草食系男子という言葉が生まれることからも、昨今では晩婚傾向が強くなり未婚率が上昇しています。

そのため、出会いの機会を率先的に求める行動を取る人は昔に比べ少なくなっているようです。

そこで需要が高まりつつあるのが、結婚相談所などの婚活の場を提供するサービス

結婚相談所では婚活を行う顧客同士をより良い形で引き合わせるために「結婚カウンセラー」が活躍しています。

今回は婚活サービスの増加と共に需要が増えつつある、結婚カウンセラーの仕事についてご紹介しましょう。

この記事では面接に必要な知識やどういった方が向いているのかなど解説していますので、ぜひご参考にしてください。

結婚カウンセラーの志望動機の書き方を解説

履歴書

面接で最も重要だと考えられているのが志望動機。

なぜこの仕事を選んだのか、選んだ動機をどれだけの熱意を持って伝えられるかが重要です。

まずは結婚カウンセラーについての魅力を理解し、どんな部分に共感できたのか整理することから始めましょう。

その上で、自身の経験と照らし合わせて結婚カウンセラーで活かすことができる強みを見つけることが必要です。

自身が感じた魅力、活用できる自分のスキル、この2つをアピールすることで企業側に自身の必要性を訴えることができます。

 

ワンポイント
志望動機を書く前にその職業のどこに魅力を感じたか、そこへ活かせる自分のスキルは何か整理しよう。

結婚カウンセラーの仕事内容

パソコンに向かう女性

結婚カウンセラーは結婚を希望する顧客の婚活をサポートをする仕事です。

似たような仕事で結婚式のプランニングをするウェディングプランナーがあります。

対して結婚カウンセラーは、顧客に合った相手を紹介し交際のアドバイスを行い成婚へとつなげていくことが仕事です。

カウンセラーという名前がついている通り、顧客の結婚に関する悩みについての相談相手になるという側面があります。

そのため、顧客の悩みにしっかりと耳を傾けニーズをくみ取る繊細さが要求されるのです。

またデリケートな個人情報を多く取り扱うため、事務作業に割く時間も相応に多くなるのも特徴の1つでしょう。

結婚カウンセラーには高いコミュニケーション能力と、正確な事務能力の主にこの2つが要求される仕事です。

結婚カウンセラーの志望動機を書くポイント

パソコンと女性

では、具体的にどのような志望動機を書いていけばよいのでしょうか。

まずは、自身が結婚カウンセラーを目指す決め手となった理由を伝えればよいのです。

例えば、友人に交際相手を紹介し結婚までつながった経験など伝えるのも方法の1つとなります。

友人の幸せをサポートできたことを成功体験とし、職業としてもやりがいを感じるとすれば熱意が伝わるでしょう。

そういった経験が無くても、人の幸せをサポートすることに喜びを感じるというだけでも立派な志望動機です。

結婚カウンセラーは人の幸せを自分の幸せと感じられるような人が向いている職業となります。

そこへつながる理由を自分の言葉でまとめてみましょう。

次に、結婚カウンセラーを務める上で活かすことのできる自分のスキルを伝えます。

ここでアピールするのは事務系のスキルよりもコミュニケーションスキルのほうがよいでしょう。

事務の仕事も多い職業ではありますが、顧客の情報を正しく入力できるだけでは悩みは解決されません。

カウンセリングをうまく行えて初めて顧客の満足を得られるので、そこで活かせるスキルを前面に打ち出しましょう。

その上で、パソコンスキルなど持ち合わせていれば併せて伝えるとより効果的にアピールできます。

 

ワンポイント
志望動機でアピールするポイントは目指す決め手となった理由と自分のスキル。

志望動機でアピールすべきポイントは?

履歴書を持つ女性

志望動機の中でアピールする具体的なポイントをご紹介します。

スキルと資格

テキストの山

結婚カウンセラーになるのに必要な資格は特にありません。

しかし、民間の資格で婚活アドバイザー仲人士といった婚活ビジネスに直結する資格もあります。

時間に余裕がある場合では、こういった資格を取得して臨むと非常に効果的です。

こういった資格を持ち合わせていない場合でアピールできるスキルの代表格はコミュニケーションスキルでしょう。

接客業の経験があり顧客に笑顔で接することで、相手と気持ちの良いやり取りを行うことができる。

コールセンターの経験があり、相手の話に耳を傾けることで心情を察することが得意。

このような前職で行っていた顧客とのコミュニケーションの経験もアピールできるスキルとなります。

顧客の悩みに寄り添い客観的視点で効果的なアドバイスができる、というのが結婚カウンセラーに必須な能力です。

これに関する自身が持つスキルをアピールしていきましょう。

キャリアパス

上昇 女性

これから結婚カウンセラーとして自分がどのような道を目指していくか、これを企業側に提示するのも効果的です。

ただ漠然と仕事をこなしていくだけであるよりも、働く目標を持っているほうが仕事に対する意欲が強く感じられます。

前述した婚活アドバイザーや仲人士の資格の取得を在職中の目標とするのもよいでしょう。

ある程度知識をつけた上で自身のキャリアアップとして資格を身に付けることは企業側にとってもプラスになるのです。

結婚カウンセラーは経験を積み十分な能力が備われば、独立開業を目指すこともできます。

しかし、将来その願望があったとしても面接の場でその目標を掲げるのは避けたほうがよいでしょう。

独立を奨励している企業であれば構わないのですが、一般的な企業は独立を歓迎していないことのほうが多いです。

企業によっては自社のノウハウを糧に自分の成長ばかりを優先するのではないかと思われかねません。

面接では、マネジメント能力を磨き将来的には支店長などを担えるようになりたい、くらいにとどめておいたほうがよいでしょう。

 

ワンポイント
・結婚カウンセラーの就職に有利となる民間資格で婚活アドバイザーや仲人士がある
・志望動機の中で転職後の自身の目標を掲げておくのも効果的

結婚カウンセラーに向いている女性の特徴は?

悩む女性

結婚カウンセラーに向いている女性には、具体的にどういった特徴があるのでしょうか。

気配りができる

プレゼント

婚活の悩みを顧客がすべて打ち明けてくれるとは限りません。

そもそも出会いに対して積極的に行うことが難しかった背景があり相談に来ている方が多いでしょう。

紹介された相手に対してや、交際を行っている中で不安があっても我慢して打ち明けられない場合もあります。

その小さな不安を見逃さない能力が重要です。

そこを見逃し推し進めると、最終的には破談になってしまったり、不安を抱えたまま結婚してしまったりする可能性があります。

そうなってしまっては本来の幸せとはかけ離れてしまうでしょう。

顧客が悩みを打ち明けなくとも、そのサインを見逃さない。

そして、不安に思う原因を予測してこちら側から切り出し悩みを引き出せるような気配りが必要なのです。

センスを磨く

手鏡

婚活というのは当然相手があって成立するものです。

ですので、顧客が不安に思っていることを相手にそのまま伝えてしまうと傷つけてしまう場合もあります。

アドバイスを行う際にもここがダメだとか、こうしてくださいなど、ストレートに伝えてしまうのも好ましくありません。

重要なのは相手の意志を尊重しながら解決へと導く方法を見出すことです。

そこには相当のセンスが要求されます。

そして、人の感情というのはそれぞれ違うものなので決まりきったマニュアルにあてはめることができません。

その人の行動や言動から性格を見極め、状況に合わせた適格なアドバイスを行うには自身のセンスを磨く必要があります。

やる気がある

やる気 女性

いろいろとスキルが要求されるように見える結婚カウンセラーの仕事ですが、一番重要なのはやる気です。

これは結婚カウンセラーの仕事に限らずいえますが、まずは自身がその職業をやりたいと心の底から思えることが大事でしょう。

とりあえずのつなぎとしてだったり、理由が漠然としたりしていては決して続きません。

ましてや、結婚カウンセラーは人生を左右する決断をサポートする職業であるので、半端な気持ちで業務にあたるのは失礼です。

裏を返せば特別なスキルがなくても、人の幸せをサポートしたいという強い気持ちがあれば、それは立派な素質といえます。

まずは自身が本当に結婚カウンセラーになりたいかどうか、根本の部分を見つめ直してから臨みましょう。

結婚カウンセラーに求められる知識や経験は

女性教師

結婚カウンセラーに求められる知識経験は具体的にどのようなものがあるでしょうか。

アドバイスできる知識

顧客が結婚カウンセラーに求めることで大きなものとして適格なアドバイスがあります。

婚活に悩んだときに効果的なアドバイスがもらえれば相談して良かったと顧客に感じてもらえるでしょう。

そのためには、経験を積みさまざまなシチュエーションでの相手の感情を読み取れる必要があります。

それには書籍などからの知識を得ることも必要ですが、一番は顧客と十分に対話を繰り返すことです。

いろいろな場面に応じた経験を自身がすべて経験しようとしたり、状況に応じた書籍を探したりするにも限界があります。

顧客の話によく耳を傾け、相手の状況に立って考えられるようになれば自然とその経験が自身に身についていくでしょう。

積極的にコミュニケーションを取る姿勢と、相手の立場に立って考えられる冷静な視点がアドバイスがうまくなるコツです。

接客マナー

いくら効果的なアドバイスだとしても、その言葉が乱暴であったりマナーを欠いた発言だったりすれば顧客には届きません。

正しい言葉遣い清潔感ある身だしなみなどがあって初めて信頼のおける存在となるのです。

また、カウンセリングを行う際では相談する顧客の発言を尊重する態度が必要となります。

発言を遮り自身の意見を優先させたり、相手の意見を必要以上に否定したりすると相談する気が失せてしまうかもしれません。

相手を敬い尊重し、明るく清潔感ある態度で接することを常に心がけるようにしましょう。

婚活アドバイザー資格

結婚カウンセラーに直結する資格として「日本能力開発推進協会」が制定している婚活アドバイザーがあります。

この資格を取ることで、婚活を成功に導く知識を得ると共に社会的地位の向上につながるのです。

結婚カウンセラーを目指す上でこの資格を持っていることは非常に強い武器となるでしょう。

この資格は通信講座で学ぶことができて、資格の取得試験もカリキュラムの修了時点で随時在宅で行えるようになっています。

気軽に学ぶことができるので転職の際に時間の余裕があれば身に付けておきたい資格です。

 

ワンポイント
・結婚カウンセラーには相手の感情を読み取り適格なアドバイスができる力や正しい接客マナーが要求される
・婚活アドバイザーの資格は通信講座で修了試験も在宅で行うことが可能

結婚カウンセラーの志望動機の例文をご紹介

履歴書

婚活カウンセラーの面接で使える志望動機を実際に例を挙げてご紹介します。

「以前、友人に交際相手を紹介した際にその友人は結婚までたどりつきました。

その時の友人の幸せそうな笑顔が忘れられず、私にとっても幸せな思い出です。

この経験を職業として行うことができる結婚アドバイザーの職業に魅力とやりがいを感じ応募させていただきました。」

自身の実体験を元に、婚活をサポートする喜びが伝わる文章であり好感が持てる文章です。

人から聞いた話などではなく、自身が経験したことというのは説得力がより強くなります。

ささいなことでもよいので、自身の経験から得られた思いを志望動機に織り込むのは効果的でしょう。

「貴社が手掛けるオンラインでの新しい婚活サービスの手法に興味を持ち志望いたしました。

現在の風潮に合わせ、積極的に新しい手法を取り入れる貴社の社風に強い感銘を受けております。

自身も今までの固定概念にとらわれず新しいことへのチャレンジを続けていきたいという強い気持ちがあります。」

その企業独自の特徴を中心にまとめるのも手法の1つです。

同じ職種であっても競合他社ではなく自社を選んだ理由が分かりやすく伝わります。

「私は今まで販売職のスタッフとして接客を中心に行っておりました。

お客様が商品の価値に共感されることに達成感があり、さらに接客スキルを活かせる結婚カウンセラーの仕事に興味を持ちました。

これまでの接客方法とは違いますが、培ったコミュニケーション能力を活用し必ず貴社でも活躍できると考えております。」

前職での経験を結婚カウンセラーのスキルに結び付けています。

必要なスキルを持ち合わせていることや、実績を積んできたことを伝えるのは企業側に即戦力であるとアピールできます。

結婚カウンセラーの志望動機のNG例

NGジェスチャー 女性

同じ志望動機でも書き方によっては企業側に悪いイメージを与えてしまいます。

「女性の夢である結婚をサポートする結婚カウンセラーは華やかな職業のイメージがあり志望いたしました。」

「華やかな職業」という漠然としたイメージだけで選択をしている点に安易さを感じてしまいます。

この職業を選んだ強い理由が感じられないので、華やかであれば他の職業でもよいのでは?と思われる可能性があります。

「以前結婚式場で働いていた経験があり、その経験を活かせると考え志望いたしました。」

自身の経験を志望動機に組み込むのは効果的な手法でありますが、結婚式場で働いていたというだけでは印象としては弱いです。

結婚カウンセラーの仕事は結婚式を滞りなく行うのではなく、成婚まで結びつけることが仕事になります。

経験を織り込む場合はコミュニケーションスキルに関連した事柄のほうがよいでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談

相談する女性

このように志望動機1つをとっても注意すべき点というのはいくつもあります。

自身が試行錯誤して作った志望動機を初めて評価してもらうのが面接の場であるのは少し不安ではないでしょうか。

間違った方向性の文章でも、その判定に気づくのは不合格通知を受けた時であっては大事な面接の機会を無駄にしてしまいます。

志望動機で迷った場合には転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

結婚カウンセラーが婚活のプロであるならば、転職エージェントは転職のプロです。

幅広い情報網があり、転職する求職者の気持ちも採用する企業の心情も把握しているので適格なアドバイスを受けられます。

また、転職エージェントの相談にかかる費用は全て無料となっているので、金銭的心配をすることなく相談できるでしょう。

異業種からの転職で知識が乏しい場合でも気軽に相談ができて、自身で調べられる以上の豊富な情報を提供してもらえます。

まとめ

蛍光ペン ハート

結婚カウンセラーは、結婚という人生において大きな決断をサポートする仕事です。

そのため慎重な判断能力や、細かな気配り、立ち居振る舞いにも誠実さが求められるなどさまざまなスキルが要求されます。

ハードルが高い職業ではありますが、だからこそ成婚へと導けたときの喜びは結婚する当事者同様に大きなものになるでしょう。

人の幸せをサポートすることが好きな方や、人の喜びを自身の喜びとして感じられる方にとってはまさに天職と呼べる職種です。

少しでも興味をお持ちでしたら、転職エージェントに相談して詳しい内容を聞いてみてはいかがでしょうか。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら