転職時の履歴書や面接で転職理由を聞かれた時、前職の経営不振と伝えると企業側にはマイナスのイメージで伝わりがちです。

こちらでは、経営不振での転職を前向きな転職理由として伝える伝え方を解説しています。

女性向けの転職理由の回答例や企業に伝えるべきことも紹介しています。転職活動の参考にして下さい。

Contents

転職理由が「経営不振」の時の答え方を解説

考える

転職の理由を前職の経営不振と答えた場合、企業側は経営不振になったらすぐに会社を替ることを考える人とイメージします。

前職が経営不振となっても、その中で自分がどのように努力を重ねたのかを伝える必要があるのです。

精一杯何とかがんばったけれど力及ばなかったと答えることで、前職でも一生懸命やったのだと前向きさが伝わります

そしてその時の経験や何とか業績不振を挽回しようと努力したことを、転職先で活かしていきたいと伝えるとよりよいでしょう。

企業はなぜ転職理由を聞くのか

経歴

企業が履歴書や面接で転職理由を聞くのは、その答えに人間性を見つけようとするからです。

どのような理由で転職を決意したのかは、採用するかどうかの大きなポイントとなります。

前職でどのような働きをしていたのかが明確にわかり、仕事をどんな風に考えていたのかを答えによって探すのです。

転職理由は適当に書いてはいけないし、もちろん嘘もいけないのはこんな理由からです。

転職理由が倒産などのネガティブなものだとしたら、それを出来るだけポジティブに変えて伝えることが必要となります。

退職の理由とそれをふまえて、その企業を転職先に選んだ志望動機を紐づけして伝えると企業側に伝わりやすくなります。

前職では力が及ばず経営不振での退職となりましたが、そこに至るまでのスキルは御社で充分発揮できると考え志望しました。

退職したのが業績不振であっても前向きな志望動機を伝えることで、企業側はプラスの評価と捉えることが多いのです。

 

ワンポイント
転職理由を聞かれるのは解答からその人の人間性を見つけるためです。

経営不振は転職理由になる?

面談する女性

転職理由を経営不振と答えるのは、企業側に良い印象を与えないことはお話ししましたが、どのように伝えればよいのでしょうか。

経営不振で辞めて次の就職を探して応募しました。という転職理由ではあまりに機械的です。

状況だけを述べたのでは、業績不振の前職に見切りをつけたと取られてしまう可能性もあります。

この場合には自分なりの気持を加えるようにするとよいでしょう。前職の経営不振を自分はどのように感じていたかを伝えるのです。

そしてその中で自分はどう動いたのか、どのような対処法を提案したのかなどが重要になります。

経営不振のために転職せざるを得なかったというのは、もちろん転職理由に違いありません。それを伝えてかまいません。

ただしそれに付け加えて、ポジティブに考えられる志望動機と採用されたならどのように貢献できるかを伝える必要があります。

経営不振を強調するべきではない

最初に経営不振を強くいってしまうと、それが一番印象に残ります。まず前職ではどのような仕事をしていたか伝えましょう。

その仕事で精一杯努力をしたけれども、うまくいかなかったという事につなげると転職理由が経営不振での倒産だとわかります。

大切なのは今後自分がどのような働き方をして会社に貢献したいのかを、採用担当者にしっかりとわかってもらうことなのです。

経営不振の中でどう頑張ったのかがポイント

経営不振に陥った前職に見切りをつけたのではなく、その中でどのように頑張ってきたのかを話すことが大切なのです。

この時長々と話すのはかえって逆効果です。短い言葉でも気持ちが通じる内容で伝えるようにしましょう。

社員一丸となって頑張ったけれど、残念ながら業績不振を立て直せなかった。この経験を活かし貴社でしっかりと貢献したい。

前向きな気持ちで転職を考えていることをしっかりと話せば、採用担当者にも気持ちは充分に伝わります。

 

ワンポイント
経営不振を転職理由にするならそこで頑張ってきたことを今後活かすと誓いましょう。

前向きな転職理由を考えるポイント

ファイト

転職理由を伝えるとき、転職によってどのようなことをしていこうと考えているのかも重要なポイントとなります。

前職の経営不振がひとつの原因であったとしても、それを前向きに捉えた転職理由を考える必要があるのです。

経営不振の中で打ち出した戦略や会社への貢献などを伝えて、その教訓をこの会社で必ず活かすと断言しましょう。

ポジティブな内容を中心に

転職理由を伝える時必要なのは、前向きに考えて転職を決意したのだと採用担当者にわかってもらうことです。

決して業績不振の前職を見限って退職したのではなく、もう少し頑張りたかったがやむをえなかったという所を強調したいです。

今後はこうしたいと明確な目標を告げるのも、ポジティブな内容として評価されるでしょう。

経営不振の中で自分が貢献できたことを強調する

笑顔

前職では経営不振であっても、このような提案をして少しではあったが効果を上げたなどの例があれば挙げるようにしてください。

経営不振の原因を探り最善策を提案し少し業績を伸ばしたので、その経験を貴社でも活かしたいと強調しましょう。

過去は過去として、採用担当者が重視するのは自社でどれだけの貢献をしてくれそうかということです。

内容はできるだけ具体的に書く

転職をどのようにポジティブに捉えているかという内容は、具体的に書くと伝わりやすいです。

前職で身に付けたスキルや取得した資格があれば、それをどのように活かしたいかを具体的に書くとよいでしょう。

「前職でパソコンスキルを付けようと努力し資格も取得したので、その資格を御社でも活かしてがんばりたいと思います」

このように何の資格を取得しているのかを伝え、それをどんな風に活かしたいのか明確に伝えることは企業側に良い心情を与えます。

自己PRのポイント

面接

転職理由は単になぜ転職することになったかではなく、転職することで何をしたいかということを伝えると効果的です。

これは自己PRに繋がります。前職でどのような仕事をして会社に利益をもたらしたかも具体的に伝えるようにしましょう。

スキルだけでなく人から明るい人とよく言われる、困った時に人からよく相談されるなど性格でも自己PRが可能です。

性格が明るいから前向きに仕事に向かえる、人と関わることが好きなのでそれを仕事に活かしたいなどとアピールしましょう。

転職理由と志望動機を結びつける

転職理由が経営不振での倒産であっても、それを志望動機と結びつけて前向きに伝えることは可能です。

努力したけれど会社が経営不振で辞めざるを得なかった。前の会社で成し得なかったことを御社で頑張りたいとつなぐのです。

マイナス点をプラスに考えることのできる人、プラス思考で前向きというイメージを企業側に持ってもらえれば成功です。

今までの経験やスキルをアピールする

資料を見る女性

前職でどのような経験を積んできたかも、転職理由のひとつとしてアピールしたいことです。

前の会社でこのようなスキルを培ったので、それを活かして精一杯働きたいとアピールするのです。スキルは強みになります。

前職が業績不振だったとしたら、その中で自分はどのような努力をしたのかも強みのひとつになり得ます。

経費削減のために努力したことや、業績アップの為にプレゼンしたことなどがあれば些細なことであっても伝えるとよいでしょう。

応募した企業で貢献したいことを伝える

採用担当者は、その人を採用して会社にどのようなメリットがあるかを考えます。退職理由と同時に今後の貢献度を重視するのです。

女性の場合明るく前向きな性格や、面倒見が良いことなどをアピールして会社にメリットだと捉えられる場合もあります。

今後会社でどのようなスキルを身につけたいか、キャリアを積んで会社に貢献したいかを具体的に伝えることも効果的です。

 

ワンポイント
転職理由がどうであれ今後何ができるのかを自己PRすることが大切です。

経営不振を転職理由にした際の回答例

面接

前職の経営不振を転職理由にする時には、必ず併せて志望動機を伝えると前向きな回答となります。

こういう理由で退職したけれど、前の会社で得た知識を活かせる会社だと御社に応募しましたと答えると前向きと評価されます。

前職が倒産した。前職で理不尽な待遇を受けたなどマイナスな要素が強い転職理由も工夫して前向きな志望動機を加えましょう。

採用担当者に高評価となる回答例をいくつか挙げてみましょう。

スキルや資格は具体的に

スキルや資格はどのようなことで使っていたのか、具体的に伝えることが大切です。

「前の会社ではパソコンのMOS資格があるので、資料作成などを任されていました。パソコンのことなら自信があります」

「前職では接客マナーを身に着けました。これを活かし人との関わりを持てる仕事がしたいので御社に応募しました」

スキルや資格を明確にすることで、企業側は活躍してもらえるかどうかをイメージできるのです。

特に女性として貢献できること

安心

女性ならではの感性を前面に出すのも効果的です。女性としてこういったことを貢献できるると伝えると良いでしょう。

「前職では語学力を活かして受付業務をしていました。外国の方にも女性ならではの優しい応対ができていたと自負しています」

「女性ならではの細やかな気配りが必要な部署にいたので、縁の下の力持ち的な仕事のサポートをすることが得意です」

女性ならではの性格やスキルは、企業でも評価したいところです。明るい前向きさを感じてもらえます。

キャリアパスを立てる

転職理由から志望動機につなげ、今後どのようにキャリアを伸ばしていきたいのかを明確に伝えましょう。

「前職では道半ばで目標を達成できなかったので、御社ではキャリアを活かして最終的にはこのようになりたいと考えています」

「以前の会社でここまで育ててもらったので、今後はキャリアプランをしっかりと立てて御社に貢献したいと思います」

資格やスキル取得だけでなく、計画的に最終目標にむかって段階を道筋立てることは企業に安心感や信頼感を与えます。

経営不振を転職理由にした際のNG例

NG

前職の経営不振を転職の理由として前面に置きすぎると、良くないイメージを持たれることがあります。

以前の会社を悪くいうこともやめましょう。たとえ前職で不当が扱いを受けたとしても、ストレートに答えない方がよいのです。

今後自社に対しても、手のひらを反すことがあるのではないかと危惧されてマイナスな評価となる可能性があります。

不信感や不安感をもたれがちな転職理由を挙げてみましょう。

前の会社は経営不振のために退職

たとえ前職の経営不振が退職理由であってもそれをストレートに伝えすぎると、ネガティブなイメージを与えがちです。

「前職が経営不振で倒産したので退職しました。今後は安定した企業で働きたいと御社に応募しました」

前職は経営不振で倒産しましたが、その中で何とか頑張ろうと努力した事はきっと御社に活かしていけると自負しています。

言葉を少し変えるだけでポジティブな回答になります。

前職の悪いところを挙げる

「前の会社は経営方法が良くなくて倒産したため退職しました。御社のしっかりとした経営方針が志望動機です」

前の会社は倒産してしまい退職せざるを得ませんでしたが、その教訓を活かし御社では前向きに精一杯頑張りたいと考えています。

前職の倒産理由は必要ありません。倒産した中で自分が得たことや考えたことを活かすと伝えることで、やる気を感じてもらえます。

また転職先の経営方針などを引き合いに出すことも、あまりよいイメージを持たれません。

 

ワンポイント
経営不振を転職理由にする場合は併せて前向きな志望動機を伝えましょう。

転職理由をうまく考えられない場合は?

悩む女性

いろいろと考えてみたけれど、経営不振の前職を退職したことと志望動機を紐づけて考えられない。

どのように前向きな考えを伝えればよいのか、まったくよい案が浮かばない場合には、転職エージェントの力を借りましょう。

転職理由は単に退職した理由だけでなく、今後の自分がどうしたいために転職先を選んだのかということが大切になります。

企業や採用担当者に自分自身を充分にアピールできるよう、しっかりとポジティブな内容で答えられることが必要です。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

英文事務、女性、スキル

転職理由の答え方だけでなく、転職について困った時や何か良い方法はないかと迷ったときには一人で悩んでいても解決しません。

できるだけ早く、経験豊富な知識を持つ転職エージェントに相談して解決しましょう。

転職エージェントがプロの目で転職までをしっかりとサポートし寄り添います。

きっとさまざまな角度から悩みを解決へと導いてくれるでしょう。転職活動を成功させるためにぜひ活用して下さい。

まとめ

ポイント

前職が経営不振での転職の場合、転職理由をストレートに経営不振とせず、できるだけ前向きな回答にする必要があります。

経営不振の中で自分がどうがんばったかを充分にアピールし、応募した企業でその経験を活かすことを約束します。

ネガティブな退職理由でも、努力したことやその時に得た知識などを転職先で活かしたいと伝えることでポジティブに変えられます。

経営不振・倒産というマイナスな転職理由だからこそ、答え方ひとつで前向きな好印象に変わる場合もあるのです。

履歴書の書き方や面接での回答例に迷ったら転職エージェントに相談!充分に備えた上で転職活動を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する