一般事務は女性に人気の職種の1つです。

医療事務や経理事務にくらべ専門性は求められない特徴があります。

その分仕事へのハードルはそれほど高くない印象で、転職も検討しやすい職種といえるでしょう。

では一般事務の給料面はどのような現状なのか、平均月収や年収の相場を踏まえながら解説します。

一般事務のお給料事情を確認!

女性

一般事務職は専門的な知識がなくても仕事ができるという点から女性に人気のある職種です。

事務職を求める企業も多いので、必然的に求人数も多くなります。

一方で、人気はあるものの給料面では不安に思ったり満足していなかったりすることが多いのも事実です。

したがって、給料相場など他社の状況も知らない場合は余計に不安が募ってしまいます。

では実際に一般事務の給料はどれほどのものなのでしょうか。

気になる平均月収についてみていきましょう。

一般事務の平均月収

各企業や求人サイトではアンケートなどを元に一般事務の平均月収を算出しています。

それらの情報からみえてくる一般事務の月収は16万円から30万円弱が相場となっているようです。

平均して20万円前後といったところでしょう。

一般事務にはパートやアルバイトの方もいますが時給に換算すると850円~1,000円ほど。

給料

派遣社員になるともう少し時給が上がり、1,200円~1,300円程度となります。

仕事内容によって異なる

平均月収に幅があるのは会社ごと担当する仕事内容が異なるからです。

同じ一般事務とはいえその業務は多岐にわたるもの。

会社ごと任される仕事の内容が大きく異なるのが特徴です。

また、会社そのものの規模や業界の違いも大きく月収に影響しているでしょう。

業界の差でみてみると外資系企業は給料が高い傾向にあります。

月収が高くなる条件とは

月収が高くなる条件として次のようなものが考えられます。

  • 給料が高い業界や地域
  • 専門知識や資格の有無
  • 勤続年数の長さ

特に一般事務の給料の差は業界によるものが大きな要因といえます。

これらの条件を満たした会社に勤めるのが高い月収をもらえるようになる秘訣です。

 

ワンポイント
一般事務の平均月収は20万円前後!

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

一般事務の平均年収や生涯賃金

女性、仕事

一般事務の年収は250万円~400万円、平均して300万円前後になることが多いようです。

手取りに換算すると扶養家族の状況などで変わるものの一般的に年収の8割ほどになるとされています。

生涯賃金の場合、勤務期間が20歳~65歳までとして試算すると1億3,500万円です。

しかし厳密にいえば昇給することも考えられるのでもう少し多い金額になるでしょう。

都道府県で差がある

地域によって物価が違うと言われますが、一般事務の給料においても都道府県で差があります。

特に関東圏は年収が高く東京は約370万円にもなるようです。

逆に年収が低い地域だと250万円を下回るところがあります。

年収が高い地域と低い地域では100万円以上の差がある計算です。

年齢層でどう変わる?

会社には昇給制度というものがあります。

昇給とは長い期間勤めることで月収アップにつながること。

つまり年齢が高くなればなるほど給料も上がるということです。

したがって年齢層の違いにより平均年収にも違いがでてきます。

しかしこれは勤続年数が関係していることもあり、転職者には当てはまらないでしょう。

勤続1年目は年齢に関係なく月収が少なくなるため、転職初年度は給料が低くなることが考えられます。

一般事務の正社員でボーナスはどれくらい?

女性、財布

一般事務のボーナスは30万円~50万円が相場です。

正社員は平均して40万円のボーナスが支給されることになります。

ただし、ボーナスは必ず支払われるものではありません。

金額だけでなく会社や経済状況によってはボーナスがないということもあります。

正社員を目指すなら金額も大切ですが、ボーナス自体が支払われるかどうかも確認しましょう。

求人ではボーナスについて細かい記載がない場合が多いので、疑問点は早めに問い合わせてください。

 

ワンポイント
一般事務正社員のボーナス平均は約40万円!

給料アップに有利な資格ってある?

考える女性の画像

一般事務の転職で資格は必須ではありません。

しかし、資格がある方が転職に有利なのは間違いないでしょう。

また、資格があることで給料アップにつながることもあります。

ではどのような資格が転職や昇給に向いているのでしょうか。

予めとっておきたい資格

試験勉強

予め取っておきたい資格は次のようなものがあります。

  • MOS
  • TOEIC
  • 秘書検定
  • 文書情報管理士
  • 簿記
  • 医療事務
  • 社会保険労務士

自分の興味がある分野、得意とする分野から取り掛かるのも1つの方法です。

何から取り組んで良いのかわからないときはパソコンスキルとビジネスマナーから優先して取得しましょう。

上記の例でいうとMOSや秘書検定が該当します。

また、この2つは転職活動以外にも役立つ場面がたくさんあるので、取っておいて損はない資格です。

会社の資格補助金を確認しておこう

転職後の話ですが、会社が社員の資格取得を援助する制度を利用しすることをおすすめします。

生産性を上げるため福利厚生に力を入れている企業は増えており、社員の資格取得支援もその1つです。

日本の企業の大半が何かしらの形で社員の資格取得を後押ししているのですが、その方法は主に次の3つがあります。

  • 資格の受験費用、講座参加費用の援助
  • 資格取得時の祝金等の支給
  • 資格取得後の資格保有の手当の支給

事務職はキャリアアップが難しい職種といわれています。

資格取得できるなら取得する方が、将来的にみてもあなたにとってプラスでしょう。

時間的に余裕があるのなら資格取得を検討してみてください。

また、入社後に資格取得を目指し、会社に貢献できることをアピールするのも転職成功のためのポイントです。

ただし企業によって補助金額に違いがあるなど支援の形に差があります。

勤続年数などの条件がついている場合も少なくありません。

資格補助の金額や方法などは転職活動の時点で確認しておきましょう。

転職後の昇給ペースも確認!

お金

キャリアアップに伴い昇給についても気になるところでしょう。

企業により違いはあるものの、経験者と未経験者では昇給ペースに違いがあるのかを説明します。

経験者の昇給ペース

経験者の場合、個人の能力が加味されることが多いので評価が高ければそれだけ昇給ペースは早いでしょう。

ただし、それは今までと同じ職種や資格が生かされていることが前提になります。

これまでと違う職務内容の場合は未経験扱いになるので、昇給ペースはそこまで早くないかもしれません。

未経験でも昇給は見込める?

お金を手に持つ女性

未経験の場合、経験者ほど昇給ペースは早くないでしょう。

転職社後の定期昇給は他の人たちと同じように期待できますが、入社してすぐには難しいもの。

一般的には2年後が昇給の目安になるでしょう。

1つ注意したいのは、会社の定期昇給は必ずしも行われるものではないということ。

会社の規定によっては昇給が期待できない場合もあるのです。

また、経営状況や業績によっては昇給がないことも考えられます。

未経験からでも昇給を狙うときは今までの経歴などを踏まえ会社の役に立つ人材であることをアピールしましょう。

昇給はいつまで続くのか

勤務を続けていけばそれに合わせて昇給するのが一般的です。

ただし、いつまでも給料が上がるわけではありません。

定年や役職定年が関係しているため、一般事務に限らず55歳を境に年収が下がっている傾向があります。

会社によって違いがありますが、50代を境に昇給は難しくなるでしょう。

昇給ペースを上げるためにできること

転職すれば必ず年収アップにつながるわけではありません。

状況によっては思うような給料にならないことも考えられますが、昇給するためにできることはあります。

一番簡単な方法がスキルアップすることです。

転職当初はできなかったことも日が経つにつれてできるようになれば、それだけ会社に貢献しているということ。

会社の役に立つ人材であれば十分昇給の理由になります。

また、少し時間がかかりますが資格を取得することも昇給ペースが上がる要因になるでしょう。

資格は誰でも簡単に取れるわけではなく、相応の勉強時間が必要です。

資格を持っていることは特別なことができることとイコールなので、会社に大きく貢献できます。

 

ワンポイント
経験者の方が未経験者より昇給ペースは早い。スキルアップや資格取得で昇給ペースを上げよう!

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

一般事務ならではの給料の傾向は?

悩む女性

一般事務はそれほど年収が高い職種とはいえないでしょう。

なぜなら特別な資格が必要なく、職種として他の業務よりも専門性が問われないことが多いからです。

業務内容もそれほど難しくなく、仕事量が安定しているため残業や休日出勤が少ないことも関係しています。

求人情報で「資格不問」となっている場合は給料が低いことが多いでしょう。

しかし一般事務でも「急募」の場合はプラス5%ほど給料がアップされていることがあります。

資格不問より急募の方が狙い目の求人です。

ほかの職種にくらべて給料が低い傾向にある一般事務ですが、求人によっては給料アップが見込めるでしょう。

給料が高めの一般事務の仕事

ガッツポーズする女性

一般事務は年収・月収とものほかの職種とくらべ低い傾向にあります。

しかし企業によっては一般事務でも給料が高いところもあります。

では具体的にどのような企業の給料が高い傾向にあるのでしょうか。

狙い目の求人が多い一般事務企業の選び方を2つご紹介します。

業界選びがポイント!

一般事務の求人を探すときは業界選びがポイントです。

大手企業や都市部の企業は高収入につながることが多いのですが、業界によっても給料に違いがあるもの。

たとえば次のような業界は給料が高い傾向にあります。

  • IT系
  • 大手製造業
  • 商社、貿易会社系
  • 金融系
  • 広告、メディア系

業界全体でみると給料が高い傾向にありますが、企業ごとによってはそれほど給料が良くない場合もあるでしょう。

したがって、転職活動では上記業界をメインに狙いを定め、その中であなたの希望に合った会社を見つけることがポイントです。

専門性が高い業界が狙い目

パソコンと女性

給料の高い業界には専門的な知識が必要なものも多い特徴があります。

専門性が高い業界は資格が必要なことも多いので、その分給料にも反映されるのです。

おすすめの業界として次のようなものが考えられます。

  • 貿易系
  • 金融系
  • 社会保険労務士事務
  • 翻訳

さらに英語力や簿記などを必要とする業界も同じ理由で給料が高い傾向にあります。

抵抗がなければ外資系も視野に

英語力に関連して外資系企業も給料が高い傾向にあります。

外資系企業は一般的な企業とくらべ給料形態が違うことが特徴です。

役職によって給料が決まるベース給と個人や会社の業績で変動するインセンティブ給が給料の主軸になります。

つまり個人の成果が給料に大きく影響するということ。

ほかに外資系企業の特徴として退職金がないなど、福利厚生の費用の掛け方も違う特徴があります。

専門性だけでなく給料などのシステムが違うことも理解していれば、外資系の企業も狙い目でしょう。

 

ワンポイント
専門性が高い業界は給料も高い傾向にある!

一般事務の給料面が不安なら転職エージェントに相談

相談する女性

一般事務は資格がなくても未経験から挑戦できるので女性に人気のある職種です。

しかしほかの職種とくらべ年収が高いとはいえないため、給料面で不安になるかもしれません。

特に業界や企業によって給料に差がでてしまいます。

専門知識や資格を持っていれば高収入を見込めるでしょうが、それらがない場合は難しくなるでしょう。

そんなときは転職エージェントに相談してみてください。エージェントは転職のプロです。

これまで培ってきたノウハウをもとにあなたを転職成功へと導いてくれるでしょう。

不安なことは1人で抱え込まないでください。

エージェントと二人三脚で転職成功をつかみ取りましょう。

まとめ

パソコンと女性

一般事務はほかの職種にくらべ特別な資格や専門知識が不要なため給料が低い傾向にあります。

しかし、IT系や商社、貿易会社系、金融系などは一般事務の中でも給料が高いのが特徴です。

一般事務の転職を成功さできるだけ高い給料を手に入れるには、専門性がある業界が狙い目です。

また、抵抗がなければ外資系企業も視野に入れるといいでしょう。

一般事務の転職で給料面に不安があるなら転職エージェントを活用してみてください。

的確なアドバイスであなたを転職成功に導いてくれます。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら