インターネットが普通になり重要性が高まるWebマーケターへの転職についての特集です。

Webマーケターへの志望動機を書くには、どのような点に気をつければいいのでしょうか?

志望動機を書く際のポイントと、その回答例も併せて紹介していきます。

Webマーケターの志望動機の考え方を解説

付箋とパソコンの画像

インターネットが普及したことで、どの企業でも公式サイトを発信する世の中です。

オンラインを通じて物品購入ができることも普通になりました。その上で重要なのがWebでのマーケティングです。

今でこそWebマーケティングの業務は、企業の指針や未来を決定する上で大切な役割を果たしています。

Webマーケターを目指す人も増えている状況です。

Webマーケターへの転職を志望するには、魅力的な志望動機を書く必要があります。

Webマーケターの職種への理解を深めながら、どう自分をアピールすればいいのかについて解説していく特集です。

Webマーケターの主な仕事内容を知ろう

ホワイトボードの画像

Webマーケティングとは、Web上にて顧客の商品・サービスへ申込や購入などを促す役目があります。

インターネット上にて企業の商品・サービスへの誘導のために、さまざまな施策を練ることが仕事です。

従来から存在するマーケティング活動をネット上で展開するものと思えばよいでしょう。

調査・広告・宣伝・効果検証といった一連の流れは、すべてWeb上にて完結できる世の中になりました。

それらを観察しながら予測を立てて、顧客の購買意欲を上げるのがWebマーケターの役目です。

具体的には、企業が持っているECサイトなどへユーザーの流入を収集・分析します。

そして、SEO(検索エンジン最適化)を行ない、Webコンテンツ制作などを行なうのが仕事です。

Webマーケターの志望動機を書く時のポイント

パソコンとイアホンの画像

Webマーケティングとは職種に関係なく幅広く仕事ができるのが特徴です。

どのような職種でもWebマーケティングを施して集客などができる時代になったことが理由といえます。

そのため業務は広範囲にわたるものと思っておくほうがよいでしょう。

Webマーケターとして仕事を行うには、自分が活躍したい領域と軸に明確にしておく必要があります。

では、Webマーケターの志望動機を書く際の基本ポイントを解説していきましょう。

Webマーケターになりたい理由を明確にしよう

説明をする女性の画像

まずどのような職種へ転身するとしても、必ず聞かれる項目があることを知っておきましょう。

それは「なぜここを選んだのか?」という質問です。自分はなぜマーケティングに興味を持ったのでしょうか?

Webマーケターを目指すのであれば、この質問はほぼ間違いなく聞かれるはずです。

事前に自分らしい回答を用意しておくようにしましょう。

けっして流行りだからといったありきたりな回答はしないように心得ておくことです。

その企業を選んだ理由を具体的に伝えよう

Webマーケターになりたい理由を明確にすることはもちろんですが、それだけではまだ足りません。

転職をするための応募先企業についての理由も明確にしておく必要があります。

今ではWebマーケティングの業務を行う企業や部署がたくさん増えていることは明白です。

無数にある企業の中で、どうして今回その会社を選んで採用試験に応募したのでしょうか?

その理由を、具体的な形で伝えられるようにしておきましょう。

将来性を感じさせることが重要

現在の自分が保有しているスキルを通じて、将来性があることをアピールすると評価が高くなります。

今までの経験・実務スキルなどをアピールするだけでは、ただの経歴自慢で終わってしまいます。

それらの経験を通じて企業に何を貢献できるのでしょうか?

自分が転職先として選んだその応募先企業にて、どのような成長をしていきたいのかを伝えるようにしましょう。

 

ワンポイント
 Webマーケターを志望する理由は具体的で明確な内容を考えておく。

Webマーケターの志望動機でアピールすべきことは

色鉛筆の画像

Webマーケティングは自分の今までの経歴だけではなく、生活そのものからでも生かせる要素がたくさんあります。

それまで自分が得てきた知識や考え方、実績などを踏まえながら、どのような活躍ができるでしょうか?

Webマーケターとしてどのように生かせるのかをできる限りアピールすることが大切です。

では、Webマーケターの志望動機でアピールすべき内容について解説しましょう。

情報収集力の高さ

Webマーケターにとって日々のデータ分析が必須となる業務です。

データは多岐に渡り、ターゲット層や期間など視点を変えると無限に広がります。

そのため、Webマーケターの仕事では情報収集能力こそが命運を分けるものといえるでしょう。

どのような情報を集め、どう分析して売り上げにつなげるのかを、試行錯誤しながら続けていきます。

コミュニケーション能力の高さ

WebマーケターとはPCで黙々と仕事をするイメージが強いようですが、実際はそれだけではありません。

商品・サービスの売上向上のためのアイデアを、日々組織単位で考えています。

そのためチームのメンバーとミーティングを行うことや、他の社員とも意見交換をする場が多いといえます。

自分と他の社員との意思疎通を図ることが大切なので、コミュニケーションスキルが重要となってきます。

1つの案件が成功するかどうかは、コミュニケーションにもかかわってきます。

Webマーケターの志望動機の回答例をチェック

パソコンの画像

自分がどうしてWebマーケターを志望しているのかを理解しているでしょうか?

Webマーケティングへの憧れや魅力について、自分なりに姿勢を採用担当者へ伝えることがポイントです。

事前にWebマーケティングへの思いをしっかりと明確に取りまとめておくようにするとよいでしょう。

では具体的に、Webマーケター志望動機の回答例をいくつか紹介します。

貴社を志望した理由は、今までの情報収集のスキルを生かせる仕事をしたいと考えたからです。

知りたい情報を調べる際には、検索だけではなく書籍や実際に体験した人の話を伺いながら集めることをしていました。

そのため分析力についてはとても自信があります。

できればマーケティングを通じてデータを分析ができる仕事をしたいと、いつからか考えるようになったからです。

その上で求人案件を探していた時に、御社へ就職した先輩からお声がけ頂くチャンスがありました。

データにばかり囚われるのではなく、そのような運命の巡り合わせへ素直に応じることも何かの縁だと感じました。

情報分析スキルを生かしながら貢献できればと考えております。

笑顔の女性の画像

貴社を志望した理由は、マーケティングそのものを知りたいと思ったからです。

これまで販売職に就いていました。

そこで、お客様の生の声を聞きながら、同じ商品でも売れ行きの幅に違いがあることを知ったのです。

どうすればもっと売り上げが向上するのかを試行錯誤してきました。

その際の知ったのが、Webマーケティングによる影響力です。

市場の調査や分析・顧客の動向予測などを販売職の目線で考えることとは別な何かがあると思いました。

Webマーケティングへの深い知識を得ることへの興味やその世界の深さに感銘しました。

マーケティングの可能性をさらに追及できるような即戦力になりたいと考えています。

現職にてアパレルの店舗担当として接客業務をしています。

お客様との会話や非bの業務を通じた内容を個人ブログで発信するのが趣味です。

ある日、複数の記事がGoogle検索1位になりSEOに興味を持つようになりました。

どうすれば多くの人々に見てもらえるブログになるか日々考え更新し続けています。

やがてブログを閲覧して来店してくれる方も増えたのです。

ますますSEOを通じた業務そのものにも関心が高まりました。

いかにしてWebで集客するとよいのかというコンサルティングができればと思うようになったのがきっかけです。

さまざまな業種や企業が潤う世の中になればというキャリアパスを考えています。

その第1歩としてWebマーケターとしてスタートしたいと思いました。

 

ワンポイント
Webマーケターになりたい理由には過去の経緯と今後の視野について入れておく。

Webマーケターの志望動機の注意点

ポストイットの画像

Webマーケターの志望動機を伝える際の注意点は、応募企業でしか実現できない志望動機を伝えるよう心掛けることです。

Webマーケティングとは、扱うコンテンツや仕事内容もさまざまで、各分野に広く分布し始めています。

Webマーケティングに携わりたいという動機だけでは、どの企業にでも当てはまってしまうのが欠点です。

なぜ応募した企業でなくてはならないのでしょうか?そこまで突き詰めて志望動機を考えておく必要があるのです。

他社と比べてその企業にある魅力や特徴を、必ず事前に調べて志望動機に盛り込むようにしましょう。

Webマーケターの志望動機のNG例

アイデアの画像

Webマーケターの志望動機として、あまり書かないほうがよい志望動機もあります。

例えば、具体的な体験が一切なく、単なるイメージだけが先行しているものは漠然としてしまうのでよくありません。

また、マーケティングスキルを勘違いしている場合も減点対象と見なされるでしょう。

では、Webマーケターの志望動機NG例について紹介します。

私は、以前よりマーケティング職に興味を持っていたことが志望動機です。

世の中の最先端を見つける視点が必要な職種と考えています。

貴社では、クライアントを通じて常に新しいことへ挑戦している印象を受けました。

貴社のWebマーケターとして勤務しながら、流行を発信したいと考えたのがきっかけです。

考える女性の画像

学生時代よりクラブの部長として100名の部員のリーダーを務めた経験があります。

そして、前職では率先して企画立案やプロジェクトチームの幹部として評価されてきました。

マーケティング業界は、多くの人々との関わりから仕事が成り立つと耳にしています。

また、常に最先端のトレンドを積極的に拾うことも大切な仕事ということで、自分の経験やスキルを生かせると考えました。

貴社のマーケティング職での活躍を志望します。

NG例の改善ポイント

Webマーケターとして、なぜその応募企業でなくてはならないのかを考えて志望動機の中に盛り込むことが重要です。

ただしそれも漠然とした内容ではなく、自分がどんな観点から戦力として応えられるのかも具体的に書くようにしましょう。

上記のNG例では、自分の利点があまりにもぼやけています。

しかもその企業でなくてはならない納得できる理由が一切書かれていません。

その応募企業と出会った経緯はどこにあるのでしょうか?なぜここがいいと決めたのかを率直に説明するようにしましょう。

 

ワンポイント
Webマーケターの志望動機は漠然とした言い方ではなくはっきりとした意思表示をする。

Webマーケターの志望動機の完成度を上げるために

ほほ笑む女性の画像

WEBマーケティングの仕事需要はますます高まっています。

求人案件を出す会社は多数あり、今後も増えていくことでしょう。

なぜなら、WEBマーケティングそのものが登場した歴史がまだ浅いという理由からです。

そのため、中堅からベテランの人材確保は難しい状況といえます。

未経験から時間をかけて育てるしか方法がないので、転職をするのなら今はとてもチャンスが多い時代です。

では、Webマーケターとして転職するための志望動機について、そのブラッシュアップに役立つポイントを紹介します。

自己分析をしよう

企業にとっての志望動機とは、応募者の個性や性格を知って、求める人物像と一致するかを判断するのに必要です。

転職に成功するためには、自分の長所や特徴を客観的に捉えておくようにしましょう。

その上で、応募先企業へスキルや将来性を提供できることをアピールするチャンスといえます。

自分はどんな人物かは、自己分析をすることで判明します。

志望動機を考える以前に、必ず自己分析をしておくようにしましょう。

分析結果を基にして、どのようなWebマーケターを目指すのかを考えるのが順序として正しいのです。

転職エージェントを活用しよう

志望動機を作る上で何か悩みや不安があるようなら、転職エージェントに登録して活用してみるのもおすすめです。

転職エージェントで転職に関するさまざまな情報が得られます。

担当アドバイザーが適切なアドバイスをしてくれるでしょう。

また、模擬面接なども積極的に行なっているため、面接での基本的な志望動機の決め方をマスターできます。

 

ワンポイント
より志望動機の完成度を上げるためには自己分析をしておく。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

面接

女性が転職活動をする際、結果が得られず採用内定が取れないこと考えられます。

そこでおすすめするのが転職エージェントへの登録と活用です。

転職エージェントでは非公開求人が存在します。転職エージェントだけで扱う限定案件です。

一般的な求人よりも競争率が低く、内定率が高まる特徴があります。

各アドバイザーも相談にのってくれるので、自分に適した求人案件を見つけることができます。

まとめ

ユニークな動きの女性の画像

Webマーケターの志望動機には、今までの保有スキルを具体的に落とし込むことから始めます。

そして、なぜその企業を選んだのかを明確にしながら、自分らしい言葉でアピールする工夫が大切です。

これはマーケターに限らず、あらゆる業種での志望動機の基本ともいえます。

必ずしもWebマーケターだけが特別ではないということも覚えておくようにしましょう。

自分の意思と将来性・貢献度をどこまで面接官にアピールできるのかは、まさに自分次第です。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら