事務職は女性に人気のある職種のひとつです。

ですがひとくちに事務職といっても、職種はさまざまです。

事務職の仕事に就きたいと考えるのであれば、いろいろな職種について理解し自分に合ったものを選ぶ必要があります。

この記事では、事務職のうち介護事務について取り上げました。

事務職への転職を検討している人、介護事務について知りたい人にぜひ読んでいただきたいです。

介護事務の仕事内容を解説

パソコンと女性

それでは介護事務の仕事内容について解説します。

介護事務の仕事は以下のようなものです。

電話・来客応対業務

多くの事務職と同様に、電話やお客様への応対業務が求められます。

専門的な話ではなく、あくまで取次や一次受付が中心です。

かかってきた電話に出て要件や相手を確認する、来客者を案内・お茶出しなどをおこないます。

あくまで事務職ですので簡単な接客程度となります。

介護報酬の請求(レセプト作成)業務

介護事務の大きな仕事として、介護報酬の請求が挙げられます。レセプト作成業務と呼ぶものです。

レセプトとは介護サービスを提供した報酬として、介護給付費を請求するために必要な書類です。

介護サービスを提供するのはあくまでケアマネージャーであり、介護事務はそれを記録することが仕事です。

サービス提供をしたことを示す書類を基にレセプトを作成し、国保連へ送ります。

勤怠(シフト)の管理業務

従業員やスタッフの勤怠管理も事務職の仕事です。

介護事務であっても介護関連業務だけでなく、一般的な事務仕事もおこないます。

勤怠管理もそのひとつです。提出されたシフトや休み希望などを基に事務所全体のシフト表を作成します。

勤怠管理はそこで働く全員の仕事に大きく関わるものですので、注意して作成しなければなりません。

運営を円滑に進めるために欠かせない仕事です。

施設の整備業務

介護事務として働く職員は、施設の整備業務もおこないます。

施設を使いやすい状態に保つための備品管理や必要なものの発注などです。

ケアマネジャー等から依頼された作業についても対応します。

利用者への請求書の作成業務

頭を抱える女性

利用者へ交付する請求書の作成業務も介護事務の仕事のひとつです。

ケアマネジャーからサービス内容や金額について伝えられるので、指示通りに請求書を作ります。

請求書の交付まで担当するかは施設によって異なりますが、介護事務から利用者へ渡すこともあります。

請求書の発行は特別難しいものではないので、簡単なPCスキルさえあれば問題ありません。

ケアマネジャーのサポート業務

介護事務の大切な仕事に、ケアマネジャーのサポート業務があります。

ケアマネジャーとは介護ケアプランの作成やサービス提供者との調整をおこなう人です。

介護保険サービスに関する提案や管理、調整が主な仕事です。

介護事務に就く人は、そんなケアマネジャーのサポートをします。

具体的な仕事内容についてはケアマネジャーから指示されるので、そちらに従います。

 

ワンポイント
介護や事務に関する幅広い仕事をおこないます。

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

介護事務としてどんなところで働くの?

会社員の女性

介護事務の人が働くところは主に以下のような場所です。

  • 介護老人福祉施設
  • 介護老人保健施設
  • 老人ホーム
  • グループホーム
  • 訪問介護提供施設
  • デイサービス事務所
  • デイケア事務所

このように、介護サービスを提供する施設や事務所で勤務をおこないます。

大きな職場ですと介護事務を複数人雇うこともあります。

一方で規模が小さい施設や事務所では、介護サービス提供者が事務を兼任することが多いです。

介護事務の1日の流れ

ビジネスウーマン

介護事務の1日の流れを解説します。

その日のスケジュールにもよりますが、基本的には以下のような流れです。

  • 出勤
  • その日の業務やスケジュールの確認
  • 朝のミーティング 引き継ぎや連絡をおこないます

優先順位に合わせて以下のような仕事を進めます。

  • レセプト作成業務
  • 役所や病院などへの連絡
  • 来客・電話対応
  • 勤怠管理業務
  • ケアマネジャーからの依頼対応
  • 備品管理・発注

その日におこなう全ての業務が終わったら、翌日以降の業務やスケジュールを確認し、退勤です。

介護事務になるために必要な知識・スキル

医療従事者の女性

続いて、介護事務になるために必要な知識やスキルを紹介します。

介護事務への転職を希望するのであればぜひ押さえておきたいポイントです。

介護保険制度やレセプト作成の知識

介護事務の仕事としてレセプト作成による介護報酬の請求があります。

こちらに際し、介護保険制度やレセプト作成の知識があると良いです。

保険に関する知識が全くない状態ですと最初のうちはなかなかスムーズに仕事が進められません。

レセプト作成についても保険関連特有の業務ですので、最初は馴染みがないでしょう。

全く知らない状態で介護事務の仕事を始めようとすると何かと大変です。

そのため、介護保険制度やレセプト作成に関する知識をつけたいところです。

ですが、すぐにでも業務ができるほどのレベルに到達する必要はありません。

インターネットからわかる範囲の基本的な知識さえあれば大丈夫でしょう。

実務については就職してから慣れていけば問題ありません。

その慣れをスムーズにするために、介護保険やレセプトの知識が必要ということです。

パソコンのスキル

不動産の内見をするビジネスウーマン

介護事務に限らず、事務職にはパソコンのスキルが求められます。

勤怠管理や備品発注はもちろんのこと、ほとんどの事務所はレセプト作成もパソコンでおこないます。

そのため最低限のパソコンスキルがないと介護事務として働くのは難しいです。

基本的なタイピングスキルやマイクロソフトオフィスに関するスキルがあると仕事へ馴染むのが早いでしょう。

コミュニケーション力

コミュニケーション力も大切なスキルのひとつです。

介護事務の仕事ではお客様へ直接サービスを提供することはあまりありません。

それなのに何故コミュニケーション力が必要なのでしょうか。

まず、お客様と最初に接する受付対応や電話対応を介護事務の人がおこなうからです。

例えサービス提供者が良いコミュニケーションをしても、最初のイメージが悪いと良い印象を抱かれません。

気持ちよくサービスを受けてもらうためにも、受付対応や電話対応でコミュニケーション力を発揮する必要があります。

また、介護事務はケアマネジャーや現場スタッフなど多くの人と連携して仕事をします。

ここで良いコミュニケーションがとれないと仕事がスムーズに進みません。

内勤中心とはいえ、コミュニケーション力は重要なスキルです。

 

ワンポイント
介護事務で必要とされるスキルを身につけよう。

介護事務の給料はどのくらい?

生き生き働く女性

転職活動を進めるうえで気になるのが、志望する職種の給料です。

介護事務の平均給料は年収でいうと340万円ほどといわれています。

ただし、ボリュームゾーンは260万から315万ほどです。

これらはあくまで平均であり、勤務地や保有するスキルによっては年収600万超えを達成することもできます。

給料については求人票に載っている情報をしっかり確認するようにしましょう。

介護事務になるメリット・やりがい

笑顔の女性

仕事にはそれぞれ特有のメリットややりがいがあるものです。

続いては介護事務になるメリットややりがいを紹介します。

介護事務のメリット

介護事務のメリットとして以下のようなものが挙げられます。

  • 介護そのものや介護保険という生活に直接生かせる知識が身につく
  • 細やかなサービス力が身につく
  • 経験や知識に関係なく転職しやすい

介護は将来的にほとんどの人が利用するサービスです。

そんな介護に関する知識が仕事を通じて自然と身についていきます。

また、受付や電話では良い印象を与えるために丁寧な対応が必要です。

それが結果として、人に温かいと思われるような細やかなサービス力を鍛えることにつながります。

また、介護保険やレセプトといった知識が必要ではあるものの、基本的には転職ハードルは低めです。

そのため理想的な転職活動ができる可能性が高いです。

介護事務のやりがい

笑顔で座る女性

介護事務のやりがいとして以下のようなものが挙げられます。

  • 事務という立場からお客様をサポートすることができる
  • 施設を円滑に運営するためのカギである
  • 感謝を受けたり笑顔を見ることができたりすることが多い

介護事務ではお客様へ直接介護サービスを提供することはありません。

ですが介護を提供するために必要なさまざまな仕事を引き受けます。

すなわち間接的ではありますが、困っているお客様のサポートをすることができます。

また、備品管理や勤怠管理といった仕事は正直煩雑なものですが、施設の運営に欠かせません。

介護事務の人は施設を円滑に運営することに大きく貢献しているのです。

また、お客様の笑顔や感謝を受けることも多いです。受付での簡単な会話や電話対応などでお客様の明るい声を聞けます。

そういった場面に遭遇すると自然と心が温まり、やりがいを感じられます。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

介護事務に向いている人の特徴

キャリアウーマン

介護事務に向いている人の特徴として以下のようなものが挙げられます。

  • 細かい仕事が得意
  • コミュニケーションに自信がある
  • 人のサポートをすることが好き

介護事務には介護報酬を受けるためのレセプト作成やお客様への請求書作成など、正確性が求められる仕事が多いです。

そのため集中力が必要な細かい仕事が得意な人に向いています。

また、事務職ではありますがコミュニケーション力も求められます。

明るい対応や丁寧な言葉遣い、温かな対応が必要です。そのようなスキルがあると良いでしょう。

何より、人のサポートをすることが好きな人に向いています。

介護とは人の生活を支える仕事です。現場で直接サービスをするわけではないといえ、サポートに変わりありません。

人のサポートをすることに喜びを感じる人にとってはとてもやりがいのある仕事でしょう。

 

ワンポイント
どのような人に介護事務が向いているか知ろう。

介護事務の資格

ポイントを指す女性

転職活動の際に持っていると有利な資格があります。

介護事務への転職で生かせる資格を紹介します。

就職に有利な資格

介護事務への就職に有利な資格は以下のとおりです。

  • 介護事務管理士
  • 介護報酬請求事務技能検定試験
  • 介護事務実務士

これらの資格があると介護事務への転職時に高く評価されますし、業務でも大いに役立てることができます。

介護事務として働きたい気持ちが強いのであれば、取得を検討しても良いでしょう。

スキルに自信があれば資格不要

介護事務の仕事で生かせる資格は複数あります。

ですが資格が必須の仕事というわけではないので、資格を有しなくても就職可能です。

介護事務で生かせるスキルがあるのでしたら十分に評価されます。

コミュニケーション力やPCスキルなど、介護事務で求められるスキルがあれば問題ありません。

資格がなくても目指すことができる仕事です。

 

ワンポイント
資格取得の検討や自身のスキルの確認をしよう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

クエスチョンを持つ女性

志望する職種がハッキリしているのであれば、あとはしっかり対策を練って転職活動をするのみです。

とはいえ、そう簡単には進みません。転職活動には悩みがつきもので、思うような展開にならないことも多いでしょう。

ストレスをなくしてスムーズに転職活動をするためにも、悩みは解消したいものです。

そこで、転職活動で悩みが生まれたら転職エージェントに相談するようにしましょう。

転職エージェントは転職活動に関する多くの知識やノウハウを有しています。

転職活動に関する悩み相談にも多数乗ってきました。そのため的確なアドバイスをすることができます。

転職活動で悩みが生まれたらそのままにせず、転職エージェントに相談するようにしましょう。

まとめ

オーケーサインを出す女性

介護事務の仕事では直接のサービス提供はしませんが、介護をおこなううえで欠かせないものです。

介護事務の人によるサポートがあるからこそ、良い介護サービスの提供ができます。

生かせるスキルや資格も多くありますので、何かお持ちであれば活躍できる可能性が高いです。

ですが未経験でも転職しやすく、ハードルが低い仕事といえます。

内勤中心の事務職でありながらお客様からの感謝を感じやすく、やりがいのある仕事です。

人のサポートをすることが好きな人に適しています。

もし転職活動で困ったことがあればいつでも転職エージェントにご相談ください。

ポイントを押さえて対策をし、転職活動を成功させましょう。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら