IT化の加速に伴い、これからますますWebマーケティングの重要性が高まってきます。

そういったWebマーケティング業務を専門に行うのがWebマーケターです。

Webマーケターとしての仕事にはどのような魅力ややりがいがあるのか、詳しく解説していきます。

Webマーケターの仕事内容を解説

指示棒

今後ますます需要の高まるWebマーケターですが、大まかにはどのようなことをする仕事なのでしょうか。

Webマーケターは、大きく分けるとWebマーケティングの施策」「施策の効果検証や分析」の2つの仕事を行っています。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

Webマーケティングの施策

Webマーケターはその名の通り、Webを活用したマーケティング活動を行う仕事です。

TVCMなどのマス広告と連動したキャンペーンを行ったり、YouTube動画やSNSなどを活用して集客などを行います。

また、Webコンテンツの追加やサイトリニューアル、SEO対策(検索エンジン最適化)なども中心的な業務となります。

重要なことは、Webを通していかにユーザーにとって価値のあるものを提供できるかという点です。

よって常にユーザーを意識した施策が必要とされます。

施策の効果検証や分析

実行した施策がどのような効果を上げているのか、データをもとに検証・分析することもWebマーケターの仕事です。

Webマーケティングではアクセス解析ツールなどを使うことにより、実行した施策の効果をすべて数値で確認できます。

たとえば自社サイトの中でどのページが一番見られているのか、ユーザーがどんなキーワードで訪問しているかなどです。

それらの数値情報を徹底的に収集・分析することによって、費用対効果を高めていくことが主な仕事内容となります。

Webマーケターの役割を知ろう

考える女性

Webマーケターの大きな役割とは「ユーザーの利益と企業の利益を両立させる」ための施策づくりといえます。

具体的な役割のうちの1つは、ユーザーを自サイトに誘導することです。

印象的な広告や効果の高いキャンペーンを行うことでユーザーに興味を持ってもらい、集客に結び付けます。

そしてもう1つの具体的な役割が、訪れたユーザーに商品を買ってもらうことです。

商品の形はモノや情報など様々ですが、最終的に収益につながるようにユーザーの行動を誘導します。

これらの具体的な役割を果たすことで、最終的に企業・客・世間の「三方良し」を目指すことが利益につながるのです。

 

ワンポイント
Webマーケターの役割はユーザーの利益を考えつつ集客や販売につなげ、企業や社会全体の利益も実現していくことです。

Webマーケターの魅力ややりがいは?

注意点

Webマーケターという仕事にはどんな魅力ややりがいがあるのでしょうか。

他の仕事と大きな違いはあるのでしょうか。

少し掘り下げて見ていきましょう。

Webマーケターの魅力

Webマーケターは、マーケティング職の中では未経験でも始めやすいということが魅力の一つです。

特に中小企業では専門の人材を確保するのが難しいため、未経験でも知識やスキルがあれば受け入れられやすいといえます。

そしてスキルと経験が身につけば、企業にとっても必要性が高い職種のため、求人市場でのニーズが高いことも魅力です。

同じ理由で、給与の水準も他の職種の平均と比べ高い傾向にあります。

つまり、転職先が見つけやすく、再就職がしやすい職種であるといえます。

また、インターネット環境とパソコンがあれば作業可能なことも多いため、在宅で働きやすいことも魅力の一つです。

このことから、企業に在籍しながらも副業で収入を得ているWワーカーも多いようです。

Webマーケターのやりがい

Webマーケターの一番大きなやりがいは、「成果が数字で見える」というところでしょう。

Web以外のマーケティングの場合は、ある施策の効果が出るのは数週間や数か月という長い月日がかかることが多いものです。

しかしWebマーケティングの場合は、ある施策の成果が早ければその日のうちにわかることもあります。

自分で狙いをつけて打ち出した施策が見事に当たり、それが即座に数字に表れることで得られる達成感も大きいでしょう。

また、1対1のセールスなどに比べ、より多くの人に喜んでもらえる仕事ともいえます。

ユーザー・クライアント・社会全体の利益に貢献することができ、使命感を持って働ける仕事でもあります。

 

ワンポイント
Webマーケターはスキルを身につけることで働きやすく、また成果が見えやすいのでやりがいの大きい仕事といえます。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

Webマーケティングの施策はどんなもの?

パソコンを操作する女性

Webマーケティングの施策について多くの種類があることは前述の通りです。

ここではいくつか代表的なものを挙げて、詳しく解説していきます。

「SEO」

「SEO」とは「Search Engine Optimization」の略で、検索エンジン最適化のことを指します。

検索エンジン最適化とは、検索エンジンでキーワードを検索した際に自社のサイトが上位に表示されるように調整することです。

規模の大きさやシェアの高さから、Googleの検索アルゴリズムを対象に行われることが多いです。

具体的に内部向けの対策としては、ユーザーにとってわかりやすく価値のあるコンテンツを増やすことが挙げられます。

また外部向けの対策としては、被リンクを多く受けることによって自社サイトの有用性が高まります。

こうした様々な内外向けの対策を行うことで、自社サイトが多くのユーザーの目に留まりやすくなるのです。

「リスティング広告」

キーボード

リスティング広告とは、検索エンジンの検索結果の上部に表示される「広告」と書かれたリンクのことです。

Web上の広告としてダイレクトに目にする機会も多いため、イメージしやすい部分でもあるでしょう。

ユーザーが検索したキーワードに関連の高い広告が表示されるため、ニーズに合った広告を出せるという利点があります。

反面、予算やキーワードの設定を検討し費用対効果を高める必要があるので、SEO対策に比べると運用に手間がかかります。

「LPO」

LPOとは「Landing Page Optimization」の略で、ユーザーが自社サイトを訪問した際に最初に閲覧するページを改善することです。

この対策を行うことで、自社サイトを訪れたユーザーが申し込みや問い合わせをしやすくする効果があります。

具体的には印象的なキャッチコピーをつけたり、ページのレイアウトや入力フォームの形式を改善したりと様々です。

単に問い合わせや購入につながりやすいだけでなく、ユーザーにとっても欲しい情報にたどり着きやすいという利点があります。

あくまでもユーザー目線に立ったナビゲーションの改善がポイントとなります。

Webマーケターに必要な資格は?

人差し指

Webマーケターとして転職するためには、資格は必要なのでしょうか。

実は決められた資格というものはなく、資格がなくても就職することは可能です。

しかし、持っていると役に立つ資格がたくさんあるので、ここで紹介しておきます。

統計や解析などを学ぶ資格として、ウェブ解析士・統計検定・Webアナリスト検定・Webディレクター検定などが挙げられます。

また、マーケティング・ビジネス実務検定もマーケティングの勉強のために役に立つでしょう。

ほかにも、Google広告認定資格・Googleアナリティクス個人認定資格など、Googleの仕組みに特化した資格もあります。

これらの中から、自分のやりたい分野やスキルに合わせた資格を選んで勉強してみるといいでしょう。

 

ワンポイント
Webマーケターには必須の資格はありませんが、あれば役に立つ資格は多くあります。

Webマーケターの給与事情は?

お金を手に持つ女性

Webマーケターになるとどれくらいの年収を目指せるのでしょうか。

気になる給与事情と、年収を上げるためのポイントを解説します。

平均年収

企業に在籍するWebマーケターの平均年収は500万円程度で、全体の平均である400万円に比べれば高いといえます。

しかし、Webマーケター全体としては300万~800万とかなり幅があります。

Webマーケターの年収を決める要素は多くあり、その条件によってこのような幅が生まれるのです。

もちろんスキルや経験にもよりますが、業種や役職によるところも大きいといえます。

次項で詳しくご説明します。

業界や役職で変わる

笑顔の女性

Webマーケターの年収は、業界や役職で大きく変わります

一般的には、広告代理店に在籍するよりもWebコンサルティング会社に在籍する方が年収が高い傾向にあります。

役職で言うと、自身で作業を行うプレイヤーは500万円程度、リーダーなどのマネージャー職は650万円程度が相場です。

責任者になると800万円程度まで上がりますが、これも外資系企業であれば年収1000万円も視野に入ってきます。

このように、在籍する業界や役職が年収に大きく関わってくるのです。

転職を考える際には、平均年収のことも頭に入れて応募先を選定するとよいでしょう。

年収を上げるためには?

Webマーケターは様々な会社で必要とされていますが、年収を上げるためには注意すべき点があります。

一般的にコンサルティング会社や広告代理店は小規模な会社が多いため、年収があまり上がらないこともあります。

そこで、ある程度経験を積んでキャリアアップするなら、事業会社やメーカーなど大手企業への転職を目指すとよいでしょう。

もちろんその分高度なスキルやこれまでの実績が求められますが、それがクリアできれば収入を大きく上げることも可能です。

Webマーケターの将来性やキャリアパスは?

ジャンプ

Webマーケターという仕事は長く続けられるのでしょうか。

データを扱う仕事ということもあり、AIの台頭も無関係ではないでしょう。

将来性やキャリアパスの観点から解説していきます。

将来性

現代社会の状況から考えると、今後インターネットを全く使わなくなるという未来は考えにくいでしょう。

むしろ、今までインターネットと結びつかなかった分野でも、加速度的にIT化しているという現実があります。

インターネットを利用する社会の仕組みが続く限り、Webマーケターという仕事はなくならないといえます。

そういった意味では、将来性があり長く続けられる仕事といえるでしょう。

AIの影響は?

考える女性

Webマーケターの仕事は大量の数値やデータを分析することが多いですから、AIに仕事を奪われるのでは?と考える人もいます。

確かに、膨大なデータを収集・分析する部分はAIの力が圧倒的に役に立つでしょう。

しかし、Webマーケターにとってのより重要な仕事は、その分析したデータを活かして戦略を練り、企画立案することにあります。

また、その戦略を顧客や取引先など多くの人と共有することで成果を生み出すため、コミュニケーションが重要となります。

こういったマンパワーが必要となる分野をすべてAIに任せることはできません。

すなわち、今後はAIによって膨大なデータを収集・分析し、それを活用することがマーケターの大きな仕事となるでしょう。

キャリアパス

Webマーケターのキャリアパスとしては、まずは広告代理店で広告運用の業務を担当するのがよいでしょう。

そこで広告運用の経験を積み、その後幅広い業務ができるように事業会社に転職するパターンが一般的です。

また、関連職種としてWebアナリストやWebコンサルタントとして働きながら経験を積んでいくこともできます。

ある程度自分がやりたい分野や得意な分野に合わせて経験を積んでいくのが、一番効率が良いやり方といえるでしょう。

 

ワンポイント
Webマーケターは将来性のある仕事であり、経験を積んでキャリアアップすることも可能です。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

未経験でもWebマーケターになれる?

考える女性

基本的にWebマーケターは未経験でもなることが可能です。

マーケティングのスキルは実務経験を積むことで身についていくものなので、まずは経験を積める職場に転職するのが重要です。

未経験OKの求人を探し、そこから転職先を選ぶとよいでしょう。

Webマーケターという職種に限らず、関連職種でサポート業務を行うなどして実務経験を積むこともできます。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

相談

Webマーケターの仕事を行う場合、その職場選びは年収にも直結するため、かなり重要です。

しかし、企業が求めるスキルを自分が持っているかどうか判断に迷うこともあります。

そんな場合は、転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは企業から直接求人に関する情報を得ることができますので、採用条件についても詳しく相談できます。

また、非公開求人も扱っているため、自分で探せないような条件のいい求人を紹介してもらうこともできます。

転職エージェントは無料で利用できますので、迷ったら気軽に相談してみましょう。

まとめ

人差し指を指す女性

Webマーケターはインターネット上の広告やサイトの運用などを通して、顧客と企業・社会の三方に利益をもたらす職業です。

スキルを身につければ未経験でも転職が可能で、将来性もある仕事といえます。

業種や役職で年収も大幅に変わってくるので、キャリアプランに迷ったら転職アドバイザーに相談してみましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら