日常生活で家計をなるべく節約したいと考える方は多いでしょう。

また就職・転勤・結婚といった節目のイベントでは、様々な費用や手続きが発生します。

安定した将来設計のために取るべき行動がわかれば、ありがたいですよね。

こんな時、助けとなってくれるのがファイナンシャルプランナー(FP)の存在。

個々の生活スタイルに応じたライフプランを提案することが、主な仕事です。

その年収が働く業界・雇用形態によって変動することをご存知でしょうか。

そこで今回は、業界などの分野別にファイナンシャルプランナーの平均年収を解説します。

さらに、転職や年収アップに有利な資格についてもご紹介します。

ファイナンシャルプランナーの平均年収を解説

女性、仕事ファイナンシャルプランナーの年収は、平均して300万円から400万円とされています。

しかし、実際は働いている業界や条件によって年収が変わってきます。

ファイナンシャルプランナーを求める業界は金融・保険・不動産などです。

生活と経済に関連するジャンルを幅広く担うので、就職先の選択肢は多くなります。

それぞれ会社の制度・仕事内容が異なり、年収も変化するのです。

また企業に属しているか独立しているかという点も、変動する理由の1つです。

独立したFPは、能力次第で年収が高くも低くもなり得ます。

FPの平均年収を知りたい場合は、まず転職したい業界や働き方を明確にしましょう。

その上で取得したい資格を押さえれば、年収の平均額を超えることも可能です。

ファイナンシャルプランナーの主な仕事内容

ライフプランファイナンシャルプランナーとは、いわば「お金と人生に関わる専門家」です。

顧客1人1人の資産・家族構成・経済状況・生活スタイルを総合的に分析します。

そして理想の人生計画に沿って、必要な対策を提案。プランに基づき、助言・見直しなどのサポートを行います。

資産運用や住宅ローンの相談、保険への加入といった大きな決断に立ち会う機会が多い職種です。

責任感が伴う仕事といえるでしょう。

そんなFPの働き方として、会社に勤めるか個人で活動するかの2パターンが考えられます。

企業ファイナンシャルプランナー

企業FPの場合、銀行や証券会社・保険会社・不動産会社などでの活躍が可能です。

貯蓄・保険といったサービスを紹介したり、ローンの相談・計画に対応したりします。

FPの持つ知識を業務にしっかり活かすことができます。

また専門分野に特化しているので、顧客からの信用も得やすくなるでしょう。

独立ファイナンシャルプランナー

特定の企業に所属せず、独立して働くFPもいます。

扱うサービス・商品を自由に選べるので、独自のライフプランを立案できます。

講演会や執筆活動など、できる仕事の範囲がさらに広がるところも魅力でしょう。

スキルや知識を磨いていくことで、高収入の案件獲得も狙えます。

 

ワンポイント
企業FPは、それぞれ専門性を活かして業務に取り組めます。
独立したFPなら仕事の内容・範囲が広がり、オリジナリティを打ち出せます。

女性の年齢別の手取りやボーナス

女性、財布ファイナンシャルプランナーの仕事内容は把握できたでしょうか。

ここからは、FPの平均年収について細かく分析していきます。

厚生労働省の調査データを元にした求人サイト等の数値を参考にしました。

最初に女性FPの給与・ボーナスを年齢別でみてみましょう。

就職・転職時期に該当しやすい20代から30代に着目しています。

20代前半

20代前半の女性FPの手取りは、20万円程度でした。平均ボーナスは40万円前後、年収は300万程度です。

これから実践的な経験を積むことで、収入の伸びに期待できる年代でしょう。

20代後半

手取り・ボーナスともに20代前半より上昇する傾向です。

給与は30万円に近づき、ボーナス額も80万円を超えます。平均年収は400万円台まで上がるようです。

仕事に慣れる頃だからこそ、新たなスキルの習得などレベルアップが重要になってきます。

30代前半

女性、ノートパソコン、OKサイン手取りが30万円を超え、ボーナスも100万円近くなります。20代と比較すると違いは明らかです。

勤務年数を重ねて経験値が増えるほど、年収も上がりやすいわけですね。

FPに転職するなら、実務経験の積み重ねを意識していきましょう。

ファイナンシャルプランナーの業界別の平均年収

女性、スーツファイナンシャルプランナーの平均年収は、仕事のフィールドにも影響されます。

ここでは代表的な3つの業界を取り上げました。

合わせて独立FPの平均年収についても言及しています。

それぞれの平均年収が異なる要因を押さえて、転職時の参考にしてみてください。

金融業界

主に銀行や証券会社が職場として挙げられます。

銀行で働くFPの平均年収は400万円前後といわれています。

預金者に対する資産運用の提案や、住宅ローンの取引が業務です。また自行・自社のサービス商品も売り込みます。

手堅い案件が多いので、誠実に対応すれば成績を伸ばすことができるでしょう。

証券会社の場合も、平均年収は銀行と同程度です。ただ証券会社では営業職FPが多くなっています。

営業職は、マーケット調査や新規開拓など分析力・発想力が問われる仕事です。

このため、営業の成績によっては年収に個人差が出るという点に注意してください。

保険業界

保険会社のFPは300万円前後の平均年収を得ているようです。

営業として企業・個人を訪問し、保険サービスを紹介。どれだけ契約を獲得できるかが成績アップのカギです。

また売上ノルマを設けている会社もあります。

他の業界と比べて低い平均年収ですが、歩合制で上がることも十分あり得ますよ。

不動産業界

家、女性不動産業界では、相続・売買など大金の動く依頼を扱うケースが多いです。

そのため平均年収が高くなり、600万円を超えます。

住宅の売買や土地の相続といったライフイベントに密接に関わる職種です。

顧客から信頼される提案力と柔軟な対応力が求められます。

FPとして高い収入と需要が期待できるのは、不動産業界といっていいでしょう。

独立した場合

独立FPは業界にしばられることなく、自分で扱う商品を選択できます。

販売したサービスの手数料や相談料が主な収入源です。

顧客との信頼関係をしっかり築いていけば、高収入が見込めるでしょう。

中には年収1,000万円以上のFPもいるようです。

一方で、経営に失敗すると企業FPより年収が下がる可能性もあります。

実力に左右される分、不安定な面がデメリットです。

 

ワンポイント
ファイナンシャルプランナーの平均年収は、働く業界によって変化します。
収入を上げたい場合は、不動産業界でFPを目指しましょう。

ファイナンシャルプランナーの都道府県別の平均年収

日本地図ここまで性別・業界に焦点を当て、平均年収について解説しました。

働く条件次第で年収に差が出ることがわかります。

では、働く地域によっても年収は変動するのでしょうか。

FPの平均年収が比較的高い都道府県は、東京・大阪・愛知・福岡でした。

いずれも大都市を擁しており、人口の多い地域です。

経済・社会が発展するにつれ、ライフプランニングの必要性も増します。

つまり、都市部ほどFPのニーズが高まりやすいといえるでしょう。

逆に人口の少ない鳥取・沖縄などでは、平均年収が低くなっています。

こうした特徴を踏まえ、転職の際には企業の所在地も確認しておくと良いかもしれません。

ファイナンシャルプランナーの生涯賃金は?

電卓、家、ノートファイナンシャルプランナーの生涯賃金は、3億円以上とされています。

これは一般的なサラリーマンの生涯賃金よりも高い金額です。

FPという職種は、生涯賃金を上げるポイントとなっています。

しかし、FPの収入は働き方・業界による影響を大きく受けます。

そのため人によっては、生涯賃金が少なくなるかもしれません。

企業FP・独立FP問わず、個人の実績・知識が収入の増減に繋がることを覚えておきましょう。

ファイナンシャルプランナーの資格の種類

女性、仕事ファイナンシャルプランナーになるにあたり、資格は必須ではありません。

しかし専門知識を身につけている証明として、資格の取得をおすすめします。

顧客にとってより安心して相談できるFPを目指しましょう。

FPの資格は2種類です。国家資格と民間資格それぞれについて詳細をお話します。

ファイナンシャルプランナー3〜1級

FPの国家資格であり、1〜3級のレベルに分かれています。日本FP協会と金融財政事情研究会が試験を実施。

有効期限がないため、一度取得すれば一生使える資格です。

3級はFPの入門編といえます。基礎知識が問われる内容で、受験の条件もありません。

誰もが挑戦しやすいところがポイントです。

ただし就職・転職に活用したいなら、上級を目指す必要があります。

一方、2級は「仕事に活かせる資格」だといえます。FPの求人でも、2級以上を条件とする企業が多いです。

受験するためには3級の取得かつ実務の経験が求められます。

難易度が上がる分、FPとしての強みになるでしょう。

将来的に独立したいという場合でも、まずは2級の取得が推奨されます。

1級は自身の専門性と収入を一層高めたい人に向いています。

就職・転職においても実力が評価され、働きやすくなるでしょう。

難関ですが、取得できれば強力な武器になります。

CFP・AFP

日本FP協会が認定する民間資格が、CFPとAFPです。

AFPの資格は、FP2級を取得して認定研修まで修了した者に与えられます。

CFPは世界基準のFP資格であり、専門性の高さを証明してくれます。

ハイレベルなFPには相談依頼が多く寄せられるでしょう。

FP資格と異なり、この2つには有効期限があります。継続するには研修の受講が必要です。

つまり、合格後も常に知識・スキルを学ぶ姿勢が問われます。

キャリアアップにも最適な資格といえるでしょう。

役立つのはどの資格?

女性ご紹介した資格の中で特に取得してほしいものは、FP2級です。

2級レベルなら、FPの基礎知識と経験を持つことがアピールできます。

企業からの求人にも幅広く応えられるでしょう。転職をスムーズに進めるのに役立つといえます。

2級に合格するとAFPも取得が可能です。

FPとしてさらに活躍するために、ダブル取得を目指してみませんか。

 

ワンポイント
ファイナンシャルプランナーとして働く場合、FP2級は取得しておきましょう。
あわせてAFPの資格も持っていれば、転職活動に役立ちます。

年収を上げるために合わせて取得したいおすすめの資格

女性、仕事国家資格・民間資格を取得することが、ファイナンシャルプランナーの第一歩に繋がります。

そこから自分なりの専門分野を磨けば、スペシャリストとして重宝されるでしょう。

結果として年収が上がることも期待できます。

そこで、ダブルライセンスにおすすめの資格を4つ列挙しました。

簿記

簿記は企業の経営状態を把握するために必要な知識です。

顧客のコンサルティングに関わりたい方におすすめできます。

また税理士事務所に就職したい場合にも、取得を検討してみてください。

FP業務だけでなく会計事務・コンサルティングも担当できるようになり、仕事の幅が広がります。

投資診断士

「投資の専門家」であることを示す資格です。

持っていれば投資や資産運用の相談を受けやすくなるでしょう。成績と収入の伸びが期待できます。

また新しくできた資格で、取得のハードルが低いところも魅力です。

金融・保険業界のFPは自己PRとして活用してみてください。

社会保険労務士

社会保険に関する高い知識を持つことを証明しています。

保険業界に属している人や、企業向けの仕事を希望する人におすすめです。

ただ社労士の試験対策はかなり難しくなっています。腰を据えて取り組む必要があるでしょう。

公認会計士

公認会計士は企業の会計・監査・財務コンサルティングといった業務を担当します。

FPとのダブルライセンスで、企業からの依頼を得やすくなるでしょう。

財務会計を専門としたいなら、取得に向けて挑戦してみてください。

 

ワンポイント
 FP以外の資格を取得することで、自分の専門スキルを強化し、顧客からの信頼度も増します。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性転職は人生における山場の一つといえます。

しかし、自分の理想の仕事に出会えるかは難しいところです。

資格や知識を持っていても、うまく利用できなければ残念な結果に。

転職エージェントはそんな問題を解決してくれる存在です。

今回ご紹介したファイナンシャルプランナーの資格も、転職の際には強い味方になります。

転職エージェントに相談すれば、こうした長所をより活かすことが可能です。

真摯に向き合ってくれるので、安心して転職活動に取り組めます。

また1人よりも効率的に、企業とのやり取りを進めていけるでしょう。

転職の方法に悩んでいる方ほど、エージェントに頼ることをおすすめします。

ぜひ一度悩みを打ち明けてみてください。

まとめ

女性、仕事ファイナンシャルプランナーの平均年収について解説してきました。

また年収アップにぴったりの資格にも言及しています。

FPはお金と人生に関するアドバイザーです。顧客の様々な相談に乗り、より良い人生設計を考案します。

責任感を持って取り組むことで、信用されるFPになれるでしょう。

そんなFPの平均年収は一律ではありません。むしろ働く環境・条件によって変動が大きいといえます。

女性FPの収入は、勤務年数が長くなるほど上がっていきます。都市部での就職も収入面では有利な条件です。

また所属する業界が違えば、平均年収にも差が出ました。

特に不動産業界は高収入を狙えるフィールドです。

さらに働き方によっても年収は変化します。

企業FPなら、就職先の業界や雇用条件を考慮しておきましょう。

独立FPの場合、個人の力量が収入に直結します。

自分に合った仕事のスタイルを選んでください。

FPに転職するなら、FP2級を取得しておきましょう。AFPの資格も押さえておけばベストです。

その上で、専門分野を強化するためにダブルライセンスをおすすめします。

FPの平均年収を上げるためには、まず各業界・働き方のメリットを押さえましょう。

同時に資格を取得して知識・スキルを磨くことが重要です。

このように、FPは努力次第で高収入を得ることができるといえます。

理想の職場を探すなら、ぜひ転職エージェントに相談してくださいね。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら