結婚を望んでいても、周りにいい人がいないと悩んでいる男女は少なくありません。

また、残念ながら離婚して、それでも再婚を考える人もいるでしょう。

人によっては、結婚のために婚活パーティーなどに積極的に参加していることでしょう。

ただ、自分一人で努力しても限界があり、簡単にいい人には巡り逢えません。

そのような人たちへの適切なアドバイスをして、幸せな結婚生活を迎えてもらう仕事が結婚カウンセラーです。

結婚カウンセラーは婚活の場を提供するだけではなく、二人のよき相談相手とならなければなりません。

それでは、結婚カウンセラーへの転職を考えている人は、どのような準備と心構えが必要でしょうか。

結婚カウンセラーの仕事内容を解説

ビジネスウーマン

具体的な結婚カウンセラーの仕事を解説しましょう。

結婚カウンセラーは結婚アドバイザーと呼ばれることもあります。

仕事は結婚したいと考えている男女が出会う機会をセッティングするところから始まります。

いわゆる婚活パーティーです。

もちろん、結婚するためにはどのような希望を持っているかをカウンセリングして、希望にマッチする相手を紹介します。

最近はインターネットを活用したマッチングサイトを立ち上げている結婚カウンセラーもいます。

この仕事は簡単なようですが、多くの男女を会員として集めなければなりません。

そのためにはビジネスマンとしての企画力も必要になります。

イベントの企画

結婚相談をメインにするのではなく、婚活イベントを企画する方が人は集まりやすいと考えられています。

ただ、その場ですぐに生涯の伴侶となる相手が見つかるわけではなく、何度も婚活をするうちに出会いがあるのです。

結婚カウンセラーは企画したイベントを通じて、成婚への下地を作っていると考えればいいでしょう。

イベントの雰囲気作りは非常に大切です。

事務的に男女を集めるのではなく、付き合いを始めるチャンスを提供しなければなりません。

集まった人は結婚への大きな期待を抱いているからです。

顧客管理

ビジネスウーマン

結婚カウンセラーの仕事をしている会社は、会員制で結婚を望む男女を集めています。

会員制ですから、個々の会員様の情報管理をしっかりとしておかなければなりません。

大半はプライベートでデリケートな情報であり、情報漏洩は企業にとって致命的と言えるでしょう。

また、結婚を望んでいるとしても、具体的にどのような相手がいいのかをイメージできていない人もいます。

異性に対して臆病になっている人もいるでしょう。

一人一人の事情をしっかりと把握して、それを基にしたマッチングをサポートしていくことが求められるのです。

集客と宣伝

結婚カウンセラーは結婚希望の男女を集めることから始めなければなりません。集団お見合いや婚活パーティーが一般的です。

会員制とすることで、安定した集客が可能となりますが、費用対効果が明確に見えるわけではありません。

思ったように集客できない場合もあります。

婚活の市場動向を見極めながら、同業他社との差異化を図る工夫をしなければなりません。

効果的な宣伝を考えて集客効果を高めることも結婚カウンセラーの仕事と考えてください。

結婚カウンセラーのやりがい

中年男性への営業

結婚カウンセラーになってよかったと感じるのは、悩んでいた会員様が成婚して幸せな顔を見ることです。

確かに自分の力が二人の幸せを呼び込んだのだと感じるのでしょう。

結婚カウンセラーも仕事ですから利益を上げなければなりませんが、満足感を得ることも必要なことです。

どのようなサポートをすればいいのかを常に考えておくことが大切でしょう。

それが自分のやりがいであり、誇りを持って仕事を続けていくことができます。

プロフィールから相性探し

結婚カウンセラーに結婚相手探しの申し込みをする場合には、自分のプロフィールを記入しなければなりません。

経歴や現在の状況などは細かく書くことができます。

しかし、自分の好みや希望する相手のことになると、あまりはっきりしない人が少なくありません。

それはいろいろな理由が考えられます。

結婚したいけれども相手が見つからないことで、自信がなくなっている人もいます。

どのような人が自分に合っているかわからない人もいます。

多くの人が客観的に自分を見ることができないのでしょう。自分の長所短所がわからないのです。

結婚カウンセラーはこのような人たちに適切なアドバイスとサポートをしなければなりません。

性格や日常生活から異性の相性探しをします。すぐに相性のいい相手が見つかる場合は稀です。

根気強く何度も相手を紹介しなければなりません。

プロポーズから成婚

ハート

理想の相手が見つかれば、お見合いをセッティングします。

しばらく付き合った後で男性からプロポーズするようにアドバイスします。

ただ、最近は女性からプロポーズするケースも多くなっていますから、こだわる必要はないでしょう。

お互いに結婚相手と思って付き合っているのですから、タイミングだけの問題です。

そして成婚するまでが結婚カウンセラーの仕事です。

 

ワンポイント
 社会への貢献度があり、独立も視野に入れられる。

結婚カウンセラーが注目される理由

指をさす人

現代は職場などで結婚相手を探すことが難しくなっていると言われています。

また、結婚よりも仕事が大事だと考える女性も増えています。

男女とも結婚年齢が高くなっていますが、相手に求めるのは自分の年齢や仕事の状況に合った異性です。

つまり、理想ばかりが高くなり、結婚したいと思う相手に巡り逢えないのです。

そのため結婚カウンセラーに相談して相手を見つけてもらいたいと思うのでしょう。

何歳になっても人は異性を必要としています。

ただ、価値観が大きく異なっていると、結婚してもすぐに離婚することが少なくありません。

結婚カウンセラーの紹介なら、相性のいい相手を紹介してくれると期待しています。

結婚したくても自分で相手を見つけられない男女が増えているため、結婚カウンセラーが注目される仕事になっています。

社会への高い貢献度

結婚カウンセラーのアドバイスによって、成婚までこぎつけた男女は少なくありません。

社会的な課題である少子化対策のためには、まずは独り身の男女が結婚することが重要です。

未婚者が増えている現状は社会問題ともなっていますから、広い意味で社会全体に貢献しているといえます。

もちろん、結婚カウンセラーは仕事であり、会員様から徴収する会費を収入源としています。

それでも、他の職業と比較すれば、間違いなく社会への貢献度は高いでしょう。

将来独立の可能性

結婚カウンセラーへの転職をした人の多くは、経験を積んでから独立する方向で仕事をしています。

経験によって企画力のスキルが高くなりますし、人脈もできます。

また、どのような男女をお見合いさせるとうまくいくかがわかってくるからでしょう。

若い時から結婚カウンセラーを続けていれば、独立して結婚相談所を開業することも可能です。

 

ワンポイント
・人と関わることが好き
・明るくて前向き
・他人の気持ちに寄り添える

こんな人が結婚カウンセラーに最適

応援のポーズ

具体的にはどのような人が結婚カウンセラーに適しているのでしょうか。

面識のない異性を引き合わせる仕事ですから、その人の長所や短所を的確に把握することが重要です。

時には悩み相談の相手になったり、励ましたりしなければなりません。

ビジネスライクだけでは結婚カウンセラーは務まりません。

人と関わるのが好き

人と人との付き合いがメインの仕事となりますから、人との関わりが好きな人でなければなりません。

話し上手でなくてもいいですが、積極的に自分から話を投げかけることが大切です。

結婚願望があっても、希望をなくしてしまっている人は少なくありません。

自分から話し始めない人の話を聞き、長所を引き出してやらなければなりません。

前向きな明るい人

やる気溢れる新人女性

結婚カウンセラーは基本的に前向きな話題しかしません。

結婚に悩んでいる人が相手ですから、悩みを共有することは大切です。

しかし、そこから明るい話題へと導くことがもっと大切です。

明るく接するだけで、人は元気をもらうことができます。

結婚できないと悲観的になっている人も多いですが、結婚への希望が見えてくれば表情にも変化が出てきます。

他人の気持ちを思い遣れる人

結婚したくてもできない人の気持ちは複雑です。プロフィールを見ただけではわかりません。

話を聞きながら、その人の気持ちに寄り添うことが大切でしょう。

もちろん、思い遣りの気持ちだけではなく、適切なアドバイスが求められます。

結婚カウンセラーになるには?

悩む女性

結婚カウンセラーになるには具体的にはどうすればいいでしょうか。

初めから一人で始めることは難しいですから、結婚相談所のスタッフに転職する道が現実的です。

そこである程度の経験を積みます。結婚相談所のスタッフは結婚カウンセラーとして、将来は独立したい人が少なくありません。

結婚カウンセラーとして転職する

結婚カウンセラーの仕事はいろいろなパターンがあります。

転職先が結婚相談所であっても、まずは受付やイベントの企画準備など、結婚カウンセラーのお手伝い程度です。

ただ、それらの経験は将来へのスキルアップになります。

結婚相談所に相談しに来る男女の雰囲気や性格などを見抜く力がついてくるでしょう。

経験が自分の自信となっていくはずです。

結婚カウンセラーとして開業する

ある程度の経験を積んだ人は、新しく結婚相談所を開業する道も開けてきます。

結婚相談所を開設するために、特別な資格は必要ありません。

重要なのはイベント企画力や経験豊富で信頼されるカウンセラーになっているかどうかです。

 

ワンポイント
 人のいいところを引き出せるスキルが大切です。

結婚カウンセラーに役立つスキル

スーツ、女性

結婚カウンセラーに役立つスキルは、人のいいところを引き出してやることです。

統計的なデータ分析だけで結婚相手が見つかるわけではありません。

お似合いの男女と思っても、付き合っているうちに価値観の違いが際立ってくることもあります。

それらを事前に察知できるかどうかは、結婚カウンセラーのスキルとして非常に重要でしょう。

結婚カウンセラーが取得しておきたい資格

パソコン作業する女性の手

結婚カウンセラーの仕事をする場合に役立つ資格の代表としては婚活アドバイザーがあります。

ただ、必ず持っておかなければならない資格ではありません。

自分の経歴や経験だけでは評価してもらえない時には資格を持っておく方が有利です。

ただ、多くの人は経験だけで結婚カウンセラーとして活躍しています。肩書よりも実績が重要だからでしょう。

結婚カウンセラーの将来性やキャリアパスは?

教える女性

将来において、結婚する人がいなくなることはありません。

つまり、結婚カウンセラーの仕事は需要が高まることはあっても、なくなることはないでしょう。

結婚カウンセラーの将来性と必要なキャリアパスを解説します。

将来性

女性の結婚年齢が高くなっていますが、それは家庭よりも仕事を優先したいと考える人増えているからです。

ただ、多くの男女が結婚願望を持っており、機会がないことに満足できていません。

自分で出会いの機会を作ることが難しいため、婚活パーティーはいつも人気です。

結婚カウンセラーはいつの時代でも活躍できるでしょう。

キャリアパス

結婚カウンセラーに必要なキャリアパスはどうでしょうか。

結婚相談所に勤めることよりも、いろいろな仕事を経験して、婚活をする人の気持ちがわかることの方が重要です。

人の悩みを聞いて、それをどうやって解決できるかをアドバイスするのが仕事だからです。

十分なキャリアパスがないとしても、自分の人生を振り返ってみれば、何らかのアドバイスはできるはずです。

 

ワンポイント
 転職エージェントに相談して自信を持つ。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

OK

結婚カウンセラーになりたいと考えているなら転職エージェントに転職相談してみましょう。

転職先を探す時には、仕事の内容を知って、自分に合っているかどうかを判断しなければなりません。

そのアドバイスは転職エージェントに求めればいいのです。

新しい仕事を探すことは簡単かもしれませんが、それが自分に合っていると自信を持つことは容易ではありません。

自分の性格や仕事のやり方を客観的な視点で把握して、最適な進路を紹介してもらえます。

まとめ

花嫁

結婚カウンセラーに転職したいなら、仕事の内容を知ることから始めてください。

婚活をしている人は増えており、結婚カウンセラーの需要は上昇傾向にあります。

人は偶然の出会いよりも、出会いの機会と適切なアドバイスを求めています。

ビジネスとして安定していることも大切ですが、人を幸せにするお手伝いができる仕事として結婚カウンセラーはおすすめです。

若い人は他人に結婚のアドバイスをするのは難しいと考えるかもしれません。

しかし、転職後に経験を積むことで、将来的には独立することも難しくありません。

世の中には価値観の違いで離婚してしまう男女が少なくありません。

自分が結婚カウンセラーになれば、幸せなカップルを増やす自信をつけてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら