょう。

費用はかかりますが手厚いサポートを受けることができます。

通信講座

資格取得のための通信講座を利用する方法もあります。

通信講座もパソコンスクールと同様希望する資格のコースがありますので自分に合ったものを選んでください。

まとめ

職場

日商PC検定資格はビジネスシーンで活用できるスキルを証明するものです。

パソコンで作成する文書や資料をしっかりと仕上げることができると判断されますので転職では大きな強みになります。

採用担当者にアピールできるポイントですので資格を取得しているのであれば履歴書に記載してください。

転職に有利な資格について疑問があれば転職エージェントを頼るのも一つの手です。

転職のプロが転職に有効な情報を提供してくれるでしょう。

資格を活用して転職を成功させましょう。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら