ファイナンシャルプランナーという言葉は聞いたことがあるけれどどんな仕事をしている人なのかまでは知らないという人も多いです。

実際に利用したことがある人もいれば、どうやって利用すればいいのかわからないといった人もいます。

悩みや不安があるけれど相談するには勇気もいることでしょう。

FPはお客様のお金に関するあらゆる事柄に一緒になって叶えてくれる存在です。

どんな仕事をしている人なのか、女性でも安心して利用することができるのかなどこれから紹介します。

Contents

ファイナンシャルプランナーのキャリアパスを解説

人差し指を立てている女性
FPにはいくつかの道があります。

学校を卒業してFPとして働いていることが条件になりますがその先のキャリアパスは自分で決められるものです。

こんなにも種類が豊富なのもFPならではのものでしょう。

スキルや知識をつければつけるほどまた新たな道が開ける可能性も大いにあります。

FPの仕事をしていく上で培われるもの、資格をとって新たな道に進むものなど形はそれぞれです。

FPのキャリアパスは一体どのようなものが存在しているのでしょうか。

キャリアパスについてご紹介します。

 

ワンポイント
FPにはいろんな働き方があるからどんな種類があるのかしっかりと理解しよう

ファイナンシャルプランナーの主な仕事内容

セミナーを開いている女性
ファイナンシャルプランナーの仕事は種類にしてみるととても幅広いものになっています。

一概にいうとお客様のお金に関する相談をFPがパートナーとしてアドバイスをしたり、一緒になって相談にのってあげることです。

お金といってもその種類は多岐に渡り教育、住宅ローン、相続、不動産、老後などがあります。

FPはFP技能士を持っている人やそれ以外の関連のある検定資格を持っているものも多くいます。

仕事をするうえで知識やスキルは持ち合わせていますし情報量も多いです。

どんな相談をされても答えられるようにさまざまな情報を得て分析し、お客様にアドバイスするスペシャリストなのです。

お客様は相談されに来ているためお客様自身に知識はあまりありません。

FPがお客様一人一人にわかりやすくアドバイスをします。

その中でおすすめのプランを紹介したりその保険のプランなども伝えてあげるとお客様としてもとても助かるでしょう。

ファイナンシャルプランナーの女性ならではの強みや弱み

佇んでいる女性

女性らしさを活かせる強みは?

FPの元へ相談に来られるお客様にはいろいろな方がいます。

中には妊娠や出産といった女性にしかわからないような悩みを抱えているお客様もいるでしょう。

そんな時FPに相談したいと考えているお客様は女性に話を聞いてもらいたいものです。

男性であればそれらの知識も経験もないからです。

女性が相手なら安心して相談することができます。

女性ファイナンシャルプランナーも自分のこれまでのキャリアや経験を生かしながらお客様に寄り添えます。

中には女性にしかわからない悩みもあるためこれは女性ファイナンシャルプランナーの強みです。

また物事を二つ、三つ考えながら行動することもできます。

順序を立てて効率よく仕事が進むようにできるのも女性ならではのものです。

女性ならではの弱み

あるものごとを考えている間に次の行動に移せることは女性ならではの強みかもしれませんが、FPはそれ以上に仕事量が多いです。

仕事の中には業務のノルマを達成しなければならないものまであります。

そんな時、お客様に対して商品を売るときに少々強引さを強いられる場合も出てくるかもしれません。

穏和な女性FPならそんなことはしたくないと思っている人も多いです。

ノルマ達成のためとはいえ強引に商品を売りつけることはできないと思っている人もいるでしょう。

そうなると昇進がなかなかできなかったり周りから取り残されたりしてしまいます。

 

ワンポイント
女性にとって強みや弱みはいろいろあるからしっかりと理解しよう

ファイナンシャルプランナーの女性におすすめのキャリアパス

ポイントのジェスチャーをする女性

社内で昇進を目指す

仕事をしながら昇進を目指すという手です。

社内でキャリアアップを目指すための試験や業務を重ねていく上で上司から認められるなど方法はたくさんあります。

FPとして会社に勤めているのならいつでも昇進を目指せるチャンスはあります。

それを行うか否かは自分次第です。

ただ昇進が必ず必要というわけではありません。

自分には知識やスキルが十分にあるという自信がついたのなら次につながるために昇進を狙ってみるということでもいいです。

会社では昇進をかけたテストも行われています。

キャリアアップのために昇進をかけたテストに挑んでみるのもいいかもしれません。

独立する

伸びをする女性
どこの会社にも勤めない独立した人のことです。

そのような人のことを独立系FPと呼びます。

自分のこれまでに磨いてきたスキルやキャリアを活かして自分の力で会社を立ち上げます。

個人で動いているため個人のお客様が主な対象です。

またこれまでに培ってきたキャリアを活かしてセミナーを開催したり記事を執筆したりということもできます。

会社という組織ではなく個人で動いているため自分のやり方で幅広い分野に取り組めることも大きな特徴となっています。

違う職種に転職する

今までずっとFPとして働いてきたけれど自分自身のキャリアアップのために全く別の職種に転職したいという人も中にはいるでしょう。

新しい自分を見つけたいという人や違う職種に転職することでもっと自分の可能性を広げたいと思う人もいるのではないでしょうか。

FPはそれなりにスキルも高いですし知識も豊富です。

転職することに不安ではあるけれど高いスキルと知識があればどこにでも転職することは可能です。

これらのスキルを持ってもっと上の位の職業を狙ってみるということもできるかもしれません。

女性がキャリアパスやキャリアアップを考える時の注意点

注意のポーズをする女性

ライブイベントを考慮して考えよう

人生において女性ならではのイベントが日々行われています。

結婚、出産、育児などとても大きなイベントです。

ほとんどの方が行うイベントだと思うのでこれらを意識して考えていく必要があります。

なにか起こってからでは判断力が鈍ります。

その場その場で解決できる問題でもありません。

日頃からいつこの日が来てもいいように前もって考えておくとその日が来た時にスムーズに対応できます。

社会復帰の壁を理解しよう

結婚や出産があるとそれなりに休暇も長く取らなければなりません。

また結婚や出産に関わらず自分が病気で寝込んでしまったときなども仕事に復帰するまで時間がかかってしまうかもしれません。

一度長期休暇を取ってしまったら次の復帰はいつがいいのかわからなくなってしまうという人もいるでしょう。

またその間に新人が会社に入社したとなれば自分が積み上げてきたキャリアに追いつかれてしまう可能性もあります。

会社で働いているとこのような社会復帰の壁があることを十分に理解しておく必要があります。

結婚を意識したキャリアパスの考え方

結婚に悩んでいる女性

結婚を意識したキャリアパス

 
お付き合いをしている相手がいて結婚を考えている場合は結婚を意識して今後のことを考えていかなければなりません。

結婚後も変わらないという人もなかにはいるかもしれませんが頭の中に今後どうするかということを視野に行動していく必要があります。

結婚は自分一人の問題ではありません。

相手の方としっかり相談して決めていく必要があります。

仮に仕事を辞めることになったとしてもこれまでの自分の知識やキャリアがすべて失われるわけではありません。

また違った場所で活躍できる場合もあるため考えれば考えるほど解決に導く案はたくさんあります。

結婚するから仕事を辞めるという考えではなくこれからゆっくりと動いていけばそのうちに答えも見つかることでしょう。

焦って決めてしまうと後悔してしまうことになります。

結婚後の働き方

結婚という人生の一大イベントを迎えたあとのことについて考えていかなければなりません。

結婚後も結婚前と変わらずバリバリ働くのか家庭に入るのかは悩ましいところです。

ただ完全に家庭に入ってしまったら今まで触れ合ってきた社会とは疎遠になってしまいます。

さらに環境の変化や今までのような貯金もできなくなってしまうでしょう。

結婚後、全く働かなくなった場合は人生がまた大きく変わってしまう可能性もあるため慎重に決めていくことをおすすめします。

今の時代では結婚をしていても共働きがほとんどです。

結婚したから家庭に入るというのは古い考えなのかもしれません。

自分がFPであるのなら自分のためにその能力や知識を活かしてみるのもいいかもしれません。

家庭と育児の両立はできる?

子供を抱っこしている画像
大きな会社であればあるほどそれなりにいろいろな制度が整っていますので育児との両立は可能です。

ただしキャリアアップを望んでいる場合や仕事自体にノルマが発生している場合は難しいかもしれません。

また子供が小さいときは手が離せない時がほとんどです。

そんな中、育児をしながら働いていると自分自身がストレスに追い込まれ倒れてしまいます。

このまま自分がファイナンシャルプランナーでいたいなら育児との両立が自分にはできるのかしっかりと考える必要があります。

自分自身のためにFPの力を使って動いてみるということもいいかもしれません。

ファイナンシャルプランナーとしてキャリアアップするには?

パソコンを操作している女性
ファイナンシャルプランナーとして今後キャリアアップしたいと望んでいる人は多いことでしょう。

せっかくファイナンシャルプランナーになれたのにキャリアアップできていない自分やそれをしない人はもったいないです。

キャリアアップをするなら必要な資格を取得することが一番です。

ファイナンシャルプランナーに関連のある資格はたくさんあります。

AFPやCFPなどといった業界用語で知るようなものもあります。

また資格を取得してファイナンシャルプランナー技能士になることもできるのです。

資格を取得してすぐにキャリアアップにつながるというわけではありません。

しっかりと必要な知識を身につけてそれが会社で活かすことができればキャリアアップにつながっているといえます。

キャリアアップするには挑戦することを忘れないことです。

最初から怖がっていたり難しいから無理だと諦めているとキャリアアップすることは到底叶いません。

 

ワンポイント
いろんな種類の資格がありますがFPに関連のある資格を取得するようにしよう

ファイナンシャルプランナーに役立つスキルや知識

勉強している女性

ライフプランニングの知識

長い人生においてイベントごとはたくさんあります。

在宅を新たに購入するときや子供の教育費など生きていく上でお金とは常に隣り合わせにあるものです。

まとまったお金が必要になったときすぐに用意できそうにないという人も中にはいることでしょう。

そんな時にライブプランニングの知識が必要なのです。

今後の生活において知っておいて損はないものになりますので知識として身に付けておけばいざというときに力になります。

自分の人生がどうありたいかということを設計するとよりよいものになります。

リスク管理能力

資料を手に説明する女性
自分や自分の周りでまだ起こっていないけれどこれから起こりそうな出来事をいかにうまく避けるかという能力です。

時には何か大きな危険が潜んでいたり大きな損害を受けてしまう可能性があるかもしれません。

そんなときにまだ起こっていないけれどこれから起こるかもしれないという時にこの能力を知っておくと有利です。

能力を知ることにより瞬時に問題解決ができるかもしれません。

知識として知っておくことで自分のためにもなります。

またこの知識を持っていることで身近に困った人がいた場合にも助けてあげることができるのです。

危険な出来事を把握するだけでも自分の知識として蓄えられます。

金融資産運用の知識

生活のために身につけておいた方が得をする知識です。

資産運用という言葉を使うと難しいから関わりたくないと思うかもしれません。

ですがこのスキルをマスターすれば働く上でも有利になりますし知識もつきます。

資産運用はとても大事なことです。

敬遠されることかもしれませんが知っておいた方が自分の武器になりうまく節約ができたりします。

資産運用を知ることで生活するうえでも自分が得をすることが増えます。

お金とは常に隣り合わせにあるのです。

生活していくうえでは必要不可欠なものになりますし身につけておいて損はありません。

内容を知らないという人が多いと思いますので自分が知ることで周りとの差をつけましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

案内している女性
転職したいと思っている人の理由はそれぞれですが一人で抱え込んでしまうと周りが見えなくなったりします。

さらにひどく疲れてしまう場合もあるでしょう。

一つまた新しい場所へ転職したいと思うのなら迷わず転職エージェントに相談してみましょう。

人に話を聞いてもらうだけでも自分の中にある負担は軽減されます。

どう伝えていいのかわからないのであれば特徴を捉えながら一つずつ時間をかけて話をしてみましょう。

転職エージェントは転職者の味方です。

いろいろな転職者の支えとなっていますので転職エージェントのキャリアも大いにあります。

自分一人で解決できないことがあるならまずは相談するところから始めてみましょう。
 

ワンポイント
・一人で抱え込まない
・悩みや不安は相談する

まとめ

分厚い辞書を開いている画像
FPには幅広い知識を持ち合わせていないと難しい職業です。

お客様に寄り添い時には自分自身のためにそれに見合った行動をしなければなりません。

女性に有利な場合もあれば女性には不利になってしまう事柄もあります。

女性には生きていく上で日常的にイベントが盛り込まれています。

そのイベントごとにどう対応していくのか、自分の仕事についてどう対応していくのか自分自身が鍵となる時がやってくるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら