未経験だけど、営業の仕事に挑戦してみたいと考える女性も多いのではないでしょうか。

その中でも企画から携わり、やりがいを感じられる企画営業という職種は大変魅力的です。

一方で未経験でも本当にできるのか、きつい仕事なのではないかと不安を感じる人もいるでしょう。

転職活動を始める前に希望する仕事について理解することは非常に大切です。

企画営業の仕事に就いて詳しく見ていきましょう。

企画営業の仕事内容を解説

電話をするビジネスウーマン

企画営業の仕事内容について具体的に説明します。

転職してから公開しないためにも、どのような業務を行っているのか必ず確認しておいてください。

クライアントの開拓

企画営業では、まずクライアントの開拓を行います。

新人の場合も、通常はまずこの業務からです。新規開拓に向けて、自社商品やサービスを取り扱ってくれる企業を探します。

いくら自社の商品やサービスに魅力があったとしても、それを必要としない企業に売り込んでも新規開拓できる可能性は低いでしょう。

そのためニーズがある企業を探し出すことが腕の見せどころです。具体的な業務は以下のようになっています。

自社商品を扱ってくれそうな企業を選定してリストアップする

リストアップした企業にメールや電話でアポイントを取る

一見地味な作業に見えるクライアントの開拓ですが、営業職には欠かせない重要な業務です。

アポが取れた際には営業としてのやりがいを感じることができるでしょう。

またクライアントの開拓を行うには、自社の商品やサービスへの理解や市場動向を見極めることも必要になります。

企業へ営業訪問

クライアントの開拓で企業にアポイントが取れたら、次は実際にその企業へ営業訪問です。

営業訪問では具体的に以下のことを行います。

  • 自社の商品・サービスの説明
  • 企業側に要望や予定などをヒアリング

ただ自社商品の説明や相手の話を聞くだけではありません。

過去の実績を見せたり「この部分はこうしたほうが良いでしょうか」など自ら提案したりすることも大切です。

企業への営業訪問では、企業に合った商品やサービスとはどのようなものなのかを明確にします。

企画の提案

オフィス内の打ち合わせ

企業訪問をして無事良い返事をもらえたら、次は企画の提案です。

企業訪問でヒアリングした内容を元に、どのような商品やサービスが企業に合っているかより貢献できるかを考えます。

企業のニーズに合った商品やサービスを具体的に考える(商品のカテゴリーやサイズ、コストなど)

  • 企業に説明する際の資料やサンプル作りを行う
  • 企画が出来上がったら、再び企業に訪問しプレゼンを行う

契約が取れるように、十分な準備を行ってから企業側に企画提案する必要があります。

企画営業の仕事は、営業だけではなく、企画から携われることが魅力です。

企業のニーズをうまく汲み取り、自分のアイディアを形にする仕事はとてもやりがいがあります。

新商品の開発

企業側に提案を受け入れてもらい、無事に契約を取ったあとはいよいよ新商品の開発です。

後は開発部や製造に任せることになると思う人もいるかもしれませんが、そうではありません。

企画営業はここでもしっかり関わります。

  • 納品に向けてスケジュールを組み立てる
  • スケジュール調整、関係部署や工場と必要なやりとりを行う(商品の数、コスト、納期などを調整する)

商品やサービス展開に必要な調整をします。関係各所との連携も大切となり、問題なく納品するためにも管理能力が求められます。

 

ワンポイント
企画営業はクライアントに企画と商品を提案するだけではありません。
その商品を開発するまでが仕事です。

企画営業と営業企画の関連性は?

疑問を持つ女性

企画営業に興味がある人の中には、営業企画という職種を聞いたことがある人もいるでしょう。

言葉の組み合わせが逆ですがそれぞれ仕事内容が違うので注意です。

企画営業は企画をし、実際に営業までを行います。

それに対し営業企画は企画には携わりますが、企業訪問などの営業は行いません。企画営業を補佐する仕事を中心に行っています。

企画営業が営業を成功させるためにも営業企画の役割は非常に重要です。

営業企画は単にアイディアを出すのではなく企業や市場の動向・データに基づいて状況を把握するスキルが求められます。

これは数字を用いて客観的に物事を考える必要があるためです。営業の経験者が営業企画を行うケースが多くなっています。

企画営業に求められるスキルは?

PCで説明するビジネスウーマン

次に企画営業の仕事に就く上で求められるスキルを解説します。

転職する際にこれらのスキルを持っておくと選考でも有利になるでしょう。

PCスキル

営業職はコミュニケーション能力が重要視されがちですが、PCスキルも必要です。

企画営業職においても資料を作成したりデータをまとめたりといった事務作業があります。

そのため、PCスキルもある程度必要です。具体的に必要なスキルは以下が挙げられます。

  • Excelスキル

見積書や発注書・請求書を作成するのも企画営業の仕事です。数値を取り扱うため正確さが重要になります。

関数を使用したり、表作成も行ったりすることが多いためExcelの基礎的な知識も必要です。

  • Wordスキル

資料や企画書などを作成します。見やすいレイアウトにしたり、表やグラフを作成したりする業務も企画営業の担当です。

  • PowerPointスキル

プレゼンを行う際PowerPointを使用することがあります。

スライドの資料を作成し、企業へ営業訪問する際に活用するために使うのです。

図やテキスト・画像だけではなくアニメーションを入れることも可能です。

より分かりやすいプレゼンをするために役立つので簡単な知識があると良いでしょう。

PCに自信がない方やPC業務が未経験の方も、基礎的な知識は身に付けておくことが大切です。

ビジネスマナー

お辞儀する女性

ビジネスマナーは社会人の基本です。特に営業職ではクライアントの企業と接する機会が多いため、必須のスキルとなります。

また企画営業職であれば、社外のみならず社内の他部署や工場とやりとりすることもあるものです。

円滑にコミュニケーションを行うためにもビジネスマナーは重要といえます。

  • メールでのビジネスマナー
  • 電話応対でのビジネスマナー
  • 名刺交換のビジネスマナー
  • 商談時のビジネスマナー

また、身だしなみに気を配ることもビジネスマナーの一つです。

普通運転免許

営業職は運転免許が必要であることもよくあります。

車でクライアントに出向くこともあるため、運転免許が必要になることが多いのです。

もちろん車を運転しない業務もありますが、顧客の元に出向いてこその営業といえます。

運転免許を持っているとその分応募できる求人の数も増えるので可能なら免許を取得しておくと良いでしょう。

 

ワンポイント
企画営業は営業の一つですが、資料やスライド作成といった事務のような仕事も行います。
その上車でクライアント先に向かうため、スケジュール上からもハードな仕事であることが分かるでしょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

企画営業に向いている女性の特徴

人差し指を出す女性

企画営業に向いている女性は一体どのような人なのでしょうか。企画営業職に興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

色々なアイディアを思いつく

企画営業はさまざまなアイディアを出して企画を行います。アイディアを自分で考えられることが重要になるでしょう。

特に女性の場合は柔軟な考えを出すのが得意という人が多いため、企画営業として活躍している人も多数います。

企画営業では自分の趣味やライフスタイルなどからヒントを得て、企画に活かすことが可能です。

また主婦の経験がある人は役に立つ便利な物が欲しいと考える機会も多いのではないでしょうか。

女性ならではの発想が浮かび、企画に役立つ可能性があります。

日々の生活で様々な商品やサービスにアンテナを張っている人は企画営業に向いている人です。

アイディアを思いつきやすくなりより良い商品やサービスの企画ができるでしょう。

積極的に行動できる

営業職は自分から積極的に行動できる人が向いています。

あまりに消極的すぎると企画の提案やクライアントとの商談がスムーズに進みません。

多少不安に感じることがあっても、必要以上に自ら積極的に行動しようという姿勢が大切です。

企画の段階でアイディアを出す際や企業訪問時に改善策を提案する場合など、積極性を持って動ける人は企画営業に向いています。

また、さまざまな人と関わる仕事なので、積極的にコミュニケーションが取れることも重要です。

企画営業の仕事のやりがいは?

はれやかな女性

企画営業の仕事は営業だけでなく、企画も行うことができる職種です。具体的にどのようなやりがいがあるのか紹介します。

顧客のニーズに応え喜んでもらえた時

企画営業では、顧客のニーズに応えて喜んでもらえた時にやりがいを感じられるでしょう。

企画営業職の人はクライアントが自社商品やサービスを使うことで、より良い状態になるためにはどうすればいいかを常に考えます。

クライアントからのヒアリングで得た情報やアイディアをもとに熟考し、顧客のニーズに合った企画を作るのです。

実際にクライアントに提案を受け入れてもらった時は嬉しさもひとしおです。

顧客先から、「このような商品がほしかった」「サービスを考えてくれて嬉しい」といった言葉をもらえることもあるでしょう。

ニーズに応えることができたと達成感を味わえます。

クライアントと開発した商品が売れた時

クライアントと開発した商品が売れた時も企画営業にとって嬉しい瞬間です。

企画営業職はアポ取りから始まり、さらに企画の段階から商品やサービス作りに携わっています。

商品の売り上げが良いと人一倍嬉しい気持ちを味わえるでしょう。

また売上などの結果を出すことができれば、今後のキャリアを築くうえでの自信にもつながる筈です。

自分だけでなくクライアント側の方とも喜びを共有することもできるため、やりがいがある仕事だと再認識できます。

企画営業の大変なところ

混乱するビジネスウーマン

営業職は業務量が多く、数字に追われることもあるためハードな仕事という印象を持っている人も多いのではないでしょうか。

どんな仕事でもそうですが、企画営業の仕事はやりがいがある一方で大変だと感じる面もあるものです。

企画営業の仕事は、通常の営業職と同様にクライアント先へ足を運びます。

そのため営業に出向いて帰ってきたあと、事務作業を開始することも多いです。

自分一人で完結する仕事ではないので、スケジュール調整などにも常に気を配らなければいけません。

一つのミスが大きなミスにつながることもあるため、慎重に業務を行うことも必要です。

そして営業職なので結果が求められます。当然目標達成へのプレッシャーもあるでしょう。

加えて企画営業職の場合は営業だけでなく企画も行うため、良いアイディアが浮かばないと頭を抱えてしまいます。

企画営業の場合は企画から業務を担当するため、問題なくクライアントへ商品やサービスを提供するまで責任感が伴います。

 

ワンポイント
企画営業は心身共にハードな職業です。またアイデア力も必要になるため、抱え込んでしまうことも多いでしょう。
人と人が関わる仕事なので、何かあれば相談できる社内の人間関係を構築しておくことをおすすめします。

企画営業の仕事で活かせる経験

会社員の女性

企画営業の仕事を希望する人の中には、自分の経験を活かしたいと思っている人もいるかもしれません。

まず、すでに何らかの営業経験がある人であればその経歴を活かせます。

すでに営業のスキルがある程度身に付いているので、即戦力として期待されまるでしょう。

営業経験が未経験の場合でも、今までの経験が企画営業に活かせる可能性があります。

接客をしていた場合は、顧客とのやりとりで身に付けたコミュニケーション能力を企画営業職でも活かせるでしょう。

また納期がある仕事をこなしていた場合は、スケジュール調整などの経験が活きるはずです。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

企画営業になるためにやるべきこと

中高年の男性と会話する女性

企画営業の仕事に挑戦してみたい人は、普段から以下のことを意識すると良いでしょう。

普段の生活で心がけるだけで、転職の面接時でも熱意をアピールすることができます。

最新の流行や話題に敏感になろう

企画営業には、市場の動向やさまざまな商品・サービスを理解しなくてはいけません。

クライアントに合った商品やサービスを企画するために、最新の流行や話題に敏感になることが大切です。

どのようなアイテムが人気あるのか、幅広い層に支持されるには何が必要なのか。

これらをチェックすることは、企画で使えるアイディアの手がかりになります。

マーケティングを意識して、自分の興味ある分野だけではなくより広い範囲まで興味を持つと良いでしょう。

相手の「困っていること」を見抜く洞察力を身につけよう

会議

クライアント企業の課題を解決することが、企画営業の重要な役割です。

顧客の困っていることは何かうまく聞き出し、どうすれば役に立てるかを考えることが大切といえます。

ただ話を聞くだけではなく、自分で問題点を見極めて顧客が気づかなかった点にも気づいて指摘するスキルが求められるのです。

そのためには普段から物事を観察し、問題点を見つけて客観的に考える能力を高めると良いでしょう。

相手のためになりたい、アドバイスをして問題解決の手助けをしたいという思いが、企画営業をする上では重要になります。

 

ワンポイント
洞察力とは「本質を見抜き物事の背景を推測する力」です。
異なる価値観に触れ、何度も失敗すことで洞察力を鍛えることができます。
日頃から意識しておくと良いでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

胸に手を当てる女性

企画営業に転職したいものの、本当に仕事ができるか不安という人も多いのではないでしょうか。

そんな人におすすめしたいのが転職エージェントです。

サービスを利用することで自分に合った職場を見つけやすくなるだけでなく、給料などの交渉も行いやすくなります。

すでに営業経験がある人はもちろん、転職辞退が初めての人やアドバイスを聞いてから転職を進めたい人にとってもおすすめです。

自分の一番の強みやアピールした方が良い経歴・スキルなど、さまざまなアドバイスをもらえます。

また、営業未経験の人にも転職エージェントはとてもおすすめです。

未経験であれば、アピールできるスキルや経験がないと自分では思ってしまうかもしれません。

転職エージェントは十分にアピールできる能力や経験を一緒に見つけてくれます。

書類選考から面接対策までしっかりフォローしてくれるので自信を持って取り組みやすくなるのです。

転職を成功させるためにも転職エージェントをうまく活用しましょう。

まとめ

パソコンを持つ女性

企画営業は企画から営業まで幅広い業務を行います。

そのためとてもやりがいがあり、スキルや経験も身に付けられる魅力ある職種です。

未経験でも挑戦できるケースも多く、安定した仕事に就きたい人やキャリアチェンジしたい人にもおすすめできます。

女性ならではのアイディアを活かせる仕事企画営業の仕事が気になっている人はぜひチャレンジしてみてください。

 

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら