どの会社に就職したとしても面接の場所で始めに聞かれる内容が志望動機です。

ここでしっかりと自分の思いを伝えることができるのかによって採用されるかどうかが決まります。

自分には知識がある、保険会社で働きたいと思ったからという回答だけでは面接に合格することはできません。

履歴書に志望動機を書くときも同じです。

いかに人との差をつけることができるかということが大切になってきます。

主観的な内容になっていないか相手に伝わりやすいかということが重要です。

履歴書の書き方、コツなどをご紹介します。

Contents

ファイナンシャルプランナーの志望動機の書き方を解説

笑顔で筆記している女性
面接のときに必ずといっていいほど最初に聞かれる質問です。

履歴書にしっかり書いていないと面接時に答えることはできません。

履歴書を書く際に志望動機の欄をみて思わずげんなりしてしまうという人もいるでしょう。

スペースが広い分、どれだけの内容が書き込まれているのかということを採用者はみています。

その内容が薄いものではいけません。

担当者になるほどというとこを言わせるような内容の濃いものにしなければ志望動機の意味がないからです。

志望動機は最初から最後までびっしりと埋めなければならないのかと思いがちですが最後まで書く必要はありません。

志望動機の欄は全体の七割が一般的です。

ただ何の内容もなく空白を埋めるというのはよくありません。

その会社の魅力を書きつつ自分がその会社で何がしたいのかを書けば面接官の目に留まります。

言葉では簡単にいえますが実際に書いてみると悩みますし不安もあります。

会社に就職できるかどうかが関わってきますので慎重に進めるほうがいいです。

ファイナンシャルプランナーの主な仕事内容

仕事をしている女性
履歴書を書くにあたりまずはFPの仕事内容についてしっかりと理解しておく必要があります。

FPの知識を少しでも自分のものにするためにFPはどんな仕事をしているのか知っておきましょう。

FPはお客様のお金のことについてまた将来のことについてさまざまな問題を抱えています。

その内容をお客様と一緒に解決に導いてあげるアドバイザーです。

人様にお金といっても種類はさまざまですのでFPはそれなりの情報量が必要になります。

住宅ローン、教育費、不動産、老後などお客様の困ったという問題を解決していかなければなりません。

そのためにもFPはあらゆる情報を自分のものにしておかなければなりません。

またわかりやすく丁寧に伝えてあげないとお客様も困ってしまいます。

資格を取得してFP技能士になっているものや外回りをして実績を積んでいる人もいます。

FPの仕事は多岐に渡り一つ一つ覚えていくことは大変かもしれません。

ですがここでしっかりと理解しておかないと次のステップに進めなくなるでしょう。

 

ワンポイント
自分が受ける会社がどんな仕事をしているのか理解しよう。

志望動機で好印象を与えるコツは?

笑顔の女性

なぜファイナンシャルプランナーなのか

志望動機の次によく聞かれる質問です。

そのほかにもいろいろな仕事があるけれどどうしてFPの仕事を選んだのか、その理由を聞かせてほしいというものです。

内容が詰まっているものなら担当者も聞き入ってくれますし好印象の手応えもあります。

ですがお金のことについてもっと知りたい、保険事業に興味があったからという回答ではとても好印象とはいえません。

会社は興味本位だけで働く場所ではないためなぜという明確な理由を持っておかなければ採用担当者も納得しないでしょう。

何かを始めるとき、人は必ずその理由を持って行動しています。

楽しそうだから自分もやってみたいなどという回答は理由にはなりません。

まず理由があるはずなので自分自身に一度問いただしてみるのもいいかもしれません。

応募業界を進んだ理由を具体的に

まとめている女性
業界といっても多種多様な業界があります。

どうしてという理由に対してこうだからという決定づけるエピソードを持ってくるようにしましょう。

採用担当者は理由を尋ねています。

その理由が明確ではない場合、さらに問い質される場合もあるため理由をしっかりと自分の言葉で発言したほうがいいです。

ただ理由をいえばいいというだけでは不合格になってしまう可能性もあります。

どうしてそう思ったのかという具体的なエピソードを交えながら話すと相手も納得してくれます。

難しく考える必要はありません。

自分がFPとして働くうえでどうしてこの業界だったのかを振り返ってみましょう。

自分のことは自分が一番よくわかっています。

自分の中のどこかに答えがあるはずなのでその答えを導いてあげましょう。

入社後どう活躍したいか

志望動機をしっかり伝えることはできてもそのほかの答えを明確にできなければ意味がありません。

会社に入社するにあたり自分はどのような仕事をしたいのかを明確にしておく必要があります。

FPにもいろいろな仕事があります。

自分はどんな業務に向いていてどんな仕事がしたいのかをはっきりと伝えましょう。

知識を存分に発揮できる場所なのかそれとも資格が活かせる職場なのかを自分で決めておいて相手に伝えることが大切です。

FPになれたあとも目標をもってなりたい自分になれるように自分自身の手で叶えていきましょう。

目標を立てることにより進みたい方向性も決まってきます。

志望動機でアピールすべきポイント

オッケーサインをしている女性

営業経験

FPは営業が多い場所になります。

今まで自分はこんな会社でこんなことをしてきたという営業経験のある人はアピールすべきです。

保険会社で外回りをしていたことやアドバイザーとして活躍してきたということでもいいです。

営業経験がある人は人と接することが好きで言葉をうまく人に伝えることができる人ですのでその経験をFPでいかすことはできます。

今までの自分の経験は自分の力となり武器です。

自分が営業をしてきたことをまとめて話をすると印象もよくなります。

経験してきたことは必ず新しい場所でも活かすことができるので自分がこれまで経験してきたことをアピールしていきましょう。

保険や金融業界の経験や知識

本を片手に持つ女性
保険業界や金融業界の知識を持っている人はそんなに多くはいません。

今まで別の会社に保険会社員として働いていたことや金融業界の知識があることは最大のアピールポイントになります。

FPとして面接に受けにきたのであれば過去の自分の経験を熱を込めてぶつけましょう。

これまでの経験はすべて自分の知識となり自分の中に蓄えられているものです。

同じ面接者の方に一気に差をつけることができるため有利になります。

資格

資格を取得しているならどんどんアピールすべきです。

FPに関連のある技能士やCFPなどを取得しているとそれだけこの人はFPについて知識をもっていると思ってもらえます。

資格を取得しているならそれだけ勉強もしているということなので十分知識は身についています。

自分の武器を大いにアピールすることができます。

自分の伝え方次第では相手に好感度を持ってもらえるため伝え方には注意が必要です。

FPだけでなくそのほかの資格を取得しているとより好感度が期待できます。

 

ワンポイント
今まで経験したことは必ず役に立つ時がきます。経験やスキルはアピールすることを忘れないようにしましょう。

ファイナンシャルプランナーの志望動機の例文をチェック

勉強している女性

ファイナンシャルプランナーの志望動機例〜会社に理解があるか〜

自分が受ける会社であるなら当然その会社のことも理解しておく必要があります。

仕事の紹介ページなどは自分で調べることができますのでどんなところに関心があったのかを伝えましょう。

一番ここが惹かれたから自分もこんな人になりたいという目的があるといいでしょう。

どこまで会社のことを理解できているかをそれとなしに聞かれる場合があるのでその答えを準備しておくといいです。

ファイナンシャルプランナーの志望動機例〜簡潔にまとめられている〜

書類を手に持つ女性
志望動機の欄が多いからといって長々と書く必要はありません。

逆に長く書きすぎると用紙自体が文字でいっぱいになってしまい窮屈です。

ある程度の幅をもってかつ簡潔にまとめることができているのかが大切です。

保険やお金のことについて自分はこれだけの知識をもっていますというアピールをしたくなります。

ですがそれをまとめる形で仕上げることがポイントになります。

自分の書いている段階ではわからなくなってしまいますが少し距離を置いてみてみるとその見栄えがわかりやすいです。

見本のような完璧すぎるものまでに仕上げてしまうと今度は怪しまれる可能性もあるため自分の言葉で書けるかどうかが鍵となります。

逆に短すぎると今度は内容のないものになり不恰好になるため適度な長さを心がけましょう。

ファイナンシャルプランナーの志望動機例〜親切で温かみがあるか〜

FPはお客様に寄り添い一緒に相談に乗ってあげるアドバイザーです。

そのため親切、丁寧という心がけは当たり前になってきます。

お客様に対してわかりやすく説明するということを心がける必要があります。

文字にしてみてもその温かさや親切さがこめられているとよりよいものになるでしょう。

相手に伝わりやすいようにするにはどうすればいいのか自分だったらどうするかということを念頭に置きながら作成しましょう。

乱雑でわかりにくいものは却下です。

誰が読んでも伝わるような文章にする必要があります。

ファイナンシャルプランナーの志望動機のNG例

バツを掲げる女性

ファイナンシャルプランナーの志望動機のNG例〜自分をアピールしすぎている〜

話が弾むとつい自分のことばかり話をしているという人もいるかもしれません。

自分はこうだった、こんなことがあったなど必要以上に話をしてしまうことです。

人は自分に興味があるもの、自分が楽しいものには饒舌になりがちです。

志望動機を聞いているのに道が逸れてしまって関係のない会話をしてしまいがちですが自分のことは最低限に控えましょう。

もし担当者から聞かれたのなら話をしても差し支えはありませんが自分から道を踏み外すのは危険ですので避けましょう。

新しい会社でこの人は一体何がしたいのかということがわからないままになってしまいます。

過去に囚われず未来のことを見据えて話を進めましょう。

ファイナンシャルプランナーの志望動機のNG例〜曖昧な受け答えで会社のことを理解していない〜

面接官に何を聞かれても曖昧な返事をしてしまうことは絶対にやめましょう。

FPになりたいために勉強して知識をつけてきているのではないのかと面接官に見破られてしまいます。

FPはお客様の問題を聞いてそれに対応しなくてはなりません。

それなりに知識も情報量も多く持ち合わせねばならないのに曖昧な返事だととても勤まりません。

やる気がないのかとさえ感じてしまいます。

面接ではいくら練習を重ねても予期せぬ質問が飛び出すことがあるでしょう。

準備をしてきたはずなのに答えられないでは済まされないため曖昧な回答はしないようにしましょう。

志望動機を具体的に伝えるために

スケッチブックを持つ女性

自己分析をしよう

志望動機を伝える前に自己分析をしておく必要があります。

これはFPに限らずどの業界でも同じことですがここができていないと先に進めなくなってしまいます。

自己分析をしろといわれてもすぐに取り組める人はそんなにいません。

何を書けば自己分析になるのかわからないからです。

鉛筆を持ったまましばらく動かない人もいますが難しく考えてはなりません。

自分を再度見つめ直すことと置き換えればいいのです。

自分とはどういう人かということを文章で表す作業をすればいいのです。

企業研究をしよう

目で見て感じることが会社を知るには一番手っ取り早い方法になります。

働いている人の特徴はどんなものか会社の雰囲気など一目でわかります。

いくつか企業を研究してみるのもいいかもしれません。

知識しか持っていない自分とそれを活かして働いている人とではまた違ってみえるでしょう。

目で見て観察して感じたことをメモに取り志望動機の作成に活かしましょう。

実際に企業研究を行うことで今まで思っていたイメージとは少し違った部分も見えてきます。

 

ワンポイント
自己分析がしっかりしていないと先に進んでもうまくいかないことがありますのでしっかりと作成しましょう。

ファイナンシャルプランナーの面接対策

面接対策をしている女性
試験に合格したその次はいよいよ面接の出番です。

いきなり本番を行うようでは到底面接には受かりません。

自分もFPの仲間入りを果たすためにまずはしっかりと対策を立てて面接に挑む必要があります。

せっかく試験を突破できたのに面接で落とされてしまっては今までの苦労が水の泡になってしまいます。

試験と同じく面接も戦争です。

相手にいかに差をつけられるかということを意識しながら挑む必要があります。

その上でも事前の面接対策は必ず行うようにしましょう。

当たり前のことですが身だしなみは大切です。

人は見た目が大事ですのでまずは身だしなみから整えることを心がけましょう。

何が聞かれてもいいように面接と同じような疑似面接を行うとより雰囲気を味わえますし自分自身の力になります。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

悩んでいる女性
転職活動をするとなったとき一体何から始めていいのかわからなくなってしまいます。

進め方は就職活動の時と変わらないはずだけど行動したいのに一人だと荷が重すぎたりします。

そんな時に活用するのが転職エージェントです。

転職エージェントに相談することで今後どうしていけばいいのかアドバイスがもらえます。

転職したいと本気で望んでいるなら転職エージェントも本気で動いてくれます。

自分は何がしたいのか今後どうするべきなのかも話し合うことでいろいろな提案をしてくれるでしょう。

自分が働いていた会社を辞めたその時から転職活動がスタートしています。

就職活動の時は就活生みんなが一緒になって活動を始めますが転職は違います。

会社を辞めるタイミングも人それぞれのため活動時期もバラバラです。

すべて自分次第ですので焦る必要性はありません。

 

ワンポイント
一人で解決できない場合は転職エージェントに相談して解決するようにしましょう。

まとめ

オフィスに佇む女性
履歴書を書くにあたり志望動機を最後に書く人は多いでしょう。

志望動機は採用担当者が一番に目を通す場所です。

その仕事につきたいのならその会社はどういった仕事をしている場所なのか理解する必要があります。

主観的に書くのではなく自分がやりたいことを盛り込むのも大切なことです。

履歴書から面接まで他人との勝負ですので一苦労になりますがここをしっかりと抑えておくことで今後自分がなりたいものになれるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら