現在、Web業界では女性の転職者が急増しています。

そんなWeb業界に未経験から転職するにはどうすればよいのでしょうか?

またどんな職種が未経験者に向いているのか、職業別の転職難易度もご紹介します。

Contents

Web業界未経験の女性が転職を成功させる方法を解説

パソコンを持つ女性

現在、急成長を続け今後の将来性も高いのが「Web業界」です。

そんなWeb業界では未経験者や女性の転職者が年々増加しています。

経済産業省の調査ではIT関連企業で働く人材の約4分の1が女性との報告もされました。

未経験の女性がWeb業界に転職するにはどうすればよいのでしょうか?

Web業界への転職を成功させる方法を以下でご紹介しましょう。

Web業界に未経験でも転職できる理由は?

世界規模で急成長しているIT分野。

そんなWeb業界に未経験であっても転職できるのは一体なぜでしょうか?

以下で主な理由を解説していきましょう。

慢性的な人手不足

IT、パソコン、女性

「ビッグデータ」や「人工知能」など最先端技術によりWeb業界の需要も日増しに高まっています。

しかし、2019年をピークに減少傾向にある日本のIT人材は慢性的な人手不足の状態です。

2030年にはおよそ80万人ものIT人材不足になると予想もされています。

このことから日本市場が成長するためにはIT人材の育成が最も重要課題なのです。

外国籍人材の採用やシニア人材の育成も検討中ですが、マネジメントや対応力が問題視されています。

その点、女性人材ではそのような問題もないため未経験者でも積極的に採用されるのです。

資格・実績が必須ではないこと

職務経歴書

世界規模で急成長を続けるIT領域はいわば“未知の領域”といえます。

これまでになかった新しい発想とAIなどによる新サービスが次々と誕生しているのです。

そんなWeb業界なので従来の資格や実績を必ずしも重要視してはいません。

転職面接の際も応募者に意欲や向上心があるかを面接官はチェックしているのです。

そのため他の業種からの転職や未経験であっても多くの企業が積極的に採用しています。

スキル・ポテンシャルがあれば挑戦できること

やる気を見せるキャリアウーマン

Web業界はスキルやポテンシャルがあれば挑戦できるのも魅力の1つです。

まさに資格やこれまでの実績に左右されない「実力重視」の業界といえるでしょう。

需要過多で売り手市場のWeb業界では実際に「実力=年収」なのが見て取れます。

2019年一般女性の平均年収がおよそ300万円なのに対しWeb業界の女性は約400万円です。

しかも、この年収は性別による大きな差がありません。

このことからもWeb業界はスキルやポテンシャルを重視した実力社会だとわかります。

 

ワンポイント
Web業界は売り手市場で未経験の女性もトライしやすい!

Web業界未経験者向けの職種と仕事内容

WebプログラマーやWebデザイナーなどWeb業界には実に多くの職種があります。

IT関連の知識もないしプログラミングだって自信が無い…。

そんな未経験の女性にも安心なWeb業界の職種と仕事内容についてご紹介します。

Webマーケター

マーケティング

「Webマーケター」はWebを活用したマーケティングを行うのが仕事です。

たとえばWebサイトコンテンツの企画発案やPV数(閲覧数の指標)のアップの働きかけ。

検索エンジンでWebサイトを上位表示させるのもWebマーケターのお仕事です。

またスマートフォンのネット活用が増加している傾向からモバイルを活用することもあるでしょう。

企業や業種によって業務内容や担当範囲は異なりますが、企業戦略の中核を担うことになります。

また他部署と連携することも多いため円滑なコミュニケーションが取れる人が求められるでしょう。

Webディレクター

パソコン作業をする女性

スタッフをまとめプロジェクトの進行管理を務めるのが「Webディレクター」です。

いわばWeb制作における監督や管理者になります。

要望のコンテンツ制作に必要なメンバーの選定、スケジュールと品質の管理などが主な仕事です。

またクライアントの要望を聞き企画提案を行うWebプランナーと兼任することもあります。

その場合、制作スタッフとクライアントのパイプ役も担うことになるでしょう。

企画書作りから要件定義などの業務も併せて行っていくことになります。

アカウントプランナー

オフィス、二人の女性

Web業界で宣伝広告に関わる企画営業を担当するのが「アカウントプランナー」です。

自社サービスや製品のユーザー認知度と売り上げを左右する重要なポジションといえます。

また広告制作と運用ではWebマーケターやWebディレクター等と連携することもあるでしょう。

クライアントと直接関わる機会も多いためヒューマンスキルに優れた人が求められます。

 

ワンポイント
WebマーケターやWebディレクター、アカウントプランナーは未経験者に最適。

未経験でもWeb業界に転職できます

結論からいうと「未経験」からでもWeb業界へ転職することは可能です。

ただしITの経験値が低い分を他で補う必要があるでしょう。

こちらでは未経験でWeb業界へ転職したい人に補うポイントをご紹介します。

‟営業”を学ぶべき理由

女性,スーツ,笑顔,握手

未経験の領域へ足を踏み入れるなら、まずはその領域について知ることが大切です。

Web業界という領域について知るには「営業」が最適でしょう。

営業職や接客業で培われるヒューマンスキル(対人関係能力)はどんな領域にも通用する力です。

実際に営業職からWeb業界に転職した人も多く企業も積極的に採用しています。

採用担当者からいわせればプログラミングなどの技術は経験を積むことで補えるそうです。

しかし、ヒューマンスキルばかりはそうもいきません。

クライアントとのヒアリングでは相手の求めるものを適切に理解すること。

そして自社サービスの‟技術的な価値と魅力”を相手に伝えるスキルが求められます。

Web業界で営業を学ぶことはその領域の最新情報を知るのにうってつけなのです。

‟コンサル”も学ぶ価値あり

ポイントを指す女性

サイトやネットサービスなどWebに関わる改善を行うのがWebマーケティングコンサル業です。

近年ではSNSなどインターネットを活用した集客方法や販売力の促進が企業課題といえます。

しかし、どうやればいいのかわからない…という中小企業が多いのです。

コンサルはそんな企業に対して、問題提起から仮説と検証を経て改善策を示します。

中小企業の多い日本市場ではWebの改善策が示せる「コンサル」のニーズがとても高いのです。

そのためコンサルができる人は重宝され差別化を図ることもできるでしょう。

Web業界は独立しやすい業界

女性,パソコン,自宅

Web業界ではコロナ禍でも業務のテレワーク移行が比較的スムーズでした。

従来の会社員のように出社しなくても業務の進行に支障を与えにくいのです。

そのためIT企業などで請け負う業務の規模を個人用にするだけで独立も可能になります。

多分野から未経験でWeb業界に飛び込んだ人はこれまでも大勢いました。

彼女たちの多くがキャリアを踏まえたノウハウを身につけてフリーランスとして活躍しています。

 

ワンポイント
未経験者でも「営業」と「コンサル」で起業やフリーランスが可能!

Web業界への転職に迷う未経験者は何をやるべきか

それでも未経験の転職には誰でも勇気がいることでしょう。

もし仕事や環境が自分に合わなかったらと思うとリスクが高いと感じるかもしれません。

Web業界に入ることを迷う人も無理をせずに「できること」から始めてみませんか?

独学しつつ、自分の興味関心を探る

パソコンを見る女性の画像

あなたが転職に躊躇するのはWeb業界で「やりたいこと」を見つけていないからかもしれません。

将来性があるからとWeb業界に転職しても自分の興味や関心が薄いと長続きしません。

そこで独学でWeb業界についてまずは調べてみることをおすすめします。

幸いインターネット環境とパソコンがあれば独自に勉強することも可能です。

プログラミングやWebデザイン、Web広告など自分が面白いと思う分野はどこか探ってみましょう。

仕事選びで最も大切なことは

あこがれ

Web業界に転職するのを迷う人は転職への不安やネガティブなイメージが強いからかもしれません。

前職の合わない仕事が自信喪失につながり転職後も影響を及ぼすことは多々あります。

そんなあなたに、まずは仕事選びで最も大切なことをお教えしましょう。

それは自分の「好きなこと」を仕事にすることです。

1日中働いたって平気!といえるほど好きな仕事なら「つまらない」と感じている暇もありません。

自分が興味を持って取り組める仕事だからこそ、やり甲斐のある天職になります。

まず独学をしてみよう

スマホとパソコンを操作する女性

ある程度、興味のある職種を絞れたなら次は「独学」をしてみましょう。

Web業界の仕事は比較的、自宅でも独自に学べるものが多いです。

たとえばWebライターやWebマーケターになりたいならブログをおすすめします。

ライターなら文章の構成や編集、またアクセス解析などはマーケターの勉強になるでしょう。

無料で始められるブログも多いため気軽に独学することができます。

またプログラミング未経験者ならオンラインスクールを受講するのも一つの手段です。

職種別の転職難易度

Web業界では1つのプロジェクトでも多くの専門職が関わっています。

それぞれが各分野を専任することでより良い製品やサービス作りに貢献しているのです。

そこで未経験から転職する場合の転職難易度をご紹介しましょう。

Webマーケターに転職を考える場合

考える女性、企画発案

Webを効果的に活用し自社サービスへの誘導を行うWebマーケターは営業職です。

その職業難易度は「経験」がある人ほど低くなるでしょう。

Webマーケターで重要視されるのはWeb広告に関する仕組みや理解力、営業・接客の経験などです。

Webデザイナーに転職を考える場合

WebデザイナーはWebサイトやホームページなどのデザインを手掛ける技術職になります。

アクセスした時にユーザーが直接触れ目に着く部分が担当範囲です。

Webデザイナーへ初心者が転職するなら「Photoshop」と「Illustrator」が扱えないといけません。

また画面設計やプログラミング言語も業務上必要です。

そのため未経験からの転職難易度としては高めといえます。

Webエンジニアに転職を考える場合

コードを確認する女性

一口でWebエンジニアといっても実にさまざまな職種があります。

主な職種は以下の通りです。

  • フロントエンジニア
  • バックエンドエンジニア
  • マークアップエンジニア
  • フルスタックエンジニア

これらWebエンジニアは技術職と呼ばれ専門知識と経験が必要なため難易度は高めです。

上記の中では「コーダー」とも呼ばれるマークアップエンジニアが難易度は低めでしょう。

Webディレクターに転職を考える場合

資料作成

Web制作の実務責任者であるWebディレクターは他分野からの転職者が多い営業職です。

まずWebディレクターには円滑なコミュニケーションとスタッフを動かすスキルが求められます。

そのため他分野であっても管理職やプロジェクトの進行管理経験がある人が有利です。

それらの経験があればプログラミング初心者でも転職難易度は低くなるでしょう。

 

ワンポイント
未経験者なら技術職よりも「営業職」の方がおすすめ。

未経験からWeb業界に転職する際の準備しておきたいこと

ポイントの文字、ふせん、ペン

未経験者がWe業界へ転職するなら自分がその企業に「貢献できること」を明確にしましょう。

それには自分の「ポートフォリオ」を作るのが一番です。

これまでの実務経験で培ったマネジメントや企画力、また活かせるスキルや資格も書きます。

またWeb業界の最新動向もしっかりと押さえておきましょう。

志望動機の高さやマーケティング能力のアピールにつながります。

Web業界に入るために身につけた方がよいこと

ガッツポーズ

未経験者からの転職アピールでは自分の経験こそが「強み」になります。

たとえば他分野で培った幅広い視野や営業経験などを「強み」としてアピールするのが有効です。

しかし、Web業界で働くのですからシステム開発などITに関わる知識は身につけるべきでしょう。

また急成長中のIT分野では常に新しいサービスや製品が誕生しています。

そのため知識やトレンドも常に最新の情報にアップデートするように心がけてください。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

相談する女性

転職活動では求人情報を比較してより多くの情報を入手しましょう。

自分が志望する企業を見極めミスマッチを防ぐ良い判断材料になります。

また志望企業が見つかったらその企業について「企業研究」をしてください。

相手企業について理解を深めたり転職の相談なら「転職エージェント」がおすすめです。

ミスマッチや不安を取り除いて清々しい気持ちで転職できるでしょう。

まとめ

女性,電話,笑顔

もともとトレンドに敏感な女性にとってWeb業界の仕事は楽しいものになるでしょう。

またWeb業界の仕事はワークライフバランスがとりやすいのも特徴的です。

ライフステージの変化も上手くコントロールしてキャリアアップを図れるでしょう。

あなたがステキな仕事に出会えることを心から応援しています。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する