IT営業はIT関連の製品を取り扱うため専門性が高く、営業職の中でも少し特殊な職種です。

年収でも差が出るため一見敷居が高そうに見えますが、実際は未経験でも転職できるチャンスがあります。

そこでこの記事では、未経験からIT営業に転職する方法についてまとめました。

合わせて、活かせるスキルやアピールポイントなどの役立つ方法も紹介しています。

IT営業に興味がある方は、ぜひご一読ください。

IT営業は未経験でも転職できるのか解説!

ビジネスウーマン

IT営業と一言でいっても扱う製品によって仕事内容に違いはありますが、未経験でも転職できる企業は多くあります。

dodaやリクルートといった求人サイトの項目に「職種未経験歓迎」とあれば、意欲を重視してもらえる可能性が高いです。

IT技術の専門知識がなくても、前職での営業経験やコミュニケーション力などを評価している企業も増加傾向にあります。

何かひとつでもアピールポイントがあれば、はじめから正社員採用を狙うことも十分に可能です。

ここからは未経験から転職するために知っておくべきことについて、詳しく解説していきます。

 

ワンポイント
 「職種未経験歓迎」はポテンシャル採用が狙えるチャンス。

IT営業の仕事内容

仲のいい女性社員

IT営業の仕事内容は、主にITに関連する製品のソリューション営業です。

ソリューション営業とは単純に製品を販売するのではなく、顧客のニーズに沿った導入方法を提案することをいいます。

取り扱う内容は、Webコンテンツの制作や情報システムの開発など企業によって様々です。

エンジニアやプログラマーなど社内のチームで連携を取りながら、顧客との間に立って交渉を重ねます。

また顧客の企業に必要な技術職の要員を手配・調整して、プロジェクトの進行を管理するのも営業の仕事です。

 

無料転職相談をして理想の転職を見つけよう

 

IT営業のやりがい

男女のビジネスパーソン

IT営業は顧客の課題解決に向けてチーム内で連携しながら時間をかけて取り組むため、大きな達成感を得られます。

大きい案件だとその分あがる金額も大きくなるため、目に見えるかたちで成果を実感できるでしょう。

また未経験から転職しても、入社後仕事をしていくなかでIT関連の専門知識を身につけられるのが特徴です。

IT業界は情報のアップデートが早いので、常に新たな知識を得ながら成長するやりがいを感じられるでしょう。

営業で得た経験や知識は、その後ITコンサルタントや技術職への転換も可能になります。

 

ワンポイント
 IT営業は大きな達成感によるやりがいがある仕事。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


IT営業の需要や年収は?

男女のビジネスパーソン

国内での全体的なIT化の広がりによって、IT営業は需要が右肩上がりの状況にあります。

IT技術のバリエーションが多様化している今日では、顧客のニーズに合った製品を提案する営業職の重要性は高いです。

また平均年収は、専門性が高いことから他の営業職に比べて高めに設定されています。

成果をあげることでさらなる年収アップが狙えることも、営業職ならではの大きなメリットです。

IT業界のなかで比較的転職しやすいIT営業は、未経験者にとって一生もののスキルを手に入れるチャンスといえるでしょう。

IT営業の需要は右肩上がり

ノートパソコンとグラフ

IT技術の需要があらゆる場面で増えてきている今日では、同様にIT営業の需要も右肩上がりとなっています。

バリエーションが多いほど、顧客の課題を解決する製品をわかりやすく提案する営業の存在が必要不可欠だからです。

そのため最初はIT関連の知識がなくても入社可能ですが、仕事をしながら学んでいく必要があります。

基本的な知識をしっかり身に付けることで、転職者の価値を高めることができるでしょう。

そして同じIT営業でも、より専門性の高い仕事に挑戦する選択肢も出てきます。

IT営業の平均年収

お金と電卓

IT営業の平均年収は、20代の場合410万円程度です。

一方経験を積んだ30代だと、平均年収は580万円程度にまで上がっています。

専門的な知識や高度な営業スキルを身に付けることで、大幅な年収アップが可能なのです。

なかには営業経験・IT関連の知識を必須としている仕事もあるため、段階的な見直しが年収アップの近道といえるでしょう。

実際に年収を上げるために転職したIT営業の方は、約9割以上にものぼります。

 

無料転職相談をして理想の転職を見つけよう

 

IT営業に活かせるスキル

ガッツポーズする女性

IT営業に活かせるスキルとしては、プレゼンテーション能力ヒアリング力があげられます。

これらのスキルは他の営業職でも共通して求められているため、営業経験がある方は強みになるでしょう。

またIT営業は顧客に対してあくまでも製品を売りつけるのではなく提案することが仕事なので、課題解決力が活かせます。

ちなみにIT関連の知識・スキルがなくても問題はありませんが、あるに越したことはないでしょう。

実際にIT系の技術職から営業職に転職するケースも珍しくないケースです。

プレゼンテーション能力

パソコンを持つ女性

顧客が製品導入後の具体的なイメージを掴めるようプレゼンテーションする能力は、営業を行ううえで大切なスキルです。

明確な形がない製品を扱うため、わかりやすく丁寧な説明が必要とされます。

営業経験がある方は、どんな製品をどんな方法でどのように成果をあげたかアピールすると説得力があるでしょう。

また資料を作成して提示するのも、有効なプレゼンテーションの方法です。

そのためには基本的なパソコンスキルも合わせて持っておくと便利でしょう。

ヒアリング力

聞き耳を立てる女性

営業を行ううえでは、顧客に対するヒアリング力が非常に重要となるスキルです。

顧客の企業や店舗にとっての課題は何なのかを詳細に把握しなければ、相手の心に響く提案はできません。

特に課題が曖昧だった場合、顧客の話を聞きながら同じ視点に立って考えることで潜在的なニーズが自然と見えてきます。

また大前提として、課題を打ち明けられるような顧客との信頼関係が必要です。

第一印象から態度・話し方まで、基本的な社会人マナーも合わせて重要であることを意識しましょう。

課題解決力

ガッツポーズする女性たち

IT営業は顧客の課題を解決するための提案を行う仕事なので、論理的な思考で課題解決に取り組めるスキルが重宝されます。

営業は顧客と一対一のやり取りではなく、社内の開発部門や社外の技術者たちと連携して取り組まなければなりません。

ときには顧客の無茶な要望に対して論理的にできない理由を伝え、代替案を提供する必要も出てきます。

製品開発に携わる技術関係者と顧客との間に立って、根気よく調整していくことが重要です。

製品の基本的な仕組みを理解し、課題解決の方法を柔軟に考えられると営業で活躍できるでしょう。

 

ワンポイント
主に 営業に共通するスキルがIT営業でも活かせる。

IT営業に求められる能力は?

オフィスにいる女性

IT営業に求められている能力は、他の営業職とは多少異なる部分が多いです。

特に論理的な思考力スケジュール管理能力は、契約に至るまでのプロセスが多いIT製品の特長といえるでしょう。

またコミュニケーション能力に関しても、チームで取り組む仕事の性質上ほぼ必須の能力です。

どれか一つでも持っていると大きな強みになるので、転職時は積極的にアピールしましょう。

ここからはそれぞれの求められている能力について、詳しくご紹介します。

コミュニケーション能力

仲のいい女性社員

IT営業にとって、コミュニケーション能力は非常に重要です。

IT製品は顧客のニーズに合わせて開発・調整を行うため、営業単体ではなくチームで取り組むことになります。

ときにはエンジニアと同行して商品説明を行うケースもあるので、日頃から連携を取れていると安心です。

また案件によっては、社外の技術関係者とも打ち合わせを行う必要があります。

その分契約が取れたときの達成感は大きく、皆で喜びを分かち合えると仕事の意欲が高まるでしょう。

論理的な思考力

男女のビジネスパーソン

顧客の課題を解決するには、論理的な思考力で柔軟に対応することが求められています。

例えば、顧客の要望を単純に全て引き受けて開発部門・技術部門へ可否を丸投げするのは非効率的です。

後からできない旨を顧客に伝えても信頼感を失いますし、開発・技術部門へ泣きついたところで問題は解決しません。

このような事態を防ぐにはIT関連の専門知識が浅くても、基本的なITシステムの仕組みは理解しておくことが大切です。

論理的に考えて対応し、スムーズに代替案を提案できれば大きな活躍が期待できます。

スケジュール管理能力

スケジュール帳を持つ女性

スケジュール管理能力は、営業をスムーズに行ううえで重要になります。

例えば案件によっては、技術職の要員を顧客企業へ派遣することも営業の業務です。

またチーム内では定期的にミーティングを行い、案件の進捗状況や今後のスケジュールを把握する必要があります。

当然ながら顧客の希望する期限も守らなくてはなりません。

IT営業は顧客と技術関係者とのパイプ役として、全体に目を配りながら動かなければならないのです。

 

無料転職相談をして理想の転職を見つけよう

 

転職に有利な資格

英語の勉強

IT営業の業態は年々広がりを見せると同時に複雑化しており、企業を選ぶには共通して役立つ資格を取っておくと有利です。

応募書類でもIT営業に対する熱意や意欲をアピールできるでしょう。

特に「基本情報技術者」と「応用情報技術者」は、未経験者にとってためになる資格です。

一方セールススキル検定は営業全般に関してのスキルが身に付きます。

業態に特化した資格は、企業によっては一部取得費用を負担する制度があるので入社後に検討するのが効率的です。

セールススキル検定

接客中の女性

セールススキル検定は、セールス活動で成果を上げるためのスキルが身に付く資格です。

営業全般に共通するスキルなので、高度な営業が求められるIT業界でも評価に繋がるでしょう。

特に営業未経験の方は、説得力のあるアピールが増えるのでおすすめです。

ITに関連する知識がない方にとっても、営業力の高さを強調する手段として使えます。

他の営業職と同様にIT営業でも目標やノルマがあるので、セールススキルは入社後にも役に立つでしょう。

基本情報技術者

パソコンを操作する女性

「基本情報技術者」は、IT業界での基本的な情報システムの内容が身に付く資格です。

平均合格率は3割を切るほど難関ですが、国家資格なので取得していると強いアピールになるでしょう。

IT営業に実際活かせるものなので、入社前の準備にもなります。

また営業に限らず、エンジニアをはじめとした技術職に転職することも可能です。

そのため選択肢を広げる手段として受験する方も多い傾向にあります。

応用情報技術者

窓辺で仕事

「応用情報技術者」は、基本情報技術者のワンランク上となる資格です。

情報技術を活用するための高度な知識が身に付きます。

IT営業や技術職にとどまらず、ITコンサルタントのような高度なスキルを求められる職種にも有効です。

基本に比べて難易度は一層高くなりますが、取得しておいて損はない資格でしょう。

あるいは転職後、仕事が慣れてきてから受験を検討するのもおすすめです。

 

ワンポイント
 営業・情報関連の資格が転職に有利。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


効果的なアピールポイント

オフィスにいる女性

IT営業での効果的なアピールポイントは、「営業力」と「提案力」です。

営業力に関しては、前職での実績があると説得力があるでしょう。

実績に関する具体的な数値を出せるとより効果的です。

一方提案力をアピールするには、前職の経験によるエピソードがあると採用担当者の興味を引けます。

応募書類の自己PR欄は重視される項目なので、自分の強みを効果的にアピールしましょう。

営業力をアピール

オフィスにいる女性

IT営業でも他の営業と同様にノルマや目標があるので、営業力は大きなアピールポイントになります。

前職での具体的な実績があると、より効果が高いでしょう。

例えば営業社員の中での順位や受賞歴などは、能力・意欲の高さを明確に証明できます。

また営業をするうえで自分なりに工夫していた点が伝えられるとベストです。

簡潔なエピソードを取り上げながら、経験が活かせることをアピールしましょう。

提案力をアピール

面接・会議

ソリューション営業を行うIT業界では、提案力が効果的なアピールポイントになります。

プレゼンテーションでは単に製品の説明を行うのではなく、顧客の課題が解決する手段を提案するからです。

内容としては、製品を導入した際のメリットを交えながら丁寧なシミュレーションを行います。

そのためには順序立てて論理的に話せる能力が必要です。

前職での具体的なエピソードを交えながら、ソリューション営業への理解があることをアピールしましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

スマホを使う女性

未経験でIT営業に挑戦する場合をはじめ、転職での悩みは転職エージェントに相談するのがおすすめです。

IT営業の職種は多岐にわたり、大手の企業から中小企業まで数多く存在するので自分で探すのは大変な作業でしょう。

一方転職エージェントに頼ると、個別面談をしたうえで自分に合った求人を幅広いデータの中から紹介してもらえます。

在職中に転職活動する方は、特に活用しておくべき効率的な方法です。

非公開求人に出会えるのも転職エージェントならではのメリットなので、ぜひ検討してみてください。

まとめ

オフィスにいる女性

専門的な知識が身に付くIT営業は、未経験の方でも充分狙うことが可能です。

特に営業職の経験やコミュニケーション能力があると強みになります。

他にも課題解決力やスケジュール管理能力など、自分が活かせるスキルを積極的にアピールしましょう。

また仕事に関連する資格を取得するのも、意欲の高さを伝える効果的な方法です。

IT業界の中でも未経験で転職しやすいIT営業に、ぜひ挑戦してみてください。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!