WebディレクターはWebサイトなどを行う職種で、女性も活躍しつつあります。

在宅で作業を進めることもできるため、育児などと両立しながら働きたいと考え注目している人もいるでしょう。

Webディレクターへの転職を成功させるためには、面接対策が非常に重要です。

今回はWebディレクターの転職の面接対策を解説します。

Contents

女性のWebディレクターの転職の面接対策を解説

パソコンと女性

WebディレクターはWebサイトの制作や運用などを行います。

インターネットが当たり前になったことでWebサイトはどの業界においてもビジネスの要となりつつあります。

その制作などを担うWebディレクターの需要も高く、常に人材が求められているのです。

そのため未経験でも応募できる職種のため、挑戦を考えている人もいるでしょう。

Webディレクターとして働くには2種類の働き方があり、それぞれ求められる能力で異なる点もあります。

それぞれに適した自己PRを行うためには、事前の面接対策をしっかりと行うことが大切です。

どのようなポイントに注意して対策すべきなのか解説します。

Webディレクターの企業での2種類の働き方

具体的な面接対策を考える前に、まずはWebディレクターの活躍の場について解説します。

Webディレクターの主な活躍の場は事業会社と制作会社の2つです。それぞれの特徴を解説します。

事業会社の特徴

クリエイター・エンジニア

まずWebディレクターとして働く場としては事業会社があります。

事業会社は自社のコーポレートサイト・オウンドメディア・スマホアプリなどの企画・制作・運用が主な業務です。

自社内で企画から運用まで行うため、それぞれの作業が分業されているケースが多い傾向にあります。

そのためWeb制作の内、自分が担当する作業に関わる分野について深く・狭くスキルを積むことになるでしょう。

また事業会社の場合は制作そのものよりその後の運用に注力されるのが一般的です。

運用しながらアクセス数の改善などを求められる傾向にあります。

比較的規模の大きい企業が多いため、労働時間などの環境は整っている会社が多くあります。

研修制度なども充実している場合が多い傾向にあるため、未経験の場合に比較的挑戦しやすいでしょう。

制作会社の特徴

制作会社で働く場合は、自社ではなくクライアントからの依頼を受けてWebサイトをつくります。

制作するWebサイトの種類はコーポレートサイト・オウンドメディア・スマホアプリなど、事業会社と変わりません。

クライアントの希望にそった内容で制作し、納期もあるため残業や休日出勤が発生しやすくなります。

制作会社の場合は分業ではなく制作に関わる作業を幅広く担当する場合が多くあります。

そのため幅広い知識をや経験を身につけたい場合にはこちらの方が向いているでしょう。

 

ワンポイント
自分が応募したい企業が事業会社・制作会社のどちらなのかは事前に確認しよう。

事業会社のWebディレクターを目指す面接対策

2つの会社それぞれでアピールすべき点が異なります。

まずは事業会社のWebディレクターを目指す場合の面接対策を解説します。

事業会社から事業会社へ

会議・打合せ

事業会社から別の事業会社への転職を考えている人もいるでしょう。

この転職の場合「なぜ応募企業会社を志望しているのか」を明確にしましょう。

さらに「その会社で自分が貢献できることは何か」を研究することが大切です。

応募企業の事業内容から自分が貢献できるサービスを見つけ出し、それを深掘りしてみましょう。

そのサービスに対し自分がどのように貢献できるのかや活かせる経験・スキルを洗い出します。

そこから具体的なエピソードも交えつつ貢献できる理由を答えられるようにしましょう。

さらに企業規模が大きくなるにつれて総合的な人間力もチェックされます。

ビジネスマナーやコミュニケーション能力なども面接でみられるため、それらも十分意識して面接に臨みましょう。

制作会社から事業会社へ

面談

制作会社から事業会社への転職の場合は、スキルアップへの意欲を示すことが効果的です。

制作会社の場合は仕事をしながらスキルを身につけていく傾向にあります。

そのため仕事で関わる作業以外は独学の場合が多いのです。

一方事業会社は研修などがあり、会社として人材育成に取り組んでいます。

その違いに着目して志望動機や転職理由を考えると良いでしょう。

また、制作会社ではWebサイト制作までで業務を担当していないと思われている場合もあります。

事業会社では制作後の運用を重視している傾向があるため、それも意識した自己PRを考えましょう。

未経験で事業会社へ

未経験で事業会社へ転職することを検討している場合はITスキルより人間力の方が重視される傾向にあります。

事業会社の場合は研修制度があるため、ITの知識やスキルは研修で身につけることができます。

そのため面接段階で重視されるのはビジネスマナーコミュニケーション能力などの人間力です。

さらに新しいことに挑戦するチャレンジ精神意欲の高さを示しましょう。

もちろんITの知識などがあればそれをアピールすることも大切です。

ただし中途半端な知識をもとにアピールするとさらに深く質問された場合に答えに困ってしまう場合もあります。

自分の知識がどの程度のものなのかは事前に把握しておきましょう。

制作会社のWebディレクターを目指す面接対策

続いて制作会社のWebディレクターを目指す場合の面接対策を解説します。

事業会社との違いも意識しながらアピールポイントを確認しましょう。

制作会社から制作会社へ

面接、女性

制作会社から制作会社へ転職する場合も「応募企業へ転職する理由」を明確にしましょう。

制作会社の場合、様々なクライアントから依頼されるため制作するWebサイトも多種多様です。

会社によって制作するWebサイトや得意な業界などが異なります。

応募企業の実績などを研究し、そこからその企業でしかできないことを探してみましょう。

その会社で挑戦したいことから自分がどう貢献できるのかを繋げてアピールしましょう。

事業会社から制作会社へ

ミーティング

事業会社から制作会社へ転職する場合には、自社サイトを運用していたという経験のアピールが効果的です。

制作会社ではWebサイトをつくるところまでの経験はあってもその後のノウハウが十分ではない場合もあります。

そのため自社のWebサイトを運用し改善していた経験があれば、制作の段階でもその経験を活かせるでしょう。

また事業会社では分業されており担当が狭いため、担当していなかった作業工程の経験やスキルがない場合もあります。

制作会社では幅広く担当することを意識し、新しいことを学ぶ姿勢や意欲を示しましょう。

未経験で制作会社へ

制作会社でも未経験者が応募できる求人はあります。

制作会社へ転職する場合、事業会社と同じくまずは人間力をアピールしましょう。

また制作会社はクライアントの希望や納期にあわせて制作を行うため、スケジュール管理や調整力なども重視されます。

それらの強みを裏付ける具体的なエピソードをあわせてアピールしましょう。

Webディレクターの転職面接でアピールすべき内容

事業会社・制作会社といった違いはあっても、どちらにも求められるスキルもあります。

どちらにも共通する、Webディレクターの転職面接でアピールすべき内容を解説します。

コミュニケーションスキル

相談

コミュニケーション能力は仕事をする上で重要なスキルです。

それは事業会社・制作会社のどちらであっても変わりません。

どちらも円滑に作業を進めるために社内・社外の人とのコミュニケーションが大切です。

事業会社の場合は分業のため工程が違うスタッフにも情報を共有して作業を進める必要があります。

制作会社の場合はクライアントとの打ち合わせなども行います。

コミュニケーションが上手くいかないと納期遅れなどのトラブルに繋がってしまう可能性もあるでしょう。

そのため転職面接ではコミュニケーション能力のアピールが大切なのです。

マネジメント経験

手帳を見る画像

マネジメント経験も転職の際にアピールすべきポイントの1つです。

Web制作を滞りなく進めるためにはスケジュール管理社内外での調整が必要になります。

途中でトラブルが起こる場合もあり、それらも想定した上でマネジメントできることが求められるのです。

そのためマネジメント経験があればそれをアピールしましょう。

未経験の場合は?

先述した通り、未経験の場合はITの知識や経験より人間力が重視されます。

別の業界・職種でもコミュニケーション能力やマネジメント経験などがあればアピールしましょう。

その際には具体的なエピソードとあわせて話すことでより説得力を持たせることができます。

また、面接では異業種・異業界からWebディレクターを目指す理由を質問される可能性が高いでしょう。

そのため、なぜ未経験でWebディレクターを目指したのか、その理由を明確に伝えられるよう準備しましょう。

さらに、新しいことへ挑戦する熱意や意欲といった前向きな意思を伝えることも大切です。

 

ワンポイント
自己分析を行い、アピールできる実績やスキルを整理しよう。

Webディレクターの面接時の注意点

指をさす人

Webディレクターの面接時には経験者の場合はこれまでの実績やスキルが重視されます。

そのため自分がこれまでどのような案件に携わり、何を担当したのかを答えられるよう準備しましょう。

実際に経験したことは自分のスキルを証明することにも繋がります。

自分がアピールしたいスキルや企業に求められているスキルとあわせて整理しておきましょう。

未経験の場合でもアピールするスキルを裏付けるエピソードが必要です。

また、会社を志望した理由・転職後にどのように貢献できるのかも忘れてはならないポイントです。

これらのポイントも明確に答えられるように準備しましょう。

 

ワンポイント
自分の実績・スキルから貢献できることを考えよう。

Webディレクターの面接でしたい逆質問の内容

面接では面接官からの質問以外に、応募者から質問することもできます。

Webディレクターの面接でしたい逆質問を紹介します。

使用ソフトやOSに関して質問しよう

キーボード

会社によって使用しているソフトやOSは異なり、前職と違う場合があります。

自分が使用していたソフトやOSかどうかでも即戦力として働けるかどうかも変わるでしょう。

また、ソフトやOSを知ることで制作環境を伺い知ることもできます。

ソフトやOSのバージョンが古いと作業効率が悪く、仕事のパフォーマンスは落ちてしまうものです。

ソフトなどを確認することで会社側がどの程度環境整備をしているのかが分かるので逆質問で確認しましょう。

HPに記載されていない実績があるか質問しよう

会社によってはHPに全ての実績を掲載していない場合もあります。

特に制作会社によってはクライアントの意向で実績として開示できない場合もあるでしょう。

そうした隠れた実績を知るためにこの質問をしてみましょう。

それによって自分の求めている仕事をしていることが分かることもあります。

また自分の実績の中に、開示されていない仕事に活かせるものもあるかもしれません。

自分のアピールに繋がる場合もあるためぜひ確認してみましょう。

Webディレクターの面接でしてはいけない逆質問

マルバツ

面接でしておきたい逆質問とは違い、してはいけないNGな逆質問もあります。

まず事前に調べれば分かることを質問するのはNGです。

この質問をしてしまうと事前の企業研究ができていないとマイナスのイメージを持たれてしまうでしょう。

また、事前の研究では分からなくても面接中に説明されることもあります。

その説明に関することを再度質問するのも話を聞いていないと思われてしまうので止めましょう。

さらに福利厚生や労働条件に関する質問を真っ先にしてしまうのもあまり好ましくありません。

この質問をすることで仕事への関心が薄く、福利厚生などが目当てのように思われてしまいます。

福利厚生などについて質問したい場合は、まずは仕事に関する質問をしてからにしましょう。

 

ワンポイント
仕事への意欲を疑われる質問は極力避けよう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

交渉

Webディレクターは未経験でも挑戦することができ、将来性もある仕事です。

会社の形態や事業規模によっても取り組める仕事内容は異なります。

そのため新しいことに挑戦したと思い、同業他社への転職を考える人もいるでしょう。

転職の際一番大きな関門となるのが面接です。

その面接対策は事前にしっかりと行うことが大切ですが、一人ではどうしたら良いか分からない場合もあるでしょう。

その場合は転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントは転職に関するあらゆる疑問や不安に応え、転職のサポートをしてくれる存在です。

自己PRなどは自分一人で考えるより第三者の意見をもらうことでより効果的なものにできるでしょう。

Webディレクターへの転職に悩みを抱えている場合はぜひ転職エージェントを利用してみてください。

まとめ

ガッツポーズする女性

今回はWebディレクターの面接対策について解説しました。

Webディレクターが活躍する事業会社・制作会社では、それぞれ求められる人材が若干異なります

自分が応募したい企業はどちらなのかを事前に把握し、企業研究を行いましょう。

また、共通して求められる実績やスキルもあります。

自分のアピールポイントはどちらにも通用するのか、一方でのみアピールした方が良いのかは整理しましょう。

未経験でも転職できますが、その場合は人間力が重視される傾向にあります。

コミュニケーション能力やマネジメント経験など、アピールできるものがないか自己分析を徹底することが大切です。

これらのポイントをしっかりと押さえて、面接を乗り切り転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら