テクニカルスキルは業務をこなす上で欠かすことができない知識や技術のことを指す言葉です。

今回はそんなテクニカルスキルを向上させる方法について解説していきましょう。

また、向上させたテクニカルスキルをどのように活用していけば良いかなども併せてご紹介していきます。

テクニカルスキルを向上させる方法

ポイント

まずはテクニカルスキルを向上させる具体的な方法を解説していきます。

以下の3つはテクニカルスキルの向上に役立つと考えられている代表的な学習方法です。

企業からテクニカルスキルの学習機会を提供された場合、以下のような方法で向上を目指すこととなるでしょう。

OJT

OJTは「On the Job Training」という言葉の頭字語であり、これは職場内での訓練を指す言葉です。

具体的には職場内で社内の上司やベテラン社員などから指導を受けるという訓練方法を指します。

つまり、OJTは業務の一環としてスキルを向上させたり知識を得たりといった訓練が行われるというものです。

熟練した社員から直接指導を受けることによってテクニカルスキルの向上に高い効果を発揮します。

OJTでは実務での訓練となるため、現場で役立つ知識やスキルをその場で身につけることが可能です。

実践的なスキルを身につけられるのが特徴だといえます。

Off-JT

手帳を見る画像

Off-JTは「Off the Job Training」を意味し、これはOJTとは反対に職場を離れての訓練を指す言葉となっています。

つまり、Off-JTはOJTと違い実務で訓練を行うのではなく研修形式で必要な知識を教えるというものです。

Off-JTは座学で訓練を行うこととなるため、理論的・体系的に知識やスキルの習得が行えるというメリットがあります。

逆に実務的な知識は学習できないため、学んだ知識を活かせない可能性がある訓練方法です。

eラーニング

eラーニングはOJTともOff-JTとも異なる訓練方法です。

eラーニングはパソコンやモバイル端末などを用いてインターネット上で訓練を行うことを指します。

これによりOJTやOff-JTとは違い、場所や時間を問わず学習を行うことができるのです。

各自が好きな時間に学習を行えるため、教える側が学習の時間を取らなくても良いというメリットがあります。

教材はテキストだけでなく動画やイラストなどを使い分かりやすくなっているため、学習への意欲が保ちやすいという利点もあるようです。

 

ワンポイント
・OJTは職場内で社員や上司から指導を受ける訓練方法
・Off-JTは研修形式で体系的・理論的に学習する訓練方法
・eラーニングはインターネットを通じてパソコンやモバイル端末で訓練を行う方法

テクニカルスキルの定義や特徴

指をさす人

次はテクニカルスキルの定義や特徴を細かく解説していきます。

その言葉の意味を知ることによって、どのようにテクニカルスキルを向上させれば良いのかが分かってくることでしょう。

テクニカルスキルの定義

テクニカルスキルは会社での業務に欠かすことのできない知識・技術などを指す言葉となっています。

自身の職種で求められる専門的な知識・技術も含まれるため、職種によってその中身が違うというのも特徴の1つです。

管理者スキルの1つ

パソコンを使う女性

このテクニカルスキルは管理者に必要なスキルの1つに数えられています。

管理者というのは企業における管理職を意味する言葉です。

また、テクニカルスキル以外の2つとして挙げられているのが「ヒューマンスキル」と「コンセプチュアルスキル」です。

管理職はこれら3つを備えていることが求められます。

そのため他の2つとともに徐々にテクニカルスキルも高めて行く必要があるのです。

特にロワー~ミドルマネジメントに求められる

このテクニカルスキルは、ロワー〜ミドルマネジメントに特に求められるスキルです。

ロワーマネジメントというのは主任や係長といった役職を指す言葉となっています。

ミドルマネジメントは課長や部長といったレベルの役職を指す言葉です。

これらの役職では管理者スキルの3つの中で特にテクニカルスキルの比重が大きくなっています。

先述した訓練方法を用いることによって管理職として十分なレベルまでテクニカルスキルを磨いておく必要があるでしょう。

テクニカルスキルのクラス別活用例

書類を読む女性

次はテクニカルスキルの活用例を解説していきます。

クラス別にご紹介していくため自分に合った活用例が必ず見つかるはずです。

ポジションによって最適な活用例を知るためにこの活用例を是非参考にしてください。

一般社員の場合

一般社員はテクニカルスキルがなければ業務を遂行することが難しくなってしまいます。

そのため企業は新人研修などを充実させることによってテクニカルスキルの向上に力を入れているのです。

一般社員はテクニカルスキルを充実させることによって、より専門的な業務をこなせるようになっていくことでしょう。

職場リーダーの場合

職場リーダーはテクニカルスキルを人材養成のために活用することとなります。

自身のこれまでの経験や培った知識によって充実したテクニカルスキルは一般社員の絶好の学習教材となることでしょう。

一般社員に対して、スキル向上における目標を与えられるくらいテクニカルスキルを持っていることが求められます。

管理職の場合

笑顔の女性

管理職の場合にはテクニカルスキルを人事評価や社内環境の評価に使っていくこととなります。

現場のことを正しく理解して評価していくためには高度なテクニカルスキルが必要不可欠です。

現場を見通すためにテクニカルスキルを活用し、各ポジションに的確な人材を配置したり人材の育成をしたりといった活用方法となります。

経営幹部の場合

経営幹部は組織の中枢であり、テクニカルスキルは企業戦略を立てるために活用します。

経営幹部にとって自社の人材について正しく理解することは必要不可欠だといえるでしょう。

人材を理解することで効果的に戦略を立てていくことが可能となるためです。

会社にとって人材というのは根幹ともいえるものです。

現場で働く人材を正しく理解し戦略を練っていくためには自分もテクニカルスキルが充実している必要があります。

どういった人材が戦略上必要なのかを明確にする上でもテクニカルスキルは欠かせないでしょう。

テクニカルスキルの類型

キャリアウーマン

テクニカルスキルにはどのようなスキルが含まれているのかを具体的に解説していきましょう。

テクニカルスキルは以下のような類型に分けられます。

スキルを向上させるために覚えておきましょう。

汎用スキル

汎用スキルポータブルスキルなどとも呼ばれるもので、その名の通りどのような職種でも通用するスキルを指す言葉です。

分析力・マネジメント能力・スケジュール管理能力などがこの汎用スキルに含まれます。

社会人にとって必要不可欠であるのが汎用スキルです。

職種を問わず活用できるのが汎用スキルの特徴であり、磨いていくことで幅広い業務で自身の能力を活かすことが可能となります。

専門スキル

専門スキルはある部署や職種でしか通用しないような、スキルの活用が限定されるようなものを指します。

しかしその職場内で専門スキルを全員が身に付けておけば、お互いに業務をフォローすることが可能です。

専門的である分、実務で重要視されるもので専門スキルを向上させればキャリアアップにも役立ちます。

特化スキル

特化スキルはその職場の中で限られた人材しか習得していないような専門スキルよりも更に高度なスキルを指す言葉です。

専門性に特化したスキルであり習得するのが難しいため、特化スキルを身につけていると社内でも高く評価されます。

また、特化スキルを身につけている人材が社内にいる場合、企業はその人材の後継者を育てなくてはいけません。

後継者育成を行わなければ、いずれ社内に特化スキルを持つ人材がいなくなってしまうためです。

特化スキルを身につけていれば転職活動でも大きく有利になることは間違いないでしょう。

 

ワンポイント
・汎用スキルは業種や職種の影響を受けず幅広い業務で活かすことができるもの
・専門スキルはある部署や職種でしか通用しないが業務に必要不可欠なもの
・特化スキルは専門スキルよりも高度な習得が難しいもので社内で高く評価される

スキルアップによって得られるものは

面接をする女性

テクニカルスキルというのは自身の与えられた仕事をこなす上で欠かすことのできないものです。

そのためスキルアップすることができればその業務に必要なスキルだけでなく更に高度な専門スキルを身につけることもできます。

高度なスキルを身につけることができれば、更に専門的な業務を担当することも可能となるでしょう。

また、テクニカルスキルの中でも汎用スキルを向上させていくことができれば、どのような職種でも通用する能力を手に入れられます。

どのような場所でも効果を発揮するスキルを身につけていれば転職をする際なども有利になると考えられるでしょう。

スキルアップによって個人が得られるメリット

手帳を見る画像

スキルアップは個人にとって大変メリットがあるものです。

例えばスキルアップすることによって会社から評価され昇給・昇進にも繋がります。

その他にも顧客からも評価してもらうことができる他、将来的な独立や転職にも良い影響をもたらすでしょう。

キャリアアップを目指す方にとってスキルアップは欠かすことができないものです。

自分の理想のキャリアを実現するためにも積極的にスキルアップを目指していきましょう。

 

ワンポイント
個人にとってスキルアップは昇給・昇進に繋がるだけでなく顧客からの評価や将来的な独立・転職にも良い影響を与えます。

スキルアップによって会社が得られるメリット

書類を回す女性

スキルアップというのは会社にとってもメリットがあるものです。

メリットとして代表的なものに生産性の向上・人材の定着率の向上などが挙げられます。

人材が自分のスキルを高めることでそれぞれの業務遂行能力も向上するためです。

生産性が向上すればそれだけ会社の業績にも良い影響を与えることでしょう。

また、スキルアップに力を入れることで人材の定着率も向上します。

会社の教育や研修制度が充実していれば社員は効率的にスキルアップを行うことができます。

社員はそれによって自身の成長を実感することができるため、会社に対しての不満を抱えにくくなることでしょう。

現状への不満が少ないため、離職しようと考える人も少なくなるのです。

これら2つのことによって企業は会社として社外にアピールできるポイントが増えるため、新たな人材の募集にも役立てることができます。

会社がスキルアップに力を入れると更に優秀な人材を集めることが可能となるため良いサイクルが生まれるのです。

これらのことから会社が社員のスキルアップに力を入れることは大変重要であるといえます。

 

ワンポイント
・スキルアップによる生産性や人材の定着率の向上は会社にとってのメリット
・スキルアップに力を入れると優秀な人材を募集しやすくなる

個人でスキルアップするには

転職

個人でスキルアップするために最適な方法として挙げられるのは、独学での勉強や資格取得に向けた学習です。

特に資格取得に向けて学ぶと目標があらかじめ設定されているためモチベーションの維持が期待できるでしょう。

また、他にもセミナーやスクールなどに通うという方法もあり、こうした場合はどこかに出向いて勉強することとなります。

会社での研修や教育が十分でない場合には社外でそうした場所でスキルアップすると良いでしょう。

これらの方法であれば会社からのサポートがなくても自分だけでスキルアップを目指すことができます。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

面接

転職活動というのは自分だけでは対策が難しい場面も多くあります。

そのような場面に出くわした際は転職エージェントの活用を検討してみると良いでしょう。

転職エージェントはあなたの転職活動をしっかりサポートしてくれるため選考書類の作成や面接対策なども効率的に行うことができます。

転職活動をうまく進められず困っているという方は、転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ガッツポーズする女性

今回はテクニカルスキルを向上させる方法について解説してきました。

テクニカルスキルというのは業務を行っていく上で大変重要なスキルとなっています。

そのため向上させていく上で様々なメリットを期待できるのです。

上手にテクニカルスキルを向上させて、そうしたメリットを活用していきましょう。

また、転職活動で何か困っていることがあるという方は転職エージェントへ相談してみてください。

プロの視点からあなたの転職をしっかりとサポートしてくれるはずです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら