ネット上でのマーケティングを行なうWebマーケターに未経験者がなれるのかを解説していきます。

未経験者がWebマーケターの求人案件を探すポイントや、実際の転職成功に向けたポイントについても探っていく特集です。

今からでも憧れのWebマーケターを目指してみましょう。

Webマーケターを未経験で目指す方法を解説

デスクトップの画像

Web上での商品・サービスの販売で重要な意味を持つのが、Webマーケティングです。

そのWebマーティングにて最適な施策をする役目を担うのがWebマーケターといえます。

現代はインターネットを介して消費活動が積極的に行なわれる時代になりました。

そのために、自社やクライアントの商品・サービスが理想的に受け入れらるようなアイデアを駆使する業務です。

インターネット上で活躍するWebマーケターには、未経験でも目指すことができるのかという内容を特集します。

未経験求人からWebマーケターの仕事内容をチェック

絵具とパソコンの画像

未経験者がWebマーケターになることが可能なのでしょうか?

その結論を急ぐ前に、Webマーケターがどのような仕事を行なっているのかを理解しておく必要があります。

マーケティング自体は昔から存在しますが、具体的にWebマーケターが行う業務には何があるのでしょうか?

まずは、Webマーケターとしての仕事内容について確認していきましょう。

Webマーケターが仕事を行なう舞台は、主にホームページやブログなどのWebサイト上です。

Webサイトを所持する企業にとって、そのクォリティを向上させていくことは命題です。

そこでWebマーケターの専門的知識を借りて、自社サイトもしくは顧客サイトへのユーザーの流入経路の調査や分析をします。

それらのデータから検証を繰り返し、最適な流れへと改善を行っていくのが仕事です。

最終的目的は、Webサイトへの登録者数やページ閲覧数の増加を図ることで、自社や顧客の存在を認知してもらうことにあります。

アンケートをする女性の画像

近年のWebマーケターは、ソーシャルメディアマーケティングにも着目しています。

SNSを毎日の生活に取り入れている人はかなり多く、テレビ離れした分の情報収集をSNSに依存する人もいるくらいです。

そのため、SNS登録ユーザーへのアプローチをしながら、自社サイトや顧客サイトへ接触機会を創造することも業務となりました。

SNS上での戦略を練ることも重要課題になったといえるでしょう。マーケティングにWebの特性に関する知識も得なくてはなりません。

Webマーケターの業務は、ユーザーにとって価値があると思えるようなWebプロダクトとサービスの提供です。

その中の一貫としては、アプリやサイトなどのWebメディアを作り上げることがあげられます。

その基本といえるのはSEO(検索エンジン最適化)です。

SEOを駆使しながら広告・SNS・メルマガ・アフィリエイトなどをサイト内に施すこともWebマーケターの重要な役割といえます。

Webマーケターに求められる能力は?

タブレットの画像

未経験ながらもWebマーケターとして転職を目指すのであれば、どのようなスキルや考え方を持っておくとよいのでしょうか?

IT関連の専門的なスキルは当然必要ですが、それ以外にも必要な能力があります。

実際の現場で働くWebマーケターの多くが、どのような能力を普段より駆使しているのかを考えていきましょう。

ここでは、Webマーケターに求められる必須スキルについて解説していきます。

コミュニケーションスキル

Webマーケターにもコミュニケーションスキルは必要です。

Webマーケターは、1日中パソコンの前で仕事をしているという印象があることでしょう。

しかし本来は、コミュニケーションこそスキルとしては最優先とされます。

とくにWebサイト作りで重要なのが、相手に自分の意思が正しく伝わることです。

それにクライアントなどを含めた相手の要望をしっかり聞くという能力が欠かせません。

常に相手への配慮をした意思疎通ができることを条件としています。

オフィス系ソフトの操作スキル

タブレットを使う女性の画像

Webマーケターにとって、数値の分析は必ず行われる業務です。

日々の状況や成果を判定するためには、Excelなどのオフィス系表計算ソフトを使いこなせるスキルも必要になるでしょう。

中でもExcel関数は、データ処理上で必須といえます。

他にもワードも使うはずですので、主要なオフィス系ソフトに慣れていくことが重要です。

ロジカルシンキング力

Webマーケターにとってロジカルシンキングのスキルは必ず生かされていきます。

日々のデータから得られた結果によって、今後なにを導き出すべきかを考察していく必要があります。

自社や顧客の売上にも影響する項目といえるでしょう。

例えるのなら、ロジカルシンキングの目安としては、高校数学A程度の論理的知識を持っておくほうがよいとされています。

 

ワンポイント
Webマーケターに求められるスキルはIT関連だけに留まらない。

Webマーケターに転職する上でアピールすべき経験や能力は?

仕事をする画像

Webマーケターに転職するのであれば、先回りしてWebマーケティングの業務についてのスキルを習得してアピールすべきでしょう。

今ではWebサイトの構築は独学でも可能です。

フリーランス的な方法で、オリジナルなサイトを作り上げるなどの実績を作れば、面接時などのアピール材料にもなります。

具体的には、SEO・アフィリエイト広告などを自身のサイトへ導入して成果を上げていくことが近道です。

また、自分で作った広告などをGoogle・SNSなどで配信することもできるでしょう。

Webマーケターを未経験で目指す注意点

メモ帳とパソコンの画像

未経験でWebマーケターを目指すのであれば、Webマーケティングのどの領域の職種を希望するのかを把握しておくことです。

Webマーケティングは領域が広い分野です。

コンテンツ制作・SEO・広告・メルマガ・SNSなど、自分はどこに注力すれば理想でしょうか?

事前に理解した上で取り組まないと専門性が磨けなくなります。

まずは求人サイトを研究しておくようにしましょう。

また、自分がなぜWebマーケティングの仕事をやりたいのかを整理して応えられるようにしましょう。

何となく流行りで息が長そうという理由ではなく、自分にとってWebマーケターでなくてはならない理由を考えておくことです。

 

ワンポイント
Webマーケターが行う各種業務を把握して特性を磨くようにしよう。

未経験でWebマーケターになるための応募書類

キャリアの画像

未経験でWebマーケターになるためには、転職のための書類作成も欠かせません

その際の主な書類は、他の一般的な企業に提出する履歴書・職務経歴書と同じと考えてよいでしょう。

では、各種書類にはどのような内容を盛り込んでおくと、面接官から高評価を得られるのでしょうか?

ここでは、未経験でWebマーケターへ転職する際の応募書類の概要を解説していきましょう。

履歴書を書くポイント

求人情報のチェック前には、しっかりと履歴書のベースを作り上げておくとよいでしょう。

ただし、Webマーケターとしての特別な作成方法があるわけではありません

あまり難しく考える必要はなく、通常の市販された履歴書のフォーマットに沿って、丁寧に完成させるだけで十分です。

むしろ、クリエイティブさを強調しようと、奇をてらって変な履歴書などを作るのはNGです。

職務経歴書を書くポイント

調べる女性の画像

Webマーケターとして転職活動をするのであれば、職務経歴書こそが重要な役割を持っています。

まずは自己分析をして特性を理解し、それに基づいて過去の実績などを形式的に書いていくことが大切です。

マーケティング分野ではない前職だとしても、自分があげた業績の具体的なデータがあれば積極的に利用しましょう。

応募先企業にて自分がどのようなメリットをもたらすのかを説明できるようにします。

調査資料やデータをドキュメントにする作業そのものは、Webマーケターにとっての通常業務の1つといえるでしょう。

自社の上司や顧客へ提案をする際にも、データ収集や企画立案力として試され続けます。

自分を売り込むためのプレゼンテーション資料という意味付けで、職務経歴書はしっかりと納得がいくよう作成していきましょう。

Webマーケターの未経験求人の探し方は?

ノートとコーヒーの画像

Webマーケターへの転職は、比較的に未経験でも受け入れが広く、求人情報も探しやすい傾向があります。

そうはいっても業界知識がなく、案件からでは仕事内容について把握しきれないという人も意外と多いようです。

では、Webマーケターの未経験求人から、最適な案件を選び出すためのコツについて解説していきます。

転職サイトを確認しよう

Web系の仕事はとても広範囲で、今は求人市場もかなり多い状況です。

長年の人手不足はまだまだ解消されていないため、未経験者での応募も必ずあるといえます。

Webマーケターとして転職を志望するのであれば、さしあたってIT関連に強い転職サイトを利用してみるとよいでしょう。

その中で、気になった案件が見つかれば気軽に話を伺ってみることで可能性が出てきます。

転職エージェントを活用しよう

転職サイトとともに転職エージェントへの登録もしておくとよいでしょう。転職エージェントはとても利用価値があります。

例えば、通常一般に公開されない案件を抱えていて、登録者の中で条件にマッチした人に紹介する仕組みがあります。

しかも転職エージェントの案件は厳しい精査の上で相応しい企業だけを揃えています。

安心して転職活動ができるというメリットがあるからです。

 

ワンポイント
Webマーケターの求人案件は比較的に多いのでよく確認して選ぼう。

Webマーケターのキャリアパス

オフィスの画像

未経験からWebマーケティングの業界へと転職する際は、その後の長いキャリアについても考えておく必要があります。

なぜWebマーケティングを選んで歩もうとしているのでしょうか?

その道の先にあるゴールを自分なりに描いておくと、より相応しい転職案件が見つかる可能性もあります。

では、Webマーケターが思い描いている主なキャリアパスについて紹介します。

広告代理店のWebマーケター

最も一般的なのが、広告代理店などに転職し基本スキルを身につけて、顧客サポートにあたる業務を積み重ねていく流れです。

Webマーケティングの仕事の一貫として、リスティング広告・SNS広告などを担当していきます。

仕事を通じながら、広告手法と施策を実践的に学んでいけます。

その上で、社内昇進しながら自分のチームを持つようになるのが正当なルートです。

やがてディレクターやマネージャーとして活躍するというキャリアパスがあります。

事業会社のWebマーケター

広告代理店にてディレクターやマネージャーとしてキャリアを積んだ後に、事業会社への転職をするパターンも目立っています。

先述したように、Web マーケティングの需要はまだ不足している状況です。

顧客のコンサルティングなどでの策定やアドバイスの経験を生かすことができます。

さらに事業そのものを動かしたいという人には最適なルートといえるでしょう。

フリーランスになる手段も

IT系企業や広告代理店などでWebマーケターの経験を積んだら、自分のビジネスを立ち上げたい人が出てもおかしくはありません。

身につけたスキルを下に独自なサービスを考案し、新たな顧客を獲得しながらコンサルタントなどに独立する方法があります。

また、Webマーケターはパソコン1台あればどこでも仕事ができるので、在宅を中心にリモートワークで仕事ができることが利点です。

 

ワンポイント
Webマーケターのキャリアパスは社内昇進から独立まで広がりを見せている。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

仕事をする女性の画像

Webマーケティング業界も含めた転職活動の最適な作法について詳しく知りたい場合、転職エージェントへの登録をおすすめします。

転職エージェントは転職活動についての専門家です。自分では分かりにくい特性や自己PRなどの方法もアドバイスしてくれます。

また採用面接時の対応や進行についての注意点に至るまで、転職が成功するまでのさまざまな悩みに応じてくれるはずです。

まとめ

笑顔の女性の画像

今ではネットによる通販が日常的となり、商品・サービスの購入でWeb上の情報を参考にするのは当たり前となってきました。

Web情報を持っていない商品・サービスは、誰にも気がついてもらえないという時代かもしれません。

Webマーケターこそが、ネット時代に相応しい新しい職種です。

市場はますます拡大し続け、それに伴いWebマーケターの必要性も問われています。

転職して新たなキャリアを開始するのなら、今がチャンスといえるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら