保険業界は志望者も多く、人気の高い業界です。

また、大きな括りとして保険業界といいますが、実はさらに細分化されている業界になります。

そんな保険業界の志望動機はどのように書けばいいのでしょうか。

この記事では、保険業界に興味がある方に向けて志望動機の書き方や女性が押さえるポイント、注意点をご紹介します。

是非転職活動の参考にして頂ければ幸いです。

保険業界の志望動機の書き方を解説

人差し指を指す女性

保険業界に転職したいけれど、志望動機が思いつかないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

人の役に立つ仕事がしたいというのも立派な志望動機になります。

ですが、その理由だけで多くのライバルに勝つ可能性は低いです。

志望動機で採用者の目に留まるような応募者になるには、業界に対する基礎的な知識がなければいけません。

次の項目から保険業界の基礎をお伝えしますので、基礎知識を身に着けて志望動機を書く準備を始めましょう。

保険業界の特徴

人差し指を出す女性

冒頭でもお伝えいたしましたが、保険業界は大きく2つに分けることができます。

1つ目は、人に対して保険を掛ける生命保険です。

生命保険も多くの種類があり、医療保険や死亡保険が有名どころになります。

2つ目は、ものに対して保険を掛ける損害保険です。

こちらも多くの種類があり、個人向けや法人向けもあります。

個人向けであれば、自動車保険や火災保険、地震保険などが一般的でしょう。

法人向けでは賠償責任保険や、あまり知られていない貨物・運送の保険などがあります。

このように保険には多岐にわたる商材が存在するのです。

これらの商材の加入者が支払っている保険料から、収益を得ている業界になります。

保険業界に向いている人とは?

クエスチョンを持つ女性

それでは、保険業界に向いている人の特徴はどのようなものが挙げられるのでしょうか。

ここで3つの特徴をご説明します。

まず1つ目は、コミュニケーション能力です。

保険に加入してもらうためには、人間関係がものをいうビジネスと言っていいでしょう。

月々に換算すると気にはならないかもしれませんが、保険料は長い年月加入することになります。

そうすると総額では非常に大きな金額になる商材です。

そのため、簡単に加入してもらえるものではありません。

そこで良好な人間関係を築けることが、契約を取る鍵となるでしょう。

2つ目は、誠実な人です。

個人向けの保険に加入する人の家庭の事情はさまざまです。

そのため誠実に顧客の話を聞ける人、理解してあげられる人が求められています。

誠実な人でなければ、顧客は心を開いて高い商材を買うことはありません。

誰にでも信頼されるような誠実な人が向いているといえます。

そして3つ目は、人の役に立つことが好きな人です。

顧客が病院に掛かったり、体調が悪くなったり、保険内容を見直したいときには連絡を取り合います。

人のお世話が好きで、頻繁に連絡を取ることが苦にならないことも、非常に大事なポイントだといえるでしょう。

そして、その人のために適切な保険を紹介したいという想いもとても大切な要素です。

志望動機を書く前の準備

履歴書を持つ女性

保険業界の基礎が分かりましたので、次は志望動機を書く前準備を始めていきましょう。

企業が求める人物像を探ろう

企業が求める人物像を探ることは、志望動機でアピールするためには必ず必要な作業です。

基本的に保険業界では、コミュニケーション能力の高さや保険に関する資格コンサルティング力などが求められます。

特にコミュニケーション能力は、どの企業でも必須条件といえるでしょう。

また、保険に関する資格は企業も注目するポイントです。

たとえ取得していなくても、勉強を始めていると伝えれば好印象を持たれる可能性があります。

さらに、顧客に適切な商材を提供するためにも、コンサルティング力の高さも求められているでしょう。

そのため、これらのポイントについて応募企業が求めているのかどうかを調べることも大切です。

他にも、その企業独自で求めている人物像があるかもしれません。

それを探るためには、企業HPをチェックしたり直接採用担当者に確認するという手段があります。

そしてアピールポイントを絞っていきましょう。

自己分析をしよう

自己分析は、なぜ保険業界を選んだのか、入社後にどう活躍できるかを志望動機でアピールするための大切な作業です。

まずは、自分の過去を振り返りましょう。

実体験を思い出し、真に保険業界に入るきっかけとなった出来事があるかもしれません。

また、これまでの経験や仕事で身に着けたスキルを1つずつ書き出すことも大切です。

その経験やスキルが、保険業界でどのように活かすことができるかを考えてみましょう。

そして、これらのことを具体的に話すことで、企業側に良い印象を持ってもらうことができます。

 

ワンポイント
保険業界の企業が求めている人物像を知ることや、自己分析をして自分がどのようなスキルを持っているかを知ることが大切です。

志望動機で押さえるべきポイント

ポイント

次は、志望動機を書く上で押さえるべきポイントを紹介していきます。

なぜ保険業界なのかを明確にしよう

なぜ保険業界に転職しようとしたのかを明確にする必要があります。

生命保険の企業を選んだ場合は、どうして損害保険ではなく生命保険にしたのでしょうか。

生命保険や損害保険の役目の違いに着目し、実体験や経験を交え選んだ理由を明らかにしましょう。

例えば、生命保険は個人に営業をかけますが、損害保険は法人に対して営業をかけます。

その違いを自分の特徴と合わせて照らし合わせ、答えを見つけることが大切です。

応募企業でなければならない理由付けをしよう

ガッツポーズ

保険業界を選んだ理由を明らかにしましたので、次はなぜその企業にしたのか理由を考えていきましょう。

そのためには、まずはその企業の特色や特化している箇所を見つけることから始めます。

そこで共感できる点を挙げていきましょう。

そうすることで企業の強みを志望動機に入れることができ、上辺だけでなくその企業を選んだ理由に具体性がでます。

入社後に何が貢献できるかを書こう

保険業界とその企業を選んだ理由をあげることができたら、次は入社後に自分ができることを見つけましょう。

例えば営業の場合、コミュニケーション能力の高さや 打たれ強さ等が求められています。

企業が求めているスキルと自分の強みがマッチしているものを見つけ、入社できたら何が出来るかを書きだしてみましょう。

それをアピールすることで、企業側に入社後に活躍できるイメージを持ってもらうことができます。

 

ワンポイント
なぜ保険業界なのか、なぜその企業を選んだのかを明確にすることで志望度の高さをアピールすることができます。

志望動機を書く際の注意点

手を突き出す
ここまで来たら、実際に志望動機を書いていきましょう。

この項目では、志望動機を書く時の注意点をご説明します。

まずは結論を書こう

はじめに結論を書きましょう。

結論を書くことで、自分のエピソードの論点を伝えることができ、読む側も注目する点が分かりやすいためです。

結論を後回しにするとずるずるした話になりがちで、どこに注意していいかが分かりにくくなってしまいます。

注目する点が分かりにくいと、せっかくの良いエピソードでも相手にうまく伝わりません

一生懸命に考えた志望動機も、うまく内容が伝わらなかったら意味がなくなってしまいます。

そのため、結論を先に書くことはとても大切なので意識して書きましょう。

会社に求められているスキルをアピールしよう

 

森の中でガッツポーズ

先ほども述べましたように企業が求める人物像を探り、自分のスキルと照らし合わせ強みを知ることが大切です。

その強みはどんどんアピールしていきましょう。

自分の強みが分からないという方もいるかと思いますが、そのような時には他己分析がおすすめです。

他己分析とは、他人に自分の特徴を分析してもらうことをいいます。

自己分析では気づけなかった、自分の強みを知ることができるため企業選びの際に役に立ちます。

逆に、自分でも気づいていない弱みにも気づけるため、事前に対策を講じることができます。

強みと絡めて具体的なエピソードを書こう

自分の強みが分かれば、今までの実績や成果を交えて具体的にエピソードを書きましょう。

企業側は、応募者が入社後にどのように活躍してくれるかを見極めています。

そのため、具体的に書くことで中身のないエピソードと思われることを防ぎます。

また、話に真実味が出るため好印象を与えられるでしょう。

このように話に具体性があることは非常に大きなポイントです。

志望動機の例文

キャリアウーマン スーツ

それでは、志望動機の例文をご紹介します。是非志望動機を書く際の参考にしてください。

例文1

私は人が安心して暮らせるサポートをしたいと考え、貴社に応募いたしました。

貴社の顧客を第一に考えた保険商材には非常に感銘を受けました。

その商材を通して、より多くの方が毎日安心して暮らせる社会にしたいと考えています。

前職で培ったコンサルティング力を活かし、たくさんの方に商材を選んでもらえるように精一杯努めます。

例文2

私は人に感謝され、やりがいのある仕事に就きたいと思い貴社を志望いたしました。

保険は、生活に悩みがない時には気付きにくいですが、本当に困ったときに真に人の助けになる存在です。

保険商材を提供することで本当に困っている人の役に立つ、そんなやりがいのある職に就きたいと考えています。

貴社では地域に寄り添った商材展開をしており、非常に共感いたしました。

前職で培ったクライアントの意見を聴く力を活かし、その人その人に合った商材を選んでもらえるように努めます。

履歴書

例文3

私は、時代のニーズに合った新しい保険商材を開発したいと思い貴社を志望いたしました。

貴社の新しい商材はいつも加入者に寄り添っており、心惹かれるものが多くあります。

そのような職場環境で開発できることが私の夢です。

そして、新しい商材で困っている人の力になれることを切に望んでいます。

前職で培ったプレゼンテーション能力は、商材開発に役に立つと自負しています。

 

ワンポイント
冒頭に志望動機を書き、その後に補足事項を書くことで一番伝えたいことが分かりやすくなります。

保険業界の志望動機のNG例文

バツの札をあげる女性

志望動機ではNGな内容ももちろんあります。

きちんとした志望動機を書くためにも、この項目ではNG例を挙げますので確認していきましょう。

NG例文

私は気が小さいところがあります。言い換えると、リスク管理や危機管理能力があることが長所です。

そのため、業務中のトラブルに関しても事前準備や対策を行い、リスクを最小限にとどめることができます。

私はその長所を活かして貴社で保険商材を開発したいと思い志望いたしました。

NG例文の解説

はじめに結論を書いていないため、一番伝えたい点が分かりにくくなってしまっています。

そのため、企業側にうまく伝わっていない可能性があります。

また、業界を選んだ理由や企業を選んだ理由が抜けているのもNGな点といえるでしょう。

そして、志望動機よりも自分のPRが多いのも好印象にはなりません。

もし、志望動機を書く際に何を書いて良いか分からなくなった際は、さまざまな角度で考えてみましょう。

書いたものがNG例文にならないように、NG例文を確認してみることも大切です。

 

ワンポイント
業界・企業を選んだ理由は忘れずに、些細なことでも書きだしてみましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

笑顔で話す女性

転職活動がうまくいっていないと悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

漠然と何から始めていいか分からず、不安を抱えているときには転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職のプロが、あたなの不安や悩みを一緒に解決することができるためです。

転職エージェントに相談することで、とても効率的に転職活動を行うことができます。

不安や分からないことがあれば1人で悩まないでください

自分に合う企業はどのような企業か、面接での対応はどうすれば良いのかなど、さまざまなことを相談しましょう。

まとめ

パソコンとメモ

人気の高い保険業界は志望者も多いため、ライバルも多くなります。

そのため戦力的に志望動機を書く必要があります。

保険業界の特徴や、保険業界に向いている人はどのような人なのかをまずは押さえましょう。

また、企業が求める人物像や自己分析を行うことも大切な工程です。

そして、企業の求めているスキルと自分のスキルを照らし合わせ、マッチする箇所を積極的にアピールしましょう。

それでも不安があれば、うまく転職エージェントを利用することをおすすめいたします。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら