転職の面接で「尊敬する人は?」と聞かれた場合、どのように答えたらいいのでしょうか。

答え方によって、良し悪しはあるのでしょうか。

回答のポイントやOKとNGの例などをご紹介します。

転職面接で「尊敬する人は?」の答え方を解説

OKサインを出す男性

今回は、面接で尊敬する人を聞かれた場合の答え方について解説していきます。

面接官は、どのような意図で、どんな回答を期待してこの質問をしているのでしょうか。

それを頭に入れた上で回答を考えていきましょう。

面接官の質問意図は?

面接官

企業側は、「尊敬する人は?」という質問で何を知りたいのでしょうか?

もちろん、アンケートのようにただ名前を挙げればいいわけではありません。

面接官はこの質問を通して、応募者の価値観・自己分析力・将来像について手がかりを得ようとしているのです。

順に詳しく解説していきます。

応募者の価値観を知りたい

応募者がどんな人物を尊敬しているのか聞くことで、応募者がどのような価値観を持つ人物かある程度判断することができます。

応募者がなぜその人物を尊敬しているのか聞けば、応募者自身がどんな思想を大事にしているかが分かるからです。

例えば「こうと決めたら最後までやり通す責任感」や「トラブルが起こった時のリーダーシップ」などが挙げられます。

そこから、応募者がどのような姿勢で仕事に臨む人物かを判断しているのです。

応募者の自己分析力を知りたい

履歴書を持つ女性

応募者の自己分析力についても、この質問の答えから読み取ることができます。

尊敬する気持ち、というのは、自分にないものを他人の中に見る時に生まれるといえるでしょう。

自分にないからこそ素晴らしいと思えるのであって、自分の課題として気づいているということでもあります。

そのように、自己分析ができているかについても企業側は知りたいと思っているのです。

応募者の将来像を知りたい

そして、この質問からは応募者が目指す将来像も見えてきます。

尊敬する人がいれば、「私もこうなりたい」「この人を見習いたい」と思い、そうなれるよう努力していくものです。

応募者が将来どんな社員となってくれそうなのか、採用後のイメージをより具体的に描きたいと思っています。

 

ワンポイント
「尊敬する人」を聴くことで、企業は応募者の価値観・自己分析力・めざす将来像を把握する狙いがあります。

尊敬する人に誰を挙げるべき?

 

考える女性

それでは、具体的にどんな人物を「尊敬する人」として挙げたらよいのでしょうか。

一般的には、家族・歴史上の人物・芸能人などが挙げられます。

詳しく見ていきましょう。

家族

両親や兄弟姉妹などは、近くで長い間その姿をよく見てきて当然よく知る人物でしょう。

面接官は、なぜその人物を尊敬しているのか理由を知りたいと思っていますから、あまり詳しく知らない人物は避けるべきです。

その点、身近な人なら具体的なエピソードが想起できるため、答えやすいといえます。

深く掘り下げられた時にも答えに窮することはないでしょう。

また、尊敬する人として家族を答えに挙げる応募者は、良好な家庭環境の中で大切に育てられた印象を与えます。

身近な人に感謝する気持ちを持つ素直な人物と思えるため、面接官も好感を抱くでしょう。

ポイントとしては、「なぜ尊敬しているか」を具体的に説明する必要があります。

ただ身近にいて接する機会が多いだけと思われないよう、明確な理由を伝えましょう。

歴史上の人物

考える女性

歴史上の人物、特に誰もが知るような有名な人物であれば、相手に伝わりやすいというメリットがあります。

その人物の業績や人柄などを挙げ、なぜその人物を尊敬しているのかを具体的に伝えましょう。

ポイントとしては、ただの人物紹介で終わらないよう、どのように尊敬し、目標としているかを述べる必要があります。

また、その人物についての知識が浅い場合も説得力がありません。

しっかりとその人物について深掘りしたうえで、自分の目指すキャリアや人物像と重ね合わせて説明しましょう。

芸能人

尊敬する人物として芸能人を挙げてももちろん構いませんが、注意すべきところがいくつかあります。

ただ好きなだけではなく尊敬する理由を明確に述べ、自分にどんな影響を与えているかをきちんと伝えましょう。

心に刺さった言葉やエピソードなどと共に、それをどのように自分の行動に活かしていくのか説明することが重要です。

また、好き嫌いが大きく分かれるような人物は、理解につながりにくいことがある点も注意しておきましょう。

「尊敬する人は?」の回答のポイント

解説

この質問に回答する際には、意識してほしいポイントがいくつかあります。

ただ人物を挙げるだけではなく、面接官が求める「応募者の価値観」がしっかりと伝わるように答えたいものです。

以下に詳しく説明していきます。

尊敬する理由を具体的に伝えよう

なぜその人物を尊敬しているのか、理由を具体的に伝えることが重要です。

例えば、「偉業を成し遂げたから」というだけでは、その人の凄さは理解できても、なぜ尊敬しているのかが伝わりません。

「偉業を成し遂げるときにこんな努力をしていたから」のように、人柄まで掘り下げて説明する必要があります。

尊敬する理由を具体的に挙げることで、自分の目指している姿が伝わるように工夫しましょう。

尊敬する人に見習っていることを伝えよう

尊敬する人に影響を受けて、見習っていること・心がけていることを積極的に伝えましょう。

目指すべき姿に自分も近づくために努力しているかどうかで、向上心や行動力のある人物かどうか評価されます。

もちろん、それが業務上必要になることや役に立つことであれば、面接官に対する印象もぐんと良くなるでしょう。

尊敬する人の姿を通して、仕事に対してまっすぐに向き合い、努力する自分を印象付けられれば成功といえます。

 

ワンポイント
回答の際には、尊敬している理由を具体的に挙げ、それを見習って自分も努力していることを伝えましょう。 

「尊敬する人は?」の回答する時の注意点

ノートを持つ女性

反対に、注意すべき点についても知っておきましょう。

尊敬する人に対する理解が浅かったり、応募者自身の考えが見えないと、とってつけたような回答になってしまいます。

具体的にみていきましょう。

尊敬する人への理解が浅い

あまり知らない人物を挙げた場合、尊敬している理由を説明する材料が少なくなり、内容が薄いという印象を持たれてしまいます。

加えて、ぼんやりとしたイメージや抽象的な説明になってしまい、説明力がない・話が分かりづらいと思われることも。

尊敬する人物を挙げる際は、尊敬する理由を具体的なエピソードとともに説明できるように理解を深めておきましょう。

自分の考えがない

尊敬する人物について深い知識がある場合でも、人物の解説に終始してしまうことは避けましょう。

そこからは応募者自身の考えが見えてきません。

面接官が知りたいのはその人物の功績ではなく、あなた自身のことなのです。

その人物について自分はどういった点を尊敬し、どのように自分に落とし込んで成長していきたいのかを伝えましょう。

 

ワンポイント
尊敬する人物への理解が浅かったり、自分の考えがなかったりすると、あなたの良さが伝わりません。

「尊敬する人は?」の回答の例

指し棒

それでは実際の回答例を見てみましょう。

父親の場合

私の尊敬する人は父親です。

父は、「これをやる」といったん決めると必ず実現するまでやり通す粘り強さを持っています。

仕事をしながら国家資格取得の勉強をしていた頃は、毎日片時もテキストを手放さず、無事に一発合格したそうです。

地味な作業を1日も休まず長期間継続することは、誰にでもできることだとは思いません。

父の姿を見て、私も何か目標を持った時にはとにかく続けることを意識しています。

受験の時には朝5時に起きて勉強する、ということを決めて試験当日まで毎日実行することができました。

今後も、この時の経験と父の姿を思い出し、成功するまで地道な努力を毎日続けていくつもりです。

習い事の先生の場合

私の尊敬する人は、小さい頃から長く通ったピアノの先生です。

たくさん練習しているつもりなのに上手く弾けない、と悩んだことがあります。

先生は『まずどこが上手くいかないのか分析してみよう』と言いました。

先生と一緒にどこで詰まっているのかを丁寧に調べ、つまずいている箇所を見つけることができたのです。

そこを意識して練習することで上手く弾けるようになり、次のステップに進めるようになりました。

その後勉強や他のことでも、上手くいかない時にはボトルネックを探し、そこを集中して修正することを意識しています。

今では、物事を分析し、いかに効率よく目標を達成できるかという考え方が染みついてきました。

「尊敬する人は?」の回答のNG例

バツの札をあげる女性

では、不十分と評価されがちなNG例とその対処法を見てみましょう。

母親の場合

「私の尊敬する人は母です。

母はとても面倒見のいい人で、いつも私や兄弟を最優先に考えてくれています。

仕事をしながら家事も手を抜かず、おいしい食事を作ってくれて家の中はいつもきちんと整理されていました。

疲れていた時もあったと思いますが、私たちにはそんな姿は見せずにいつも笑顔で育ててくれたと思います。」

答えに両親を挙げる場合には、このように感謝状になってしまいがちです。

特に具体的なエピソードもなく、自分の行動にどんな影響を与えたのかも不明瞭になってしまいます。

身近な人物を挙げる場合には、具体的に尊敬している点とそれを自分の行動にどう生かしているかを述べましょう。

「私の尊敬する人は母です。母は常に優しく笑顔で、不機嫌な姿を見たことがありません。

どうしていつも笑顔でいられるのか尋ねると、『自分が笑顔でいることで周りの人も優しい気持ちになるから』と教えてくれました。

私は自分の気分のままに行動し、周りの人のことまで考えていなかったことが恥ずかしくなったのです。

それからは努めて明るく、機嫌良く過ごすことを意識しており、周りに味方になってくれる人が増えたと感じています。

これからも困難な時にこそ笑顔を忘れずに、どんな時も周りの人に貢献できる人間でありたいです。」

これなら応募者が心がけていることが伝わり、企業にもいい影響を与えてくれそうだと評価してもらえるでしょう。

マザー・テレサ

考える女性

「私が尊敬するのはマザー・テレサです。

マザー・テレサはキリスト教のシスターで、貧しい人や病気に苦しむ人々を救済した偉大な人物でもあります。

彼女はホスピスや児童養護施設などを造り、多宗教の人でも分け隔てなく最期まで看取りを行いました。

どんな人にも大きな愛で接し、それを生涯貫いたところを尊敬しています。」

多くの人が知っている内容を説明するだけになってしまい、平凡でつまらない回答という印象です。

より具体的にどんな人柄を尊敬しているのか、それをどう自分に活かすのかを伝えましょう。

「マザー・テレサは私利私欲を全く持たず、貧しい人達の力になろうという姿勢を貫きました。

自分のためではなく周りの人のための行動を優先したことで、多くの人の心を動かし、大きなことを成し遂げたのです。

私も彼女を見習い、自分のためではなく常に周りの人の利益になる行動をしようと心がけています。」

このように、尊敬する人を見習って自分の行動にどう活かせるかを述べることで効果的にアピールできるでしょう。

尊敬する人が思いつかない場合は?

悩む女性

「尊敬する人はいません」と答えてしまうと、目指すビジョンがない人や成り行きで行動する人と思われてしまいます。

もし具体的に「この人物」と答えられない場合でも、自分が目指す人物像将来のビジョンを明確に話すようにしましょう。

面接官は「応募者がどんな行動を意識しており、どんな将来像を描いているか」が分かれば、具体的な人物名は関係ないのです。

その場合の答え方としては以下のようになるでしょう。

「尊敬する人と言われて具体的に思いつく人はいないのですが、他人のために行動できる人に感銘を受けることが多いです。

自分の利益は後回しにし、他人の利益のために行動するのは簡単なことではありませんが、社会から必要とされる存在といえます。

私もそんな人物になれるよう、常に周囲の利益を意識して行動するよう心がけています。」

 

ワンポイント
具体的な人物が思い浮かばなくても、自分の価値観や将来像を伝えられればOK!

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

 

注意

転職を成功させるには、あらゆることに対する調査、準備が必要です。

もしわからないことや不安なことがある場合は、転職エージェントに相談するのがおすすめです。

転職エージェントは豊富な情報や経験を持っています。

どんな初歩的な質問にもしっかりと親身になって答えてくれ、あなたの力強い味方になってくれるでしょう。

まとめ

お任せ

「尊敬する人」の質問を通して自分をアピールするためには、自分を知ることから始まります。

自分はこんな価値観を持っていて、将来はこのような人物になりたいということを具体的に伝えることが重要です。

企業側の欲しい人材とマッチするように、あなたの良さと求められる人材を結び付けられるようなアピールを目指しましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら