販売職への転職を希望する女性は多いです。そのため採用担当者は日々多くの履歴書を見ています。

そんな多数の履歴書の中から採用担当者の印象に残るためにも志望動機はとても大切です。

良い印象を与えて「ぜひうちで活躍して欲しい」と思わせるためにも志望動機の書き方には気をつけましょう。

この記事では販売職の志望動機の書き方を解説します。

採用担当者の印象に残る特徴や有利な資格・スキルの紹介も行いますので参考にしてください。

販売職の志望動機の書き方

履歴書

販売職の志望動機の書き方について解説します。

販売職への転職を希望する際に志望動機はとても重要になるでしょう。

採用担当者はやる気のある人材・会社で活躍できる人材を求めています。

志望動機では「なぜ販売職に転職したいのか」「なぜその企業が良いのか」を分かりやすく伝えてください。

なぜ販売職になりたいか

ポイント

なぜ販売職に転職したいのかはきちんと伝える必要があります。

ただし「その企業が好きだから」「その企業の理念に共感したから」といった曖昧な理由は避けてください。

動機としても弱く採用担当者の印象に残ることはないでしょう。

なぜ販売業になりたいのかを書く場合は具体的に状況がイメージできる理由を考えましょう。

「前職の経験からもっとお客様一人一人とコミュニケーションを取りたいと思った」

「アパレル販売をしていたが、ディスプレイを担当するうちにトータルコーディネイトへの興味が強くなった」

このように具体的な理由があると採用担当者の興味を引くこともできます。

なぜその企業に入りたいか

主張

販売業の求人は多くあります。

その中でなぜ応募先の企業が良いのかは必ず伝えてください。

「何となく販売業が良かった」「家から近かった」といった理由はマイナスな印象を与えてしまいます。

まずは応募する企業の情報を集めてください。

その中から自分と関わりのあることや自分の感関心があることを見つけましょう。

具体的なエピソードを添えながら「応募した企業が良い」理由を伝えてください。

入社後の展望を書く

笑顔

採用担当者は採用後に会社へ貢献してくれる人材を求めています。

そのため入社後にどのようになりたいのかを伝えることも大切です。

入社後に何をしたいのか・どんな目標があるのかを記載してください。

もしキャリアプランがあるのであればそれを伝えるのも良いでしょう。

 

ワンポイント
販売職の志望動機の書き方
・なぜ販売職に転職したいか考える
・なぜその企業が良いのか考える
・入社後の展望を考える

「志望動機」を伝えるためのステップ

考える

志望動機を考えるための段階を解説していきます。

いきなり志望動機を書き出すことはあまりおすすめできません。

きちんとした下準備を行い、販売業の志望動機を考えていきましょう。

まずは応募する企業のことを知ることから初めてください。

もし情報収集が不安であれば転職エージェントを活用するのも手です。

一緒に採用担当者の印象に残るような志望動機を書き上げることを目指しましょう。

仕事において「大切にしたいこと」「こだわり」「強み」は何か

メモ

自分の人となりを知ってもらう上で大切なことは「大切にしたいこと」「こだわり」「強み」を自分が知ることです。

何に対して自分が重要に思っているのかをはっきりと認識することで自分のアピールポイントを正しく理解できるでしょう。

「大切にしたいこと」「こだわり」「強み」をそれぞれ書き出してみるのも良い方法です。

全て書き出せなくてもまずは「大切にしたいこと」だけを考えてみるのもいいでしょう。

少しずつ自分の内面を明文化することで自分を知ることができます。

その積み重ねで自分の強みが分かれば志望動機でのアピールがはっきりとできるでしょう。

企業研究をする

パソコン

応募する企業を研究することはとても大切です。

どんなに素晴らしい能力があったとしても企業の求める人材とマッチしなければ意味がありません。

そこで企業がどのような人材を求めているのかは事前にしっかりとリサーチしておきましょう。

もし企業の情報が不足していると感じるのであれば転職エージェントを活用してください。

一人で情報を集めるよりも多くの情報を得ることができるでしょう。

企業のこだわり=自分のこだわりにする

笑顔

企業には必ずこだわりや理念があります。

「企業のこだわりに共感しました」という理由では志望動機には弱いです。

ですがそのこだわりを自分のものとして考えられた志望動機は印象的なものになるかもしれません。

ただ共感したというだけではなく「自分ならこうしたい」「自分はこう感じている」と自分のこだわりに落とし込んで考えてください。

 

ワンポイント
自分の強みや企業の情報を考えてみよう。

販売職に効果的な志望動機

笑顔

販売職の志望動機で重要なポイントは、採用担当者に具体的なイメージを伝えることができるかどうかです。

もし販売業の経験があるのであれば店舗の情報や従業員数・売上達成率などを伝えてください。

具体的な数字やエピソードははっきりとしたイメージを抱きやすいです。

「家が近所」「給料がいい」といった動機はあまり良いものではありません。

このような動機は「応募した企業でなければならない」理由にはならないからです。

採用担当者は採用後に会社に貢献してくれる人材を探しています。

応募した企業でなければならない理由があれば、採用後も会社に貢献してくれる人材と感じてもらえるはずです。

志望動機の書き方のコツ

ポイント

志望動機の書き方のコツを解説します。

志望先の採用担当者がどのような人材を求めているかを考え、それに沿った志望動機を伝えることが重要です。

そのため志望先の求める経験将来のビジョンをおさえておくと良いでしょう。

実務経験をアピール

アピール

実務経験はとても重要なポイントになります。販売職の経験がある方は必ずアピールしてください。

その際、販売の経験を具体的にイメージしてもらえるように意識しましょう。

予算に対して達成した売上の数を書くことで客観的な評価を見せることができます。

フロアマネージャーやリーダーの経験があるのであればそのことも記載しましょう。

育成した人材の数を書くのも効果的です。

販売職が未経験の方は販売職に活かせる経験を考えてください。

接客の経験や電話対応のスキル・コミュニケーション能力などがアピールするべきポイントになします。

志望先の特徴をリサーチ

リサーチ

いくら豊富な知識や経験があったとしても志望先の企業で活かせないものでは意味がありません。

事前に志望先の企業はどんな特徴があるのかリサーチしておきましょう。

特に同じ業種の他企業と何が違うのか見つけることが大切です。

なぜその会社を選んだのかという問いに対して明確な志望動機を用意することができます。

将来のビジョンを記載

前を向く女性

採用担当者は採用後に会社で活躍してくれる人材を求めています。

採用後将来どのように働きたいのかを記載することで意気込み意欲を伝えることができます。

また将来のビジョンを見せることで具体的にどのように活躍できるのかを伝えることにもなるでしょう。

将来のビジョンを伝える際は応募する企業の特徴に沿うようなものにしてください。

自分の経験が応募先の企業でどのように活かせるかを考えるようにしましょう。

 

ワンポイント
志望動機の書き方のコツ
・実務経験をアピールする
・志望先の特徴をリサーチする
・将来のビジョンを記載する

販売職の志望動機の例文

解説

販売職の志望動機の例文を挙げますので、是非参考にしてください。

経験あり

販売

「前職ではアパレル販売職を5年間経験しました。従業員はフロアに15名の中規模店舗に勤務しました。

本社からの予算に対して○%を達成して表彰された経験があります。

常にお客様と会話しながら販売することを心がけておりました。

お客様からは『○○さんにならコーディネイトをおまかせできる』と評されていました。

お客様一人一人と向き合いたいと考え一対一での接客を主としている貴社を志望しました。

販売業の経験を活かして貴社の売上アップに貢献したいと考えております」

経験者であることを具体的に伝えています。

将来性を語りながら自分がどのように貢献できるのかもアピールできているでしょう。

経験なし

「子供向けの教材の営業を3年間経験しました。

お客様一人一人と向き合い、本当に満足して頂ける商品を提案するように心がけていました。

販売実績は社内でも常に○位以内に入っていました。

もっとお客様と触れ合う仕事がしたいと思い貴社を希望いたしました。

貴社の『一人一人に笑顔を届ける服装を』という思いを実現するために、お客様と向かい合ってきた経験を活かしてまいります」

販売業は未経験であっても前職の経験を活かせることを伝えています。

 

ワンポイント
志望動機は入社後に活用できる経験をアピールしよう。

採用担当の印象に残る女子の特徴

仲間

志望動機は応募者のやる気意欲をアピールできる重要な項目です。

どんなに高度な資格を持っていたとしても、採用後に会社へ貢献する気持ちがなければ意味がありません。

採用担当者は採用後に会社で活躍してくれる人材を求めています。

そのため採用担当者の印象に残るためにはスキルや経験だけではなくやる気や意欲も伝える必要があります。

なぜその企業を希望したのか

将来的にどのように会社に貢献できるのか

といったことを、分かりやすく簡潔に伝える人は採用担当者の印象に残りやすいといえるでしょう。

有利になる資格やスキル

メモ

販売職への転職に有利な資格スキルも紹介します。

志望動機は大切ですが、それに加えて資格やスキルがあると説得力が増すでしょう。

資格やスキルは能力を客観的に証明する武器にもなります。

転職に役立つ資格について興味がある方は、詳しい話を転職エージェントにご相談ください。

転職にマッチしたスキルのアドバイスが貰えます。

語学力

笑顔

国内の店舗であっても日本語以外の言語でコミュニケーションを取る必要が出てくるかもしれません。

特に大都市や観光地では海外からの買い物客の姿をよく見かけます。

その時に一定の語学力があれば安心して対応ができるでしょう。

採用担当者も採用後に活躍できる人材だと注目します。

英検を持っているのであれば何級であるのか詳細を伝えてください。

TOEICのスコアを記載するのも良いでしょう。

他にも得意な言語があるのであれば積極的にアピールしてください。

販売士検定

販売士検定は販売に関する知識を証明できます。公的な資格ですので信頼性も高いでしょう。

販売員や店長候補・コストの管理者などにおすすめの資格です。

資格更新の制度がありますので資格を失わないよう気をつけてください。

販売の経験がない場合は不利なのか

ポイント

販売員の転職では経験があるに越したことはありません。

ですが未経験だからといって完全に不利かというとそうではないのです。

求人ではよく「未経験者歓迎」を見かけます。

それは未経験者ということに価値を見出す企業もあるからです。

販売業の経験だけを重要視するのではなく本人の資質やコミュニケーション能力を重視する企業も多くあります。

また中には他社のやり方が染み付いていない人材がほしいと考える採用担当者もいるでしょう。

販売業の経験が無いからといって悲観的になる必要はありません。

応募する企業をよくリサーチして未経験者でも不利にならないかどうか考えてみましょう。

もし不安に思うことがありましたら転職エージェントにご相談ください。

一緒にピッタリの転職先を探しましょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

エージェント

転職の応募先に迷ったら転職エージェントを活用してください。

一人では情報収集をすることはとても大変です。

応募する企業の事前リサーチが必要だといっても限界もあります。

そんな時は転職のプロに頼ってみるのもいいでしょう。

転職エージェントは転職について詳しい存在です。細かいことでもどんどん質問して疑問や不安を解消してください。

転職エージェントと一緒に転職活動を成功させましょう。

まとめ

笑顔

販売業の志望動機は具体的なイメージを与えるようなものを目指しましょう。

採用後もその企業で活躍できる人材であるという印象を与えることができるように志望動機を書いてください。

もし志望動機の書き方について不安がありましたら転職エージェントを活用するのも手です。

一人では気づけなかった点を改善できるかもしれません。

採用担当者の印象に残るような志望動機を用意して転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら