人事職への転職を成功させるために重要なのは、「評価される志望動機」を作ることです。

特に担当する業務の幅が広い人事職への志望動機は、自分の経験をどのように切り取って表現するのかが鍵になります。

本記事でご紹介する志望動機のポイントや例文を押さえて、好印象を与える志望動機を準備しましょう。

Contents

人事の志望動機の書き方を解説

ファイル、女性

採用業務の他に労務や採用計画立案など幅広い業務をこなす人事職は、会社にとって無くてはならない重要な部門です。

そんな人事職を目指すことを決めたら、最初に悩むのが志望動機の書き方でしょう。

経験者も未経験からチェレンジの場合も、志望企業のことを調べた上で上手に熱意を伝えなければ転職を成功させることはできません。

憧れの人事職の選考を合格するために、志望動機を「どのような内容」で「どのように表現すれば良いのか」詳しく解説していきます。

人事職が募集されている背景を知ろう

はてなマークをもつ女性

人事職の募集要項を見る際には、チェックするべき大事なポイントがあります。

それは、この職種が募集されている背景です。

会社が人員を募集するに至った経緯に意識を向けることで、会社が「どのような状況下」で「今後どうなりたいのか」という情報が得られます。

このポイントを押さえて志望動機を書くことで、採用担当者の期待に応える回答ができるのです。

例えば「即戦力としての人材が欲しい」という背景がある場合は、現場ですぐ実践できる専門的な知識が求められる場合があります。

このような会社を志望する場合、自分の経験から現場ですぐ活かせそうな内容を具体的に志望動機に落とし込む必要があると判断できます。

会社がどのようなビジョンを持って、それに対し今何が不足しているのかという情報をつかんでおくと選考を有利に進められるでしょう。

人事に求められるスキルや経験

話す女性

人事職に求められる主なスキルには「コミュニケーション能力」「計画性・進捗管理能力」が挙げられます。

人事職は会社の「人材」を扱う仕事であるため、人との接点は当然多くなるでしょう。

また代表する仕事の一つである採用業務においては、会社の顔としてのイメージを背負うこともあります。

人に良い印象を与えるコミュニケーション能力は、人事職において重要なスキルといえるでしょう。

また人事職の業務には、会社の「どの場所」で「どのような人材」が必要か分析し、人員配置を年間を通して計画・運営する仕事があります。

分析能力や戦略的に計画を立てる能力、計画通りに業務が進んでいるかの進捗管理能力なども求められるスキルです。

 

ワンポイント
人材を扱う人事職では、人との接点で良い印象を与える力が必要とされます。

人事の志望動機作成のポイント

ポイント

上述までで、人事職への志望動機を書く準備ができました。ここからは具体的な内容を考える際のポイントをご紹介します。

採用の仕事を目指す一人として、志望企業の採用担当者の気持ちになって考えてみると適切なアピールポイントが見えてきそうです。

自分のこれまでの経験を思い出して、どの部分を伝えれば好印象を与えられるか考えてみましょう。

業務への理解があること

自分が志望している人事職の仕事内容は当然理解しておきましょう。

ただしここでも注意するべきポイントがあります。

人事職の業務は多岐にわたり、さらに明確な基準が無いため会社ごとに仕事内容が変わることがあります。

そのため、ぼんやりした人事職のイメージだけで仕事内容を考えてしまうと的外れな内容になってしまう場合もあるのです。

しっかりと企業研究を行い、志望企業の人事職はどの範囲の仕事を担当するのか確実に理解しておきましょう。

経験者であれば、これまでの実績や経験の棚卸しをすること

特に転職の採用試験においては、これまでの経験は重要視されます。

経験者であれば即戦力としての人材になるので、その価値が大きくなるでしょう。

ただしどんなに良い経験をしていたとしても、それを上手く表現できなければ良い印象を与えることはできません。

内容だけではなく、「伝えやすいかどうか」を重視して経験の棚卸しをしてみましょう。

過去の経験を思い起こしたら、携わった業務をできるだけ具体的に書き出してみると考えやすいです。

未経験の場合は、人事職で活かせる経験やスキルを洗い出す

スケジュール帳を持つ女性

未経験でも、人事職を目指すことは可能です。

経験者と比較されると不利になると思われがちですが、必ずしもそうではありません。

過去の自分の経験から人事職の現場で活かせそうな内容に結びつけることができれば、大きなアピールになります。

経験を思い出す時のコツとして、内容は失敗談でも構いません。

そこから「どんなことを学んだか」という内容が含まれていれば、好印象として相手に伝わります。

人事職の場面で活かせるコミュニケーション力や計画性が現れたエピソードがあれば、書き出しておくと良いでしょう。

なぜこの会社なのか

志望動機を書く上で最も個性を求められるのが、「なぜこの会社なのか」という部分です。

ここをできるだけ具体的に説明できないと、志望度が低いといった評価を受けてしまうこともあります。

転職、つまり仕事を辞めるというのはどうしてもネガティブな要素も含んでいるため、できるだけ前向きな理由に変換することが重要です。

経験者も未経験者からチャレンジする場合も、「キャリアアップ」や「将来性」の部分と絡めて志望理由を伝えると良いでしょう。

さらにこのような「理由」を聞く質問では、筋の通っていない内容を選ぶと「論理的ではない」と評価をされてしまう場合もあります。

相手が納得できるよな内容をしっかりと作りこむことが必要です。

応募先の募集背景など募集要項を確認

女性,書類,確認

これは前述の通りですが、効果的な志望動機を表現する際には募集の背景の情報を得ておくと有利になります。

志望する企業の状況・目指すビジョン・求める人物像をしっかり理解すれば、自分のどこをアピールすれば採用担当に響くかが分かります。

転職サイトの募集要項やホームページを最低限読み込んで、内容を把握しておきましょう。

 

ワンポイント
人事職の志望動機は、会社や採用担当の立場になって考えるとアピールポイントが見えてきます。

どんな志望動機が評価される?

パソコンとOKサインをする女性

ここからは、評価される志望動機を作るのにはどのような方法があるのかさらに具体的に解説していきます。

どんなに良い材料があっても、切り取り方が悪かったり味付けが薄ければ良い志望動機は作れません。

転職を成功させるために、「どこに注意」して「どのように表現」すれば最も効果的に伝わるのか一緒に確認しましょう。

仕事の魅力を伝える

評価される志望動機を作成するには、人事職の仕事のどこに魅力を感じているのかを具体的に表現することが重要です。

これにより人事の仕事についての理解の深さを示せる上に、自分に適性があることを印象付けられます。

「経営陣とタッグを組んで経営に貢献できること」や「自分が採用した社員の活躍で会社が成長する喜び」など具体的に選びましょう。

何らかの形で自分の過去と関連させるようにまとめられると、適性が良く伝わる志望動機になります。

他社との違いを明確にする

評価される志望動機作成時のポイントの二つ目は、他社との違いを明確にすることです。

特に人事職は世の中のほとんどの業界において、必ずといえるほど存在している部門です。

「なぜこの会社でなければいけないのか」、「他社ではだめなのか」という明確な理由を作っておく必要があります。

これが曖昧になってしまうと、企業研究をしておらず志望度が低いと捉えられてしまう場合もあるでしょう。

志望企業の業界における立ち位置や他社には無い強み、独自の制度や戦略があれば必ず勉強しておきましょう。

自分がどのような形で貢献できるかを示す

ガッツポーズの女性

志望する理由が明確になったら、会社が自分を採用することで得られるメリットを提示してあげましょう。

この部分をおろそかにしてしまうと、ただ好意を示しただけで終わってしまいます。

人事職の経験者であれば、自分の経験した業務をどのように応用して貢献するのか明確化しましょう。

未経験者の場合は、過去の経験や自分の特性を人事職の業務にどのように落とし込むのか、具体性を持った表現が必要です。

人事の志望動機作成の注意点

バツ、女性

ここまで志望動機作成時のポイントはご説明しましたが、注意点にはどんなことがあるでしょうか。

例えば「人を評価することに興味がある」など人事職の仕事の一部分しか見ていないと思われる志望動機は控えましょう。

上記の例文の場合は、採用業務という人事部の仕事の一つだけを切り取った志望動機です。

しかし実際の人事の仕事は経営企画や労務関連業務など幅広く担当しなければならず、その内容も把握していなければなりません。

仕事が多岐にわたるために具体的な業務イメージが湧きづらく、全体像を把握しにくいのが人事職の特徴です。

だからこそ、自分がどの業務を担当する想定で選考を受けるのかをしっかり理解して最適な志望動機を選ぶ必要があります。

 

ワンポイント
人事職への志望動機は、幅広い業務内容について把握しているアピールが重要です。

評価される人事の志望動機例をチェック

女性、仕事

志望動機作成のポイントや注意点が分かったところで、具体的な例文をご紹介します。

自分の経験と照らし合わせて、応用できそうな部分を活用すると良いでしょう。

例① 仕事の魅力を伝える

「人事の仕事を通して、経営的な視点をさらに磨きたいと思い貴社を志望しました。

私は建設会社の人事部で2年間勤務しておりました。担当していたのは主に採用の業務です。

経営陣との話し合いの中で年間の採用戦略を立てる難しさを感じましたが、会社の成長を共に支えるというやりがいも大きいものでした。

未経験でも経営企画の領域に挑戦させてもらえる社風である貴社で、さらに経営的視点を鍛えたいと考えております。」

例② 他社との違いを明確にする

「人材を会社の宝であるという貴社の理念に感激を受けたため志望しています。

私は前職では薬品関係の会社の人事部で採用担当をしておりました。

会社の未来を担う人材を探し出す楽しさを感じていましたが、経営陣の社員に対する興味が薄いことが原因で離職率が高い状況でした。

会社の成長は社員の成長であると位置づける貴社でなら、社員と会社の両方が満足できるような会社が目指せると思い志望しています。」

例 自分がどのような形で貢献できるかを示す

「英語力を活かして高い成果を上げる組織づくりの構築に貢献したいからです。

前職では法人営業の業務の他、英語力を活かして海外事務所の新規立ち上げにも力を注ぎました。

その中でより利益を出す会社を目指すには土台となる組織づくりを見直す必要があると感じ、人事職を志望するようになりました。

海外出身の社員の方が多い貴社に入社した際には、英語力を活かして経営陣との橋渡し役として活躍したいです。」

人事の志望動機NG例

NGジェスチャー

続けて、志望動機として良くないNG例を見ていきましょう。

採用担当が悪い印象を感じないように、表現方法などに注意が必要です。

例 人事職の一部分しか理解していない

「私は新卒の学生の眠る才能を掘り起こすという人事職の仕事で活躍したいと考え、貴社を志望しています。

前職では販売職を経験しましたが、日々訪れるお客さんをよく観察して評価する習慣がありました。

外見だけでは分からない魅力に気づくという力を活かして、貴社の採用担当としても貢献したいです。」

例 他社との違いが明確ではない

「前職での知識を活かして貴社の仕事においても貢献できると考え、志望しています。

前職では人事担当として労務の仕事を中心に行ってきましたが、その中で法律に関する知識を多く蓄えることができました。

貴社に入社後も専門的な知識を活かし、特に労務の専門家として会社を支えたいと考えています。」

 

ワンポイント
評価される志望動機の特徴
①仕事の魅力が伝わる
②他社ではダメな理由がある
③自分が貢献する方法が具体的に示せている

転職相談は転職エージェントを活用しよう

パソコンと女性

人事職への転職で高評価を得られる例文とそうではない例文をご紹介しました。

理屈は理解できても、自分の経験をどのように伝えれば正解なのか見つからない人も多いでしょう。

最短距離で確実に評価される志望動機を作りたければ、転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントはしっかりヒアリングを行った後、自分の経験の切り取り方や最も適した表現方法を助言してくれます。

特に転職において危険なのは「主観的な視点で自分を評価してしまうこと」です。

転職エージェントから客観的な視点でアドバイスをもらえれば、転職で成功する志望動機が作れるでしょう。

まとめ

パソコンと女性

人事職は、会社全体のサポート業務を行うとても重要なポジションです。

そして会社の財産の一つである「人材」を扱うため、大きなやりがいを持って取り組める仕事でもあります。

時には転職エージェントを活用しながら、しっかりと準備を進めておきたいですね。

志望動機は志望する会社へのラブレターのようなもので、好意をしっかりと伝えられれば必ず転職の成功に近づきます。

評価される志望動機で、希望の転職を成功させましょう!

 

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら