人材業界に転職を希望している場合、どのような点に注意する必要があるのでしょうか。

未経験からでも転職可能な人材業界に転職する場合について考えてみましょう。

この記事では人材業界に転職するコツについて解説します。

未経験から転職するコツや仕事内容についても紹介しますので参考にしてください。

人材業界に転職するコツ

パソコン作業をする女性

人材業界に転職するためにおさえておきたいポイントはいくつかあります。

人材業界に転職するためのコツについて解説します。

営業力・コミュニケーション能力を活かして仕事をする

人材業界の仕事のなかには営業職も含まれます。

また相談者と直接接することが多い職業でもあるためコミュニケーション能力が問われる場面も多くあるでしょう。

転職の際には営業力やコミュニケーション能力についてアピールすることをおすすめします。

営業に関しては飛び込み、電話営業などもあるため高い営業力が求められる点も理解しておきましょう。

資格を取得

人材業界に転職する場合に取得しておくと有利な資格があります。

具体的にはキャリアコンサルティング技能士とキャリアコンサルタントです。

キャリアコンサルティング技能士は、キャリアコンサルティング技能検定に合格することで得られる国家資格になります。

試験区分は1級、2級で級によって受験資格が異なる点に注意が必要です。

試験は学科試験と実技試験があります。

キャリアコンサルティングができることが証明される資格であるため人材業界への転職にはかなり有利です。

キャリアコンサルタントも国家資格です。

キャリアコンサルティング技能士よりも難易度が低い点が特徴になります。

ただ国家資格であることに違いはないため簡単に取得できる資格ではありません。

受験資格を取得するために要請講習を受講する必要もある点は注意が必要です。

志望動機を掘り下げる

打ち合わせの風景

人材業界に転職する際にはとくに志望動機をしっかりと掘り下げておくことが大切です。

人材業界に転職を希望する人が書きがちな志望動機は次のような内容になります。

  • 人の役に立つ仕事がしたい
  • 人と接する仕事がしたい
  • 人生をサポートしたい

こうした志望動機では人材業界である必要性が弱いため面接官の印象に残りにくいという特徴があります。

ライバルと差をつけるには人材業界でなくてはならない理由を明記しましょう。

そのためにも業界研究、企業研究、自己分析をしっかり行うことが大切です。

転職エージェントを活用する

できるだけスムーズに転職したい人は転職エージェントの活用をおすすめします。

転職エージェントこそ人材業界で働く人です。

実際の仕事を目の前でみながら自分の転職についても相談できる絶好の機会になるでしょう。

面接対策や面接の練習、書類の添削などもしてもらえる点は魅力です。

人材業界は転職しやすい業界なのか

笑顔の女性

一言で人材業界といってもさまざまな仕事があります。

なかには未経験からの転職は難しい仕事もあることは理解しておきましょう。

未経験から人材業界に転職する場合には営業やキャリアアドバイザー職などがおすすめです。

法人営業などの場合は実務経験を求められることもあります。

法人営業は大手企業とやり取りをする場面も多くあるため経験が必要となる職業です。、

未経験で人材業界に転職する場合にはまず対顧客の仕事からスタートすれば転職もスムーズに進むでしょう。

人材業界の特徴

初心者マーク

人材業界は就職活動や転職活動をしている求職者に対して企業を紹介することをメイン業務とする業界です。

具体的には求人を出している企業に正社員または契約社員などを紹介します。

紹介料として手数料の30〜35%程度の成果報酬をもらうシステムになっている点が特徴です。

厚生労働省の有料職業紹介免許を取得して事業を行います。

人の人生に関わる仕事でもあるため人材業界に転職を希望している場合はしっかりとした業界研究をしておくことがおすすめです。

人材業界の主な事業内容

POCAサイクル

人材業界にはさまざまな業態やビジネスモデルがあります。

具体的には、求人広告事業、人材紹介事業、人材派遣事業、人材コンサルティング事業、採用プラットフォーム事業です。

それぞれについて具体的に解説します。

求人広告事業

求人広告業は、大きく分けるとメディア・媒体社と代理店の2つがあります。

メディア・媒体社は自社で求人媒体を運営して採用企業に営業をかけます。

自社の求人広告枠に広告を掲載してもらうことで掲載費用を前金でもらう点が特徴です。

代理店は自社の媒体ではない媒体社の営業代行業務になります。

クライアント企業に営業して広告掲載をしてもらう方法です。

人材紹介事業

人材紹介事業は企業から紹介料をもらうことで成立する事業です。

転職希望者や就職希望者に求人を紹介して、企業とのマッチングを行います。

この事業の特徴は求職者は無料で利用できる点です。

料金が発生するのは企業からの成果報酬という形になります。

成果報酬については紹介手数料の30〜35%程度が相場です。

人材派遣事業

パソコン作業をする女性

人材派遣事業は、自社に登録してくれたスタッフを企業に派遣する事業です。

人材派遣事業の特徴は、登録スタッフと雇用関係がない点になります。

あくまでも雇用先は派遣先の会社になるため給与も派遣先の会社から支払われるのが特徴です。

派遣先の会社は派遣会社にスタッフの給与と手数料を支払います。

この手数料の部分が人材派遣事業者の報酬ということになっています。

人材コンサルティング事業

人材コンサルティング事業は、企業の人事担当者や経営陣に対してコンサルティングを行う事業です。

なにかしらの課題を抱えている企業から依頼を受けてその課題を解決するために動きます。

人事戦略や採用戦略などのアドバイスを行うことが多いでしょう。

人材コンサルタントは未経験からでは転職が難しいジャンルの職種です。

企業における心臓部ともいえる人事と経営に関してのアドバイスを行うにはそれなりの実績と経験が必要になります。

とくに人事コンサルタントになるためには大卒であることが必須です。

可能であれば法学部や経営学部などの出身であると有利に働くこともあります。

実力次第で大きな報酬を得ることができる仕事である点は魅力でしょう。

採用プラットフォーム事業

採用プラットフォーム事業とは、高いスキルや知識を有している人材と企業を結びつけるための事業です。

2017年ごろから定着しはじめた事業で、比較的新しい取り組みである点が特徴になります。

人材を求めている企業が広告を掲載することで求職者が応募することができるシステムです。

企業ごとに異なるニーズをしっかりとおさえて、ニッチな領域の求人にも対応できる点が魅力になります。

システム上でさまざまな管理ができることで企業とのマッチング速度が向上している点も特徴です。

求職者としてもエージェントが取り扱う求人数が格段に多いため転職成功率がアップするとして注目されています。

企業側は成功報酬型であると同時に従来の手数料よりもコストが削減できる点が魅力です。

 

ワンポイント
人材業界には数多くの業種があるため自分が働きたい分野をしっかり見極めておくことも大切です。

人材業界の主な職種と仕事内容

電話をする女性

人材業界には複数の事業だけでなく複数の職種がある点が特徴です。

人材業界の主な職種と仕事内容について解説します。

広告営業の仕事

人材業界にも営業職が存在します。

広告営業の仕事はweb媒体や雑誌などのメディアに企業の求人広告を掲載して求職者を募集する仕事です。

広告掲載料が報酬となるケースと成功報酬型の2パターンがあります。

クライアントが提示した課題や予算にあわせて適切な広告枠を提案するスキルが求められる職種です。

キャリアアドバイザーの仕事

キャリアアドバイザーは、人材紹介会社や人材派遣会社で人事やキャリアに関連したアドバイスを行う職種です。

面談を通じて求職者がどのような職を希望しているのかを見極めます。

さらに求職者のスキルや性質を的確に判断したうえでの求人紹介を行うことも業務のひとつです。

求職者が自分のキャリアにあった仕事をみつけられるようにサポートするスキルが求められます。

リクルーティングアドバイザーの仕事

リクルートの文字

リクルーティングアドバイザーは、求人を募集している企業側に立ってサポートを行う職種です。

企業の求人採用活動が円滑に進むようにサポートを行います。

新規顧客開拓と既存顧客のサポートがメインの業務です。

採用に関する課題を抱えている企業に対してサービスの提案やサポートを行います。

自社のサービス利用を促し、契約した場合にはクライアント企業としてアドバイスを行います。

派遣コーディネーターの仕事

派遣コーディネーターは、人材派遣会社に勤務することが多い職種です。

人材派遣会社の内勤スタッフとして受付や面談などの業務を行います。

企業によっては派遣先の企業とのやりとりを任されることもあるでしょう。

コミュニケーション能力が問われるシーンの多い職種でもあります。

人材コンサルタントの仕事

笑顔の女性

人材コンサルタントは、企業によって呼び方が変わることもある職種です。

営業職を行う人、企業のコンサルを行う人などを人材コンサルタントと呼ぶこともあります。

人材紹介会社や人材派遣会社でマッチングを行う人をまとめて人材コンサルタントと呼ぶこともあるでしょう。

注意したいのはキャリアコンサルタントとは違うという点です。

キャリアコンサルタントはあくまでも国家資格を取得している人が名乗ることのできる職業になります。

そのため無資格の場合にはコンサルタントまたは人材コンサルタントを名乗ることになるでしょう。

キャリアコンサルタントが国家資格として認められたことによって生まれた職種でもあるといえます。

 

ワンポイント
業種だけでなく職種も数多くある業界である点が人材業界の特徴です。

人材業界の魅力

名刺交換

人材業界で働く魅力はどこにあるのでしょうか。

働き方改革が叫ばれ、人々も新しい職場環境を求めている現代において人材業界が果たす役割は大きなものになっています。

求職者に対してさまざまな働き方を提案することができる点はひとつの魅力といえるでしょう。

また人材業界は多くの人と関わることが多い業界です。

そのためパーソナルスキルを身につけるのに向いている業界ともいえるでしょう。

営業職であってもアドバイザーであっても対人関係が円滑に進むことで仕事も成り立っていきます。

ビジネスマナーや社会人としてのスキルを身につけることができる点も魅力のひとつです。

 

ワンポイント
人と関わることが多い職業であるためパースなるスキルが自然と身に付く点が魅力です。

人材業界は仕事内容によってターゲット層が違う

パソコン作業をする女性

 

人材業界には多くの業種と職種が存在しています。

それぞれで求められるスキルが異なるため仕事内容によって求人ターゲットが異なる点が特徴です。

実務経験を必要とする法人営業などではこれまでの実績が重視されるため中堅どころの求職者が求められます。

未経験でも担当できる広告営業などでは若手社員を募集することが多いでしょう。

このように仕事によって求められるスキルに大きな幅があることも人材業界の特徴です。

一方でスキルを磨いて行けばキャリアアップが見込める業界であると考えることもできます。

そのため未経験からでもしっかりと知識と経験を身につけることで業界で活躍できる人材に慣れるチャンスがあるということです。

 

ワンポイント
希望する職種によって求められるスキルが異なる点も人材業界の特徴です。

人材業界の志望動機例文

履歴書

私は人材紹介の業務を通して求職者と企業をつなぐ架け橋になりたいと考えています。

貴社には多くの業界に精通したキャリアコンサルタントがたくさん働いておられます。

幅広い業界や分野に精通している企業であるからこそ求職者にもより適切な企業を紹介することができると考えます。

私もその一員となり幅広い可能性を提供できるコンサルタントになりたいと思い貴社志望いたしました。

前職では営業を担当しておりましたため、お客さまとの柔軟なコミュニケーションには自信があります。

相手の声を聞くことに徹することでお客さまと心を通わせてきたという自負もあります。

このスキルを活かして求職者、クライアント企業の要望をしっかりと聞き出すことができる人材になりたいと考えております。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

働く女性

人材業界への転職は目指す職種によって難易度が変動する点が特徴です。

これまで自分が培ってきたスキルがどの職種で活かされるのかをしっかり見極めて求人に応募する必要があります。

そこでおすすめなのは転職エージェントの活用です。

数多くの業種や職種が存在する業界であるからこそ転職のプロである転職エージェントの力を活用するとよいでしょう。

自分のスキルにあった求人を紹介してもらえます。

また人材業界での仕事を間近で体感することができる点もメリットです。

求職者の立場を経験し、エージェントの対応を観察することで実際に働く姿をイメージすることもできるでしょう。

 
【無料】パソナキャリアに転職相談する  

まとめ

笑顔の女性

人材業界には多くの働き方が存在します。

そのなかから自分が希望する職種を見つけることは時間のかかる作業にもなるでしょう。

スムーズに転職を進めたいのであれば転職エージェントの利用がおすすめです。

転職のプロに任せることで自己分析から求人検索までをスムーズに行うことができます。

自分が働きたい業界の実態を近くで感じることができるのもメリットになるでしょう。

転職エージェントを活用して人材業界にスムーズに転職しましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する