メディアプランナーとは顧客の要望に合わせて、いろいろなメディアを活用して広告を出す仕事です。

メディアプランナーへの転職を考えている人に、いくつかのアドバイスがあります。

まずはメディアプランナーの仕事内容をきちんと把握することです。

名称からの漠然としたイメージではなく、具体的な仕事内容を知らなければ、転職してもスムーズに仕事に取り組めないでしょう。

もちろん、どのような仕事でも何らかの苦労をしなければ、一人前になれません。

ただ、メディアプランナーに求められるスキルを早い段階で身につけておくことが、自分の将来を大きく変えてくれるはずです。

それでは、メディアプランナーとはどのような仕事なのかを解説しましょう。

メディアプランナーの主な仕事内容

中高年男性への営業

メディアプランナーは単一の仕事をしているわけではなく、多くの職場では、いくつもの仕事を兼任しています。

つまり、メディアプランナーという職業があるのではなく、メディアに関する仕事に携わっている人の総称と考えてください。

顧客との打ち合わせに始まり、具体的な広告プランの計画作成・費用算出・その後のスケジュール・評価などがあります。

プランの提案

まずは顧客に対してのプランの提案です。

顧客は自社の宣伝をしたいと考えており、どのようなメディアを使えば効果的な宣伝ができるかを相談してきます。

これに対して、いくつかのプランを提案しなければなりません。

もちろん、予算やスケジュール・宣伝効果などを比較しておくことが大切です。

予算に応じて、実際に使用するメディアも変わってきます。

無料の動画サイトは簡単にアップできますが、その効果は明確ではありません。

検索サイトに広告を出すことで、多くの人の目に触れるチャンスが出てきますが、その分だけ費用がかかります。

また、インターネットに限らず、新聞広告・テレビコマーシャル・電車内の広告など企業の宣伝媒体はたくさんあります。

メディアプランナーはその中から適切なメディアを選んで提案します。

当然ですが、提案する際にはそのメディアを選んだ説明をしなければなりません。

それぞれのメディアの違いを意識しておくことが大切でしょう。

進行の管理

自分が提案したプランが採用されたら、その内容で具体的な広告を準備しなければなりません。

ただ、自社内でできることは少なく、外部の業者に依頼することになります。

顧客が求めている内容をしっかりと説明をしなければなりません。自分自身が、顧客の考えを理解することが大切でしょう。

効果の検証

そして、効果の検証となります。宣伝効果があれば、顧客の商品の売り上げが伸びたり、問い合わせが多くなったりします。

広告を見て、関心を持つ人が増えるのです。

しかし、高額な宣伝費を使っても、ほとんど効果がなかったとすれば、顧客にとっては損失となるでしょう。

もちろん、賠償金を求められるわけではありませんが、メディアプランナーは期待外れだったと判断されます。

 

ワンポイント
・顧客の要望を具体化する
・顧客と広告会社の仲介役

メディアプランナーの役割

打合せする女性

顧客が自社の商品やサービスを宣伝する時に、どのような方法があるか十分わかっているわけではありません。

漠然とした宣伝効果を期待しています。

それを聞いて具体的な提案を作り上げるのがメディアプランナーの役割です。

顧客の要求を実現するためにどうすればいいかを考えて、しっかりとサポートしなければなりません。

顧客へ広告のプランニングをする

顧客の業種によって対象となるユーザーは変わります。それによって使用するメディアを選ぶことが大切です。

そのためにメディアプランナーは、各メディアの特徴や必要となる費用を知っておかなければなりません。

プランニングを具体化するためには、他社の協力を得なければなりません。

そして実績を積むことで、他社とのつながりも強くなっていきます。

それらを有効活用することもメディアプランナーとしてのスキルと考えてください。

顧客との仲介役もする

メディアプランナーは単発的な仕事の受注だけではなく、顧客と広告制作会社の仲介役をするケースもあります。

制作された広告が好評であれば、顧客はその路線を継続したいと考えるでしょう。

協力してもらった会社を顧客に紹介すれば、その後の案件はメディアプランナーを介さずにできることになります。

もちろん、細かいサポートは継続しなければなりません。

広告業の種類について

タブレットを持つ画像

具体的な広告を掲載する時に、どのような媒体を使用するかは重要なポイントです。

商品の対象となるユーザー層に合わせて選択しなければなりません。

ただ、現代はインターネットが主流となっています。

メディアプランナーの仕事もインターネットやスマートフォンなどで閲覧することを前提とした広告が多くなっています。

インターネットを活用した広告にもいくつかの方法があります。

それらの活用方法や違いを知っておくことは、メディアプランナーとして基本となります。

具体的な広告の方法を紹介しましょう。

リスティング広告

リスティング広告とは検索サイトの上部などに表示される広告です。

ユーザーが検索した内容に応じて、表示される広告は変化します。

つまり、自社の関連商品を探している人に、自社製品を紹介する形になりますから、ある程度の効果が期待できるでしょう。

もちろん、同業他社も同じ広告を掲載しようと考えますから、表示頻度を高めるためには費用がかさむことが検討課題となります。

アフィリエイト広告

アフィリエイトの言葉から、副業としてサイトを立ち上げている人をイメージするかもしれません。

しかし、それはアフィリエイトサイトを作成している人です。

アフィリエイトサイトの役割は企業の広告を掲載して、ユーザーを自社サイトに誘導することです。

ユーザーに関心を持ってもらうために、最適なアフィリエイトサイトを選択することがメディアプランナーの役割となります。

アフィリエイト広告とリスティング広告の大きな違いは発生する費用です。

アフィリエイト広告はユーザーが決められたアクションを行った時だけ、広告費を支払う仕組みです。

費用対効果はリスティング広告よりも高いと考えられます。

ただ、期待通りに広告の効果を出すことは難しい場合もあります。

動画広告

動画広告は画像や文字だけではなく、一定時間の動画を見てもらうことで宣伝効果を高めようとする仕組みです。

インターネット上に掲載する仕組みはリスティング広告やアフィリエイト広告と同じです。

もちろん、動画制作のための費用はイラストなどよりも高くなります。

メディアプランナーは動画制作業者に広告の趣旨を理解してもらうためのサポートが求められます。

 

ワンポイント
・考え方を引き出す質問能力
・具体案のプレゼン力
・マーケティングのトレンドを知る

メディアプランナーに必要なスキル

気配り

メディアプランナーの大まかな仕事内容は説明しましたが、転職のために必要なスキルは何でしょうか。

一般的な仕事と同じスキルもありますが、特有のスキルもありますから、自分のスキルと照らし合わせてください。

質問能力

質問能力とは単なる質問ではなく、顧客が求めている内容を上手に引き出して、それを具体的なプランに練り上げる能力です。

いろいろな角度から質問をしていくと、顧客の考え方が整理されてきます。

漠然とした依頼が具体的なイメージになっていきます。

この質問能力はメディアプランナーでは非常に重要です。

顧客の指示通りのプランを立てても、まったく効果が出ないケースが少なくありません。

メディアの違いや効果を理解した上で適切なアドバイスができていないからです。

プレゼン力

書類を回す女性

広告はプレゼンですから、顧客の商品やサービスをどのようなイラストや映像、言葉で表現するか検討します。

どの方法がユーザーにアピールできるかを考えなければなりません。

ただ、メディアプランナーが直接イラストを製作するわけではありません。

顧客の要求とユーザーが見た時の印象をしっかりとイメージするところまでです。

そのイメージをイラストレーターに伝えて、広告を制作します。

マーケティングの知識

広告媒体はたくさんありますから、それらの動向を把握しておくことが大切です。

マーケティングの情報は常にチェックしておかなければなりません。

動画サイトでは、トレンドをつかむことが大切です。

再生回数が多いのはどのような動画なのか、どのような話題が注目されているのかなどを知らなければなりません。

 

ワンポイント
・フットワークの軽い調整役
・コミュニケーションでリーダーシップ発揮

メディアプランナーに向いている人

比較する女性

メディアプランナーに向いている人はどのような人でしょうか。

もちろん、仕事ですから、向き不向きにかかわらず、地道に努力する必要はあります。

自分がメディアプランナーに向いていないと思っていても、多くの経験を積むことで、確実にスキルは高くなります。

チャレンジしてみる気持ちが重要でしょう。

フットワークの軽い人

外回りの女性

メディアプランナーはいろいろな人との調整役となりますから、フットワークの軽さが重要です。

顧客との打ち合わせ、制作会社との打ち合わせ、それぞれの費用やスケジュール調整など、多くの仕事を掛け持ちしています。

それだけ周りから頼られる存在です。

コミュニケーション能力がある人

ビジネス

フットワークの軽さと関連していますが、コミュニケーション能力も大切です。

打ち合わせの席で決めなければならないことを明確にして、スケジュールに影響が出ないようにしなければなりません。

この場合のコミュニケーション能力とはカウンセリングではありません。

必要ならば、場を取り仕切って相手を納得させる強いリーダーシップも必要でしょう。

メディアプランナーに向いていない人は?

悩む女性

メディアプランナーに向いていない人とは、自分でいろいろな提案をすることが苦手な人でしょう。

ただ、このような人はメディアプランナーだけではなく、一般的な事務職でも存在感を出すことができません。

指示された業務だけで終わらせるのではなく、それ以上の仕事をやろうと考える習慣をつけてください。

それは年齢と関係なく自分を高めることにつながりますし、周りから頼られる人になる近道です。

メディアプランナーのキャリアパスは?

スーツを着た女性

メディアプランナーになるためのキャリアパスを考えてみましょう。

インターネットを始めとする広告メディアの知識が必要なことは当然ですが、それらの細かい技術を知る必要はありません。

技術ではなく、広告ビジネスにおける費用や効果を知っておけば十分です。

実際にアフィリエイトサイトを立ち上げる経験を持っていれば、アフィリエイト広告の仕組みを理解しているでしょう。

どのような仕組みで仕事として成り立っているのかがわかれば、お金の流れも理解できます。

メディアプランナーとして、独り立ちするまでには一般企業で多くの経験を積むことが現実的です。

また、紙媒体の広告とインターネットの広告では手法が違いますが、顧客が求めているものは変わりません。

顧客が広告を出す目的を意識できるのであれば、経験は後からついてくるでしょう。

メディアプランナーの年収は?

首を傾げる女性

日本でのメディアプランナーの年収平均は400万円前後と言われています。

もちろん、転職先の企業の規模によって差は出てくるでしょう。

女性が一人で生活するには十分な年収ですが、努力することによってさらに上を目指すことができます。

年収は多いほうがいいのは誰でも同じですが、自分が誇りを持って仕事を続けられるようにしましょう。

 

ワンポイント
 意欲を持てばスキルアップできる。

メディアプランナーへ転職する際の注意点

マネジメント

メディアプランナーへ転職する時に注意しなければならない点は何でしょうか。

まずはインターネットを活用することになります。

パソコンやスマートフォンの使い方は熟知しておかなければなりません。

リスティング広告やアフィリエイト広告の仕組みも基本的な流れは頭に入れておきましょう。

顧客の要望に合わせたプランニングは経験が必要ですが、地道な努力が大切です。

転職する時点では初心者であっても意欲的に取り組んでいれば、スキルアップができるでしょう。

日常的に使っているインターネットにはたくさんの広告が表示されています。

それらはすべてメディアプランナーがかかわっていると考えてください。

キャリアプランナーは、現代では需要が高い職種となっています。

まとめ

パソコンで説明する

これからメディアプランナーに転職したいなら、インターネット広告の仕組みを理解しておくことが大切です。

また、顧客の漠然とした要望を聞き取り、それを具体的な広告として提供できなければなりません。

要望から自分なりのイメージを明確にする力をつけましょう。

広告媒体の違いによって発生する費用も異なります。

どの方法が費用対効果の面でメリットがあるのかを意識してプランニングします。

そのためには幅広い知識と経験が求められます。

メディアプランナーに転職する時には前職の経験を活かして仕事をすることを意識しておきましょう。

フットワークの軽さ、コミュニケーション能力を活かして、顧客とユーザーの期待に応える広告を作り上げてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら