退職の意思表示にハードルの高さを感じる人は多いのではないでしょうか。

それをLINEでできたらいいと思いつつ社会人のマナーとしてどうなのか不安に思う人もいるでしょう。

今回は退職の意思表示をLINEでしてもいいか注意点を詳しく解説していきます。

Contents

退職の意思表示をLINEでしてもいいか調査

スマホをもって悩む女性

会社には就業規則があり退職の意思表示の時期について書かれています。

円満退職のためには規則に従う方がいいですが必ずしもそれができるとは限りません。

就業規則では意思表示は退職希望の1か月前としていることが多いでしょう。

しかしこれは会社の決まりであり法律的には2週間前でいいのです。

そして退職の意思表示の方法ですが対面で直接伝えるのが一般的です。

他には書面や電話という方法もありますが直接伝えないのはどうしてもマナー違反と捉えられることが多いでしょう。

そのためLINEで退職の意思表示をするのも会社から非常識と思われるリスクがあるのです。

退職の意思表示をLINEでする時は注意点を押さえてできるだけトラブルを回避したいもの。

今回はLINEで退職の意思表示をしてもいいのか、どのようなことに注意すべきかなどを詳しく見ていきましょう。

退職の意思表示をLINEでするのは法律的に有効なの?

マルとバツの札をもつ女性

LINEであれば気軽に退職の意思表示ができるとはいえ法律的に有効か気になる人も多いでしょう。

法律的に有効でなければ会社も認めてくれない可能性が高いです。

ここでは退職の意思表示をLINEですることの捉え方をご紹介します。

法律的には問題はない

退職の意思表示はLINEであっても法律的に問題ありません。

法律には具体的な方法が明記されていないためです。

そのため意思表示は口頭・メール・電話・書面の郵送などどの方法でも有効となるのです。

ただし退職の意思表示をする時期については法律で決められていることは知っておきましょう。

法律では退職を希望する日の2週間前までとされています。

違反した場合は会社から損害賠償請求をされるリスクもあるため注意が必要です。

ビジネスマナーとしては非常識

LINEによる退職意思の表示はビジネスマナーとしては非常識とされることが多いでしょう。

上司に口頭で直接伝えるのが一般的だと捉えられるからです。

またLINEで退職の意思表示をすると「一方的に伝えてきた」と上司が感じることも。

退職は本人にも上司にも重大な出来事なので、まずは相談してほしいという上司が多いのです。

LINEで退職の意思表示をする時の注意点

注意喚起をする女性

退職の意思表示は法律的には問題ありません。

そうはいってもビジネスマナーとしては非常識なのでトラブルに発展することもあるでしょう。

できるだけスムーズに退職を進められるようにLINEで退職の意思表示をする時の注意点をご紹介します。

LINEを送った証拠を保存しよう

LINEで退職の意思表示をしたら送った証拠を保存しておきましょう。

「そんなことは聞いていない」というトラブルを防ぐためです。

LINEのトークで既読がつけば相手は内容を確認したという証拠になります。

しかし間違って削除してしまう・ログインできなくなるというトラブルもあるでしょう。

そのようなことに備えてLINEの画面をスクリーンショットで保存することをおすすめします。

LINEならではの誤動作に気をつけよう

スマホの画面を見て驚く女性

LINEは手軽にやり取りできるのがメリットですが誤操作には注意が必要です。

LINEを使っていて下記のような失敗をした経験のある方も多いのではないでしょうか。

  • 作成途中の文章を送信してしまった
  • 誤字脱字がある
  • 送信相手を間違えてしまった

トーク画面で内容を考えながら文章を作成していると未完成の文章を送信してしまうことがあります。

誤操作によるミスをしないためにはあらかじめ文章を考えておくといいでしょう。

問題がないことをしっかりと確認してから送信するようにしてくださいね。

プライベートな感じを出さないように注意

会話をしているようにメッセージのやり取りができることがLINEのよさです。

しかし退職の意思表示にプライベートな感じを出さないように気をつけた方がいいでしょう。

プライベート感が出ると退職の意思が真剣ではないと思われることがあります。

真剣さが伝わるように絵文字やスタンプも使わないようにしましょう。

そもそもLINEで退職の意思表示をすること自体が印象のいいものではありません。

ラフな印象を与えないように固い文章で意思表示をしてください。

LINEは業務上のツールとして認められている?

LINEで退職の意思表示をする時は業務上のツールとして認められているかに注意しましょう。

職場によっては業務をスムーズに進めるためにLINEを活用することがあります。

部署ごとにグループを作成して業務連絡をすると便利です。

また個人情報を含まない報告をLINEで行う場合もあるでしょう。

退職の意思表示は業務に関わる連絡の1つです。

しかし会社がLINEを業務上のツールとして認めていな場合はどうなるのでしょうか。

上司とのLINEでのやりとりはプライーべーとなものと捉えられる可能性が出てきます。

そうなるとLINEでの退職の意思表示を正式なものと認めないリスクがあるのです。

 

ワンポイント

 LINEで退職の意思を伝える時に気をつけること

  • 証拠として送信画面を保存する
  • 誤操作のないようにしっかり確認する
  • 業務上の連絡としてプライベート感を出さない

LINEで退職の意思表示をしても良いケースとは

OKサインを出す女性

LINEで退職の意思表示をすることが有効とはいえ非常識と認識されることが多いです。

しかしやむを得ずLINEに頼るしかない状況に置かれることもあるでしょう。

ここではLINEで退職の意思表示をしても良いケースをご紹介します。

健康的問題で出勤できない

ベッドに座りスマホを操作する女性

怪我や病気で出勤が困難な場合はLINEで退職の意思表示をするのも問題ないでしょう。

契約社員であっても「やむを得ない事由」のケースは法律により途中の契約解除が認められています。

その「やむを得ない事由」には健康問題が含まれると捉えることができます。

病気は身体だけでく精神的なものもあるでしょう。

この場合も出勤自体が負担となるのでLINEで退職の意思表示をしても良いケースです。

引き留めや退職妨害が予想される

退職を上司に伝えると引き留められる可能性があります。

また退職させないように妨害されることもあるでしょう。

特に長年勤めている人や人手不足の職場では引き留められることが考えられます。

そして上司が自分の評価を下げないために部下を退職させないというパターンも。

引き留めや退職妨害にはこのような例があります。

  • 口頭で退職の意思表示をしたけど話が進まない
  • 話し合いの時間を設けてくれない
  • 退職願いを受け取ってくれない
  • 何度も引き留めの話をしてくる

このような場合はいくら上司に話をしても退職話は前に進みません。

退職の話を出した後でなるべく顔を合わさないように避ける上司もいるでしょう。

引き留めや退職妨害をする企業・上司であることは先に退職した先輩や同僚の経験から予測が可能です。

この場合はLINEで退職の意思表示をしても仕方ありません。

LINEで退職の意思表示をする例文をチェック

スマホを操作する女性

退職の意思表示をLINEでする時はどのような文面にすればいいのでしょうか。

大切なことは退職をする固い意思とお世話になった会社や上司への感謝の気持を伝えることです。

それではLINEで退職の意思表示をする例文をチェックしていきましょう。

一身上の都合による退職の例文

お忙しいところ申し訳ありません。

またこのような形での報告となりお詫び申し上げます。

大変心苦しいのですが一身上の都合により20〇〇年〇月〇日をもって退職させていただきます。

それまでの出勤日に対しては有給休暇とさせていただきますようお願いいたします。

退職届は後日郵送させていただきます。

突然このような形での連絡となりご迷惑をおかけします。

在職中は多くのことを学ばせていただき誠にありがとうございました。

お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。

体調不良による退職の例文

LINEでこのような連絡をして申し訳ありません。

また突然の欠勤によりご迷惑をおかけしております。

体調不良によりお休みさせていただいていますが復帰の目途が立たない状況です。

このまま在籍してもご迷惑をおかけするので〇月〇日をもって退職させていただきます。

退職届や社員証などは後日郵送させていただきます。

これまで大変お世話になりました。

このような形での退職となり申し訳ありません。

 

ワンポイント

 退職の意思表示をLINEする時に伝えることは

  • LINEで退職の連絡することへのお詫び
  • これまでの感謝の気持ち
  • 退職を希望する日にち

退職をLINEで伝える前に確認したい書面で伝えるメリット

OKサインを出す女性

LINEは退職の意思を伝えた証拠が残りますが円満退職とはいかないでしょう。

そこで退職をLINEで伝える前に書面で伝えるということも検討してみてはいかがでしょうか。

ここでは退職の意思を書面で伝えるメリットをご紹介します。

退職を伝えたことが確実に証明できる

書面で伝えると確実に退職の意思表示をしていることを証明できます。

口頭や電話だと「そんなことは聞いていない」と退職の意思をかき消されてしまうリスクがあります。

またLINEでの意思表示は送信内容を消されたり正当化されないこともあるでしょう。

しかし書面の場合は確実に退職の意思表示をしたという証拠が残るのです。

出勤が難しい状況、対面で伝えられないという女性は書面での意思表示を検討してみてはいかがでしょうか。

書面での退職の意思表示は「一身上の都合」として問題ありません。

退職希望日が確実に証明できる

退職届を書く女性の手

書面を提出すれば退職希望日はもちろん退職の意思表示をした日まで確実に証明することができます。

LINEでも日にちの証拠は残せますが会社がどのような対応を取ってくるのか分かりません。

トラブルになる可能性を少しでも低くするためにも書面での意思表示が有効です。

退職の意思を強く伝えられる

退職の意思を強く伝えられることも書面で意思表示をするメリットの1つです。

LINEで退職の意思表示をすると上司から「非常識だ」「軽い気持ちなのだろう」と思われる可能性があります。

さらに「何日か経てば気が変わるだろう」と放置されるリスクもあるでしょう。

その反面、書面では正式な退職願いとして真剣に受け取られることが多いです。

 

ワンポイント
 退職の意思をLINEで伝える前に書面という選択肢を検討しよう。

LINEでの退職を会社が承諾しない場合は?

頭を抱える女性

口頭で直接伝えても引き留めをしたり、なかなか話を進めなかったりすることもあるでしょう。

意思表示がLINEだと口頭の場合よりも会社が承認しない可能性があります。

退職の意思表示をしても会社が承諾しない場合はどうすればいいのでしょうか。

LINEで退職の意思を伝えた後、上司から反応がない・承諾してくれないという場合は以下のことを検討してください。

  • 別の上司(直属の上司のもう1つ上の上司)
  • 内容証明郵便で会社に退職届を郵送する
  • 人事に退職の意思を伝える

相談相手を変えることで退職の話が進むことがあります。

また退職の意思を上司のところで止めていた場合は他の上司や人事に伝えるのが有効です。

LINEで反応がなければ書面を郵送しましょう。

その際に内容証明郵便にしておくことで「送った人」「受け取った相手」「郵送した日にち」を証明することができます。

従業員が退職を希望した場合どのような伝え方であっても会社は拒否することはできません。

会社が退職を承諾してくれなければ別の方法でアプローチしてみてください。

 

ワンポイント
 退職を会社が承諾しない時は他の上司や書面での意思表示を検討しよう。

退職の意思表示はLINEでも可能!ただし注意点は意識しよう

説明をする女性

退職の意思表示はLINEでも可能です。

しかしビジネスマナーとしては非常識と捉えられるため円満退職とはいかないでしょう。

またLINEで伝えるということは「聞いていない」「そんなの無効だ」と上司にいわれるリスクがあります。

このようなトラブルをできるだけ回避するためにも注意点を押さえて退職の意思表示をしてください。

注意点を押さえておくことで万が一のトラブルにも対処しやすくなるでしょう。

もし円満退職を望むのであれば、会社の規則で定められた期間で直接上司に伝えることをおすすめします。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

悩む女性

退職理由は人それぞれですがLINEで伝えるのは余程のことです。

LINEで退職の意思を伝えたら所定の退職の手続きをして前に進みたいという女性も多いでしょう。

しかし「次の職場も辛くなったらどうしよう」「自分に合っている仕事って何だろう」と不安に思う人もいるはずです。

そんな転職の悩みは転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職相談に登録すると転職エージェントがあなたの希望を伺い求人を紹介します。

求人紹介だけでなく自己分析や面接対策などのお手伝いもするので効率よく転職活動ができるでしょう。

まとめ

前向きな女性

今回はLINEで退職の意思表示をしてもいいかについてご紹介しました。

法律的には問題ありませんがマナー違反と捉えられる可能性が高いです。

しかしやむを得ない事情の時はLINEで意思表示をすることを検討してもいいでしょう。

その際はこの記事を参考に注意点を押さえて伝えるようにしてください。

無事に退職が決まれば転職先を探したいという女性も多いのではないでしょうか。

転職活動をする際は転職相談に登録することをおすすめします。

転職エージェントに相談しながら転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら