人事の仕事についたらどのようなキャリアパスにしたいと考えていますか。

今回は人事のキャリアパスについて考え方や事例を踏まえてご紹介します。

すでに人事として活躍している女性だけでなく人事に転職を考えている方も必見です。

キャリアパスの考え方を解説

考える女性

キャリアパスとはキャリアを積む過程のことで将来に向けた道筋でもあります。

人事は人材の雇用や育成に関わる仕事なのでキャリアパスについて考える機会も多いでしょう。

しかし従業員のキャリアパスだけでなく自分自身についても考えておく必要があります。

自分自身がキャリアについて考えておくことで人材の雇用や育成に活かすことができるからです。

今回は人事のキャリアパスの考え方についてご紹介します。

まず「キャリアパス」と「キャリアアップ」の違いを見てみましょう。

キャリアパスは先ほどお伝えしたようにキャリアを積むための過程のことです。

将来的にこのような仕事がしたい・このポジションにつきたいという希望があったとします。

そのためにどのようなキャリアを積むのかを段階的に考えるのがキャリアパスというもの。

キャリアプランは1つの企業の中で考えることが多いです。

一方キャリアアップはスキルや能力を上げるためのステップをさします。

目標や目的のために必要な資格を取得したり能力を高めたりすることです。

この2つの違いを理解した上で人事のキャリアプランについて見ていきましょう。

キャリアパスの重要性を知ろう

スーツの女性

キャリアパスという言葉はひと昔前はほとんど使われることがありませんでした。

それでは、なぜ近年キャリアパスが重要視されるのでしょうか。

これまで日本の企業は年功序列や終身雇用が一般的でした。

入社した企業で定年まで働き続け勤続年数が上がっていくにつれて階級があがるという考えです。

終身雇用・年功序列制度は会社がキャリアアップのための道筋をつくってくれます。

そのため個人がキャリアパスについて意識をする必要はなかったのです。

しかし近年の考えでは個人の能力を活かして優秀な人材を確保したいという企業が増えています。

また働き方が多様化し1つの企業にこだわらない人も増えているでしょう。

これらのことから自分自身でどのようなキャリアを積んでいくか考える必要が出てきました。

キャリアパスを明確にすることで仕事のモチベーションをあげることもできます。

どのようなキャリアを積みたいかという道筋を考えることが重要ということなのです。

 

ワンポイント
 キャリアパスを明確にすると仕事のモチベーションが上がる。

人事に求められる役割

胸に手を当てる

人事のキャリアパスを考える時に大切なのが役割です。

まずは人事に求められる役割について見ていきましょう。

採用

人事は新しい人材の採用を行っています。

新卒・中途・パート・アルバイトなど多くの人材の採用に関わるのが人事です。

企業の経営戦略の中に人材確保が含まれることもあるでしょう。

その戦略に基づいた人材確保が求められるのです。

そのため採用計画を打ち出し各部署で求める人材のヒアリングも必要とされます。

求人票の作成や求人サイトへの掲載といったことも人事の仕事の1つ。

また採用といえば面接を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

イメージ通り人事は転職面接や結果の通知、入社時の案内まで行っているのです。

会社が求める人材を採用する役割を果たすことで企業に大きなメリットをもたらすでしょう。

労務

従業員の勤怠や健康を管理したり給料の計算をしたりする労務も人事の役割です。

残業時間があまりに長いと体調を崩してしまう人もいるでしょう。

また近年ではメンタルヘルスにも注意を払わなければなりません。

そういったことから勤怠管理や健康管理の役割も重要視されています。

従業員が安心して働くことができる環境を整え管理をすることも人事の役割なのです。

労務業務はそれだけでなく社会保険の加入・脱退、給料の計算、年末調整の手続きも行います。

これらの事務作業は人事の仕事について最初に任されることが多いでしょう。

育成

研修の様子

人材育成も人事の重要な役割です。

新しい人材を採用したら会社のルールをもとに教育が必要です。

教育制度を整備・運用していくことで社員が同じ方向を向いて仕事をしていくことができるでしょう。

人材育成は組織の発展になくてはならないものです。

そのため人事としての役割も大きいですね。

人事制度の企画や運営

社内異動や昇進といったことにも人事が関わっています。

それぞれの部署で必要な人材や人数を把握し社員を配置するのです。

これは部署という組織だけでなく社員にとってもメリットがあります。

その人が能力を活かすことができる「適材適所」で働く機会が得られるからです。

適材適所に人材を配置できてこそ組織の発展に役立つでしょう。

そのための人事制度の企画や運営が人事の役割の1つなのです。

 

ワンポイント
 キャリアパスを考える時はまず人事の役割を知っておこう。

人事の一般的なキャリアパスは?

ポイント

人事の一般的なキャリアパスは大きくわけて2通りです。

  • 採用・労務業務から始まり企画や制度設計に進む
  • 幅広い人事の業務で経験を積み総合管理職に就く

まず採用・労務業務からスタートして企画や制度設計に進むというキャリアパスについて説明します。

人事の仕事は採用・労務・研修(人材育成)など複数の担当にわけることができます。

規模の大きな企業ではこれらの担当を細分化して業務にあたることが多いです。

それぞれの担当で経験を積んでいくと企画や制度設計という責任のある仕事を任されるようになるでしょう。

そして難易度の高い業務を経験していくことで人事部長のような管理職に進むのです。

2つ目のキャリアパスについてご紹介します。

ベンチャー企業や中小企業では大企業のように人事の担当が細分化されていない場合もあります。

このような場合は採用・育成・労務・研修といったものを複数担当することになるでしょう。

複数の業務を担当するのは大変ですが人事の全体を経験できるというメリットがあります。

経験を積むことで人事だけでなく会社の経営に関わることができるチャンスが訪れることも。

人事のキャリアパスとして総合管理職を目指すという方法もあるのです。

人事のキャリアパスを考える手順

考える人

人事としてのキャリアパスをどのようにすればいいか悩む女性も多いのではないでしょうか。

ここではキャリアパスを考える手順をご紹介します。

手順に沿ってあなたのキャリアパスを考えてみましょう。

自己分析をしよう

キャリアパスを考える時に最初に自己分析をしましょう。

自己分析で考えておきたいことはこちらです。

  • 自分の強み
  • 長所と短所
  • 得意な業務
  • 能力やスキル

キャリアを積むためには自分の強みや得意とすることを知っておく必要があるでしょう。

それらを活かすことで仕事の効率があがり周囲からも評価されるはず。

また強みだけでなく短所を自覚することも大切です。

長所と短所を知ることでトラブルに見舞われた時の対処ができるでしょう。

目標や目的を決めよう

やる気の女性

次に目標や目的を決めましょう。

自分が将来どうなりたいか、どういう仕事をしたいのかを考えるのです。

例えば採用担当の人が経験を積んで採用計画に関わりたいということです。

また労務担当であれば社会労務士の資格を取得しスペシャリストになるという目標でもいいでしょう。

目標や目的がなければ仕事のモチベーションを維持することが難しくなることも。

そのためキャリアパスを考える時に目標や目的が大切なのです。

達成までの課題解決をしていこう

目標や目的が決まったら達成までの課題解決をしていきます。

ただ仕事をこなすというだけでは目標・目的達成はできないでしょう。

そこに至るまでの何らかの課題が出てきます。

例えばスキルアップのための資格取得や研修への参加といったものです。

キャリアパスを考えたらその途中で必要な課題を見つけてみてください。

その課題を解決することがきっとあなたの成長につながるはずです。

 

ワンポイント
 自己分析・目標と目的の設定・課題解決をもとにキャリアパスを考えよう。

人事のキャリアパスを広げるための資格

電球のマークと女性

人事の仕事でキャリアアップを目指すなら資格取得を検討するのもいいでしょう。

資格を取得することでキャリアパスの可能性を広げることができます。

ここでは人事のキャリアパスを広げるための資格をご紹介します。

人事総務検定

人事のキャリアパスを広げるのにおすすめな資格に人事総務検定があります。

この資格は1級・2級・3級にわかれており人事総務に関する知識や実務能力が問われるものです。

3級は人事総務に関する一般的な知識の習得で初めて業務に就く人におすすめです。

2級は労務管理や就業規則が問われ主任レベルとされています。

そして1級は課長レベルでより高度な人事の知識が求められるのです。

1級を習得すれば人事総務として高度な知識を持っているという証明になるでしょう。

ビジネスキャリア検定

ビジネスキャリア検定は事務系の職種で必要な実践的な知識が問われる資格です。

8つの分野ごとにBASIC級・3級・2級・1級とわかれています。

人事に関係する分野では「人事・人材開発・労務管理」がおすすめです。

この資格があれば管理職になれるというわけではありませんが必要な知識をもっている証になるでしょう。

情報処理技術

パソコンとOKサインをする女性

情報処理技術はIT業界の人材育成に活用される資格の1つです。

国家資格でありIT業界では人材評価に用いられることも多いという特徴も。

特にIT業界で人事の仕事をする女性におすすめといえるでしょう。

キャリアパスは定期的に見直すことが重要

オフィスで考え事をする女性

キャリアパスは一度決めたら変更できないというわけではありません。

むしろ定期的に見直すことをおすすめします。

人事の経験を積むうちに他の業務を任されることもあるでしょう。

また採用担当の人が研修業務に興味をもつこともあり得ます。

このように仕事をしていく中で当初のキャリアパスとは違った方向に向かう可能性もあるのです。

違う方向に向かったとしてもそれが問題というわけではありません。

他の業務を任されたのは客観的にそちらの方が合っていると判断されたのかもしれません。

また自ら他の業務をやってみたいと思ったのも人事としての経験に必要なことですね。

そのため定期的にキャリアパスを見直して「このままでいいのか?」ということを確認してみましょう。

思うように前に進むことができない場合は何らかの課題を抱えている可能性があります。

その場合も「なぜ前に進めないのか?」ということを分析してみてください。

キャリアパスは定期的に見直すことでモチベーションの向上や課題解決に役立つでしょう。

 

ワンポイント
 キャリアパスはそのままにせず定期手に見直そう。

人事のキャリアパス事例をご紹介

前向きな女性

人事には様々な役割があるのでどのようなキャリアパスがあるのか悩む女性もいるのではないでしょうか。

ここでは人事のキャリアパスの事例をご紹介します。

事例を見ていくとキャリアパスのイメージがわいてくるでしょう。

採用業務から制度設計へ

採用業務から始まった女性のキャリアパスをご紹介します。

最初は新卒の採用を担当し面接の日程調整や入社時の案内を行ってきました。

その後中途採用の担当も行うようになり経験を積みます。

次のステップとして実際に面接官として人材採用に関わるように。

一連の採用業務を経験したので次は経営戦略に基づいた採用計画・制度設計に関わります。

ここまでいくと管理職として企業の人事を任されるようになるのです。

労務業務から経営の一員へ

未経験で人事に転職し労務業務からスタートした女性のキャリアパスをご紹介します。

事務職の経験があるため労務担当となり人事の経験を積みました。

その後は労務としてのキャリアアップを目指し社会労務士の資格を取得することに。

資格取得により難易度の高い労務の仕事を任され経営にも関わるようになります。

人事には労務担当から経営の一員になるというキャリアパスもあるのです。

採用のスペシャリストへ

人事のキャリアパスにはその業務のスペシャリストになるという選択肢もあります。

採用のスペシャリストになった女性の事例を見ていきましょう。

採用担当として経験を積み採用計画や制度設計にも関わるように。

そして採用計画や制度設計を行いながら自分自身も採用業務を行うことでスペシャリストとなっていくのです。

このように経験を積んで管理職になるのではなくスペシャリストになるという方法もあります。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

呼びかける女性

キャリアパスは1つの企業でどのような過程でキャリアを積むかという道筋です。

当初描いたキャリアパスの通りにいくこともあれば、思うようにいかないこともあるでしょう。

そんな時は目標や目的に合った企業に転職するという選択肢を考える方法があります。

しかし転職には不安や悩みがつきものです。

そのため転職相談に登録をして転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職の不安は転職エージェントに相談して効率よく転職活動をしましょう。

まとめ

キャリアウーマン

今回は人事のキャリアパスの考え方についてご紹介しました。

キャリアパスは組織にとっても個人にとってもメリットがあるものです。

キャリアパスを考えることで仕事のモチベーションが上がるでしょう。

人事のキャリアパスは採用・育成・労務の各業務で経験を積み管理職になるというものがあります。

またその業務のスペシャリストになるという選択肢もあることを知っておきましょう。

キャリアパスの可能性を広げるために資格を取得するのもいいですね。

また転職をして人事の経験の幅を広げるという選択もあります。

転職で悩みや不安があれば転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら