転職面接でよくある質問の中に、第一志望を問うものがあります。

転職活動中、この質問にどう答えるべきか迷うことが多いのではないでしょうか。

今回はそんな第一志望に関する質問に対する答え方を解説していきます。

Contents

「第一志望ですか?」と聞かれたときどう答える?

マルバツを出す女性

転職面接では、その企業の志望度を尋ねられることがあります。

これは一次面接よりも二次面接や最終面接においてされる確率が高くなる質問です。

企業が応募者の志望度を確認し、内定を出した場合本当に入社してくれるのかを判断するための質問といえます。

この質問をされたのが本当に第一志望の企業なら問題はありません。

しかし、第二志望やそれ以下の企業からされた場合はどうでしょうか。

基本的な答え方を解説します。

「第一志望です」と答えよう

たとえその質問をしてきた企業の志望度がどうあれ、まずは「第一志望です」と答えるようにしましょう。

志望度が高くても低くても、その企業の面接を受けると決めたのは自分です。

入社意欲が低ければ最初から面接を受けることもなかったでしょう。

他に検討している企業があるにしろ、この質問をされたのなら迷いなく第一志望であることを面接官へ伝えます。

時々正直に「第二志望です」と伝える方が居ますが、これはおすすめしません。

志望度の低さを伝えて得をすることはほとんどないからです。

「志望度は高くありませんが、第一志望が落ちたら入社したいです」と聞いて採用したいと思う面接官が居るでしょうか?

この考え方は就活生と共通するものがあるので、学生時代を思い出すと良いかもしれません。

また、転職面接の場合は他社の選考状況もあわせて聞かれることがあります。

それに対しても全てを正直に伝えることが正しいとは言い切れません。

選考中の企業に共通点がない場合や中小企業の面接で大手企業の選考中であることを伝えると、不審に思われてしまいます。

応募先に一貫性がない場合、仕事に対する目的意識が曖昧だと捉えられてしまうので注意が必要です。

あくまで応募先の企業と同じ業界で、規模も変わりない企業だと回答するようにしましょう。

「第一志望群」「ええと…」あいまいに答えない

悩むビジネスウーマン

志望度に関する質問に対してやってはいけないのが、曖昧な返答です。

とっさに「第一志望です」と答えられず「ええと…」と言いよどむと、第一志望ではないと受け取られてしまいます。

更に、他社と優劣をつけられないからといって「第一志望群です」と答えることもNGです。

第一志望群というのは他に考えている企業があると伝えているのと同じです。

もう少し志望度を見定めたいと思っていても、それを正直に伝えてしまえば内定率は下がります。

この質問をされたら、反射的に「第一志望です」と答えられるように訓練を積んでおきましょう。

「第一志望」だと人事を納得させる

大事なのは、「第一志望です」と答えた後です。

ただ「第一志望です」と回答しても、面接官や人事担当者に熱意や入社意欲は伝わりません。

「第一志望です」と答えた後に、なぜ第一志望なのか説明しましょう。

この時、第一志望である理由を

  • 自分の企業選びのポイント
  • 御社のどこがそのポイントに合っているのか
  • 将来的に御社でしたいこと(具体的に)
  • だからこそ御社に入社したいと考えている

という構成で作るようにしましょう。

企業選びのポイントについては面接官や人事担当者も知りたがっていることです。

そこに応募先企業がどう合致しているか、その結果自分は将来的になにをしたいのかを具体的に伝えます。

そうすることで、理論的に相手を納得させることができるでしょう。

これは第一志望の企業は勿論、それ以外の企業に対しても答えなければなりません。

具体的な理論を作るには、業界研究と企業研究が必須です。

もしこういった業界研究と企業研究が苦手な場合は転職エージェントを介して企業を探してみましょう。

転職エージェントは転職活動のプロなので、応募先企業が属する業界や企業自体の研究についても手助けしてくれます。

間をおいたり困った顔をしたりしない

困り顔の絵を持つ女性

志望度に関する質問はされることを想定して面接に挑むべきです。

この質問をされた時に間が空いて答えてしまうと、たとえ口で第一志望だと答えても、企業側はそうではないと受け取ります。

また、眉を下げる・苦笑いするなどして困り顔を見せるのも危険です。

表情一つで企業の面接官の受け取り方は変わります。

本心を顔に出さず、間髪を容れずに「御社は第一志望です。なぜなら…」と理論を添えて答えられるようにしましょう。

しかし、こういった答え方は訓練しなければスムーズにできるものではありません。

頭で考えていたとしても、いざ本番になると緊張して間が空いてしまったりするものです。

そうならないためにも、面接対策はしっかりとしていくようにしましょう。

面接対策する際も転職エージェントを利用すると、本番を想定した徹底的なサポートを受けられるのでおすすめです。

第一志望かどうかを聞かれる理由とは

WHY?の文字とクローバーを持つ女性の手

ここでは、なぜ企業が志望度について質問するかを説明していきます。

企業が知りたいことを理解すれば、回答もそれに答えるかたちで作ることができます。

採用するべきなのかを把握したい

企業としては「内定を出した後に辞退されたくない」というのが本音です。

内定を出すまでには、面接官や人事担当者から社長、そして役員の確認と承認といった手続きを踏みます。

これには時間と手間がかかります。

内定を辞退された場合、その時間と手間が無駄になってしまうのです。

企業としてはその無駄を省くため、入社意欲や企業に対する興味や熱意をこの質問で把握しようとします。

本当に入社意欲が高い応募者であれば、納得できる理由をもって即答してくれる筈です。

理由のなかで同業他社と自社がどう違うかを応募者自身の観点から語られることを聞くのも重要なポイントのひとつです。

他社との比較検討がしっかりされているか、そして応募者の将来像が企業のビジョンと合っているかも確認できます。

こういった点を確認することで、内定を辞退しないか・内定後にすぐ退職しないかを確認し、採用するべきか判断するのです。

正直者なのかを知りたい

志望度に関する質問には基本的に「第一志望です」と答えるものですが、人によっては嘘がつけない場合もあります。

面接官が知りたいのは、咄嗟の対応力です。

明らかに動揺を見せる人も正直者ではありますが、企業が求めるのはそこで冷静な対応ができる正直者です。

どうしても嘘をつけない場合は「他社と御社のこういう点で迷っている」と落ち着いて伝えることもひとつの手といえます。

内定率が下がることはあるかもしれませんが、面接官からは冷静な正直者であるという評価が貰えるでしょう。

優柔不断かどうかを知りたい

判定に悩む女性

応募職種にばらつきがあったり、様々な業界を転々としている応募者には一貫性がありません。

志望度に関する質問をすることで、応募者の企業選びのポイントを聞くことが出来ます。

そのポイントが志望動機と合致しているか確認することで、面接官は応募者が優柔不断かどうか判断するのです。

企業選びのポイントや応募職種に一貫性がない場合、双方のビジョンがうまくマッチングせず、入社後のトラブルに繋がります。

そういったトラブルの回避や、応募者が流されやすいかどうかの確認も含めて志望度に関する質問をしてくるのです。

 

ワンポイント
 企業が志望度に関する質問をしてくる理由は大きく3つに分けられます。

第一志望かどうかを聞かれたときのポイント

指し棒でポイントを示す女性

企業がなぜ志望度に関する質問をするのかがわかったところで、その質問に対する回答のポイントをおさらいしましょう。

大きく分けると二つのポイントに分けられます。

堂々と回答する

まず大事なのは、質問されたらためらわず、はっきりと「第一志望です」と回答することです。

曖昧な答え方をしたり、目をそらしたり、困った顔をしたり、間を空けてしまうのはNG行為です。

たとえ応募先の企業の志望度がどうであれ、面接官の目を見て堂々と答えるようにしましょう。

納得できる理由を添える

更に大事なポイントがこちらです。

ただ「第一志望です」と答えても、熱意や入社意欲は面接官に伝わりません。

なぜ第一志望なのか、その理由を具体的に伝えましょう。

  • 自分がどういう基準で企業を選んで応募しているのか
  • 応募先企業はどういった点でその基準に合致しているのか
  • 将来的に自分は応募先企業でどんなことを具体的にしたいのか

基本的な考え方は就活生と変わりません。

企業はあなたの企業選びのポイントを知りたくてこの質問をしているのです。

そのポイントに応募先企業がどう合致していて、どこが魅力なのか教えるイメージで回答を作りましょう。

また、企業は将来性のある人材を求めます。

具体的な将来像を理由に添えることで、面接官にも具体的な将来像がイメージできるでしょう。

 

ワンポイント
 志望度に関する質問をされたら、堂々と第一志望であることを具体的な理由と共に伝えましょう。

第一志望かどうかを聞かれたときの回答例

オフィスで面談をする女性

では、実際に志望度に関する質問をされたときに面接官に良い印象を与える回答例を見ていきましょう。

「はい、御社が第一志望です。

私は、前職で得たスキルを活かし、△△業界の〇〇職に関わりたいと考えております。

中でも、御社の〇〇という事業(方針)に魅力を感じました。

更に御社ならではの□□という点は私の理想とするところです。

入社後〇年後は■■にチャレンジして事業に貢献していきたいと考えております」

これは前述した回答のポイントを押さえた例です。

企業選びのポイントと、応募先企業のどこがそれに合致しているのか説明しています。

ここで注意しておきたいのが、この理由と志望動機一貫性です。

志望動機と矛盾することを盛り込まないようにしましょう。

また、将来像に関する箇所は応募先企業のビジョンや社風に合うものを答えるようにします。

もし他社での選考が進んでいることを伝える際は、応募先企業が第一志望であることを添えながら回答すると良いでしょう。

「他にもお話を頂いている企業がございますが、御社が第一志望であることは変わりがありません」

こういった回答であれば、他社からも必要とされている人材であるという点で面接官へ良い印象を与えることが出来ます。

第一志望かどうかを聞かれたときの失敗例

困り顔で頭を抱えるメガネの女性

  • 「ええと…御社は第一志望群です」
  • 「はい、御社が第一志望で他の企業は受けていません」
  • 「はい、昔から憧れている業種なので第一志望です」

第一志望群という答え方がNGであることは言うまでもありません。

他社を全く受けていないというのも、本当のことであっても言わないようにしましょう。

転職活動というのは何社も応募するものですから、逆に不審に思われてしまいます。

他社の選考中であることを伝える場合は、応募先企業と同じ業界や業種で一貫性があるものを選んで伝えましょう。

なぜ第一志望なのかという理由は必ず具体的にしてください。

昔からの憧れという曖昧な理由だけでは面接官は納得しません。

第一志望の企業から内定をもらうためには

桜とスーツの女性

転職活動における企業選びのポイントや希望条件に合致する企業は誰しも第一志望として選考を受けるでしょう。

そんな第一志望の企業から内定をもらうためには、どんなことをするべきなのでしょうか。

企業の求める人材とはどんな人かを把握する

企業は応募者の志望動機や自己アピールから、その人材が本当に企業の求めるイメージと合っているか判断します。

つまり、企業が求めている人材について把握しなければ、内定を貰える志望動機や自己アピールはできないということです。

企業が求める人材の詳細は求人情報や企業のホームページに掲載されています。

企業の求める人材に自分がどれだけ近いのか、志望動機や自己アピールで企業に伝えるようにしましょう。

企業に貢献できる具体的な強みを見つける

企業が求める人材にどれだけ近いかを伝えるだけでは、内定は貰えません。

大切なのは、自分がその人材に近いポイントや企業に貢献できる強みを具体的に伝えることです。

企業が欲しい能力や経験を把握し、具体的な自分の強みとの共通点を見つけましょう。

その強みでどういった風に企業に貢献できるのか、できれば将来像を添えて伝えるとより効果的です。

これには細やかな企業研究と的確な自己分析が必要です。

どちらか一方ではなく、両方行い、その内容をすり合わせることで内定率が上がります。

こういった研究や分析が苦手、もしくはやっているつもりでも内定が貰えない時は転職エージェントを利用してみましょう。

転職エージェントであれば、企業研究も自己分析もしっかりサポートしてくれます。

これまでの企業研究や自己分析のどこが企業の求める人材とマッチングしていないか教えて貰うこともできます。

第一志望と答えたら内定辞退してもいいのか

憂鬱な表情のビジネスウーマン

志望度に関わらず「第一志望です」と答えても、実際はその企業の内定を辞退する可能性の方が高い場合があります。

また、面接時は第一志望だったとしても、後からもっと良い条件の企業に出会って志望度が変わる場合もあります。

そういった時は本当に内定辞退してもいいのかと考える方もいるでしょう。

これは内定辞退しても問題はありません。

企業も面接官も応募者が多数の企業で選考を受けていることは把握しています。

転職活動とはそういうものだからです。

面接時に第一志望だと答えたとしても、内定辞退の可能性があることは承知しながら動いています。

ですから、内定辞退したとしても企業から責め立てられることはほぼありません。

もし「面接のときは第一志望と言っていたのに」といわれたら、やむを得ない事情があると伝えましょう。

 

ワンポイント
 第一志望と答えた企業でも内定辞退することは可能です。

第一志望に落ちた場合は

膝を抱える女性

面接対策をしっかりとして、志望度に関する質問にはっきりと第一志望である旨を答えられても、不採用になることはあります。

企業に応募しているのは自分だけではありません。内定者の方が少ないのです。

第一志望の内定が貰えなかったからといって全て諦めないように気を付けましょう。

ここでは、もしそうなってしまった時の考え方を紹介します。

自分と企業が合わなかったと思おう

入念な準備をしたにもかかわらず、第一志望の内定を貰えなかった場合は、自分と企業のビジョンが合わなかったと思いましょう。

経験やスキルが足りていても、自分と企業の仕事に対する考え方将来像が合わない場合は不採用になることがあります。

もしビジョンが合わないまま入社しても、後からいやな思いをするのは自分です。

この先もっと考え方や将来像がマッチングする企業と出会えると考えて切り替えていきましょう。

企業を選ぶ立場でもある

転職活動も就活と同じように不採用通知が続くと落ち込んでしまうものです。

そんな時は企業が人材を選別するのと同じように、応募者も働く場所を選んでいるのだと考えるようにしましょう。

「こんなに経験もスキルもある自分を不採用にする企業は見る目がない」と少し大胆なくらいの考え方をしてみます。

そうすることで視野がまた広がるでしょう。

 

ワンポイント
 第一志望の企業から内定を貰えなくても、転職活動を諦めない考え方を身につけておきましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

スマホを使う若い女性

転職活動は困難の連続です。就活のように学歴フィルターがない代わりに、経験スキルを重視されます。

更に企業が求める人材と自分の強みのすり合わせをより綿密に行わなければなりません。

離職中でも在職中でも、転職活動の悩みを抱えている時は転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントは応募書類の作成はもちろん転職面接の対策も行ってくれます。

特に面接は客観的な意見も交えてしっかり対策しなければ内定を貰うことはできません。

転職エージェントを利用することで効果的な面接対策ができるので、内定率も上がるでしょう。

まとめ

桜とビジネスウーマン

面接で志望度に関する質問をされたときは、志望度の高さに関わらず「第一志望です」と即答するようにしましょう。

そして、なぜ第一志望なのか具体的に伝えるようにします。

面接は綿密な企業研究と自己分析が必要です。

面接対策で悩みを抱えている時は転職エージェントの力を借りてみましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する