広告テレビ業界が好きな人にとってメディアプランナーは憧れの仕事でもあります。

メディアプランナーはメディア業界での営業やクライアントが運用するメディアのプランニングを担う職業です。

今回はメディアプランナーの志望動機の作り方や面接時の回答ポイントについてご紹介します。

Contents

メディアプランナーの志望動機の作り方を解説

考える女性

メディアプランナーの志望動機を作るにあたり明確にしておくべきことが3つあります。

以下の項目を参考にまずは志望動機の軸となる応募理由を明確にしてみましょう。

  • 広告業界を志望する理由
  • メディアプランナーを志望する理由
  • その会社を志望する理由

メディアプランナーは人気の職種なため上記3つをしっかり志望動機に記載することが大切です。

上記の3点は面接で採用担当者が質問する内容でもあるためしっかりと自己分析を行って回答を用意しておきましょう。

書類にて志望動機作成の際は上記3つの理由の中から1番インパクトがあるものを冒頭に記載してください。

志望動機は要点→理由→具体的エピソード→抱負の順に記載すると面接官に伝わりやすくなります。

 

ワンポイント

インパクトのある内容で採用担当者の興味をひきましょう。

そして具体的な説明で説得力のある内容を伝えることを意識することが大切です。

メディアプランナーへ志望する前に行うこと

メディアプランナーを目指すのであれば事前準備が非常に大切です。

なにも業界のことを知らないで面接を受けても採用される確立は非常に低いでしょう。

まずは以下の項目を参考にメディアプランナーへの就職準備をしっかりしてください。

入社してからの構想を考えておく

やる気溢れる新人女性

メディアプランナーは自分で考えて行動するスキルが求められる職種でもあります。

入社後の研修の有無にかかわらず、入社してからの構想を具体的に持っている方がよいでしょう。

面接でも入社後の構想をアピールすることで採用担当者に好感を持ってもらえる可能性が高まります。

まずは入社したらメディアプランナーとしてどんなことに挑戦したいか、何を実現したいかを具体的にしましょう。

就職成功の秘訣は自分の考えた入社後の構想が企業の求める働き方と一致することです。

応募先企業が求める人物像や働き方を意識しながら構想を考えてみてください。

広告業界の本質をしっかりと研究しておく

虫眼鏡を持つ女性

広告業界の本質をしっかりと把握しておくこともメディアプランナーを目指す上で大切なことです。

特に新卒採用や業界未経験からの転職の場合は広告業界の本質を把握した上で「なぜ広告業界で働きたいのか」を説明できるようにしましょう。

よくテレビCMが好きで広告業界に就職したいという学生の志望動機があるのですが、具体性のない志望動機は印象に残りません

広告業界の本質を理解した上でなぜ広告業界で働きたいのかを具体的に説明できるようになることが大切です。

その企業を選んだ理由を考えておく

人差し指を指す女性

広告業界も幅広い業界ですので、応募する際はその企業を選んだ理由まで明確に説明できるように準備しておきましょう。

この理由は採用担当者が面接で知りたい内容の1つです。

ただ「業界NO1だから」や「知名度の高い会社だから」では面接官に好感を持ってもらうのは難しいと認識しておきましょう。

企業を選んだ理由はより具体的に企業のどんなところに興味をもったかを説明できるようにすることが大切です。

志望動機と自己PRの関連性は

志望動機と自己PRはいずれも採用担当者が1番興味を持つトピックです。

履歴書でも面接でも一貫性をもって対応できるように意識しておきましょう。

志望動機だけでも採用担当者に自己PRをすることは十分に可能です。

逆に自己PRに志望動機を盛り込むこともできます。

関連性の高い2つのトピックだからこそ一貫性を持たせると相手に与える信憑性も高まります。

志望動機

メモをとる女性

志望動機は応募先企業を選んだ理由と入社後時実現したことを伝えるのが良いといわれています。

志望動機で自分の強みも自己PRしたい場合は入社後に実現したいことを伝える際に盛り込むことも可能です。

メディアプランナーを希望する際は広告業界を選んだ理由とどんなメディアプランナーになりたいかを具体的に且つ簡潔に伝えましょう。

入社後の働くイメージができている人のほうが採用担当者にも一緒に働くイメージを持ってもらいやすい傾向にあります。

入社後の自分までしっかり想像して志望動機を作成してみてください。

自己PR

比較する女性

自己PRは自分の持っているスキルや経験をアピールして採用担当者に自分を知ってもらうためにあります。

自己PRを具体的に伝えるためには自分の過去を十分に分析し具体的なエピソードを元に自分の強みを伝えることが大切です。

自分の強みを明確に伝えた上でそのスキルが応募先企業でどのように活かせるかを伝えると採用担当者の印象に残ります。

また企業の求める人物像と自己PRの内容が合致することも重要ですので、まずはその企業が求める人物像から把握しましょう。

 

ワンポイント

志望動機と自己PRをしっかりと区別して効果的に活用できるようにできるようにしましょう。

一貫性を持たせながらも2つの側面からより具体的に自分のことを知ってもらえるように工夫することが大切です。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

メディアプランナーの志望動機の基本ポイント

メディアプランナーの志望動機を作成するにあたり基本的なポイントが2つあります。

以下の項目を参考に自分なりのメディアプランナーの志望動機を考えてみましょう。

結論から述べる文章構成にする

スーツの女性

まず先ほどもお伝えしましたが、志望動機の文章構成は結論から述べることを徹底しましょう。

結論から述べることで伝えたい内容が採用担当者に伝わりやすくなります。

また何故メディアプランナーなのかと何故その企業でなければならないのかは具体的に説明できるようにしましょう。

より具体的に説明した方が採用担当者の印象に残りやすくなります。

どんなに魅力的な志望動機を持っていても伝え方を誤ると採用担当者の目に留まりませんので伝え方も工夫することが大切です。

自分の成長意欲をアピールする

ガッツポーズをする女性

メディアプランナーの転職は未経験からチャレンジすることができる職種です。

しかし経験者に比べると未経験の人はどうしても即戦力に欠けてしまうデメリットがあります。

そこで志望動機や面接では自分の成長意欲が伝わるないようで臨むよう心掛けてください。

しかし企業は学校ではないので「成長したいと思います」というような表現は避けたいところです。

「自分の強みであるコミュニケーション力を活かして新規クライアントの開拓のプロになりたい」など関節的に成長意欲を伝えましょう。

メディアプランナーの志望動機例文

では実際にメディアプランナーの志望動機例文を紹介します。

以下の例文を参考に自分なりの志望動機を完成させましょう。

新卒採用からメディアプランナーを目指すときの志望動機例文

就活

私が御社を志望した理由は幅広いジャンルで世間に強い影響力をもたらすネットワークを確立しているからです。

私はメディアプランナーの仕事を通して多くの人に役立つ情報を発信することで豊かな生活の実現に貢献したいと考えます。

そのためには影響力の強いメディアにて情報を発信することが大切だと考えました。

私は学生時代から放送部に所属し校内放送やメディア企画を積極的に担当しています。

限られた予算で最大限の結果を出すことを常に意識して活動することで枠に捉われない柔軟性を身につけました。

メディア業界は競合他社が多い環境でもあるため入社後は私の強みである柔軟性を活かしてクライアントとの繋がりを強化させたいです。

未経験からメディアプランナーを目指すときの志望動機例文

シャツの女性

不動産営業の経験を活かしてインターネット系広告に特化したメディアプランナーになりたいと思いました。

私は現在不動産業界の内勤営業をしております。

不動産の内勤営業も物件をどのように販売するかを企画することから始ります。

テレビCMや雑誌などは予算がかかるため不動産情報をインターネットのWebサイトに限定して公開したところ多くの見込み客の集客に成功しました。

メディアプランナーを目指そうと思ったのはインターネット系広告の将来性を実感したことがきっかけです。

低予算で最大の効果を実現するのはインターネット広告の強みではないでしょうか。

今後はインターネット広告に特化し不動産だけでなく人の役にたつ商品を販売することに貢献したいと考えています。

御社は業界最大のインターネット系広告ネットワークを構築するだけでなく女性向けの商品を扱うクライアントが多いのも魅力です。

女性の目線から多くの商品を最適な方法で発信できるメディアプランナーを目指しています。

面接にて志望動機を回答する時のポイント

面接でも志望動機は必ず聞かれる質問の1つです。

面接は書類とは異なりますので面接での志望動機を回答する時のポイントを押さえておきましょう。

以下の項目を参考に面接での合格を目指してください。

常に自信をもって発言する

面接官と就活生

面接では発言内容の他に立ち振る舞いや身だしなみもチェックされます。

面接官への回答は堂々と自信をもって発言することが大切です。

目線を面接官に向けてハキハキとした態度で回答すると好感を得られます。

発言内容は事前に暗記するくらいまで練習しておくと面接で緊張していてもスムーズに回答できるはずです。

最先端のトレンドを知っておく

スマホを見て喜ぶ女性

メディアプランナーの仕事は最先端のトレンドを知っておく必要があります。

面接でも「最近関心のあるトレンドは?」と聞かれることもあるでしょう。

メディアプランナーとしての資質を持っていることをアピールできるよう、常に情報には敏感にトレンドを把握することが大切です。

最近のトレンドについて発言する機会がなかったとしても身だしなみにトレンドを取り入れるなどの工夫をすることもできます。

面接官に好印象を持たれるよう節度を保ちながら全身で自己PRができるよう準備することが大切です。

メディアプランナーの志望動機NG例

では次にメディアプランナーの志望動機NG例を紹介します。

あいまいな志望動機や支離滅裂な内容を控えるようにしましょう。

以下の例文を参考に志望動機で不合格にならないよう気をつけてください。

具体性がなく印象に残らない志望動機NG例

バツマークの女性

私は多くの人の役に立つ情報発信をしたいと思い御社を志望しました。

メディアプランナーの仕事はクライアントのニーズに合わせて効果的なメディアを選定、提案する仕事です。

私は人とのコミュニケーションが得意なのでどんな時もクライアントのニーズに柔軟に対応できると考えます。

入社後は新規クライアントの開拓や既存顧客との繋がりを強めることに積極的に貢献したいです。

志望動機が伝わりずらいNG例

応接室

私の夢は多くの人に貢献できる人になることです。

そのためにはメディア影響力を活用することが効果的だと考えました。

メディアプランナーの仕事ではクライアントと協力して世の中に様々な役立つ情報を発信できます。

御社のメディアプランナーであれば夢の実現ができると確信しています。

 

ワンポイント

あいまいな表現で具体性・信憑性のない志望動機にならないよう気をつけましょう。

採用担当者が知りたいのは応募者の考え方や人柄です。

志望動機ではしっかりと自分の考えを根拠に基づいて伝えるようにしましょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

メディアプランナーへ転職するには?

ポイントをもつ女性

メディアプランナーに転職するのは簡単ではありません。

なぜなら広告メディア業界は収入も高めで求職者も非常に多い傾向にあるからです。

その他多くの求職者の中から選ばれるためには採用担当者の印象に残るパフォーマンスをすることが求められます。

志望動機だけでなく自己PRや面接での質疑応答を通して最大限のアピールができるように十分に準備をすることが大切です。

企業によって求める人物像は異なりますので、まずは応募先企業の研究から始めましょう。

例年の面接の傾向や採用担当者が好む人材の傾向も知っておくと転職を有利に進めることが可能です。

メディアプランナーの仕事は特に情報に敏感である必要があるため情報収集は徹底して行いましょう。

 

ワンポイント
転職活動の段階からメディアプランナーとしての資質を見られていると思って意欲的に活動することが転職成功の秘訣です。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

オフィスにいる女性

転職の悩みや相談は転職エージェントに相談すると効率よく解決できます。

就職活動をする際はまずは最低1つでも転職エージェントに登録をしてみましょう。

最近は転職エージェントに登録しないと応募できない企業も多いです。

自分の理想にあった仕事を探すためにも転職エージェントを上手く活用して就職を成功させましょう。

転職エージェントに登録すると提出書類の添削や面接のアドバイスまで幅広いサポートを受けられます。

なかなか自力で内定にたどり着けない人は転職エージェントにアドバイスをもらうのも合格への近道です。

まだ転職エージェントを活用したことがない人はこの機会に是非登録してみましょう。

まとめ

外を歩く女性

メディアプランナーへの転職について志望動機の書き方は明確になりましたか。

志望動機や自己PRは就職活動において採用担当者に自分をアピールできる1番最初のステップです。

具体的で分かりやすい志望動機を作成して採用担当者に好感を持ってもらいましょう。

最初は慣れるまで少し時間がかかりますが、慣れてくると志望動機の作成は短時間でできるようになります。

基本的な作成方法をマスターして就職活動をスムーズに行えるようにしましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら