夫婦で転職するタイミングか被ってしまうと、不安を感じてしまう人は多いです。

また、結婚後の女性の転職が不利だという噂によって、転職を迷っている人もいるでしょう。

今回は夫婦の同時転職について解説していきます。ぜひチェックしてみてください。

Contents

夫婦が同時転職を成功させるコツを解説

コツ

夫婦が同時転職をすることに対して不安を感じる人は多いでしょう。

まだ子供がいない夫婦であれば、不安も減りますが子持ちとなると収入面での不安はなくなりません。

職場に対する不満やキャリアアップを目的に転職を決意する人は多いです。

また、一方が県外に転職することによってパートナーも一緒に転職する場合もあるでしょう。

いずれにしても転職を成功したいはずです。夫婦同時転職を成功させるコツを解説していきますのでチェックしておきましょう。

結婚後の女性の転職は不利?

考える女性

結婚後の女性の転職は不利だといわれています。

それは、就職してもすぐに妊娠して産休・育休を取ったり辞めたりするのではと思われているからです。

実際、結婚を期に子供がいても働きやすい職場へと転職する女性は多いです。

結婚後の転職が不利にならないわけではありませんが、きちんと転職の目的を持っていれば問題はありません。

また、結婚後の転職だからこそのメリットもあります。

時間をかけて自己分析・企業研究ができる

結婚を期に寿退社をした女性の場合、転職をするまで時間をかけて自己分析・企業研究ができます。

パートナーの収入があることから焦って転職をする必要がなく、自分に合った会社をとことん探すことができるでしょう。

独身時代の転職だと収入がなくなることに不安を感じて、本当に自分に合った会社を探せないことがありますがその心配もありません。

結婚後の転職だからこそ気持ちに余裕を持って自己分析・企業研究をすることができるのです。

家庭と仕事を両立できるか見極めやすい

家庭との両立

家庭と仕事を両立できるか見極めやすいのは結婚後の転職のメリットです。

今後、子供を出産して生活のスタイルが変わることを視野にいれて転職をすることが重要です。

育休・産休などの福利厚生が整っているかは多くの人がチェックします。しかし、最も重要なのは取得率です。

制度があっても利用している人がいなければ意味がありません。

また、転職後どれくらいで育休が取得できるのかもチェックしておきましょう。

 

ワンポイント
・結婚後の転職は自己分析・企業研究の時間を取りやすい
・結婚後だから将来を見据えた転職をすることができる

夫婦の同時転職を成功させるコツ

夫婦

夫婦の同時転職を成功させるためにはポイントをきちんと知っておく必要があります。

お互いが闇雲に転職活動をしても、転職は上手くいきません。

では、夫婦の同時転職を成功させるためにはどうすればいいのでしょうか。ポイントを3つ紹介していきます。

夫婦それぞれ異業種の転職を目指す

まず、夫婦それぞれ異業種の転職を目指しましょう。同業種だと業界全体の景気が悪くなったときに大きなダメージを受けます。

リストラされて無職となり収入がなくなる可能性が高くなるのです。

また、事務と営業のように職種が違ったとしても同じ会社に勤めていたら、会社の経営が悪くなったときに同時にダメージを受けます。

家庭の収入を安定させるためにも、夫婦それぞれ異業種の転職を目指していきましょう。

共働きしやすい業種を選ぶ

共働き

共働きしやすい業種を選ぶことも、夫婦同時転職のポイントです。

子供がいると送り迎えや子供の行事のときなどに仕事を休まなければならなくなります。

在宅勤務の制度があったりフレックス制のある業種を選ぶことで、共働きでも上手く生活していくことができるでしょう。

どちらか一方に負担が偏らないことを考慮できる業種を選ぶことが、夫婦同時転職を成功させるコツです。

共働きしやすい企業を選ぶ

共働きしやすい企業を選ぶことができれば、家庭と仕事を両立することができます。

社員の中に家庭を持っている人がいるかどうかはチェックポイントです。

女性の場合は産休・育休に対する理解があり協力的な会社であるかどうかを確認しておきましょう。

男性の場合も育休が取得できる制度があるかどうかを確認することは重要です。

また、上司が家庭を優先するタイプであるかどうかも重要となってくるでしょう。

 

ワンポイント
・夫婦で違った業種に転職しよう
・共働きしやすい業種を選ぼう
・共働きに理解のある企業を選ぼう

夫婦同時に転職するメリット

メリット

夫婦同時転職に対して不安を感じる人は多いです。しかし、同時に転職するからこそのメリットもあります。

ここでは、3つのメリットを紹介していきます。

結婚後、夫婦同時転職となる可能性は誰にでもあります。知っていて損はないのでぜひチェックしておきましょう。

情報交換ができる

お互いに転職活動をしていることから、情報交換をすることができます。

同時に転職活動をしているからといって、2人が同じ情報を常に見ているわけではありません。

転職エージェントを利用する場合は担当者によって、得られる情報も多少違います。

また、面接や企業説明会に参加することで得られる情報もあるでしょう。違う業種に転職する場合でも情報交換は必要です。

全く同じ行動をするわけではないため、必ず違う情報を手に入れることができます。

転職には情報収集が必要となるため、情報交換ができることは最大のメリットです。

お互いを励ましながら転職活動ができる

励ます

転職活動が思い通りにいかないと心が折れてしまうこともあるでしょう。また、転職を諦めようと思うこともあるでしょう。

そんな時に、励ましてくれる存在がいれば転職に対して前向きな気持ちを持ち続けることができます。

夫婦同時に転職するからこそ、お互いの気持ちを理解しやすく励まし合うことができるのです。

夫婦二人三脚でこれから生活していきますが、転職も同様です。二人三脚で支え合い夫婦同時転職を成功させましょう。

共働きしている間に転職の準備を進められる

転職活動を始めたからといってすぐに転職先が見つかるとは限りません。

しかし、共働きをしている間であれば貯金にもゆとりを持つことができます。

収入面での不安が少なくなることから、スムーズに転職の準備を進めていくことができるでしょう。

また、一方が仕事をしていないと転職へのハードルも上がってしまいます。

共働きだからこそ気持ちにもゆとりを持つことができるのです。

夫婦同時に転職するデメリット

デメリット

夫婦同時転職のデメリットは一時的に収入が減る可能性があるということです。

転職前と比べると、転職してすぐは給料が低くなりがちです。

勤務歴が長くなれば収入もアップして転職前の収入を抜くこともあるため長期的に心配する必要はありません。

また、新しい職場に慣れるまでには時間がかかります。

生活スタイルがお互いに変わってしまうため、最初のうちはしんどいと感じるかもしれません。

どちらも時間が解決することですが、お互いのことを思い合う気持ちがあるかどうかで今後の夫婦関係に影響があるので注意しましょう。

 

ワンポイント
急な同時転職はデメリットを増やすので気を付けよう。

夫婦で事前に相談しておいたほうがよいこと

夫婦

夫婦同時転職をする前には必ず夫婦で話し合いをしておきましょう。

話し合いをすることを忘れていると、お互いの目指す場所が違うかもしれません。

2人が収入アップだけを目的として転職をすると他の部分が補えなくなってしまいます。

人によって転職に求める条件はことなるので、相談することを忘れないでください。

では、相談しておくべき3つのことを紹介していきます。

収入面

お互いにどれくらいの収入を目指すのかは重要な相談ポイントです。

片方が高い収入を目指すのか、それとも同じくらいの収入を目指すのかは夫婦によって異なります。

また、固定給であるか歩合制であるかどうかも重要となってきます。

2人とも歩合制だと安定した収入を得ることができず、不安定な生活となります。

最低でもどちらか一方は固定給を選んでおけば安定した生活を手に入れることができるでしょう。

夫婦合計での収入目標も立てておくとより良くなります。

家庭との両立

ポイント

家庭と仕事の両立をどうしていくかも、転職前に話し合っておきましょう。家事の負担割合はどうするのか。

また、生活リズムが合うのかどうかなど家庭との両立の面で確認するべき項目はたくさんあります。

何を優先して転職をするのかを決めておかないと、転職後の生活が上手くいかなくなってしまいます。

家事の負担割合は喧嘩のもとですので相談しておきましょう。

育児休暇の取得について

子供が産まれた場合の育休の取得についてもきちんと話し合っておきましょう。

産休は女性しか取ることができませんが、育休は女性・男性共に取ることができます。

子供が産まれたタイミングで旦那さんも育休を取って2人で子育てをする夫婦もいます。

また、奥さんが育休を早めに切り上げてその後旦那さんが育休を取得するというスタイルもあります。

仕事によって繁忙期も異なるため、お互いの職種に合わせて育休の取得方法を決めていくといいでしょう。

 

ワンポイント
・収入
・家事と仕事の両立
・育休取得
について夫婦で話し合うことが大切

夫婦同時に転職する際の注意点

夫婦

夫婦同時転職にはメリットもデメリットもあります。

注意点を無視して転職活動をすることによって夫婦関係が悪化してしまうこともあるでしょう。

しかし、注意点を知っておけばそういった状況を回避することができます。

ここでは夫婦同時転職の注意点を3つ紹介していきます。チェックしておきましょう。

同じ会社に応募する際は夫婦で事前に話し合う

夫婦で同じ会社に応募する場合は、事前に話し合いをしておきましょう。

お互いがどの会社を受けるのか知らずにいると、気づかないうちに同じ会社を受けてしまうことがあります。

同じ職種の場合はライバルとなってしまうこともあるでしょう。

また、採用側からすれば夫婦で応募していることを不思議に思います。

夫婦で同じ会社を受けることにはデメリットが多いため、きちんと話し合いをして対策を考えておきましょう。

夫婦で転職のリスクを分散させておく

手帳を持つ女性

夫婦同時転職の場合はリスクを分散させておきましょう。

一人がリスクの高い転職をするのであれば、もう一人は安定している仕事へと転職をします。

2人ともがリスクの高い転職をすることはできるだけ避けておきましょう。

仕事が忙しいことで2人の時間を取ることができず、夫婦関係が悪化してしまう可能性があります。

夫婦で同時転職をするときはリスクを分散させた転職をしていきましょう。

転職のタイミングに注意する

転職のタイミングはとても重要です。子供のいる夫婦の場合、子供が小さい頃は時短勤務や仕事の休みやすさが重要となります。

そのため、忙しい仕事へのキャリアアップをするタイミングではありません。

一方で、小学校以上の子供がいる場合はどんどん出費が増えていきます。

収入アップが期待できない会社に転職するタイミングではありません。

転職のタイミングは家庭の状況によって異なります。自分たちの暮らしに合った転職をしていきましょう。

家族みんなが満足する働き方へ

家族

家庭のある人が転職する場合は、自分のことだけを考えてはいきません。

キャリアアップをしたいからと一方が仕事ばかりしていると、家庭のことはもう一人に任せきりとなります。

家庭を持つ人が考えなくてはならないのが、家族みんなが満足する働き方をすることです。

自分の意見だけで転職を決めるのではなく、夫婦で話し合いをしてから転職活動に取り組んでいきましょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

相談する女性

夫婦同時転職となると、普通の転職よりも悩みが増えてしまいます。

また、お互いにどうすればいいのか分からなくなり、転職に行き詰まることもあるでしょう。

そんな時は転職のプロである転職エージェントを活用していきましょう。

様々な転職のサポートをしてきた転職エージェントだからこそ、一人一人に合った転職サポートをしていくことができるのです。

まとめ

走る夫婦

夫婦同時転職にはリスクもあり、行動することを迷っている人もいるでしょう。

しかし、結婚した後の転職だからこそ取れる選択肢もあります。将来のことを考えての転職となるため生活が楽になることでしょう。

困った時は転職エージェントを利用しつつ、夫婦同時転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら