IT関連の商品・サービスを扱うIT営業は、ニーズの高い職種である一方敷居の高いイメージを持っている方が多いです。

しかし実際は未経験からの転職でも、IT営業で多くの女性が活躍しています。

そこでこの記事では、未経験の女性がIT営業に転職するコツについてまとめました。

合わせて基本的な仕事内容や、必要とされるスキル・向いている人の特徴についても解説しています。

営業職に興味がある方は、ぜひご一読ください。

IT営業の仕事内容

会議・打合せ

IT営業は、文字通りITビジネスに関連する商品・サービスを営業する仕事です。

例えばWebサイトの開発ソフトウェアの導入AIを活用したマーケティングなど様々な職種があります。

そのため他の営業職に比べて専門性が高く、仕事をするうちにIT関連の専門知識を身につけられるのが特徴です。

主にシステムエンジニアやプログラマーなど技術関係者と連携しながら、顧客のニーズに応えて適切な提案を行います。

また顧客に販売・契約して終わりではなく、その後のアフターフォローが重要です。

受託開発営業

打合せする二人

受託開発営業とは、顧客となる企業から情報システムやソフトウェアの開発を請け負うための営業です。

顧客のニーズを聞きながら、サービス内容の提案と契約の手続きを行います。

契約に至るまでには、開発を担うエンジニアとの連携が必要不可欠です。

顧客が求めているニーズをエンジニアに伝え、実際に実現可能なサービスをあらためて顧客に提案します。

サービス内容は自社内で保有する独自の情報システムの運用や、インターネットに接続するソフトウェア開発の二通りです。

クラウドサービス営業

パソコンを持つ女性

クラウドサービス営業とは、PCやスマホで使うインターネット接続のデータベース・業務アプリケーションの営業です。

主な求人では「IaaS」や「PaaS」などがあり、その大半は大手グローバル企業が携わっています。

高度な専門知識が求められることから、エンジニアと同行営業する可能性も高い仕事です。

具体的な説明はエンジニアが行うことになりますが、IT営業は資料の作成や商品導入のメリットを効果的にプレゼンします。

また販売後は顧客から新たな課題が出ることも多いため、要求に応えるアフターフォローが大切です。

AIソリューション営業

オフィスにいる女性

AIソリューション営業とは、AIを活用して課題を解決する方法を提案する営業です。

サービスの例としては、AIが対応するチャットツールや画像認識ツールなどがあげられます。

また自動運転や自立型ロボットを活用したIoT系サービスも多いです。

顧客の属する業界や業務内容などを総合的に考慮し、潜在ニーズに合った商品・サービスを紹介します。

大手企業が取引先となることも想定されるので、法人営業の経験や高度な専門知識を持っていると有利な仕事です。

 

ワンポイント
 IT営業はIT技術に関連する様々な商品・サービスを提案する仕事。

IT営業のやりがいや大変なところは?

中高年男性への営業

IT営業には他の営業職とは一味違ったやりがいがあります。

IT技術は明確な形がなく受注生産のスタイルで顧客の課題を解決していくことから、大きな達成感が得られるでしょう。

一方で専門性の高い職種であるため、大変なところがあるのも事実です。

顧客の企業にとってIT技術の導入は今後の業務内容を変える重要な部分なので、簡単に契約とはなりません。

やりがいと大変なところの両面を知ったうえで、IT営業の転職を考えるのが大切です。

IT営業のやりがい

パソコンを持つ女性スタッフ

IT営業のやりがいは、顧客の課題を解決した達成感が大きいことです。

IT関連の製品はただ販売するのではなく、顧客のニーズに沿ってソリューション(提案)営業を行う必要があります。

契約に至るまでには何度も顧客とプログラマー・エンジニアの間を行き来し、交渉を重ねなければなりません。

その分契約が決まったときには、製品に関わったチーム全体で達成感を分かち合えるでしょう。

営業の回数が増えるにつれてIT関連の知識も深まっていくので、詳細な説明が可能になりさらにやりがいが出てきます。

IT営業の大変なところ

打合せする男女

やりがいに繋がるとはいえ、1件の契約を結ぶのに根気よく取り組まなければいけないのがIT営業の大変なところです。

顧客のニーズが全て実現できるわけではないので、エンジニアから不可能といわれれば顧客に納得できるよう伝えます。

同時に新たな解決策を製品に考え、再び提案することを繰り返し顧客の不安を解消していくのです。

また顧客からのトラブルやクレームにも随時対応しなければなりません。

場合によっては社内・社外の社員と連携を図りながら、必要な要因を手配・調整することも行います。

IT営業に必要なスキル

ビジネスウーマン

IT営業にはIT関連ならではのものから通常の営業職と共通しているものまで、必要とされているスキルは比較的多いです。

転職してから身につけることも可能ではありますが、何かひとつでも持っていると選考で有利になるでしょう。

特にITに関連する技術職や他業界の営業職の経験は強みになります。

逆にIT営業の経験があれば、転職の際も選択肢が一気に広がるでしょう。

若いうちはポテンシャル採用も狙えるので、スキル取得のために未経験で挑戦するのもひとつの方法です。

IT関連の専門知識

会議・ミーティング

顧客に信頼される提案を行うなら、ある程度のIT関連の専門知識は必要です。

顧客となるのは個人ではなく企業が多いので、それなりにITの知識を持った方が対応すると考えられます。

詳しい説明はエンジニアが行いますが、最初に接点を持つのは営業なのでまずは自社に興味を持ってもらうことが大切です。

そのためには相手から信頼を得られるような対応を行います。

ニーズに沿ったサービスを紹介し、より良い代替案を提供できれば顧客の満足度が高くなるでしょう。

プレゼンテーション能力

打合せする女性

IT関連の製品はソリューション営業なので、顧客にとってわかりやすいプレゼンテーション能力が重要なスキルです。

製品を導入した際の具体的なイメージが掴めるように、丁寧な説明を行う必要があります。

説明する際は、書類を作成して提示するのも効果的な方法です。

そのためには基本的なパソコンスキルも備えておくと便利でしょう。

営業全般にいえることですが、相手の理解度によって伝わりやすい話し方を心がけると成功率が高まります。

ヒアリング力

面接・打合せ

顧客の課題を解決するためには、ヒアリング力が必要不可欠です。

顧客がIT技術に何を求めているのか、その結果どうなることが想定できるか具体的に把握すると提案がスムーズに行えます。

そのためには相手に信頼してもらえる話し方を心がけることが重要です。

最初は顧客が心を開きやすい話で場を作り、その後に顧客の潜在ニーズを引き出す質問を行いしっかり傾聴します。

どの営業職でも共通して求められるスキルなので、営業経験があると強みになるでしょう。

課題解決力

中年男性への営業

IT営業に必要な特徴的なスキルが、課題解決力です。

顧客から出された課題の解決に向けて、どのように対応するかが成約に繋がるポイントとなります。

気をつけたいのは、全ての課題が解決できるわけではないと理解しておくことです。

顧客からの要求には論理的に不可能なことも少なからず出てきます。

その際はできないことはできないとはっきり伝え、代替案を提案するといった対応が必要です。

 

ワンポイント
 ITに関連する知識と営業の経験が仕事に活かせる。

向いている人の特徴

ビジネスウーマン

IT営業には幅広い業態があるものの、共通して向いている人の特徴があります。

コミュニケーションの多い営業職やマネジメント業務を経験した方は、積極的にアピールすると転職しやすいでしょう。

また新しい技術への関心が高ければ、未経験でも転職後の努力で十分カバーできます。

逆にIT営業に向いていない人の特徴は、営業そのものに対する苦手意識が強いことです。

ノルマや目標設定に強い拒否感があったり、自分一人のペースで仕事したい方はIT営業も厳しく感じてしまうでしょう。

コミュニケーション能力が高い

男女のビジネスパーソン

通常の営業職同様、IT営業にもコミュニケーション能力は欠かせません。

IT製品の営業は一人で行うものではなく、チームで連携しながら進めるものです。

顧客の課題解決に向けて、随時社内の開発チーム・技術チームと打ち合わせを行います。

また場合によっては社外の会社に連絡を取る必要性も出てくるでしょう。

契約までに多くの人と関わり、達成した喜びを分かち合いたいという人が向いています。

マネジメントが得意

オフィスワークの女性

IT営業は営業に関連して管理業務を行う必要もあるため、マネジメントが得意なことは大きな強みです。

例えば製品の開発時には、顧客の希望に合うようエンジニアをはじめとした関係者に進捗状況を確認・管理します。

また必要な要因を配置・調整するのも営業の仕事です。

合わせて社内の事務の方に業務を依頼することもあります。

プロジェクトをスムーズに進めるための調整役として、重要な役割を担える能力が求められているのです。

新しい技術への関心が高い

クリエイター・エンジニア

IT業界は進歩が早いため、新しい技術に関心が高く学ぶ意欲がある人は向いています。

IT製品の営業を行うためには、常に更新される技術に対応できなければ仕事になりません。

そのためIT関連については常に学ぶ姿勢が求められます。

一方最先端の情報が得られることを楽しいと感じられれば、仕事に対するモチベーションは維持できるでしょう。

日頃からエンジニアやプログラマーとのコミュニケーションを取ることも大切です。

IT営業の将来性やキャリアパス

ステップアップ

IT営業に転職すると、IT業界のより専門的な分野に挑戦できる可能性が高くなります。

目標となるキャリアパスの可能性を知ることで、計画的に年収アップを目指しましょう。

またIT業界は進化と成長を続けており、IT営業の役割は少しずつ変化し重要性を増しています。

求人は数多く出ているので、より将来性のある魅力的な企業を選ぶことが大切です。

ここからはIT営業の将来性と、考えられるキャリアパスの一例についてご紹介します。

将来性

男性との打ち合わせ

日本のみでなく世界的な状況から見ても、IT営業の将来性は明るいと予想されています。

特に国内では業界によって人手不足の問題が深刻であり、多くの企業でIT化が進み始めているのが現状です。

全体的に人員削減が進む一方で、ITに関連する専門知識があらゆる分野で求められています。

そのため今後もIT営業のニーズは高く、より幅広い提案を行っていくようになるでしょう。

IT業界の市場規模は、これまで以上に更なる広がりを見せています。

キャリアパス

ジャンプする女性

IT営業を経験してからのキャリアパスは、様々な可能性が考えられます。

例えば同じ企業内で年収アップを目指すなら、管理職を目指すのがおすすめです。

チームのリーダーとして陣頭指揮をとり、部下の育成にも力を注ぐ日々は一社員とはまた違うやりがいがあるでしょう。

また顧客の課題解決力に自信があるなら、ITコンサルタントを目指すのも理想のキャリアアップといえます。

営業以上に専門的な知識と、顧客に対する高度な対応が求められるでしょう。

 

ワンポイント
ニーズの高い IT営業はキャリアアップの選択肢が広い。

IT営業は未経験でも転職できる?

スマホを使う女性

IT営業は専門性が高い職種ではありますが、未経験の方でも転職することは可能です。

どちらかというとIT関連の知識よりは、営業に関するスキルが求められている傾向にあります。

具体的なシステムの説明はエンジニアに任せられるので、まずは顧客との信頼関係を築くことが大切です。

営業経験がある方は、他業種でも自信を持ってアピールしましょう。

またIT営業は求人が多いため、若いうちは意欲の高さをアピールすればチャンスは大いにあります。

未経験で転職する場合に準備しておきたいこと

カレンダーと時計

未経験でIT営業に転職する場合は、できれば役に立つ資格を取得しておくと選考に有利です。

例えば営業力を証明する「セールススキル検定」や、情報システムに関する「基本情報技術者」などがあります。

ちなみに基本情報技術者を取得できたら、「応用情報技術者」も合わせて取得するとアピールできるでしょう。

資格を取得することで、応募書類でも採用担当者に意欲の高さを伝えられます。

転職した際にも活かせる知識なのでおすすめです。

 

ワンポイント
 未経験で武器となるのは営業・情報システムの資格。

IT営業の求人の探し方は?

パソコンを使う女性

IT営業の求人は様々な職種があるので、自分に合った企業を選ぶことがポイントです。

未経験の方であれば、Web広告やコンテンツ制作などの求人が「未経験者歓迎」としている傾向にあります。

これらの企業はIT関連の知識が浅くても始めやすいので、最初のIT営業として挑戦しやすいでしょう。

また求人サイトで探すときは、必要なスキル・知識の項目をチェックすることが重要です。

同じ営業でも仕事内容は企業によって違いがあるので、情報収集はしっかり行いましょう。

転職の不安は転職エージェントに相談しよう

パソコンとスマホ使用

IT営業をふくめ、転職に関する不安は転職エージェントに相談するのがおすすめです。

転職エージェントは非公開求人も数多く保有しているので、より条件の良い企業に応募できるチャンスがあります。

転職できるまでには個別面談や選考書類のアドバイスなど充実したサポートが得られので、心強い存在となるでしょう。

また気になる企業の社風や内情についても教えてもらうことができます。

効率よく求人を探すためにも、ぜひ活用してみてください。

まとめ

パソコンを持つ女性

IT営業は専門性が高く、IT関連の知識と営業のスキルが活かせる仕事です。

契約に至るまでには多くのプロセスがあり、チーム全体で達成感が得られることが魅力といえます。

今後もIT営業の将来性は明るいと予想されており、さらに重要性が増してきているのが特徴です。

未経験の方でも転職できるチャンスは十分にあるので、意欲の高さをアピールして成功に繋げましょう。

IT技術の最先端に携わり、新たな活躍を目指してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら