「採用担当」だけが人事の仕事ではないことを知っていましたでしょうか。

人材という資源を扱う責任のある人事部は、会社全体を活性化させるという重要な役割を持っています。

本記事では意外と奥が深い人事の仕事内容や、大きなやりがいの秘密をお教えしましょう。

人事の仕事内容を解説

面接 女性

企業が保有している資源として「ヒト・モノ・カネ・情報」の4つがあるといわれています。

その中でも特に重要項目である「人」に関する管理を行うのが人事部の仕事です。

採用試験の場で目にすることが多い企業の人事部ですが、実際は多岐にわたる重要な業務を日々こなしています。

まずは人事職が普段どのような仕事しているのか見ていきましょう。

人事企画の仕事

社員一人一人が能力を最大限に発揮できるように環境を整えるのは人事の仕事の一つです。

適切な人員配置を調整しながら必要によって新たな人材の採用計画を立案したり、企業が経営目標を達成するための仕組みづくりを行います。

会社が現在「どこの場所」で「どういった人材」を「何人必要」としているのか長期的な目線で分析する力が必要です。

採用・雇用の仕事

面接

立案した採用計画をもとに、必要と判断された部門に人員を確保すべく採用活動を行います。

人事と聞くと最もイメージしやすいのがこの採用に関する仕事でしょう。

求人サイトで募集する以外にも、採用イベントの出展やSNSを利用した募集活動など業務は多岐にわたります。

年間通してこれらの計画・運営を行うのも人事の大切な仕事の一つです。

労務管理の仕事

人事には勤怠管理・給与計算や健康診断・福利厚生の手続き、社会保険の手配という仕事があります。

この業務では、会社全体において適切な労働環境で仕事が行われているかを管理することが重要です。

また環境面の整備だけではなく、現代病の一つである「うつ病」の予防など社員の精神面のケアを行うことも求められます。

教育・育成の仕事

社員を採用したら、その能力を適切に高められるように教育を行うのも人事の仕事です。

実際の業務をこなす中で仕事を覚える「OJT」や、スキルアップのセミナーなど教育計画を立案してプロデュースします。

なお場合によって基本的なビジネスマナーなどの研修は、外部に委託することもあります。

制度・環境整備の仕事

社員の活躍や評価を公平に行うための「評価制度」を作成して運営するのも、人事の大切な仕事です。

評価基準を細かく細分化して明確に基準を設定することで、評価が主観的にならずに平等に行えるのが評価制度の特徴です。

成果に応じて報酬を設定するなど、社員のモチベーションを高く維持することにつながります。

人事の役割

パソコンと女性

ここまでで、人事の大まかな仕事内容をご説明してきました。

業務の幅が多岐にわたるため全体像をつかみづらく、役割がいまいち理解しにくいのが人事の特徴でしょう。

ここからは人事部が会社において、なぜ必要不可欠なのかを解説していきます。

人事部の機能を解説

人事部の機能を端的に表すと、社員が安心して働ける会社を整備することでしょう。

会社にとって最も重要な資源である「人材」一人一人と向き合い、最大限に力を発揮できるように仕事を与えるのが人事部です。

社員一人一人のモチベーションを管理し、スキルアップできる環境を提供することは会社全体の成長にもつながります。

このように経営側と社員側のお互いにメリットをもたらし、企業全体を活性化させる重要な部門といえるのが人事部です。

総務部との関連性は?

業務内容としてよく似ているイメージがある総務部ですが、人事部との違いはあるのでしょうか。

総務部は会社備品の注文や会議室の予約など、より幅広く会社全体のサポート業務を行うという特徴があります。

会社の環境を整えるという意味で役割は似ていますが、人材に関する業務に特化しているのが人事部です。

明確は線引きはありませんので、特に小さい会社では総務部と人事部は合わさって同じ部署として扱われている場合もあります。

多様な役割をもつ人事部

上司と話す女性

社員が働きやすい環境を提供する人事部ですが、単に会社全体のサポート以上に役割は多様化しています。

その一つとして、会社の経営陣と理解し合えるパートナーになるという役割もあります。

一般的に経営者と社員は接点が少なく、本当の意味で目的を共有して理解し合うことは難しいです。

そこで、橋渡しを担う役として人事部が登場します。

経営者の意図を理解した上で一緒に戦略を立て、それを社員に伝えてモチベーションを保ってもらうように促します。

人事部は協力者という立場で経営者に寄り添い、会社全体の潤滑剤としての働きも期待されているのです。

 

ワンポイント
人事には、経営陣と社員の橋渡しを行い会社を活性化させる重要な役割があります。

 

人事の年収は?

お金を手に持つ女性

会社全体を活性化させる重要な役割を担う人事部ですが、年収も気になるところです。

もちろん担当する業務の幅で金額は変わってきますが、他の職種と比べてどうなのか年齢別に確認していきましょう。

人事の年収の平均は20代~30代前半で350~450万円といわれており、これは平均的な数字です。

しかし30代後半以降で課長などの役職が与えられると、約450~550万円程度まで増加する傾向にあります。

この数字は、約450万円程度とされている全国の30代後半の平均年収を上回っている結果です。

このように給料は年齢が上がるほど平均より少し高くなる印象ですが、役職が増えるとその分業務の幅も広くなりますので注意が必要です。

自分の目指すキャリアプランと相談して考えたいところですね。

 

ワンポイント
人事部社員の年収平均は他の職種より比較的高く、長く在籍するほどその差は大きくなる傾向があります。

 

人事の1日のスケジュール

電話をするビジネスウーマン

会社の「人」に関わる幅広い業務を行う人事の仕事について紹介してきましたが、具体的なイメージがしづらい仕事内容といえます。

ここでは人事部社員の1日のスケジュールをチェックしてさらに具体的に業務イメージを膨らませましょう。

<9時 出社>

出社したら、デスクでメールチェックを行います。その日にやることや会議の時間など確認します。

<10時 ミーティング>

人事部内のミーティングに参加します。経営計画と照らし合わせながら、来年度の採用計画についての話し合いです。

<11時 社員の勤怠管理業務>

出退勤の記録を確認しながら、社員の労働時間が適正かどうかを判断して給与の計算をします。

<12時30分 お昼休憩>

外に食べに出かけたり、デスクでお弁当を食べてリフレッシュする休憩時間です。

<13時30分 社員研修の段取り>

新入社員に対する外部研修の日程決め、申し込みを行います。

<15時 会社説明会の資料作成>

新卒採用のための会社説明会で使用する会社案内のプレゼン資料を作成します。

<18時 退社>

仕事量を調整しやすく、比較的に残業も少なく働けるのも人事部の魅力です。

人事で働くメリットとやりがいって

仲良し女性

会社全体のサポート役として活躍する人事部の仕事ですが、どのような時にやりがいを感じるのでしょうか。

幅広い業務をこなす分、色々な知識やスキルが身に付くのも人事の特徴です。

ここでは人事部で働くメリットや、やりがいを感じる瞬間をご紹介しましょう。

人事として働くメリット

社員一人一人と向き合い会社の発展に貢献する人事部の仕事ですが、営業職のようにノルマを課せられることは基本的にありません。

そのため常に結果を求められる現場で切磋琢磨することが苦手な女性にとっては、落ち着いた仕事ができることはメリットでしょう。

また人事の仕事では多くの人と接するため、自然とコミュニケーション能力が身に付きます。

さらに経営陣の考え方に触れる機会が多いため、物事を戦略的に考える力も鍛えることができます。

これらは多くの職種において共通して役に立つスキルですので、獲得できることは人事の良い特徴の一つでしょう。

人事のやりがい

ガッツポーズをする女性

人事においては数字目標を掲げないため、個人的として目標を達成する満足感を得ることは難しいでしょう。

しかし人事はチームとしてはもっと大きな単位で、会社を発展させるという目標を掲げています。

自分が採用した社員の活躍などによって会社の成長を感じた時の喜びは、とても大きいものになるでしょう。

また仕事の特性上、社会保険など労務関係の知識が身に付くのも人事の特徴です。

知識を得ていく中で、自分自身が成長している実感が湧くのもやりがいの一つになります。

 

ワンポイント
人事の仕事では、「専門知識」・「コミュニケーション力」・「戦略的な考え方」が身に付きます。

 

人事に向いている人や活かせる資格

電話をする女性

人事は自分の成長を実感しながら、会社の発展に大きく貢献できるやりがいのある仕事です。

特に女性の柔らかい印象や、柔軟な思考などが活かせる場面は多くあります。

ここでは、人事に向いている人の特徴や必要な資格を解説します。自分の性格や、理想とする働き方を考えながら確認してみましょう。

向いている人の特徴

オーケーサイン 女性

具体的な資格や知識などを考える前に、「明るいこと」は人事の仕事において重要です。

人事の仕事は「人材」を扱うために、人と接する機会が多くなります。

また新入社員の採用活動においては会社の顔として人前に立つため、人事担当の振る舞いが会社の印象を決めてしまうこともあります。

「明るいこと」以外にも、「物腰が柔らかい」・「笑顔が得意」など人に良い印象を与えられることが向いている人の特徴でしょう。

人事の仕事に活かせる資格は

人事には労働や保険に関する知識や、経営的な視点が求められます。

しかし業務の幅が広く会社によって仕事内容が異なるため、必ずしも専門的な資格やスキルは必要ではないのでご安心下さい。

ただ持っていると有利な場合がある資格の一つに、「社会保険労務士」があります。

これは採用や退職など社会保険に関わる知識をアピールできる資格です。

他に有利になる資格には、社員のキャリアプランについてアドバイスを行える「キャリアコンサルタント」という国家資格もあります。

これは個々の従業員に対し最適な能力開発を施すための専門知識を証明する資格なので、人事の業務において必ず役立つ資格でしょう。

人事の将来性やキャリアパス

考える女性

人事部は、「人」を扱う職種であるため会社において無くてはならない大切な仕事です。

そんな大事な存在が将来的に無くなってしまうことは考えづらいですが、時代の変化によって将来性はどのように変わっていくでしょうか。

人事職へ転職を検討する前に、人事の将来性やキャリアパスを考えておきましょう。

将来性

近年AIの発達が目覚ましく、人事の業務にも少しずつ導入が開始されています。

データの分析や情報の整理などの分野においては、AIの活躍が期待されていることも事実です。

しかし、優秀な人材を育て経営者と橋渡しを行う人事は「人と人をつなぐ」仕事であるため、簡単にAIに取って代わることは無いでしょう。

一定量の需要が常に存在する人事職ですが、将来的には業務の一部がAIにより自動化されることも起こり得ます。

機械に真似できないような「人間味」の部分をしっかりとスキルとして磨いておきたいですね。

キャリアパス

人事は、採用業務もしくは労務担当としてスタートする場合が多いです。

業務理解が深まってくると入社後の研修なども担当し、中堅に差し掛かってくると経営的な視点で採用計画の立案に携わることもあります。

キャリアを重ねると、さらに経営の部分に近くなり人事制度の設計業務まで担当する幅が増えるでしょう。

その他にも、専門的な知識を磨いて独立を目指す道も存在します。

労務の仕事をこなしながら「社会保険労務士」の資格を取得し、社会保険労務士事務所への転職など労務の専門家として活躍も可能です。

 

ワンポイント
人事の経験で得られる専門知識を活かして、専門家へのキャリアチェンジも目指せます。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

話をする女性

人との関わりを楽しみながら仕事できる人事ですが、専門知識も身に付けられる魅力的な職種です。

志望する気持ちも強まっているのではないでしょうか。

しかし人事の未経験での採用を行っている企業は、それほど多くないという実情があります。

そこで、人事への募集を行っている企業情報を確実に得るためにおすすめなのが転職エージェントを活用することです。

登録無料で利用できる転職エージェントは、希望条件に合った企業の情報を随時リサーチして報告してくれます。

忙しくて求人を探している時間が無い人でも、無理なく情報を得られるのが大きなメリットです。

貴重なチャンスを見逃さないためにも、登録だけでもしておくと良いでしょう。

まとめ

指を指す女性

漠然としたイメージしか無かった人事の仕事でも、その中身は幅広くとても重要なものだと分かりましたでしょうか。

働き方も変わっていく現代の中で、社員一人一人に適した働き方を設計する人事の仕事は、会社に無くてはならない存在です。

人事部で「コミュニケーション能力」・「専門知識」・「戦略的な考え方」を磨き、大きなやりがいを感じてみてはいかがでしょうか。

時には転職エージェントと一緒に悩みながら、希望の転職を成功させましょう!

 

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら