医療事務の仕事に就きたいものの、医療機関の仕事の経験がなく転職できるか不安を抱える人もいるのではないでしょうか。

そんな人にピッタリの資格があります。それが医療事務認定実務者試験です。

医療事務認定実務者試験の難易度や取得後のメリットについて解説します。

資格を取って転職とその後の仕事に役立てましょう。

Contents

女性の転職に役立つ医療事務認定実務者試験の難易度を解説

笑顔で座る女性

医療事務認定実務者試験の難易度は、他の医療事務の資格の中では比較的易しい方です。

正答率は6割以上で合格としていますが問題の難易度により変動することがあります。

試験時には、参考資料やノートや電卓等などの持ち込みが可能です。

さらに4択のマークシート方式ですので解答しやすいのも難易度が易しい理由といえます。

したがって、たくさんある医療事務の資格の中ではとてもチャレンジしやすい人気の資格です。

 

ワンポイント
医療事務認定実務者試験は医療事務を目指す人なら最初にとっておきたい資格といえるでしょう。

医療事務認定実務者を取得するメリット

ファイルを持つ医療従事者

医療事務認定実務者を取得するメリットを解説します。

レセプト作成の知識やスキルが身につく

レセプト業務は医療事務の中で特に専門性な知識やスキルを求められる業務です。

医療事務の経験がない人には難しい業務といえます。

そうした理由からも仕事に就く前に資格を取得して学んでおくのがおすすめです。

そんな中で医療事務認定実務者試験は、全く知らない人でもレセプト作成の知識やスキルを学ぶことができます。

そのため医療事務の仕事を知らない人にはおすすめの資格です。

医療事務の転職時に有利になる

医療事務認定実務者を取得していると医療事務の転職時に有利になります。

医療事務の資格は民間資格のため、人手の足りない医療機関では資格をもっていない人でも募集をすることも多いです。

その中で医療事務の資格を1つでも取得しているととても有利になります。

初めて医療事務の分野で就職したい人は、どの医療事務から資格を取得してよいか分からない人も多いでしょう。

そのような初心者には、ハードルの低い医療事務認定実務者試験の取得がおすすめです。

合格率が高くマークシート方式で資料や電卓の持ち込みが可能なのでとっつきやすさも魅力といえます。

医療事務認定実務者は実践で活かせる資格です。履歴書に資格取得を記入することができ、転職時にもアピールの材料になります。

医療事務の主な仕事内容

タブレットを操作する白衣の女性

実際に医療事務を目指す前に仕事内容を理解しておきましょう。

細かい仕事は病院によって違いがありますが、これから紹介するのはどの病院でも行うことになる業務です。

レセプト業務

レセプト業務とは、レセプト(医療報酬請求説明書)を作成することをいいます。

健康保険に入っている患者には、医療費の3割を医療機関に支払うのが決まりです。

そして残りの7割は医療機関が健康保険組合から医療費をもらいます。

医療費をもらうためには書類を提出しなければなりません。その書類がレセプト(医療報酬請求説明書)なのです。

診療内容に応じてレセプトコンピュータ(レセコン)にコードや品番を入力すると、医療報酬点数が計算されます。

医療費は点数化されるのが基本です。

レセコンに入力された1ヶ月分の医療報酬を点検してレセプトを作成します。

次に作成されたレセプトに誤りがないかの点検です。病名と診療内容との整合性をとります。

万が一整合性がとれない時は、医師に確認をとって入力をやり直さなくてはなりません。

これをレセプト点検といいます。このレセプト点検は、医療事務の仕事の中で最も重要です。

万が一、健康保険組合に提出したレセプトに誤りがあると減点となってしまうので注意が必要です。

医療機関の報酬が減少したり、またレセプトが戻ってきてやり直さなければならないので二度手間になったりしてしまいます。

受付や会計業務

病院の受付

患者が来院して初めて訪れる場所が受付です。そのため受付はその病院のイメージといっても過言ではありません。

患者は様々な事情や不安を抱えて来院してきます。

また小児から高齢者まで幅広い年齢の患者がくるのが病院です。そのため受付では決して事務的な接し方をしてはいけません。

他にも患者さんから保険証を預かったり、診療申込書を書いてもらったりするのも仕事の内です。

初めてその病院に来院した患者には診察券の発行やカルテの作成も行います。

最後に診療が終了した患者さんの医療保険をもとに請求する金額を計算してお金を払ってもらうのです。

最近ではレセプトコンピュータに記号などを打って計算している病院も増えてきています。

クラーク業務

外来クラークでは、患者を看護師や医師のもとへ案内をします。

カルテやレントゲン、検査データなどの準備も行うのも仕事です。

また規模の大きい病院では初診や再診の受付が診療ごとの受付になっていることも多いでしょう。

そのため患者さんの目線に合わせたコミュニケーションが必要不可欠なのです。

クラーク業務では医師と看護師との連携が大事とされています。

次に病棟クラークは入院病棟での仕事になります。働く場所は主にナースステーションです。

入院手続きや食事伝票の管理、検査や手術のスケジュールの管理も行います。

忙しい看護師が少しでもスムーズに仕事ができるようにサポートするのが役目です。

そのため病院特有のマナーについて知っておかなければなりません。

病棟クラークでの仕事は体力が必要になってくるので、常日頃から体調管理をきちんとしておきましょう。

 

ワンポイント

医療事務は他の業界の事務員と比べると専門的な業務が多いです。

資格勉強と共に業務についての理解を深めておくことをおすすめします。

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

医療事務認定実務者試験はどんな問題が出題される?

マークシートに回答する

主に実技試験以外はマークシート方式4択問題で、4つの中から正しいものを選ぶという形式です。

「接遇とマナーに関する知識」の問題

「接遇とマナーに関する知識」の問題では主に以下の知識を理解しているかが問われます。

  • 基本的な社会人としての意識や、身だしなみや服装
  • 受付窓口での患者との話し方や聞き方などの接し方
  • 小児や高齢者、認知症や身体障害者などの患者さんの正しい対応の仕方
  • 会計窓口や医療報酬医療事務の知識
  • 医療事務の知識

以上の内容と知識を理解しておくことが必要です。

「医療機関の各種制度に関する知識」の問題

医療従事者の女性

「医療機関の各種制度に関する知識」の問題では主に以下の知識を理解しているかが問われます。

  • 医療分野でのマイナンバー制度について
  • 医者の任務や業務への知識、カルテや入院医療計画書について
  • 医療保険のしくみや種類などの医療保障制度について
  • 医療施設の定義や病棟の種類、病院の組織とスタッフなどの医療法と医療法施行規則について
  • 後期高齢者医療制度と介護保険制度について
  • 診療報酬制度と公費負担保険制度について

「医療事務の業務に関する知識」の問題

「医療事務の業務に関する知識」の問題では主に以下の知識を理解しているかが問われます。

  • 医療報酬の算定要件や請求と支出の流れについて
  • カルテの表計算や料金計算について
  • レセプト作成の基本について
  • レセプト点検と提出、医療事務員の役割と心構えなどの医療事務の流れについて

「診療報酬請求に関する知識」の問題

「診療報酬請求に関する知識」の問題では主に以下の知識を理解しているかが問われます。

  • 入院患者の食事療養費の算定について
  • 医療報酬の算定におけるそれぞれの取り決めと、その算定方法について

「実技」

医療イメージ

筆記試験だけでなく実技試験も行われます。実技試験はレセプト作成です。

正しくレセプト作成するために、以下のことができるかを問います。

  • レセプトの基本とレセプト作成に必要な傷病名や検査法・医薬品などを理解した上で、平均的な外来診療例からレセプト作成と点検
  • 点数算定の基本的な計算
  • 医薬品の用語や略語の知識
  • 時間外や小児などの加算が正しく算定できる
  • 医療保険制度と診療報酬制度の概要やしくみを理解した上で、上書き欄を正しく記載できる
  • 診療報酬点数の各項目の告知や通則の基本を理解している

 

ワンポイント
試験は筆記試験と実技試験があります。何度もレセプトを作成してみて試験に臨むことが大切です。

医療事務認定実務者試験の合格率は?

合格

医療事務認定実務者試験の合格率は公開されていませんが、およそ6~8割だといわれています。

様々な医療事務の中ではかなり合格率が高い方です。

筆記はマークシート方式で、資料や電卓の持ち込みも可能なので初心者でも受験して合格しやすい資格でもあります。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

医療事務認定実務者は在宅試験もある?

ノートパソコンを使う女性

医療事務認定実務者は在宅でも試験を受けることが可能です。

まず出願をすると受験票が届きます。そして試験日の前日に問題用紙と解答用紙が自宅に届くのです。

試験を受けた後は問題用紙と解答用紙を試験日の翌営業日までに返送しましょう。これで受験終了です。

また在宅で勉強するなら独学でもできますが、通信講座で学ぶ方が合格の近道となるでしょう。

通信講座ならお金はかかりますが最短4ヶ月で資格を取得することができます。

通信講座で教えてもらうことで、さらにどの分野の理解が足りていないのかもわかるので便利です。

そのため子育てをしている人や仕事で時間がない人には在宅試験や通信講座便をおすすめします。

 

ワンポイント

医療事務認定実務者試験は通信講座で勉強することもできます。

仕事と両立しながら勉強できるのもこの資格の魅力です。

医療事務認定実務者試験を活かす方法をチェック

履歴書

医療事務認定実務者試験で身についた、レセプト作成についての知識・技能は是非仕事に活かしたいところでしょう。

レセプト業務は専門性が高く医療事務の中で最も重要なので、初心者にとっては難しい作業といえます。

医療事務認定実務者試験ではレセプト作成についての知識・技能を医療事務の経験がない人でも学ぶことができます。

そのため医療事務認定実務者試験で身につけて、実際の業務に活かしましょう。

また履歴書に医療事務認定実務者の資格をとったと書くだけで、たとえ未経験でも効果的なアピールになります。

医療事務を目指す人におすすめの資格は

封筒を持つ女性

医療事務系の資格は医療事務認定実務者試験だけではありません。

様々な種類があるので転職のために全て取得することは難しいでしょうが、興味のある資格は勉強してみると良いでしょう。

いずれも医療事務に転職する上でも、その後の仕事でも役に立つスキルです。

医療事務技能審査試験

医療事務技能審査試験は合格すると「メディカルクラーク」という称号がもらえます。

45年以上続く歴史のある資格で、医療事務の中では最大規模です。

合格率は公表されていませんが、およそ50%といわれています。

試験の内容は筆記試験の他、実技試験が患者とのコミュニケーションをとる試験やレセプト点検の試験もあります。

しかし、レセプト点検ができないと医療事務ではないといわれるほどです。

ぜひともこの資格を取って、レセプト点検を学ぶことをおすすめします。

医療事務管理士

医療事務管理士とは「医療事務管理士技能認定試験」の合格者のことです。

こちらも45年以上の歴史があり、医療機関の中では日本で最初の資格といわれ幅広く認知されています。

主に医科と歯科の2つがあり、試験の難易度はやや難しいです。

筆記試験は医療事務認定実務試験とはほぼ同じで、さらに医学一般(各臓器の組織や生理機能など)が加わります。

実技試験はレセプト点検とレセプト作成(入院・外来)の3つです。

診療報酬請求事務能力認定試験

この資格は医療事務の資格の中で最高峰だといわれています。

そのため現役の医療事務で働いている人でも合格できない人がいるほどに取得が難しいです。

合格率はおよそ30%といわれています。

どちらかというと医療事務として実際に働きながら取得を目指す資格です。

医療事務のスペシャリストを目指したければ、この資格を目指して業務を行うとよいでしょう。

試験内容は、医療事務認定実務者の筆記試験の他に薬学の基本知識や薬価基準の知識が問われます。

実技試験はレセプト作成です。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

オフィスにいるビジネスウーマン

転職の悩みは是非転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントに登録することでキャリアアドバイザーが親身になって話を聞いてくれます。

さらに今いる職場よりも待遇などが良かったり、自分の条件に合ったりしている転職先を見つけてくれるのです。

今すぐ転職をしなくても、将来のキャリア形成ができるかもしれません。

少しでも転職に興味があるのなら、転職エージェントに気軽に相談してみましょう。

まとめ

ガッツポーズをする医療従事者の女性

医療事務認定実務者試験は、未経験で医療事務に転職を考えているに是非おすすめしたい資格です。

業務自体が未経験でも資格は履歴書に書けるので、面接に合格できる可能性が上がることは間違いありません。

また、この資格を取得することにより医療事務の仕事がある程度わかります。

転職する前にその仕事の業務内容が分かっていればギャップも少なく、安心して働くことができるでしょう。

受け入れる病院側も安心して仕事を任せられます。

また転職で少しでも困ったことや不安なことがあれば、遠慮なく転職エージェントを利用してみてください。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  
 

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら