人材コーディネーターは高い折衝力が求められるタフな仕事です。反面、資格不要のチャレンジしやすい仕事でもあります。

そんな人材コーディネーターに転職して、人と企業の橋渡しをしたいという希望を抱いている方もいらっしゃることでしょう。

今回の記事では、人材コーディネーターへの転職の際の志望動機の書き方や女性がなるための方法について解説します。

書き方のポイントと合わせて例文も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

Contents

人材コーディネーターの志望動機の書き方

商談

どのような職種にもそれに相応しい志望動機の書き方があるものです。人材コーディネーターもその例に漏れません。

人材コーディネーターの場合、書き方にどんな工夫を凝らせば採用担当者の目にとまりやすいでしょうか。

この項目では人材コーディネーターの志望動機の書き方について詳しく解説します。

志望動機の例や面接の受け方についても触れますので、人材コーディネーターへの転職を希望する方は参考にしてみてください。

志望動機を書くときの考え方

人材コーディネーターは主に人材派遣会社に勤めて労働者と企業との橋渡しを行います。

志望動機を書く時には、数ある人材派遣会社の中からなぜその会社を選んで応募したのかを明確にしなければなりません。

また人材コーディネーターという職に就くにあたって、自分のスキルや経験がどのように活かせるかを書くことも大切です。

面接官に分かりやすいよう、できるだけ具体的なエピソードを交えて自分の適性をアピールするようにしましょう。

志望動機の例(概要)

「学生時代、ボランティア活動を通じて交渉や折衝を経験しました。やりがいを感じたのでぜひ仕事にしたいと考えています」

「アルバイトを探していた時に貴社のコーディネーターさんにお世話になり、そのお仕事ぶりに憧れて同じ職を目指しました」

志望動機を書く時は、なぜ人材コーディネーターになりたいと思い、どうしてその企業をえらんだのかを明確にしましょう。

採用担当者に「ぜひこの人にうちのコーディネーターになってもらいたい」と思わせるような内容を書くことが理想です。

面接の受け方

人材派遣会社には仕事を求めて多くの人が登録してきます。皆に個性があり、コーディネーターには個別の対応が求められます。

面接にあたってはそんな「色々な人との出会い」を好意的に捉えていることをアピールすると好印象を与えられるでしょう。

どのようなコーディネーターになりたいか、できるだけ具体的な人物像を描いて説明することも1つのポイントです。

面接官からの質問に的確に答えながら、同時に自分の適性や人材業界で働くことへの意欲を見せていきましょう。

人材コーディネーターになる方法

面談

そもそも、人材コーディネーターの仕事に就くためにはどのようなアプローチをすれば良いのでしょうか。

人材コーディネーターは、主に人材派遣会社に勤めて、求職者と企業をマッチングさせる仕事を中心に業務にあたります。

この項目では、そんな人材コーディネーターになるための具体的な方法について解説します。

人材コーディネーターの仕事の概要や求められるスキルなどについても触れますので、転職を希望する方は参考にしてください。

人材コーディネーターの概要

人材コーディネーターの主な業務は以下の通りです。

  • 登録希望者との面談やカウンセリング
  • 派遣スタッフとの面談
  • 労働者を求める企業への対応
  • 業務を始めたスタッフのフォローアップ

人材コーディネーターは人材派遣会社の窓口役となり、求職者とクライアント双方とやりとりをします。

求職者との面談やカウンセリングを通してその要望を聞き、相応しい仕事に取り組めるよう案内するのです。

マッチングが済めばそれで完了というわけではありません。仕事を開始したスタッフのフォローアップも業務に含まれます。

総じて人材コーディネーターは多方面への気配りと目配りが必要な仕事だといえます。

人材コーディネーターに求められるスキル

人材コーディネーターに求められるのは主に以下のようなスキルや能力です。

  • 優れたコミュニケーションスキル
  • 分析力
  • 折衝力

求職者とクライアントの間に立つ人材コーディネーターに優れたコミュニケーションスキルは欠かせません。

面談を通して求職者の要望を聞き出し、能力に照らしてどのような仕事が向いているかを判断する分析能力も必須です。

またそれぞれ都合がある求職者やクライアントに時には譲歩や妥協を求めるなど、駆け引きのある交渉をする力も求められます。

 

ワンポイント
コミュニケーションスキル・分析力・折衝力が必要となる。

志望動機を書く際のポイント

ポイント

履歴書に志望動機を書く際、人材コーディネーターの場合はどのように書けば採用担当者に好印象を与えられるでしょうか。

この項目では志望動機を書く時に押さえておきたいポイントについて詳しく解説します。

大事なのは「なぜその企業なのか」と「自分の強みがどのように活かせるか」を明確にすることです。

徹底的な自己分析を行い、自分がいかに人材コーディネーターとして人材業界で働くことに適しているかをアピールしましょう。

なぜその企業なのか

考える女性

市場には数多くの人材派遣会社が存在します。

業種を問わず多くのクライアントから依頼を受けることや、特定の業界へ強いコネクションを持った人材派遣会社など色々です。

志望動機を書く際には、それらたくさんの人材派遣会社の中から「なぜその企業を選んだのか」を明確にしなければなりません。

さもなければ採用担当者に「この人は人材派遣会社で働けるならどこでも良いのだろう」と悪い印象を抱かせてしまうでしょう。

自分の強みがどのように活かせるか

注意点

履歴書に志望動機を書く際のポイント、2つ目は「自分の強みがどのように活かせるか」を明確にすることです。

自分のコミュニケーション能力や折衝力・前職で得た経験などを、今後の仕事でどう活かしていくつもりか書いておきましょう。

その人材派遣会社の中で自分がどう活躍し、どう会社に貢献していけるかをアピールするのです。

この点を詳しく書いておけば、採用担当者に採用後のヴィジョンを描いてもらいやすくなるでしょう。

自己分析しよう!

パソコンを使う女性

志望動機欄を充実させるためにまず必要なのは徹底した自己分析です。

自分の適性や能力、経験してきたことや人と違っている部分などなど、それらをすべて、箇条書きでいいので書き出しましょう。

そうすることで自分を再確認するのです。アウトプットして理解を深めておけば、後で誰かに説明することも簡単になります。

そうして自己分析した結果を上手く反映させることができれば、より理想的な志望動機を書くことができるでしょう。

 

ワンポイント
なぜその企業を選んだか・自分の強みをどう活かせるかが大事。

経験者の志望動機例文

笑顔の女性

この項目では人材コーディネーターの志望動機の例文を3つ紹介します。

いずれの例文も、すでに人材コーディネーターとして働いた経験がある人のものです。

志望動機を書く時に大切なのは、その企業を選んだ理由と、自分の強みを仕事にどう活かしていけるか紹介することでした。

例文ではその辺りをどう具体的に表現しているか、注意しながら見てください。

ホームページに記載された情報を活用

「私は◯◯という人材派遣会社でコーディネーターとして3年間勤めました。

家庭の事情で引っ越しをすることになり、これまで通りの勤務ができなくなるため退職しました。

貴社が保有する案件数と対象ジャンルの幅広さは、私が以前勤めていた会社のそれを遥かに超えています。

そんな貴社でこれまで培ってきた経験を活かして活躍し、さらなる発展に貢献したいと考えております」

応募前に、ホームページに記載された情報には忘れずに目を通しておきましょう。

保有案件数や対象ジャンルなど、志望動機に使えそうな情報が見つかるかもしれません。

前職との違いを強調する

「私は人材コーディネーターとして5年間働いていました。

前職は◯◯業界に特化しており、その他の業種を志望するお客様をお断りする場合があることを悔しく感じていました。

しかし貴社は幅広い業界・業種に対応しています。多くのお客様の支持を得ており、実績も豊富です。

貴社で働くことを通してより多くのお客様のニーズに応えたい。それが現在の私の望みです」

上記のように、前職との違いを強調して応募先企業の魅力を伝えることも有効です。

実績の豊富さに触れる

「私は人材派遣会社でコーディネーターとして2年間働き、人と企業のマッチングに大きな魅力を感じていました。

一身上の都合で前職を辞めましたが、やはり人材派遣の仕事を続けたく思い、実績豊富な貴社に応募させていただいた次第です。

採用された暁には、経験を活かして、より多くのお客様と企業との橋渡しをしたいと考えています」

応募先の企業の実績の豊富さに触れることも有効なので参考にしてみてください。

未経験者の志望動機例文

女性,スーツ,新卒

同じく人材コーディネーターの志望動機の例文を3つ紹介します。

ただし今回の例文は、これまで一度も人材コーディネーターとして働いたことがない人のものです。

未経験者の場合も、その企業を選んだ理由と自分の強みのアピールが大事なことには変わりありません。

例文ではそれをどう表現しているか、注意しながら見てください。

学生時代の経験を語る

「私は学生時代にバレー部の部長として多くの部員をまとめていました。

時には後輩たちから進路について相談されることもあり、そのつど真剣に相談に乗ってまいりました。

そんな私なので、人材コーディネーターの仕事には親和性があります。

部活動を通して得た経験を活かしてぜひ多くのお客様の力になりたい。そう強く考えています」

学生時代に経験したことを今後の仕事に活かせる、というアピールも効果的な方法でしょう。

アルバイトで得たスキルをアピールする

「私はアルバイトで長くコンビニの店員をしており、バイトリーダーとして後進の指導や採用面接にも携わっていました。

そのため、面談を通して相手を知ることにとても慣れています。

貴社の人材コーディネーターとなった暁には、このスキルを活かして大いに活躍させていただきます」

アルバイトを通して得たスキルや経験を今後の仕事に活かせるアピール方法もあります。

体験したコーディネートについて書く

「私は人と企業を結びつける人材コーディネーターという仕事に強い憧れを抱いています。

きっかけはアルバイトを探していた時に御社の◯◯さんにお仕事をご紹介いただいたことです。

◯◯さんは私の話を親身になって聞いてくださり、より良いマッチングのために尽力してくださいました。

私も◯◯さんと同じ仕事に就いて活躍したい。そう強く考えています」

実際にコーディネーターとのやり取りを経験したことがあれば、そのことを書くと非常に効果的です。

志望動機NG例

良くない

「私は学生の頃から仲介役や交渉役になることが数多くありました。そうして培った力は社会に出た今も活用できています。

この力をもっと活かして働くために、人材コーディネーターとして貴社で働かせていただきたい所存です」

上記は志望動機のNG例です。具体性に乏しく、自分のことしか語っていません。

志望動機は採用担当者にとって分かりやすいものにするのが鉄則です。

エピソードはより具体的に。働くことで会社に貢献していくという考えも忘れずに付け加えておきましょう。

 

ワンポイント
具体性に乏しくて相手への思い遣りに欠けた志望動機はNG。

志望動機はその企業を希望する理由を明確にさせて書く

女性

志望動機には「その企業への就職を希望する理由」を明確に書く必要があります。

採用担当者に「働けるなら別にウチの会社でなくてもいいと考えているようだ」などと感じさせないように気を付けましょう。

企業の経営方針などを徹底的にリサーチしてよく知り、志望動機に絡めて書くことも有効な手段です。

採用担当者に分かりやすいように、できるだけ具体的なエピソードを盛り込むように心がけましょう。

志望動機ジェネレーターって何

考える人

人材コーディネーターの志望動機に書いた方が良い内容はおおよそ掴めている。けれどそれを上手に文章かすることができない。

そんな人は「志望動機ジェネレーター」を使ってみると良いでしょう。

志望動機ジェネレーターは簡単な質問に順番に答えていくだけで理想的な志望動機の文章を作成することができるツールです。

登録さえすれば無料で使うことができるので、困った時は試してみて、生成された文章に一工夫してみてはいかがでしょうか。

 

ワンポイント
志望動機ジェネレーターを使うと理想的な志望動機を簡単に作成できる。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

女性,接客,ビジネス

人材コーディネーターになりたくて色々調べてみたら、疑問点や不安な所がたくさん出てきて困ってしまった。

そのような方は、ぜひ転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントは人材業界で働くプロであり、人材コーディネーターの仕事にも精通しています。

業界の先輩として、親身になってアドバイスをしてくれること請け合いです。

まとめ

OK

いかがだったでしょうか。

今回の記事では、人材コーディネーターになりたい人に向けて転職の際の志望動機の書き方のポイントや例文を紹介しました。

人材コーディネーターに転職して、成長を続ける人材業界で活躍したいと考えている方は数多くいます。

たくさんのライバルたちの中から一歩抜きん出るためにも、履歴書の志望動機欄にはより良い内容を書いておきたいものです。

履歴書の書き方に悩んだら、ぜひ転職エージェントに相談してください。

転職エージェントは転職のプロです。人材コーディネーターになりたい場合の履歴書の書き方についても熟知しています。

今回の記事を参考にして、ぜひ理想通りの転職を果たしてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら