女性に人気がある職種のひとつが、販売職です。

人と接する機会が多く接客スキルやコミュニケーション能力が問われますが、非常にやりがいがあります。

この記事では、女性が販売職へと転職するための方法について解説します。

仕事内容やあると有利なスキル、転職成功などのポイントを取り上げました。

Contents

販売職に女性が転職する方法を解説

笑顔の女性

この記事では、女性が販売職に転職する方法を解説します。

特定の職種への転職を目指す際、大切なのは職種に合った対策をすることです。

販売職への転職であればそれに合う対策が求められます。

販売職はお客様と接して商品を販売する仕事です。内勤である事務職と同じような対策をとっても意味がありません。

販売職に転職するための正しい対策を取る必要がありますので、そちらを紹介します。

未経験でも販売職で正社員になれる?

クエスチョンを持つ女性

販売職への転職を目指している人の中には、販売職未経験の人もいるでしょう。

そのような未経験者でも販売職で正社員になれるのでしょうか。

結論から申し上げると、未経験であっても販売職の正社員募集をしている企業が多いです。

販売職の仕事は専門知識や特殊なスキルが必要なものではなく、仕事していくうちに身についていくからです。

もちろん、基本的なコミュニケーション能力やマナーは問われます。

ですが販売職の経験がない人であっても正社員求人に応募することは可能です。

ただし専門的なお店や高級店などになると、その分野の専門知識や販売職の経験が求められる場合があります。

未経験可の求人に応募するようにしましょう。

販売職の仕事内容

販売職の仕事内容について紹介します。あらかじめ仕事内容を把握しておくことが、転職活動の成功に繋がります。

メインとなる仕事

販売職でメインとなる仕事は接客や販売です。

ひとくちに販売職といっても細かい内容は企業や店舗によって異なります。

しかしどこであっても接客や販売の仕事は必要です。

接客はその名の通りお客様の対応です。問い合わせに答えたり、レジでのお会計をしたりします。

販売は商品を売る仕事で、お客様が求める商品を汲み取って適したものを勧めます。

営業力や伝える力、お客様の要望を汲み取る力が必要です。

販売職でメインとなる仕事は、接客と販売のふたつです。

キャリアアップ後の仕事

説明する女性

販売職のキャリアアップ後として、地位の向上が挙げられます。

まずは店舗のスタッフとして配属されますが、知識や経験を積むことでより上を目指すことができます。

具体的にはリーダーや副店長、店長といった地位です。

お客様対応だけでなく、店全体をまとめる仕事やスタッフを指導する仕事なども必要となります。

販売職でキャリアアップをすることで、店全体を動かすための地位を得ることになります。

さらにキャリアを積むと本社の営業や企画などにまわる可能性も低くありません。

販売職のスタッフとしてのスキルをベースに、より上の地位にキャリアアップします。

 

ワンポイント
お客様と接する機会が多い仕事です。

販売職で歓迎されるスキル

オッケーを示す女性

転職活動をする際に押さえておきたいのが、求められるスキルです。販売職で歓迎されるスキルを紹介します。

語学力

まずは語学力です。日本語以外の語学を操れるというのは、販売職において非常に生かせるスキルです。

グローバル化が進んでいる近年、店舗にやってくるのは日本人ばかりではありません。

なかには日本語を話せないお客様もいます。

そんなとき、日本語以外の言語を話せる販売職スタッフはかなり重宝されます。

お客様の使う言語で話すというのは、販売アップに繋がる行為です。

語学力がなければ販売職の仕事ができないわけではありません。

ですが非常に有用なスキルのひとつです。

もし語学力があるのであれば、積極的にアピールするようにしましょう。

PCスキル

接客が中心の仕事ですが、PCスキルも求められます。

販売職はおもてなしなどのサービスだけではなく、商品の販売が必要な仕事です。

そのためPCを使って商品販売のために対応することもあります。

例えば在庫管理やポップなどのディスプレイデザイン、必要資料の作成などです。

ソフトの使い方やデザインの作成方法などは教えてもらえますし徐々に身についていきます。

ですが基本的なPCスキルがないとそもそものスタートがかなり難しいです。

PCスキルがあると、接客以外の仕事もできるようになります。

仕事の幅を広げるために使えるスキルです。

販売士などの資格

販売職で生かせる資格もあります。販売士はそんな生かせる資格のひとつです。

こちらは日本商工会議所が運営している販売士検定に合格すると取得することができます。

販売職のスタッフや売り場の責任者、店長や副店長など販売に関する仕事をしているのであれば役立ちます。

他にも接客サービスマナー検定やサービス待遇検定も役立つ資格です。

これらの資格を持っていると、基本的なサービス能力や販売スキルがあると認められます。

販売職を強く志望しており、その分野でのキャリアアップも目指すのであれば取得しても良いでしょう。

 

ワンポイント
スキルや資格があればしっかりとアピールしましょう。

資格取得を支援している企業もある

主張

企業によっては、販売職で生かせる資格の取得を支援していることもあります。

店舗に有資格者がいるというのは、企業にとって心強いことです。

仕事の質が保証されますし幅も広がるからです。

資格取得を支援している企業は、例えば勉強にかかる費用の援助や試験休暇制度を用意しています。

また、合格祝い金や資格手当の制度を設けている企業もあります。

金銭面や時間面での資格取得の負担が軽減されますし、取得後は給与として直接反映されます。

資格取得を検討しているのであれば、資格取得を支援している企業を探すことをおすすめします。

販売職に転職するための準備

パソコンを使う女性

転職活動には事前の準備が不可欠です。続いては、販売職に転職するためにしておきたい準備を解説します。

希望している店舗や企業の調査

具体的に希望しているところがあれば、その店舗や企業の調査をします。

転職活動に限らず、情報収集は大切です。

店舗や企業の基本情報はもちろんのこと、口コミや評判も集めておくと良いでしょう。

公式の情報だけでなく外部からの印象も掴んでおくことで、より具体的なイメージに繋がるからです。

幅広い範囲で情報収集をしましょう。

求人票で求められている人物像を確認

その企業や店舗においてどのような人物が求められているかを、求人票を読み込んでしっかり確認します。

勤務時間や日数などの基本情報を押さえられているかは、絶対に確認しなければならないポイントです。

他にも、掲載されているメッセージには求める人柄や性格などが記載されていることがあります。

求められる人物像とかけ離れている場合、書類選考や面接に通る可能性が低くなってしまいます。

もし採用が決まったとしても、後々ギャップで苦しむ可能性が高いです。

求められる人物像の確認をするようにしましょう。

志望動機をしっかりと言語化する

悩む女性

転職活動で特に大切といえる部分が志望動機です。

こちらをしっかりと言語化できるかどうかで面接官の印象が大きく変わります。

志望度が伝わりにくい曖昧なものですと、残念ながらアピールに繋がりません。

なぜ販売職を志望しているか、なぜその企業を選んだのかを明確に言語化しておく必要があります。

販売職の転職成功のポイント

笑顔の女性

転職成功の可能性を上げるために押さえたいポイントがあります。

販売職の転職を成功させるためのポイントを解説します。

企業の属する業界や製品の知識を理解する

志望する企業の属する業界や、企業から販売されている製品について知識をつけ理解することが大切です。

業界に関する基本的な知識が足りていないと採用する側としては不安のタネになってしまいます。

また、製品への理解は志望度や熱意のアピールに繋がります。

めでたく採用された場合、仕事で直接生かすことができる知識です。

業務に製品について事前に知識をつけ理解しておきましょう。

事前に実際の店舗を見ておく

事前に実際の店舗へ訪問することも、転職成功に繋がるポイントです。

店舗へ訪問したというエピソードを伝えるだけでも、熱意をアピールすることができます。

また実際に店舗へ行くことで、求人情報だけでは掴めない店舗の雰囲気やサービスがわかります。

店舗について知っておくことは、入社後のギャップを防ぐことにも繋がることです。

面接が決まったら、ぜひ一度実際の店舗を見てみましょう。

商品に対する愛着をアピールする

その企業を志望する理由として商品に対する愛着をアピールできると、熱意が伝わります。

最低限、企業の代表的な商品については話ができる状態だと良いでしょう。

特に好きな商品があれば、好きな理由やエピソードなどを併せて愛着をアピールします。

しかしただ好きだということを伝えるだけでなく、しっかり理由をつけて話す必要があります。

商品に対する強い思いをアピールできれば、面接官へ志望度が伝わるでしょう。

 

ワンポイント
情報を集めて知識や理解を深めることが大切です。

販売職への志望動機

考える女性

販売職へ転職するのであれば、適した志望動機が必要です。

志望動機の例を紹介します。

御社の商品を販売することを通じてお客様の生活を支えたいから

販売業における一番の仕事は商品を売ることです。

そして、企業が商品を販売する大きな理由は消費者の生活を支えるためです。

企業の商品を通じてお客様の生活を支えたいという志望理由は、熱意を伝えることができます。

ですがこれだけではただの願望で終わってしまいます。大切なのは、なぜその企業である必要があるかです。

商品が生活を支えることに繋がると思った理由を併せて伝えることが必要です。

これまでの接客経験を生かしたい

販売職に限らず、接客経験があればこのような志望動機を使うこともできます。

もちろん、こちらもただの願望になってはいけません。

自分がどのような接客経験をしてきたか、それを店舗でどう生かせるかを話す必要があります。

具体的なイメージがしやすいよう、臨場感のある話にします。

商品の魅力を多くの人に伝えたいから

ポイント

商品に対する強い愛着や熱意があるのであれば、商品をより広めたいという志望動機を使用することも可能です。

販売職において大切なのは販売力、すなわち商品の魅力を伝える力です。

そんな力があること、それを生かして企業に貢献したいことを伝えることができるとかなりの強みになります。

直接的なコミュニケーションだけでなく、魅力が伝わりやすい陳列方法やポップなどもあります。

商品の良さをどう伝えるか具体的な案を出すほか、それによって企業にどうメリットがあるかも伝えられると良いでしょう。

 

ワンポイント
熱意や企業へのメリットをアピールできるような志望動機を作りましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

マネジメント

転職活動には悩みがつきものです。

転職活動の進め方そのものや、志望動機が良いものかどうか、面接の対策法など悩みは尽きません。

人によっていろいろな悩みがあるためインターネットで検索するだけでは解消が難しいです。

そこで、転職の悩みは転職エージェントへ相談してはいかがでしょうか。

転職エージェントは多くの転職者をサポートしてきた存在です。

転職に関する悩みについても直接聞いているので、知識やノウハウが豊富にあります。

そんな転職エージェントであれば、転職活動の悩みについて適切なアドバイスを与えられます。

悩みを一人で抱え込まず、転職エージェントに相談するようにしましょう。

まとめ

女性

販売職はお客様へ商品を販売する仕事です。

コミュニケーション能力だけでなく、商品について説明したり魅力を伝えたりする力も求められます。

上手く説明しなければならないため難しいこともありますが、非常にやりがいのある仕事です。

お客様が喜ぶ姿を直接見ることができるというのも嬉しいポイントといえます。

人と接することが好きな人、人に何かを勧めるのが好きな人にピッタリの仕事です。

ポイントを押さえた十分な対策をすれば、転職活動はきっと成功します。

もし悩みがあれば転職エージェントにご相談ください。全力でサポートをします。

あなたの転職活動が成功することを心から願っています。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら