あなたは夜遅くまで残業が続いたり休日を返上するほど仕事をしていませんか?

それは膨大な仕事量や難易度の高い業務があなたの処理能力を上回っている異常な状態です。

そのように許容範囲を超えた状態を一般的に「キャパオーバー」といいます。

キャパオーバーはワークライフバランスが崩れ今後のキャリア形成にも大きく影響する問題です。

なぜそのようなキャパオーバーが起きてしまうのか、その原因と対処法について解説しましょう。

仕事がキャパオーバーになった場合の対処法

ファイル抱える女性

あなたは仕事に‟追われている”と感じたことはありませんか?

自分の許容量以上の激務は精神的と肉体に大きな負担をかけてしまいます。

なかなか疲れが取れなかったり「うつ」を引き起こす可能性もあるでしょう。

またイライラが原因で周囲との人間関係がこじれてしまうのはできるだけ避けたいものです。

なぜ仕事でこのようなキャパオーバーが起こるのでしょうか?

その原因から仕事がキャパオーバーになった場合の適切な「対処法」がわかります。

上手く対処することができれば仕事でも最高のパフォーマンスを発揮できるでしょう。

仕事でキャパオーバーがなぜ起こる?

女性,ビジネスーツ,オフィス,書類,ファイル

そもそもなぜ仕事で「キャパオーバー」が起こるのでしょうか?

キャパオーバーは仕事に不慣れな未経験者がなるものだと思われがちです。

しかし、何年も働いているベテランでさえキャパオーバーに陥ることがあります。

また仕事量が普段より少し増えただけでキャパオーバーの状態になる人もいるのです。

つまり仕事量や仕事の難易度、経験だけがキャパオーバーを引き起こす原因だとはいえません。

その原因には様々な要因が関係し、しかも段階的に進み自分では気づき難いため注意が必要です。

キャパオーバーの状態について以下で詳しく解説していきましょう。

キャパオーバーとはどんな状態?

自分では気づき難い「キャパオーバー」とは一体どんな状態なのでしょうか?

あなたにも当てはまることがないか以下で詳しく見てみましょう。

仕事量が多く処理しきれない

悩む女性、PC、残業、ミス

さまざまな分野で「人手不足」が叫ばれ企業の悩みの種となっている昨今。

1人で何人分もの業務をやらなければ仕事が回らないという会社も多いことでしょう。

終わりの見えない仕事量は常に追われているような焦りを感じさせます。

またちょっとのミスが大きな痛手になるため、取り戻そうと長時間残業や休出をすることも…。

このようにそもそもの仕事量が多く処理しきれない状態は典型的なキャパオーバーといえます。

新規の仕事が増える

打ち合わせ、チームワーク

どんな業界や職種であろうと業務上チームワークを伴うものがほとんどでしょう。

上司や同僚とコミュニケーションを重ね良好な人間関係を築くことで円滑な業務が可能です。

しかし、異動や退職など様々な要因からチームから人が抜けることがあります。

その人が担当していた仕事は他の人に「新規の仕事」として割り振られることになるでしょう。

慣れていたはずの業務なのに新規の仕事が増えることで自分のペースを見失ってしまうのです。

このように「上手くいかない」と焦る状態もキャパオーバーの兆候がでています。

どう進めれば良いかわからない

悩む女性

これまでと異なる仕事環境では誰でもストレスを感じやすくなります。

たとえば新しい部署へ異動になり、今までと全く違う仕事を覚えなくてはいけない時などです。

人によってはこれまで築いてきた自信と人間関係がまるでリセットされたように感じてしまうでしょう。

また普段から忙しい職場環境では教育担当者も通常業務と兼任し多忙になることがほとんどです。

このため業務上の疑問点や問題が起きても、なかなか周囲の人には‟頼れない”状態だといえます。

「仕事をどう進めれば良いかわからない…」

そんな手探り状態はストレスも多く無意識のうちにキャパオーバーになっていきます。

肉体的・精神的に追い込まれる

フォファ、疲労、落ち込む女性

あなたには朝起きるのが辛く集中力が続かないと感じることがありますか?

普段から食事を抜いて働く人や睡眠時間や体重が減ってきたという人はすでに兆候が出ています。

なぜなら仕事が終わらないからと身体にとって必要な休息や食事の時間を削っているからです。

このように肉体的や精神的に‟追い込まれた状態”もキャパオーバーになっている状態だといえます。

残業や休日返上が当たり前の職場環境では気づき難いためより注意が必要です。

 

ワンポイント
単純に仕事量自体が多い時、新しい環境や仕事でもキャパオーバーの状態になる。

キャパオーバーになっているのかの判断基準は?

疑問を持つ女性

キャパオーバーは誰にでも起こりえる問題なうえそのケースも様々です。

一見、判断が難しいように思えますが急にキャパオーバーになるわけではありません。

キャパオーバーになる人は直前にしっかりと「前兆」が現れているのです。

その前兆は自分がキャパオーバーになっているのかの判断基準になります。

以下でキャパオーバーの前兆をまとめてみましょう。

  • 出勤が憂鬱に感じる
  • 気が付けばいつもイライラしている
  • 繁忙期でもないのに残業が続いている
  • 物忘れなどのミスが増えた

上記の前兆が思い当たるようなら「キャパオーバー」の一歩手前なのかもしれません。

また残業が続いたり物忘れなどの単純なミスは“うつ”症状にも当てはまるため要注意です。

 

ワンポイント
イライラや憂鬱はキャパオーバーの前兆、ミスや仕事の後れが深刻だと「うつ」の可能性も!

キャパオーバーになる原因

誰にでも起こりえるキャパオーバーですが、その一方でハードな仕事や環境下でも平気な人もいます。

両者の違いとは一体何でしょうか?

以下でキャパオーバーを引き起こす原因について解説しましょう。

強い被害者意識

仕事、ストレス、頭を抱える女性

キャパオーバーになりやすい人には強い「被害者意識」をともなうことが多いでしょう。

たとえば同僚が談笑しているのを見て自分の悪口を言っていると勘違いしやすい傾向があります。

これでは仕事をする上で大切なチームワークが機能せず業務にも影響を及ぼすでしょう。

もしコミュニケーションもプレッシャーに感じるなら「うつ」の可能性も否定できません。

ネガティブ思考

手帳を見て悩む女性、オフィス

仕事上「リスクの想定」は大切ですが用心深すぎるとキャパオーバーの原因になります。

たとえば過度の品質管理だったり見落としがないか何度もチェック作業を行うなどです。

確認作業にあまりにも多くの時間を費やすとやはり作業効率も低下します。

このようなマイナスばかりを考えるネガティブ思考はキャパオーバーに陥りやすいでしょう。

感情の整理不能

仕事、ミス、叱られる女性

どんな仕事やビジネスパーソンにもミスは起こるものです。

しかし、感情の整理が苦手な人は一度失敗してしまうとミスの指摘が怖くなります。

そのため再発を恐れるあまり必要以上に確認作業に時間を割くようになってしまうのです。

「上手くやらなければ」と思うほど精神的にもプレッシャーになるでしょう。

このように仕事や私生活の感情を整理できずに引きずるとキャパオーバーの原因になります。

悩みをため込む

膝を抱える女性、うつ、悩み、落ち込む

自分自身で解決できない悩みを抱えている場合はキャパオーバーになりやすいといえます。

解決策がなかなか思い付かないため仕事中も悩みについて考えがちです。

自然と作業スピードが遅くなりミスも増えるため仕事に支障をきたすようになるでしょう。

特に女性は仕事と私生活のバランスを取らなければと1人で頑張りすぎてしまいます。

普段から悩みをため込むタイプの人は無理をしやすいため注意しましょう。

睡眠不足

時計、朝、寝不足

仕事で良い働きをするためにもしっかりと休息を取り日々の疲れを癒すことが大切です。

しかし、残業が長引いたり遅くまで仕事のことを考えていて「睡眠不足」になる人もいます。

このような睡眠不足の状態ではそもそも思考力や判断力が働きません。

仕事効率が低下するため本来なら定時で終わる仕事もいつも以上に時間がかかるようになります。

こうなれば後れを取り戻そうとキャパオーバーの悪循環に陥ってしまうことでしょう。

 

ワンポイント
キャパオーバーの原因は睡眠不足やメンタル面の影響が強い。

キャパオーバーになったときの解決策

自分にキャパオーバーの兆候があったら不安になるでしょうがご安心ください。

キャパオーバーになったときの解決策をご紹介します。

その場から離れる

ヒール、女性の足元

イライラなどキャパオーバーの兆候を感じたらその場から離れてみましょう

まずはストレスの対象となっているものと距離を置くのです。

キャパオーバーの状態とは極端に視野が狭くある種の思考停止状態だといえます。

そのため少し距離を置くことで「本来の自分」を取り戻すことができるでしょう。

生活リズムを変えてみる

ストレス解消、窓、女性

不規則な生活が原因となってキャパオーバーにつながることが多々あります。

そのため自分の生活リズムを変えてみるのも有効な対策の1つです。

特に就寝時にスマートフォンを触る人は頭が冴えてしまい眠れなくなるため注意しましょう。

「スマホは〇時まで」「〇時には布団に入る」など無理のないように変えていくのがポイントです。

また早寝早起きをして「朝活」を取り入れてみるのも良いでしょう。

適度な運動はダイエットや「うつ」の予防にもなるためおすすめです。

自分の仕事量が多いことを周囲に知らせる

オフィス、打ち合わせ

与えられた仕事量そのものが多すぎる場合は決して無理をしてはいけません。

期待に応えようと頑張りすぎると自分だけではなく周囲の人にも迷惑をかけることになるからです。

また自分の「できること」を明確に把握するのは優秀なビジネスパーソンへの第一歩になります。

自分の処理能力を越えていると思ったら仕事量が多いことを周囲に知らせましょう

抱えている問題を整理

ヨガをする女性、水辺、座る

人にはそれぞれ様々な問題や悩みがあります。

しかし、それを放置していると仕事にも影響を及ぼしかねません。

自分一人では抱えている問題を整理できないと思ったら周囲の人に相談してみましょう。

また休暇をとるなど感情や考えを整理する「期間」をつくるのもおすすめです。

 

ワンポイント
一旦距離を置いて生活リズムを変える、処理能力の範囲を周囲に伝え自分の悩みと向き合う。

キャパオーバーを予防する方法

拒否、ダメ、拒絶する女性

キャパオーバーは誰にでも起こりえる問題ですが同時に普段の心がけで予防することも可能です。

これまでの説明からもわかるようにキャパオーバーは‟精神的な影響”が大きく関わっています。

上司や同僚からの評価を気にするあまり上手く断れず許容以上の仕事を引き受けてしまうのです。

つまり、周囲に気を取られ過ぎて仕事に専念できないことがキャパオーバーにつながるといえます。

そのためキャパオーバーを予防するには第一に周囲の人に気を使い過ぎないこと。

また自分が「できること」と「できないこと」を明確にして無理ならはっきりと断ることが大切です。

キャパオーバーをチャンスに変えて、成長の機会を生み出す

まるを出す女性

仕事量の多い物理的キャパオーバーを除けば、そのほとんどが「精神的なキャパオーバー」です。

この精神的キャパオーバーはマイナス要素に見えますが実は大きなチャンスでもあります。

普段からキャパオーバーに気をつけることでワークライフバランスがとりやすくなるでしょう。

心身共に良い状態で仕事に打ち込めるからこそ成果を上げてキャリアアップすることができます。

また面接でもよく聞かれるように‟自分の弱み”を知るのことはビジネスパーソンにとって大切です。

キャパオーバーを成長の機会に変えれば今後の転職や仕事をする上でも大きなメリットになるでしょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

エージェント

とはいえ物理的かそれとも精神的なキャパオーバーかは判断が難しいといえます。

もし物理的なキャパオーバーなら自分1人の力では問題を解決することは困難です。

ストレスを抱え心身に悪影響を及ぼす前に職場環境をそのものを見直すことが必要かもしれません。

そんな時は転職エージェントなどの専門的な視点から判断してもらうのもおすすめです。

転職の不安相談からワークライフバランスのとりやすい仕事探しもサポートしてくれるでしょう。

まとめ

はれやかな女性

「働き方改革」により企業でも職場環境の見直しや社員のメンタルケアなどに力を入れています。

キャパオーバーを未然に防げる職場環境は本来の能力を十分に発揮できるフィールドです。

そんな素敵なフィールドにあなたが出会うこと。

そして、充実した日々の中でイキイキと輝くあなたを心から応援しています。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら