未経験でも実力で勝負できる不動産業界は転職先として人気の業界です。

不動産会社の転職求人情報を見ていると、なぜか水曜日が定休日のことが多いことに気づくでしょう。

今回はなぜ不動産業界の定休日が水曜日になることが多いのか、その理由と求人選びのポイントを解説します。

Contents

不動産業界の休日事情を解説

ショッピングバッグを持つ女性

転職活動の際、企業選びのポイントとして報酬や業務内容の他に休日も挙げられます。

実力主義の不動産業界は未経験者でも挑戦できるので、人気がある業界です。

不動産会社の求人情報を見比べてみると、ほとんどの定休日が水曜日であることがわかります。

一般的な企業は土日祝日が休みの場合が多いのに対し、なぜ不動産会社は定休日が水曜日なのでしょうか。

不動産業界に挑戦したくても、休日が変わると生活スタイルも変わってしまうのでためらう方も居るでしょう。

ですが、水曜日が定休日だと土日の混雑を避けて外出できるので、実際はそこまで困らないものです。

他に平日休みのメリットとしては、

  • 役所・銀行関係の手続きがすぐにできる
  • 病院や美容室の予約がとりやすく、定期的に通いやすい
  • 人気スポットが空いている
  • 平日開催のイベントやセミナーに参加できる

といったものがあり、土日休みよりも開放感や非日常感を味わうことができるので、ストレス発散に適しています。

思い切って挑戦してみると、意外にもすぐ休みが平日であることに慣れていくでしょう。

反対に、デメリットとして

  • 家族や友人と予定が合わない
  • 土日開催のイベントに参加できない

といった点があり、周りと違う休みのサイクルに孤独感を味わうことになる可能性があります。

しかし、すべての不動産会社が定休日を水曜日に設定しているわけでもありません。

どうしても土日祝日を休みにしたい場合は、休みが取りやすい業種を選ぶようにしましょう。

具体的にいうと、業種特有の繁忙期を避けて休みをとるか、極端な繫忙期シーズンがない会社を選ぶかです。

 

ワンポイント
 不動産業界は水曜日が定休日のことが多く、平日休みには様々なメリットとデメリットがあります。

なぜ水曜日のお休みが多いの?

Wedの文字、バケツ

では、なぜ不動産業界は水曜日を休みにすることが多いのでしょうか。

その理由を解説します。

土日は忙しいから

不動産業界は顧客相手に商売する接客業です。

多くの一般企業が土日祝日を休みにしているため、顧客の休日も土日祝日となることがほとんどです。

顧客は休日に合わせて物件を探したり、下見をしたり、賃貸・売却・購入の契約をしに来ます。

つまり、土日は稼ぎ時なのです。

この稼ぎ時に休んでしまうと会社の売上が落ちてしまうので、土日を出勤日にしています。

月曜日と火曜日に関しては土日に受け付けた契約に関する書類を役所に取りに行ったり、提出したりという事務作業があります。

そのため、事務作業がひと段落した水曜日を定休日とすることが多くなるのです。

管理会社も水曜日が休日だから

マンションなどの不動産を管理している会社も不動産会社のひとつです。

賃貸や売買を主に行っている不動産会社は、この管理会社を通して顧客の下見や契約を受け付けます。

管理会社が休みだと、そういった必要な手続きや承認ができずに交渉が進みません。

そのため、管理会社にあわせて水曜日を定休日とする不動産会社も存在します。

「水曜日は契約が水に流れる」というゲン担ぎ

手で水を受け止める図

不動産業界は他の業界よりも縁起を気にすることが多い業界です。

建物を建てる前には地鎮祭を行ったり、契約や物件引き渡しの日はお日柄を元に決めたりします。

これは不動産契約というものが、いつ水の泡になるかわからないためです。

契約まで時間がかかったにも拘わらずキャンセルになることや、締結後に契約を破棄されるケースも存在します。

こういった不幸な出来事が起こらないよう、不動産業界はゲン担ぎすることが多いのです。

水曜日の「水」「契約が水に流れる」というイメージのため、水曜日の営業を避けている場合もあります。

ただし、このゲン担ぎは賃貸や売買を行う不動産会社に限ったことで、管理会社にはあまり関係がありません。

管理会社は既に契約された物件の管理が主な仕事であり、契約が流れるということが基本的に起こらないためです。

火曜日も「火事になる」という理由から休みが多い

同様に、火曜日の「火」も「物件の家事」「経営の火事(火の車)」を連想させるため避けられる傾向があります。

また、土日に受け付けた事務仕事が火曜日にひと段落つく場合は、水曜日と並べて休日になるようです。

火曜日と水曜日が土日から遠く、週の半ばであることから休みになるケースが多いともいわれています。

 

ワンポイント
 不動産業界が水曜日を定休日にするのは様々な理由があります。

不動産業界の平均休日数は少ないのか

不動産業界は水曜日、もしくは火曜日の休日が多い理由はおわかりいただけたと思います。

では、土日祝日が休みにならない不動産業界は年間の平均休日数が少ないのでしょうか。

結論からいうと、勤める不動産会社によって平均休日数は変わってきます。

休日が少なめで祝日も関係ない場合も

会社によって変わるとはいえ、不動産業界は他に比べて休日数が少ない業界です。

不動産業界も年末年始やお盆を休みにする不動産会社は多く存在します。

不動産業界の大手企業になると、一般企業と同じように週休二日制を導入しているケースもあります。

反対に個人経営の小さな不動産会社であればあるほど、休日が少なく祝日も出勤日である場合が多くなるようです。

賃貸・売買は土日に休むのが難しい

賃貸や売買は顧客が大勢来店する土日が稼ぎ時です。

定休日は火曜日と水曜日になることが多いでしょう。

ゴールデンウイークなどの連続した祝日も稼ぎ時となるため、休む会社が少ない傾向があります。

顧客の休みにあわせて仕事をしなければ、契約の締結に至らず仲介手数料が発生しないので稼ぐことができません。

不動産業界への転職を目指していて、休日数や曜日を気にする場合は求人情報をしっかり読み込んで確認しましょう。

休日なのに電話対応することもある

スマホを見て困る女性

春や秋の引っ越しシーズンになると賃貸業務は繁忙期となるため、他シーズンに比べて緊急対応要件が多くなります。

そうなると、休日になっても担当者に電話がかかってくることがあるのです。

かかってきた電話を休日だからといって切ることは仕事上許されません。

担当者しかわからないことも多いため、休日にも仕事しなければならない可能性があります。

顧客に合わせて仕事を進めなければならない不動産業界ならではといえるでしょう。

会社によってはこういった休日対応を求めない場合もあるので、全ての不動産会社がこうなるわけではありません。

もしこういった休日対応のない不動産業界の企業を探している場合は転職エージェントを介して求人を探してみましょう。

転職エージェントはあなたの希望条件に合った企業の求人を、非公開のものも含めて紹介してくれます。

不動産業界で休日対応が少ない業種を中心に転職活動したいと考えている際、非常に役立ちます。

定休日の出社を完全NGにしたら売上が伸びたという例

喜ぶ、女性

昔ながらの不動産会社には「24時間・365日対応します!」という過剰な顧客第一主義が残っている場合が多いです。

しかし、それでは社員に休日出勤を強いてブラック企業と呼ばれてしまう可能性もあります。

最近の大手不動産会社は休日出勤を禁止にし、会社のスマホも電源を切って良いという方針を打ち出しているようです。

休日も仕事をするという古い不動産業界の体制を変えても、売上は下がらず、むしろ上がったとの例もあります。

顧客に合わせて仕事をしなければならない不動産業界ではありますが、社員にも休日は必要です。

休日だとわかっていながら対応を求めてくる顧客には、毅然とした態度を取ることも大事だといえるでしょう。

不動産業界の求人選びのポイント

電球マークと街

不動産業界といっても、その中身は多種多様です。

不動産業界への転職を考えている場合は、

  • 業務内容と取り扱う商材
  • 募集職種が自分に合っているか
  • 給与形態と雇用形態
  • 休日制度
  • 会社の規模と男女比率

こういった点を見ながら求人を選んでいくようにしましょう。

業務内容と取り扱う商材

不動産業界と一言でいっても、その中には様々な種類の業務が詰まっています。

業務が違えば扱う商材も、顧客層も違います。

  • マンションやビルの開発業務
  • 土地の仕入れ業務
  • リフォーム事業
  • 賃貸用の物件管理業務
  • 不動産の売買や賃貸の仲介業務
  • 住宅の販売業務

これらは全て不動産業界の仕事ですが、業務内容が違うのです。

その中でも仲介業務は土日出勤で水曜日が定休日になることが多くなります。

しかし、それは顧客層が個人である場合です。

実は、法人を対象として仲介業務を行う会社は土日の業務が少ないため、土日休みであることもあるのです。

また、仲介業務は扱う商材の単価にも注意が必要となります。

単価が低い賃貸を扱う場合は、契約の成約数が多くなければノルマを達成できません。

売買は賃貸より単価が高くなるので、成約数は求められませんが、不動産に関する法律や税制の知識が必要です。

自分が応募する業種の内容と扱う商材については、まず最初に確認しておくべきです。

募集職種が自分に合っているか

マルバツを持って悩む女性

不動産業界で応募する業務を決めた後は、職種の確認をします。

自分の実力で大きなやりがいや報酬を目指すのなら、営業職が良いでしょう。

営業職は他の職種よりもノルマが厳しく、達成できなければ報酬は得られません。

行動力と体力、そしてコミュニケーションスキルが求められる仕事です。

不動産業界の中でも屈指の実力主義の世界なので、合わない人には厳しい仕事でもあります。

しかし、不動産営業で得た経験はどんな業種でも活かせるものなので、やりがいは大きいといえます。

営業職以外で不動産業界に携わる場合は、営業事務営業アシスタントの仕事がおすすめです。

営業職がとってきた契約に関する事務作業や書類の手続きを行うので、体力よりも知識が大切となってきます。

営業アシスタントは営業職よりも軽いノルマで営業のノウハウを覚えながら仕事をします。

他にも、カスタマーサポートアポインター不動産管理など様々な職種が存在しているのが不動産業界です。

興味のある企業がどんな職種を募集しているのか、それが自分に合った仕事内容なのか必ず確認しましょう。

それが経験やスキルを活かせる仕事や興味のある仕事であれば、恐れずにチャレンジしてみると良いでしょう。

給与形態と雇用形態

不動産業界は一般企業のように固定給を支給する会社と、固定給歩合給を加算する会社があります。

固定給制は厳しいノルマに追われる可能性も低くなりますが、年功序列の場合が多いので稼げるチャンスも少なくなります。

歩合制を導入している場合、自分の業務成績に応じた収入が加算されるため、大きな報酬を得ることが可能です。

しかし、成果を出せなければ安い月給で働くことになるリスクがあることを覚えておきましょう。

営業職として積極的に契約を成立させる自信があれば、歩合制がある会社の方が合っています。

安定した給与形態で働きたいと考えているのであれば、固定給制を選びましょう。

会社によっては資格手当を出しているところもあります。

資格を持っている場合は、こういった資格手当があるかないかもチェックしておくと良いでしょう。

休日制度

水曜日が定休日であることが多い不動産業界ですが、顧客層や業務によっては土日休みの場合もあります。

ワークライフバランスを充実させたい、家庭と仕事を両立させたいと考えているのなら休日制度の確認も大切です。

土日休みを希望するなら、法人を対象とした仲介業務や管理業務を行う不動産会社を選びましょう。

会社の規模と男女比率

男女のピクトグラム

不動産会社といっても大企業であるケースと、個人経営の小さな会社であるケースがあります。

大企業であれば分業体制が整っているので、ひとつの業務だけこなすことになります。

しかし、個人経営の会社だと人員が少ないのでいくつかの業務を担当することになるでしょう。

大企業と比べて忙しくはなりますが、様々な業務を一度に経験できるので知識や実力はつきやすくなります。

ですが、一人でこなせる量を超えてしまうと残業や休日出勤が必要となります。

小さな会社であるぶん、顧客との関わりは親密になるのでやりがいは感じやすいでしょう。

大企業は業務の流れが決まっていますが、研修制度が整っている場合が多く、未経験者でも働きやすい環境が整っています。

経験を積んで実力をつけていきたいのか、ひとつの業務をこなしたいのかで選ぶ企業が変わってきます。

また、男女比率についても確認しておくことで、女性が働きやすい環境なのかどうかを判断できるでしょう。

実際こういった点を一人ですべて確認するのは大変です。

もし企業選びに迷っているなら、転職エージェントを利用してみるのはいかがでしょうか。

転職エージェントは希望条件に合った求人を紹介してくれるので、効率的に転職活動を進めることができます。

土曜日・日曜日・祝日が定休日の不動産会社には注意しよう

手でバツを作る女性

顧客層や業務によっては土日祝日が休みの不動産会社も存在します。

しかし、ほとんどの場合は土日祝日が稼ぎ時なので休まず営業しているのも事実です。

特に個人客を相手にしている場合、顧客の休日が土日祝日なので会社が休むと稼げません。

不動産業界は基本的に顧客に合わせることで売上を作るので、個人客相手に定休日が土日祝日の場合は注意が必要です。

顧客が来店しないぶん売上を逃していることになるので、会社自体の業績も振るわないでしょう。

会社としての将来性を考えるのなら、顧客に合わせて仕事ができる環境を選ぶべきだといえます。

 

ワンポイント
 個人を相手にする会社が土日祝日を定休日としている場合、業績不振が予想されるので注意が必要です。

休みもキッチリとれる不動産会社で働こう

ワークライフバランスを表す女性

いくら不動産業界が顧客第一主義とはいえ、休日を返上させて働かせる会社は良い会社とはいえません。

営業成績が低いからといって休日出勤を強いる会社も同様です。

ワークライフバランスが重視される時代に、そういった昔ながらの考え方をしている不動産会社には注意が必要です。

ただ稼ぎたいからという理由で報酬の高い会社を選んでしまわないように気を付けてください。

仕事とプライベートはキッチリ分ける

不動産営業の場合、営業成績が悪いからといって定休日にも仕事を入れるケースがあるようです。

しかし、休日を返上してまで顧客に尽くすことが正しいとはいえないのです。

営業成績が良い不動産営業は定休日にしっかり休んで、出勤日だけで数字を作っています。

対して成績が振るわない不動産営業が定休日に仕事をしても、最終的に業務をこなしきれず顧客にも迷惑をかけるのです。

仕事とプライベートとキッチリ分けられる人は、仕事の取り組み方も計画的になります。

営業成績が悪い時は数字を作れないからむやみに働くのではなく、仕事の取り組み方をまず見直すことが必要です。

労働環境の改善がみられる会社もある

働き方改革関連法案により、労働環境の改善がみられる不動産会社も存在します。

営業成績が悪いからといって残業や休日出勤を強いる体制が少なくなってきているのも事実です。

また、年次有給休暇を年に5回取得しなければ会社が罰金を支払わなければならないので、休日の融通もきくようになっています。

さらに、不動産テックと呼ばれるIT活用促進の動きも活発化してきています。

不動産業界は業務の内容上システム化が遅れがちでしたが、ITを活用することで業務を効率化させることができるのです。

業務の効率化が進めば休日出勤や残業も減るので、少しずつ労働環境は改善されてきています。

土日に休みたいなら法人向けや管理の会社を選ぶ

ワークライフバランスを保つため、もしくは仕事と家事を両立するために土日休みを希望する方は多いです。

そういった希望条件を持つ方は、法人を対象顧客とする会社や管理業務を請け負う会社を選びましょう。

法人相手の不動産会社は土日の業務が少なく、管理会社も平日業務が基本となっています。

不動産業界の残業は

頭を抱える女性

不動産業界は顧客の都合にあわせて仕事を進める必要があるため、どうしても残業が多くなってしまいます。

しかし、働き方改革によって昔よりも残業は減少傾向にあります。

そのため、女性でも働きやすい環境が整ってきているのです。

不動産キャリアのメリット

不動産業界での経験は他の職種でもメリットが多いものです。

不動産業界は扱う商材の金額が大きいため、責任感が培われます。

更に実力主義の世界であることから、成果を出せば年齢に関係なく大きな案件を任せてもらえます。

営業職であれば数字の管理能力や、目標を達成するための実行力が身につくでしょう。

事務職であれば不動産に関わる法律や税制の知識が身につき、FPなど他の資格に活かすこともできます。

不動産業界を経験しておくことで、どんな職種でも活躍できる積極的なコミュニケーションスキルも得られます。

不動産女子をすすめる理由

笑顔の女性、作業着

不動産業界は男性社会と思われがちですが、女性の活躍の場も増えています。

不動産業界で働く不動産女子になりたいと考える方もいらっしゃるでしょう。

顧客をもてなす接客サービスが多い仲介業務などは特に女性特有の気配りが重宝されます。

また、不動産会社の事務職は専門知識が必要なため、一般事務と比べて給与が良いのもおすすめポイントです。

不動産事務に必要な知識や資格は一生使えるので、結婚や出産後に再就職を目指す場合にも役立ちます。

さらに、投資不動産などの電話営業では男性よりも女性の方が警戒されにくい傾向があります。

この利点を活かして営業職として稼ぐことも可能なので、不動産女子を目指すのはおすすめです。

不動産業界の休日の実態はどうなのか

不動産業界の休日の実態は業務内容や対象の顧客層によって変わります。

基本的には水曜日が定休日の会社がほとんどですが、場合によっては土日休みの会社もあります。

バリバリ稼ぎたい場合は水曜日が定休日で、土日営業の会社で働くことになるでしょう。

自分がどんな働き方をしたいかによって選ぶ不動産会社と休日制度は変わるのです。

 

ワンポイント
 不動産業界で働くことは様々なメリットがあり、休日制度は会社によって変わります。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

手を差し伸べるビジネスウーマン

不動産業界は未経験者でも挑戦できますし、成果を出せば多額の報酬を得ることもできます。

しかし、業種や職種、更には休日制度や給与形態など確認するポイントがたくさんあります。

自分に合う不動産会社を選べないと悩んでいるのなら、迷わず転職エージェントを活用してみましょう。

転職エージェントはあなたの経験や強み、希望条件に合致する企業の求人を探して紹介してくれます。

また、応募する際は書類の添削や、面接の対策もサポートしてくれるので利用して損はありません。

効率的に転職活動を進めたいのなら、転職エージェントの利用をおすすめします。

まとめ

家の模型、ガッツポーズ

不動産業界は顧客に合わせて仕事をするため、土日ではなく水曜日が定休日の場合が多くなります。

会社によっては土日休みの場合もあるので、自分の働き方に合わせた会社を選ぶようにしましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら