ファイナンシャルプランナーはどんな仕事をする人でしょうか。

仕事内容や仕事の魅力・メリットと共に実際の仕事の例や将来性なども徹底解説します。

ファイナンシャルプランナーの仕事内容を解説

ライフプラン

ファイナンシャルプランナー(FP)という言葉はよく耳にするのではないでしょうか。

ファイナンシャルプランナーは日本FP協会が実施するFP技能士の資格を持っている人たちです。

何となく「お金の専門家?」というようなイメージを持っている方が多いかもしれません。

しかしお金といっても節約から税金、投資、住宅ローン、老後資金、相続とその種類は多様です。

人生はお金と切り離して考えることはできません。

今回はお金のエキスパートであるファイナンシャルプランナーの仕事内容を解説します。

業界ごとの仕事内容をチェック

消費と浪費

お金にまつわる業界は様々ありますが、その業界とファイナンシャルプランナーはどのように繋がっているのでしょうか。

主な業界の仕事内容をチェックします。

保険業界

日本人の90%以上の人が何かしらの保険に入っていますが、保険は人生の中で住宅の次に高い買い物と言われています。

しかし自分がどんな保証内容の保険に入っているか知らない人も多いのです。

保険は一度入って終わりではなく、ライフステージの変化と共に見直しや内容の確認が必要になります。

そして保険は病気やケガの備えだけでなく、資産形成などにも活用できるのです。

顧客の家族構成の変化や人生への想い等のライフプランに合わせて保険の設計をすること。

また家計管理や節約が苦手な顧客に家計の見直しや効率的な貯蓄方法などのアドバイスもFPの大切な仕事です。

不動産業界

住宅ローン

ここでは一般の人に一番身近と思われる住宅ローンについて考えてみたいと思います。

多くの方は住宅購入の際、住宅ローンを使われるのではないでしょうか。

住宅ローンは返済方法によって、返済額や家計に及ぼす影響が違ってきます。

何よりも住宅ローンの返済は長期に渡るため、返済途中に何があるか分かりません。

返済途中に資金に余裕が出来たとき一括返済した方がいいのか。

子供の教育資金が増えたときどうやり繰りしたらいいのか。

老後資金の不安をどう解消していくか。

ファイナンシャルプランナーとして相談に乗れることはたくさんあります。

また住宅ローンをどう支払っていくかは節税にも大きく関係します。

最善の方法を提案することは顧客の大きな利益になるのです。

金融業界

ファイナンシャルプランナーの資格を活かせるチャンスが多いのが金融業界です。

銀行の場合は来店者や預金者に資産運用のアドバイスやローンの相談、借り入れや返済のシミュレーションなどの業務があります。

銀行といえば、預金の出し入れだけしかしたことのない顧客も多いと思います。

そんな顧客に預金以外の銀行の使い方を伝える事は銀行にとっても顧客にとってもメリットになります。

証券では株式や債権、投資信託などの金融商品について情報を提供するコンサルティング業務があります。

ほかにも金融やマーケットの調査・分析を行って金融商品を開発する業務などがあります。

株式や投資などは独学で勉強することが難しい分野です。

専門知識のあるFPがそばで情報提供をしてくれることは顧客にとって、とても心強いことです。

ファイナンシャルプランナーの1日のスケジュール

スケジュール確認

FPの1日のスケジュールはどのようになっているのでしょうか。

企業に属する場合と独立している場合に分けて大まかな日程をみていきます。

<企業に属する場合>

企業の就業時間に合わせて出社します。

ここでは9:00〜18:00の例でみていきたいと思います。

  • 9:00〜10:00 出社・朝礼・連絡事項の共有など。
  • 10:00〜16:00 外回り・顧客対応(ヒアリング、セールス、新規開拓など)業種によっては窓口対応などもあります。
  • 16:00〜18:00 事務処理、日報記帳、翌日の訪問顧客の内容確認など。
  • 18:00 退社(定時に帰れることもありますが、顧客の要望によっては昼食時間や退社後の顧客対応もあります)

<独立している場合>

独立している場合はある程度自分で時間が自由に決められます。

一例としては次のようになります。

  • 9:00〜メールの確認、新聞やニュースのチェックを行います。予約がある場合は予約内容の確認を行います。
  • 10:00〜予約対応や企業や顧客を回ります。相談内容は保険・資産運用・相続など多岐に渡ります。
  • 12:00〜13:00. 昼食(顧客対応によっては時間がずれたり、短くなったりします。)
  • 13:00〜資料作成や顧客対応。セミナー等がある場合は14:00頃から行われることが多いようです。
  • 18:00〜帰宅後、その日の振り返りと翌日の資料の準備をします。

独立している場合、私生活との区別がつきにくくなることもありますのでメリハリが必要です。

 

ワンポイント
・企業に属すると企業の就業時間に合わせて顧客対応などをします
・独立するとある程度自由に時間などは決める事ができます

仕事の魅力やメリット

ファイナンシャルプランナーの仕事の魅力とはどのようなものでしょうか。

また仕事をする上でのメリットはどのようなものがあるでしょうか。

解説していきたいと思います。

活躍の場が多い

ここまで紹介してきたようにファイナンシャルプランナーの仕事は、お金にまつわる業界で多く必要とされてきています。

しかし、FPが必要とされるのはお金にまつわる業界だけとはかりぎません。

経理や総務・税務に関する知識を持つFPは業種を問わずその知識が役立つことがあるからです。

どんな業種でも人の動きもお金の動きもあります。

そして税金も収めています。

経理や総務にFPがいることは企業にとって大きなプラスになるのです。

このようにFPとしての活躍の場が多いのは大きな魅力です。

またFPの年収は歩合制によるところも多く、働き方によっては収入UPも望めるのです。

特に独立して働く場合にはやり方1つで収入UPに繋がるのも大きな魅力です。

生活に役立つ

何といってもファイナンシャルプランナーの仕事をする上で一番大きな魅力は生活に役立つことです。

人生はお金と切り離して考える事はできません。

どのようにお金を管理するのか、どのようにお金を増やしていくのか。

この問題は企業だけでなく個人にとっても大きな関心事です。

人生の悩みの70%はお金で解決できると言われるほどお金の問題は大きいのです。

お金の問題を解決することで人生の悩みが解決できることもあるのです。

そう考えるとFPの仕事は自分にとっても顧客にとっても大きなメリットがあるのではないでしょうか。

 

ワンポイント
・金融業界ばかりでなく業種を問わずFPの活躍の場は多くあります
・FPの知識はお金の問題を解決し生活にも役に立ちます

ファイナンシャルプランナーの雇用形態

財テク・節約

 

ファイナンシャルプランナーとして働くためにはどのような雇用形態があるのかを紹介します。

企業内で働く

多くのファイナンシャルプランナーは主に銀行・証券会社・保険会社などの金融業界や不動産業界などの企業に属して働いています。

これらの業界では日常的にお金や資産の業務をおこなっており、FPの活躍の場は多いといえます。

ただFPは資格がないとできない仕事の分野がある訳ではありません。

例えば証券会社や保険会社で商品を売るためには資格試験に合格することが求められます。

そのため企業で働くためにはFPの資格だけではなく、その企業にとって必要な資格も合わせて取得するとなお良いでしょう。

独立する

多くのファイナンシャルプランナーは企業に属して働いていますが、独立して働くことも可能です。

今後は老後の2000万円問題など、お金の不安を抱える人が多くなると思われます。

そのため独立して働く人の需要が多くなる可能性は大いにあります。

また、お金や投資のセミナーやイベントなどを開いたり、本の執筆など相談以外の活躍の場もあります。

独立することで時間の使い方や働き方が自由になります。

ノルマや商品のしばりもなく、自分の努力次第で高収入も望めます。

ただし他との差別化や集客能力がないと独立して成功するのは難しいでしょう。

そのため日本FP協会が実施しているFP技能士(1級〜3級)の他にAFPやCFPの資格も取得するといいでしょう。

また収入UPのために税理士・弁理士・司法書士・行政書士などとのネットワークを作ることや証券会社や保険会社との提携なども考えてみましょう。

 

ワンポイント
・ファイナンシャルプランナーはどんな企業にも需要があります
・独立して働くことも可能です

ファイナンシャルプランナーの勤務時間や休日事情は?

外回りする会社員

独立系のFPの場合、勤務時間や休日は多種多様に渡るため、ここでは企業に属する場合を紹介します。

主な勤務時間

企業に属して働く場合は所属する企業の勤務時間に合わせて働くことになります。

8:00〜17:00もしくは9:00〜18:00の企業が多いようです。

ただファイナンシャルプランナーの場合、顧客と直接商談することが多い職種です。

そのため顧客に合わせ昼食時間や勤務時間後など臨機応変な対応が必要になってきます。

また決算時期にはノルマ達成のため残業になることもあります。

休日出勤はあるの?

基本的には土日祝日は休みの企業が多いです。

しかしイベントやセミナーが組まれるのは休日が多く、そのような場合は休日出勤になります。

またノルマ達成のために休日出勤をしなければいけなくなる可能性もあります。

決算時期などノルマ達成のために慌てることがないよう、普段から計画性のある仕事をすることが大切です。

 

ワンポイント
・勤務時間は属する企業に従います
・休日出勤になる事もあります

ファイナンシャルプランナーへどんな相談がくるの?

安心

実際にファイナンシャルプランナーへはどんな相談が来るのでしょうか?

具体例を紹介します。

相談例(保険会社の場合)

相談者:40代女性

相談内容:40代になって将来の蓄えを考えるようになりました。

老後の資金を貯めながら保証も得られる保険を探していました。

お勧めした商品:まだお子さんが小学生で今後お金がかかるようになります。

いざという時お子さんのために用立てることができる商品。

そして保証と老後資金も確保できる商品ということで、60歳から年金型で受け取ることもできる終身保険をお勧めしました。

いざというときには資金を借り入れることもできます。

お子さんにお金が必要になった時の不安、老後資金の不安。

そして自分に万が一のことがあったとき、残された家族のための資金。

これらの不安が解消されました。

相談例(証券会社の場合)

ニーサ

相談者:30代女性

相談内容:早く結婚されたため2人のお子さんは高校生でした。

シングルマザーとして子供達を育てる中で、自分のための資金を作りたいと考えるようになりました。

またお子様方にお金の勉強もさせたいということで来店されました。

お勧めした商品:お子様方と一緒に楽しみながらお金の勉強をしたいということで積立ニーサをご紹介しました。

初めて証券会社を訪問され、投資が少額からでもできるのか不安な様子でお話をされていました。

投資は少額からでも始められること、リスクの少ない商品があることを説明致しました。

説明を聞き生活に無理のない金額から始めたいということで、親子3人で少額の積立ニーサを契約されました。

投資がこんなに簡単に少額からできることに感激されていました。

ファイナンシャルプランナーの将来性やキャリアパス

成功のイメージ

ここまで様々な面から紹介してきましたが、果たしてファイナンシャルプランナーに将来性はあるのでしょうか。

またキャリアパスにはどのようなものがあるのでしょうか。

ここで紹介していきたいと思います。

将来性

はっきり言ってあります。

何故なら、人間にとってお金の悩みがなくなることはないからです。

かつて企業は従業員のために退職金を積立て、財形貯蓄なども勧めていました。

企業に就職することで毎月安定した生活を送ることができ、将来の不安も多くはなかったのです

しかし最近では終身雇用制度が崩れつつあり、お金の管理も個人でしなければならない時代になっています

このような時代にこそお金の専門家であるファイナンシャルプランナーの存在価値は大きくなります。

保険や証券・金融は独学で学ぶには難しく、誰にでもできるものではありません。

そして節約をしたい、お金を貯めたいと思う人は沢山いるのです。

お金の話は身近な人にも話づらく、専門家を求める人は多くいます。

その為、これからはますますファイナンシャルプランナーの活躍の場は増えていくのではないでしょうか。

キャリアパス

企業から示されるキャリアパスについて考えてみましょう。

キャリアパスは企業が出世や昇進のルートを示すものと言っていいでしょう。

具体的にキャリアパスが示されることにより、自分の進むべき道が見えてきます。

今の時代一人一人がキャリアパスを描くことはとても大事です。

何故なら今この会社で何をやるべきかを明確にすることが求められているからです。

コピー1枚取るにしても何のためにコピーを取るのかを意識している人は仕事の速さが違います。

能動的にキャリアパスを描き、日々の仕事に取り組むことでパフォーマンスが上がり会社からも評価されます。

ただしキャリアパスを描くことには注意点もあります。

自分の描いた道がそのまま順調に進むとは限りません。

そのために柔軟な対応能力が必要になります。

時と共に気持ちも環境も変化します。

少し遠回りすることがあったとしても柔軟に対応し、時には変更することも必要です。

また自分1人で考えていては見えなくなるものもあります。

周りの人に相談し意見を聞くことも大切です。

職場内に自分の目指すキャリアパスを歩んでいる先輩を手本とし、自分の将来を重ねてみましょう。

そうすることで挫けそうになった自分に力を与えることができるでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ハートを描く女性

転職を考えた時多かれ少なかれ悩みは付き物です。

そんな時には転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

履歴書の書き方や面接対応などの基本的なことから職場環境まであらゆる相談に乗ってくれます。

何よりも転職エージェントにとっては転職がゴールではなく出発点です。

転職してからの問題や悩みの解決にも力を貸してくれます。

転職を考えた時は転職エージェントに相談してみましょう。

まとめ

今回はファイナンシャルプランナーの仕事内容について解説しました。

いつの時代もどんな世の中になってもお金の問題は重要です。

賢くお金を使う、そして賢くお金を貯めることができたなら、より人生は豊になるのではないでしょうか。

今回の記事でファイナンシャルプランナーという仕事やお金のことについて少しでも理解を深めていただけたら幸いです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら