仕事と子育ての両立に疲れてしまい、子供にどう接したらいいのか分からなくなる人は多いです。

また、仕事が大変で家事ができず悩んでいる人もいるでしょう。

そのため、家事と子育ての両立がしやすい在宅ワークへの転職を考える女性は多いです。

今回は子持ちの女性が在宅ワークに転職する方法を解説していきます。

自分に合った在宅ワークを見つけて転職し、心にゆとりを持ちましょう。

子持ちの女性が在宅ワークに転職する方法を解説

子持ち女性

子育てをしながら仕事をすることは大変です。

子供が熱を出す度に保育園からの呼び出しで職場に申し訳ないと思いながら仕事を続けるママはたくさんいます。

専業主婦にはなりたくないけど、毎日子育てと仕事に追われるのも嫌だ。そんな人が考えるのが在宅ワークへの転職です。

子持ち女性が在宅ワークへ転職するにはどうすればいいのでしょうか。その方法を解説していきます。

育児と仕事を両立してる女性は増えている

両立

産休・育休の取得割合が増えることで育児と仕事を両立している女性も増えています。

子供が1歳になったタイミングで保育園に預けて、職場復帰をするというのがよくあるパターンです。

また、産休だけ取得して職場復帰をする人もいるでしょう。働く女性が増えることで育児と仕事を両立をする女性も増えるのです。

ただ、職種や家庭状況によってはママの負担は非常に大きくなります。

 

ワンポイント
育児と仕事をする女性の負担は大きい。

子持ちの女性が転職をするタイミングは?

ワーママ

子持ちの女性が転職を考えるタイミングは、子供が熱を出したりして仕事を休まなければならないことが増える時です。

小さな子供は熱を出しやすく、流行り風邪にもよくかかります。その度に仕事を休まなければなりません。

金銭面は有休で処理できる部分もあります。しかし、自分の仕事は進まなくなってしまいます。

他の人に仕事をお願いしたり休み明けの仕事量が多くなったりすることでしょう。

その結果精神的・身体的の両方でしんどくなり、在宅ワークへの転職を考えるようになります。

 

ワンポイント
仕事を休むことが増えると在宅ワークへの転職を考える。

子育てしながら働きやすい在宅ワークの特徴

在宅ワーク

在宅ワークにはたくさんの種類があります。

子育てと仕事を両立するためにはその中から自分が働きやすいと思う仕事を選ぶことが重要です。

毎日時間に追われて仕事をする状態では、在宅ワークを選択しても大変なことに変わりはありません。

そのため、マイペースに楽しく作業できる仕事を選ぶのがおすすめです。

子育て中だとまとまった時間を確保することが難しいことが多いので、時間に余裕のある仕事を選ぶと働きやすいと感じることでしょう。

在宅ワークの仕事の種類

働く女性

インターネットで在宅ワークの仕事を検索してみるとたくさんの仕事がヒットします。

選択肢が多すぎることからどれを選ぶか迷ってしまうことでしょう。

ここでは、たくさんの在宅ワークの中からおすすめの仕事を6つ紹介していきます。

それぞれの特徴を詳しく紹介していくので、在宅ワークを選ぶときの参考にしてみてください。

タスク・作業

タスクはクラウドソーシングサイトの案件の中でも難易度の低いものです。

案件によって異なりますが、特定のスキルが必要なことは少ないでしょう。

また、気軽に仕事をすることができるため、隙間時間を使っておこずかい稼ぎをしたいという人におすすめです。

基本的に単発の仕事で、興味のある仕事をして納品すれば報酬を得られるというスタイルとなっています。

タスク案件は多く仕事を受注することへの難易度は低いです。しかし、その分収入は高くありません。

在宅ワーク初心者で少しずつ収入をアップしていきたいという人はタスク・作業から始めていきましょう。

データ入力

データ入力

データ入力は紙やPDFの資料の情報をWordなどに入力してデータ化する仕事のことです。

特別なスキルは必要なくパソコンさえあればどこでも仕事ができます。

タイピングが速ければ仕事スピードもアップするのでタイピングな得意な人におすすめです。

また、ルールに従ってコツコツとタイピング入力をしていく仕事ですので、一人でコツコツと作業をすることが好きな人に向いています。

しかし、まとまった収入を得るためにはそれなりの作業をしなければならないため同じ作業の繰り返しが苦手な人には向いていません。

ライティング・記事作成

ライティングや記事作成の仕事をする人のことをライターと呼びます。

ネット上の記事を作成するWebライターの仕事は非常に多く、仕事を始める難易度は低いです。

文章を書くことができてネットでリサーチすることができれば、誰でもWebライターになれることでしょう。

また、ライターとしての経験を積むことによって収入アップも見込めるため、長期的に在宅ワークを考えている人におすすめです。

Webデザイン・サイト制作

Web制作

Webデザイン・サイト作成は在宅ワークの中でも高収入の仕事ですが、スキルが必要であるため誰にでもできる仕事ではありません。

しかし、勉強さえすれば未経験からWebデザイナーとなることは可能です。

在宅ワーカーとしてWebデザイナーになりたいという人は独学で勉強してみてください。

Webデザインのスクールもありますが子育て中のママには現実的ではないでしょう。

また、出産前にWebデザイン系の仕事をしていた人であれば、スキルもありすぐに仕事を始めることができるでしょう。

Webデザイン系の仕事は仕事量によって収入も変わります。

決められた仕事をする会社員と違って自分にできる量の仕事を選択できるのも、在宅ワークならではの魅力です。

アプリ開発

アプリ開発の仕事は2種類あります。1つはクラウドソーシングなどで仕事を受注する方法です。

クライアントの要望に合わせてアプリを制作していくこととなります。アプリ制作のスキルが高いほど高収入を期待できます。

もう1つは自分でアプリを販売する方法です。有料アプリとして販売し購入してもらうことで収入を得ることができます。

アプリ制作のスキルも必要となりますが最も重要なのはユーザーのニーズに合ったアプリを作成するということです。

多くの人が求めるアプリを作成できればダウンロード数は伸び、1つのアプリで多くの収入を得ることができるでしょう。

電話対応

コールセンター

在宅ワークの電話対応にはテレアポやコールセンターがあります。どちらも電話を利用した仕事です。

出来高制の場合と時給制の仕事があるため自分に合った収入スタイルを選ぶことができるのが特徴です。

営業の仕事を経験したことのある人に特におすすめの在宅ワークです。

しかし、目の離せない小さな子供がいたりして電話に集中できない人には向いていません。

子供を保育園に預けていたりして静かな空間を確保できる人に向いている在宅ワークです。

在宅ワークのメリット

ママと子供

子育て中の女性に人気の在宅ワークですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。

在宅ワークへの転職を考えている人はメリットが気になることでしょう。

ここでは、在宅ワークの4つのメリットを紹介します。ぜひチェックしてみてください。

自分のペースで働ける

在宅ワークは自分のペースで働くことができます。余裕を持って働きたい時は仕事の量を減らすことができます。

また、収入をアップしたいという時には仕事量を増やすことが可能です。

ライフスタイルの変化に合わせて仕事も変えていくことができることが、在宅ワークを選択するメリットです。

好きな時に好きなだけ働けるため、気持ちにもゆとりを持つことができるでしょう。

通勤にかける時間を育児にあてられる

通勤

在宅ワークは自宅で仕事をするため通勤がありません。会社員として働く場合は通勤に時間がかかります。

しかし、在宅ワーカーはその時間をカットできるため時間にゆとりを持つことができるのです。

片道30分の通勤時間であっても往復だと1時間もかかります。1時間あれば家事を終わらせることも可能でしょう。

毎朝急いで準備をすることからも解放されるため、ストレスを軽減することができるのがメリットです。

子供の急なトラブルに対応できる

子供のトラブルにも対応できるのも在宅ワークのメリットです。子供は急に熱を出してしまいます。

会社員として勤めていると早退しなければならないため、職場にも迷惑をかけてしまいます。

しかし、在宅ワークであれば一旦仕事を中断して、子供を迎えに行くことができます。

自由な時間を確保しやすい働き方は、子育て中の女性を助けてくれるでしょう。

煩わしい人間関係がない

人間関係

在宅ワークでは人との関わりが最小限になります。そのため、煩わしい人間関係もなくなります。

子育てをしながらの仕事は職場での人間関係がより大切になります。しかし、それをしんどいと思う人もいるでしょう。

また、忘年会や新年会などの飲み会もなくなるので、人間関係でのストレスを感じることはありません。

仕事での人間関係をプライベートに持ち込みたくないとう人には、在宅ワークが向いています。

 

ワンポイント
在宅ワークは時間にも気持ちにもゆとりを持てる。

在宅ワークのデメリット

デメリット

在宅ワークにはたくさんのメリットがありました。しかし、どんな仕事であってもデメリットはあります。

デメリットを知らずに転職すると後から後悔することにもなりかねません。

ここからは、在宅ワークのデメリットを紹介していきます。在宅ワークへの転職を考えている人はチェックしておきましょう。

仕事とプライベートの境目がなくなる

プライベートの空間である自宅で仕事をするため、仕事とプライベートの境目がなくなってしまいます。

集中力が必要な仕事の場合は、仕事と家事の切り替えの度に時間がかかってしまうこともあります。

余計な時間がかかってしまうため、常に仕事をしている状況となることもあるでしょう。

仕事とプライベートの気持ちの切り替えができない人には在宅ワークは難しいです。

締め切り前は仕事に追われる

仕事に追われる

締め切りのある仕事の場合、締め切り前はひたすら仕事をしなければならないことがあります。

在宅ワークは自分一人で仕事を終わらせなくてはなりません。

予期せぬトラブルがあった場合でも、自分で対応する必要があります。

また、締め切りと子供の行事が被ったりすると仕事に当てられる時間が減ってしまうため、毎日夜遅くまで仕事をすることもあるでしょう。

一人で気楽にできる在宅ワークですが、困った時も一人でなんとかしなければならないのが欠点です。

自分のペースで進められる分さぼってしまう

自由に働ける在宅ワークですが、時間の管理ができない人はサボってしまいます。

会社に勤めている場合は周りの目があるためサボることは難しいでしょう。

しかし、在宅ワークは誰に見られるわけでもないのでサボり放題です。

少し休憩をしようと思ってネットサーフィンをしていたら、1時間経っていたというのもよくあることです。

自分のペースで進められる在宅ワークですが、人によってはそれがデメリットにもなります。

 

ワンポイント
自己管理ができない人は在宅ワークに向いていない。

子持ちの女性が在宅ワークへの転職は情報収集が大事

転職

子持ちの女性が在宅ワークに転職するためには、自分の状況に当てはまる情報を集めなくてはなりません。

また、ネットを利用することが多くなる在宅ワークは、ネットでの情報収集がとても重要となります。

しかし、ネットにはたくさんの情報が溢れています。その中から自分にあった情報を見つけることは簡単なことではありません。

子育てに時間をかけたい女性が転職をする場合は、転職エージェントを利用することがおすすめです。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

転職相談

会社員から在宅ワークへの転職は安定した収入を手放すことでもあります。将来に対して不安を抱える人も多いでしょう。

また、どんな在宅ワークが自分に合っているのか分からない人もいるでしょう。

在宅ワークでの転職で悩んだ時はぜひ転職エージェントに相談してみてください。

転職のプロである転職エージェントに相談すれば自分い合った仕事を見つけることができるでしょう。

まとめ

在宅ワーク

独身時代と違って子育てをしながらの仕事は大変です。心にゆとりが持てず悩みを抱えることも多くなるでしょう。

安定した会社員という仕事を手放すことに不安に思うこともあります。

しかし、転職エージェントを利用しつつ自分の生活スタイルとスキルに合った仕事を探せば、楽しく仕事をすることができます。

子供と向き合う時間を増やすためにも在宅ワークへの転職を考えてみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら