扱う商材の大きさに比例して、やりがいや報酬も大きくなるのが不動産業界です。

そんな不動産業界への転職を目指している場合、必ずやっておきたいのが面接対策です。

今回は不動産業界へ転職を目指す時に知っておきたい面接の知識を紹介します。

Contents

不動産業界への転職の面接対策を解説

マンションの前に立つビジネスウーマン

不動産業界での仕事では土地や建物といった大きな商材を取り扱います。

成果を出せばキャリアに関わらず評価されるので、自分の実力を試したいと考える方にはおすすめの業界です。

不動産業界の業務にも種類があります。

  • 商業施設やビルなどの開発業務
  • 建売住宅やマンションの販売業務
  • アパートやマンション・貸家などの賃貸業務
  • 不動産物件全体の管理業務

主にこれら4つに分けられますが、不動産賃貸の仲介業務や、総合建設業務も不動産業界の仕事になります。

まず自分が不動産業界の中のどの業務を目指すかはっきりとさせてから、アピールを考えるようにしましょう。

応募企業は業務に合わせて欲しい人材をイメージし、それを求人情報へ落とし込みます。

このイメージを的確に読み取ることで、面接での回答を効果的に作成することが出来るのです。

不動産業界は土地や建物に対する様々な知識に加え、即戦力として活躍できるスキルや、仕事に対する興味も必要となります。

また、業務や商材によって顧客層が違うため、企業の方針や将来像も異なります。

応募企業の方針の研究を怠ってしまうと、社風に合わないと判断されてしまうのでしっかりと企業研究しておきましょう。

 

ワンポイント
 不動産業界の転職を目指す場合は業務内容を把握し、それに沿ったアピールを考えましょう。

不動産業界の転職面接では何をアピールするか

住宅模型を持つビジネスウーマン

求められるものが多い不動産業界の転職面接ではどのようなことをアピールしたら良いのでしょうか。

ここでは不動産業界の転職面接で必要とされるアピールポイントを紹介します。

やる気を見せる

やる気を見せるキャリアウーマン

不動産業界は肉体労働が多い仕事もあります。

特に営業職や技術職は体育会系のような肉体労働が多いため、どんな仕事もやり遂げるやる気をアピールすると効果的です。

また、その他の職種であっても不動産業界は多くの知識を必要とするため、その知識を吸収するやる気をみせましょう。

コミュニケーションスキルと積極性があることを見せる

不動産業界はどのような業務だとしても、顧客や協力会社とのやりとりが発生します。

人と接する機会が多いということは、やり取りを円滑にするためのコミュニケーションスキルが必要とされます。

これまでの経験を踏まえてコミュニケーションスキルがあることをアピールしていきましょう。

加えて、面接官との質疑応答をスムーズに行えば更なるコミュニケーションスキルのアピールができます。

スムーズな質疑応答とは、面接官からされる質問の意図を汲み取り、的確な回答をすることです。

面接官からされる質問を想定して回答を考えておくことと、予想外の質問にも答えられる対応力が必要となります。

また、逆質問をして面接官と積極的にコミュニケーションをとる姿勢を見せることも高い評価に繋がるでしょう。

こういった積極性は、不動産業界特有の知識を得るためにも必要となります。

取り扱う商材や顧客によって必要な知識が変わるため、自分で解決する積極性が重要となるのです。

コミュニケーションスキルと合わせて積極性をアピールできれば、面接官からも一目置かれるでしょう。

実行力と成果を見せる

不動産業界の業務では、相手の要望を汲み取り、その要望に応えるべく積極的な実行力が求められます。

営業職の場合は他の業種よりも成果を求められるので、これまでの経験で得た成果実行力をいくつかアピールしましょう。

目標に対する実行力とその成果は具体的に伝えるようにします。

そうすることで即戦力として活躍できる経験とスキルがあることを面接官へアピールできます。

また、成果を出すために普段からしている心がけなども添えると効果的でしょう。

仕事への取り組み方は面接官も知りたいと考えるポイントです。

面接攻略のポイント

ポイントの文字、ふせん、ペン

前述したアピールポイントに加え、不動産業界の転職面接を攻略するポイントを解説します。

これらを組み合わせて、効果的な回答を考えてみましょう。

誠実さをアピールする

社会人としての誠実さはどの業種でも喜ばれます。

不動産業界は扱う商材と金額が大きいこともあり、信用度がものをいう業界でもあります。

そのため、特に誠実さが評価される傾向にあるのが不動産業界なのです。

仕事への向き合い方、取り組み方に誠実さがあることをアピールするようにしましょう。

勉強家アピールをする

勉強する女性の手、ノート、ペン、ノートパソコン

不動産業界は必要な知識量が他の業種に比べて幅広いことも特徴です。

扱う商材や顧客層によっては、経験豊富でも更なる調査や知識が必要となることも珍しくありません。

新しい知識や情報を積極的に勉強して取り入れる姿勢がなければ途中でくじけてしまいます。

これまでどのように必要な知識を取り入れていったかという具体的な経験と取り組み方をアピールすると良いでしょう。

積極的に勉強する勉強家の一面を見せることで、面接官に即戦力として活躍できるイメージを与えることができます。

資格をアピールする

不動産業界は実力さえあれば成果を上げることが出来ますが、信用度を上げるためには資格も必要です。

不動産業界で活躍するために取得しておくと良い資格には以下のようなものがあります。

  • 宅地建物取引士
  • ファイナンシャルプランナー
  • 行政書士

特に宅地建物取引士は不動産業界のどの職種でも重宝されます。

宅地建物を取り扱う企業は5人の1人の宅地建物取引士を配属しなければならないからです。

宅地建物取引士資格の試験勉強では、不動産に関わる法律や税制など幅広い知識を学びます。

この資格を持っているだけで、不動産業界のどの業種においても歓迎される人材となれるでしょう。

また、不動産業界と相性が良い資格として行政書士も挙げられます。

行政書士は法律に関する知識を持っている証明となります。これは遺産相続や不動産売却に使える知識です。

法律や税制との関わりが深い不動産業界では宅地建物取引士とあわせて重宝される傾向がある資格です。

税制関係でいえば、ファイナンシャルプランナー資格も持っておいて損はないでしょう。

ファイナンシャルプランナーは顧客の人生設計に関わる資金計画のアドバイザーです。

不動産業界だけでなく、証券会社や保険・金融業界でのキャリアアップにも利用できます。

ファイナンシャルプランナーの資格を持っていれば、不動産の投資や運用・相続の即戦力として活躍できるでしょう。

 

ワンポイント
 不動産業界での転職面接では、誠実さ・勉強家である点・資格を持っていることをアピールすると効果的です。

不動産業界「未経験者」が面接でよく聞かれる質問

疑問を浮かべる顔の絵と女性

不動産業界は未経験者でも成果を出せば評価される実力主義の業界です。

未経験者が不動産業界の転職面接でよく聞かれる質問とそれに対する回答のポイントを解説します。

チャレンジしてみようと思ったきっかけ

未経験から知識やスキルが必要な不動産業界へチャレンジしてみようと思ったきっかけは必ず聞かれるでしょう。

不動産業界は実力主義の世界です。

不動産業界で自分の経験やスキルを試してみたい・活かしてみたいと思ったきっかけを具体的に答えましょう。

その際、アピールする経験やスキルは志望している業界と企業が求める人材に沿ったものにします。

不動産業界を志望した理由

異業種へ転職する際も、同業種で新たな環境を目指す際も、その業界を志望した理由は質問されます。

業界を志望した理由は、その業界でなければならないものを回答するようにしましょう。

「憧れていたから」「人の役に立てそうだから」などの理由はどの業界でも出来ることと捉えられてしまいます。

不動産業界で大きな商材を販売するやりがいや、生活に欠かせない商材を扱うことで人を支えたいなどの理由を伝えましょう。

これは企業が募集している業種によって変わるものなので、企業研究は欠かさないようにしてください。

綿密な企業研究は面接対策の第一歩です。

企業が携わっている事業や掲げている方針にマッチングする志望理由を答えると、面接官からの印象も良くなります。

これまでの経験を活かせそうなこと

未経験者はこれまでの不動産業界での経験がない代わりに、異業種での経験を持っています。

その経験の中から不動産業界で活かせることについても尋ねられるでしょう。

企業が求めているのは、即戦力として活躍できる人材です。

応募する企業の業務に関わりのない経験をアピールしても、良い印象を残すことはできません。

その経験がどういった点で活かせるのか、業務との共通点を見つけて具体的に回答しましょう。

一番大事なことはなんだと思いますか

女性の手と赤いハート

これは応募者の仕事に対する取り組み方を知るための質問です。

仕事に対する取り組み方を知ることで、その応募者が本当に企業の社風方針に合うのか面接官は判断します。

不動産業界は実力主義の世界ですから、成果につながる取り組み方をアピールすることをおすすめします。

これまでの経験で培ってきた価値観も大切ですが、それが応募企業の方針に合うか今一度確認してみましょう。

もし合っていなければ、共通点を見つけ出して新たに回答を作る必要があります。

こういった質問に対する的確な回答は、企業研究に加えて自己分析が必要となります。

自分の強みや経験が応募企業や業種に合っているか、共通点があるかがわからない時は転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントはあなたの経験や強みを客観的に判断し、業種や企業の方針との共通点を見つけるサポートをしてくれます。

不動産業界「経験者」が面接でよく聞かれる質問

電球の絵とキャリアウーマン

不動産業界は更なるキャリアアップを目指して同業他社に転職する経験者も多い業界です。

そんな経験者が面接でよく聞かれる質問と回答のポイントを解説します。

年間の売上目標達成率

データと笑顔のキャリアウーマン

不動産業界の営業職は数字がすべてです。

これまでの経験から、どのくらいの売上を作れたのか聞かれます。

こういった質問に対しては具体的な数字を挙げることが必須です。

売上金額だけではどのくらいの達成率なのか判断できないため、目標達成率を具体的に伝えましょう。

他の社員とどのくらいの差があったのか、社内の評価はどうだったのかなどの情報を添えるとより具体性が増します。

集客(新規開拓)方法

商材を売り込むことが目的の営業職では、集客新規開拓ができなければ成果を出すことができません。

上記の年間売上達成率とあわせて、どのように集客や新規開拓を行っていたのか伝えると効果的です。

成果に至るまでのプロセスを具体的に伝えると、即戦力として活躍できる営業力があることをアピールできます。

お客さまと長期的な信頼関係を築くためにやっていたこと

不動産業界の業務は商材によって長期的なやりとりが発生します。

契約まで長い月日がかかることもありますし、契約後も顧客と信頼関係を築いていくことで集客に繋がる場合もあります。

こういった顧客との信頼関係を長続きさせるために努力したことを具体的に回答しましょう。

人脈を広げるコミュニケーションスキルや、信頼を得るための忍耐力継続力をアピールできます。

あなたの強み、魅力

こういった質問に対しては、どんな強みがあるか、そしてその強みを身につけたプロセスを伝えます。

そのうえで、業務でその強みや魅力がどのように役立ち、活かせるかを具体的に説明しましょう。

業務とは関わりのない強みや魅力は評価に繋がらないため、伝えないように気をつけてください。

役員面接での質問例

3人の社員と面接をするスーツの女性

役員面接は採用決定権を持つ人物が本当に応募者を採用するべきか見極める場所です。

一次面接、二次面接の内容を引き継いで行われるものなので、入社意思の確認をする質問が多くなります。

  • 転職理由と前職の退職理由(自社でも同じことが起こらないかの確認)
  • 他社の選考状況(内定辞退の可能性の確認)
  • なぜこの企業を選んだのか(企業選びのポイントと価値観の確認)
  • 入社後に挑戦したいことは何か(具体的な将来像を持っているかの確認)

こういった質問をされることが多い傾向にあります。

改めて志望動機自己PRを尋ねられることもあるようです。

ここで大切なのは、一次面接と二次面接で伝えたことと矛盾しない回答をすることです。

回答が矛盾してしまうと、一貫性がなく信用できないと判断され、不採用になることもあります。

役員面接は企業の方針や社風と価値観が合う人材なのか、内定を出したら本当に入社するのか確認されます。

役員面接を受ける前に企業の方針や業務内容と自分の志望動機がマッチングしているか再度確認しましょう。

また、役員面接は複数の面接官を相手にすることになるので緊張してしまう可能性が高くなります。

大事な場面で緊張して失敗してしまわないよう、しっかりと面接対策しておく必要があります。

そんな時、転職エージェントの面接対策サポートは心強い存在となるでしょう。

内定率を上げるためにも実際の面接を想定したプロのサポートを受けて、役員面接に挑むことをおすすめします。

圧迫面接の場合どうするか

いぶかしむ男性の社員と面談する女性

不動産業界の転職面接をしていると、時々圧迫面接されるケースも見受けられます。

これは強いストレスがかかる状況でも感情に流されず、冷静な対応ができるかが見られています。

それまでの経歴やスキルが素晴らしくても、即戦力として活躍できる人材でなければ企業の利益に貢献できません。

圧迫面接はどんな状況でもくじけず、冷静な対応ができるかという人間力と対応力を確認しているのです。

もし面接で威圧的な態度をとられたり、強い口調で質問されても、感情的にならないよう気を付けましょう。

応募者を動揺させるような質問にも口ごもらず、はっきりと自分の意思を伝えます。

近年では企業イメージが下がってしまう圧迫面接はどの企業も避ける傾向があります。

もし圧迫面接された場合は、強いストレス耐性がなければこなせない業務である可能性が高いでしょう。

面接には企業の社風や方針が現れます。

圧迫面接と感じるか、感じないかは企業と応募者の価値観によります。

面接の時点で自分に合わないとわかれば、執着せずに別の企業を探すことも手段のひとつです。

また、面接において失礼な質問をされた場合は、それが本当に業務と関わりのある質問なのか問い返しましょう。

 

ワンポイント
 圧迫面接ではストレスがかかる状況で冷静な対応ができるかを見られています。

不動産業界の面接で合格する「逆質問」の例

耳に手を当てるキャリアウーマン

どんな面接でも最後に「何か質問はありますか?」と尋ねられる、「逆質問」の時間があります。

この「逆質問」は応募者が企業に自分の魅力をアピールできるチャンスです。

また、本当に企業が自分の思い描く理想や価値観とマッチングしているかの確認もできます。

不動産業界の面接で合格できる可能性が高まる「逆質問」の例は以下の通りです。

  • 社員を評価する制度について(目先の利益だけを追っていないか)
  • 企業として社員に求めている理想(自分の価値観と合っているか)
  • 持っている資格や経験を活かせる業務や環境があるか(資格・経験と働く意欲のアピール)
  • 仕事で活躍している社員の特徴(社風の理解を深めるアピール)

こういった「逆質問」は少なくとも3つほどしておくと良いでしょう。

求人情報や企業ホームページを調べればわかることをわざわざ聞くことはNGです。

面接内で一度話したことについて同じことを質問するのも、話を聞いていなかったと思われてしまいます。

待遇についての質問ばかりする方も居るようですが、あまり深掘りすると悪印象なので注意しましょう。

 

ワンポイント
 逆質問は3つほどするように心がけ、調べればわかることは聞かないようにします。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

オフィスにいるキャリアウーマン

不動産業界は実力さえあれば未経験者でも挑戦できる、やりがいの大きな業界です。

経験者でも報酬アップを目指して転職する機会が多くなるでしょう。

不動産業界での転職について、何か悩んでいることがあれば転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントを利用すれば、不動産業界での転職に必要なアピールポイントをおさえたサポートが受けられます。

さらに、自分の強みや経験にあわせた企業の求人を紹介してもらうこともできます。

なかなか内定が決まらない、面接が通過できないなどの悩みを解決する糸口になるのです。

転職エージェントのサポートで不動産業界での転職を成功させ、大きなやりがいを手に入れましょう。

まとめ

住宅模型を持つスーツの女性

不動産業界は未経験者でも挑戦できる人気の業界です。

不動産業界への転職を考えている場合は、自己分析して必要なアピールポイントを押さえておきましょう。

転職活動がうまく進んでいない時は転職エージェントの力を借りることで内定率を上げることができます。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら