どの企業でも花形とされる営業職の残業についての特集です。営業職の実際の残業時間とは何かについて探っていきます。

また、残業時間を減らすための工夫や残業代についても解説していく内容です。

Contents

営業職の残業事情を解説

商談の画像

一般的に営業職とは残業が多いというイメージがあります。

しかしあくまでも一般的なイメージだけでその実態については不明瞭です。

例えば、業種によっては外回りがあるため、労働時間を自分でコントロールできることがあるからです。

営業職の残業の実態は、本人にしか分からない部分が多いともいえます。

そこで今回は営業職の残業をテーマにした特集です。

営業職の残業時間が多くなる理由

書類を書く画像

営業職はどの企業にも必ずある職種で、その会社の顔として活躍するポジションです。

中にはノルマが課せられやることも多く、残業が多くなりがちな印象です。

会社の窓口・顔役としての営業職は、さまざまなプレッシャーにもさらされながら仕事をしています。

では営業職はなぜ残業ばかりしてしまうのか、具体的な理由について解説していきましょう。

デスクワークは時間外で行うことが多い

営業職の残業の多さは勤務形態に原因があるとされています。中でも勤務時間外に事務作業を中心に行うことがあるからです。

もちろんすべての営業職が該当するわけではありません。

しっかりとけじめをつけて効率よく仕事をする営業職も多いはずです。

ただし、一般的に営業職は日中に外回りをする時間が長いという特徴があります。

そのため、退社時刻が迫る頃に帰社して報告業務や次の日の準備をするといったデスクワークを行う人もいることは確かです。

すると残業時間が自然と長くなってしまうのです。

営業先との付き合いがある

忙しい女性の画像

営業職は得意先との付き合いが多いため、残業が増えてしまいます。

得意先とのコミュニケーションは営業職にとって大切な業務です。そのため、接待や飲み会などに参加することがあります。

企業の規則にもよりますが、そのような得意先との付き合いは労働時間に該当しないため残業時間の対象外です。

しかし、仕事上での拘束時間として変わりありません。営業職はどうしても時間に束縛されやすい職種です。

いつの間にかプライベートと仕事との線引きができなくなり、休日でも付き合いで仕事の延長線上にいる人も多いようです。

ノルマ達成のため

営業職は他の職種と違って、数字や目標に追われていることも残業が増える原因とされています。

企業によっては営業職への高いノルマ設定がされていることがあります。

独自な歩合制により給与が決定するシステムを取っている会社も珍しくはありません。

営業職は毎日数字に追われて過ごすことになり、つい無理をしがちになります。

就業時間に関係なく働かざるを得なくなるという悪条件が重なっているからです。

営業職の女性が残業時間を減らすポイント

パソコンを打つ画像

営業職はどうしても時間外労働・残業が多くなるという印象です。

その一方で、業務に対する裁量が大きいので、仕事の進捗状況やスケジュール管理を自分でしやすいメリットも持っています。

裁量の大きさをうまく工夫して残業削減に生かせれば理想的です。

そこで、営業職の女性が残業時間を減らすために、どのようなことを心掛ければよいのかを解説していきましょう。

効率的に仕事を進める工夫をしよう

仕事をする以上は、なかなか理想通りに終わらず、残業が常態化してしまうことも考えられます。

それも心の持ち方によっては変わっていくものです。

中には、就業時間が過ぎてもなんとなくオフィスで仕事を続けないと気が済まなくなっている人もいます。

周りが残業するから自分もそうしないと雰囲気がよくないなど、本来はどうでもよい理由すらあることでしょう。

そのような無意味な残業をやめると決めて行動をするようにしましょう。

そのためには、1日の作業効率を考えながら習慣を作るようにする必要があります。

まずは、効率化をすると心で決めないと話になりません。

残業が少ない営業に転職を検討しよう

考える女性の画像

もしどうしても残業の多さに悩んでいるとしたら、今の職場は相応しい場所ではないのかもしれません。

思い切って他の職種・業種などへ転職を試みてみましょう。

営業職には残業がつきものだというのは、あくまでも一般的なイメージです。

今までそのような空気に泳がされていたことが何よりの原因ではなかったのではないしょうか?

近年では、働き方改革が進んできているので、無駄な残業を減らす動きのほうが主流です。

残業が少ない営業職も随分と増えてきている傾向が見えるのです。

なるべく残業をしない方針の営業職へ、転職を考えてみてはいかがでしょうか?

 

ワンポイント
効率のよい習慣化を心掛ければ無駄な残業が減ることもある。

残業した分の残業代はもらえるの?

タブレットを持つ画像

もしも特別に時間外労働や深夜労働を行なった場合には、正当に残業代として上乗せできるのでしょうか?

どの企業でも労働契約を交わす際に、所定労働時間を超過した分の残業代についての規定が存在するはずです。

割増賃金の支払い請求ができるルールを謳っています。

では、残業代についての詳細をここでは解説していきましょう。

固定残業制の特徴

残業手当の種類の1つとして固定残業制と呼ばれるものがあります。

事務系など、とくに営業職ではないのようなタイプの職種で採用されることが多い制度です。

これは、残業をしたら毎月必ず一定額を支給するという決まりです。

その支給額は毎月のタイムスケジュール上で管理されて、1時間当たりいくらという方式で計算され加算されています。

みなし労働時間制の特徴

会社の外でも過ごす営業職については、労働時間の正確な把握ができない現状があります。

そのために都合よく採用されているのがみなし労働時間制と呼ばれる制度です。

この場合、一律に残業代も含めた給与として支払われます。

仮に一日の就業時間を10時間分として設定する会社の場合、8時間きっちりで終えても10時間分の給与の支給が約束されます。

一方で、残業を含めて12時間働いたとしたら、2時間分の超過分は残業代として算定は行わないというルールです。

残業代請求の手順

オフィスの画像

営業職は労働時間の把握が不完全なこともあり、残業代未払いが発生しやすい職種でもあります。

もし不当な残業代の未払いがあることが発覚した場合に、どのような手順で請求すればよいのでしょうか?

残業代の未払い分を正しく請求するのであれば、実労働時間を立証する証拠が必要になります。

その前にやっておくべきことについて解説しましょう。

まず話し合いでの解決を目指そう

ことが大げさにならないように、最初の時点では会社と話し合いの場を設ける必要があります。

話し合いもせずに、いきなり行政などに相談を持っていくのは賢明ではありません。

実際は思わぬ誤解が生じていただけで残業代が適切に支払われていたとしたら、その後の自分の立場が悪くなるでしょう。

最初の一歩は、とにかく直属の上司へ話した上でよく精査し、お互いに解決策を考えていくのが筋道です。

労働基準監督署に相談しよう

相談する女性の画像

会社側との話し合いが成立しない時や、納得できる結果が得られないという場合は、労働基準監督署に相談をしてみましょう。

ただしその際は、自分の労働時間のおよび残業を立証させる証拠が必要です。

例えばタイムカードなどの出退勤時刻の証明・入退記録(防犯カメラ映像など)・取引先との記録・第三者の証言などです。

個人としてやることが増えていきますので、それを承知した上で行動することになるでしょう。

 

ワンポイント
まずは上司に相談し解決策を練ることから始めてみる。

残業代請求時に意識すべきこと

電話する画像

時間外労働が発生したのに会社側が残業代を不当に未払いをしているのなら、営業職でも請求できる権利があります。

その際には、いくつか意識しておくポイントを押さえた上で行動をしましょう。

ここでは残業代請求の際に意識しておくべきポイントを紹介します。

残業の証拠集めをしなければならない

残業代請求ではやるべき作業が多く面倒な側面があります。そのため諦めてしまう人も多いのが現状です。

それでも自分の残業を立証したいというのであれば、残業代の回収見込みを立てて証拠集めをする必要があります。

残業代がどの位の額面で請求できそうなのかを判断し、大まかでも計算しておくことです。

その上で、その残業代を立証できる証拠となる書類や証言などを集めていく流れを組みます。

労働基準監督署へ行くか、弁護士に相談してもよいでしょう。

請求できるのは過去2年分

残業代未払い請求は、2年で時効が完成してしまいます。それまでに請求しなければなりません。

法的に2年の消滅時効が設定されているからです。

ただし、時効が完成しないようにする工夫として、時効中断措置というルールがあります。

それらの法的措置も応用しながら、早めの対策と行動をするよう心掛けておきましょう。

残業が少ない企業に転職する時のポイント

カレンダーの画像

今の営業職は残業が多くて心身的に辛いので転職を考えている人も多いはずです。

残業がない条件、もしくは残業が少ない案件を探すためには、どのような方法を経ていけばよいのでしょうか?

ここでは、残業が少ない営業職への転職の方法について解説していきましょう。

企業の情報を集める

残業の実態を調べるために、できるだけ企業の求人案件の待遇などに目を通していきましょう。

現実的なことを述べれば、どのような企業でも残業が全くないということは考えられません。

例え残業なしという求人だとしても、時折仕事の状況で残業をせざるを得ないことは覚悟しておくほうがよいでしょう。

まったくゼロだという企業のほうが少ないと思いながら求人を探すことがポイントです。

前職・現職での平均的な残業時間を考えて、明らかにそれ以下の残業時間が見込めそうな企業を探すのが望ましいでしょう。

転職エージェントを活用しよう

最も賢明な方法としておすすめできるのが、転職エージェントを利用することです。

転職活動は、自分ひとりで情報収集するのに限界があります。一般に公開されていない情報というのも存在するからです。

そこで転職エージェントに登録すれば、非公開求人も含めた幅広い案件の中から探すことができます。

しかも担当キャリアアドバイザーが転職の相談に応じてくれる制度です。きっと適性の合う仕事を紹介してくれるはずです。

他にも、履歴書・職務経歴書の添削や面接サポートも受けられ、自分だけでは得にくい情報や知識が得られます。

 

ワンポイント
転職前にはしっかりリサーチをし転職エージェントも利用してみる。

残業が少ない企業へ転職する注意点

時計を見る画像

残業が少ない企業へ転職ができれば、生活にゆとりができて気持ちも楽になるというのはメリットといえます。

しかしその反面、デメリットも生じると思っておくことです。

残業が減ることでの注意点は、まず、仕事がルーティーン化して張り合いがなくなる可能性があります。

毎日ドア・トゥ・ドアな状態を続けるだけになりやすく、仕事へのモチベーションがなくなる恐れがあるでしょう。

また、時間が余ることでの無駄な消費が考えられます。娯楽などに余計なお金をかけてしまいかねません。

そして、残業代がなくなるということは、その分の給与がダウンします。

以上のような注意点を考慮した上で行動をするようにしましょう。

 

ワンポイント
残業が減る分のデメリットもあるのでそれも自覚しておく。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

パソコンを視る女性の画像

営業職はとても厳しい一面もあります。

残業が多くなり計画したライフスタイルとの調整が取れないで苦戦してしまうケースも考えられるからです。

そして何よりもストレスを抱えやすい職種です。

ノルマが課せられてそのために毎日あくせくと働くという悪循環になりやすい傾向があります。

昔とは違ってかなり改善はされてきましたが、それでも全く問題がないとは言い切れません。

もし労働時間や残業が原因で転職活動をしたいと悩んでいるのであれば、1人でどうにかしようと思わないでください。

転職エージェントに登録して相談してみることをおすすめします。

転職エージェントは転職に関する専門家です。あなたが望む転職活動ができるアドバイスをしてくれます。

まとめ

喜ぶ女性の画像

営業職と残業は永遠のテーマともいえます。なかなか就業時間内に収まり切れないという事態も発生しやすい職種です。

そのために、フットワークの軽い人材を求めるといった口調で求人をしているケースも目立っています。

もし営業職そのものにこれからもこだわるのであれば、やはり残業との付き合い方も考慮するしかありません。

まったくゼロというのは非現実的だと思っておくことです。

どの程度までの残業が妥当かを自分なりに把握しておく必要があります。

その上で、正当に残業代が支払われている状態が理想といえるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら